2年目看護師でも今すぐ転職すべき!楽に確実に成功する方法

看護師が転職を2年目でするのはありでしょうか?それともなしでしょうか?

転職を考えている2年目の看護師さんは、「今すぐ転職したいけど、それって正しい選択かな?」、「簡単に確実に転職を成功させる方法ってないかなぁ。」と不安や疑問に思っているのではないでしょうか。

それは仕方のないことなんです。だって、まだ転職したことがないのですから、簡単に確実に正しい転職ができるかなんて分からないからです。

でも、大丈夫です。あなたが本気で転職したいと考えているなら、2年目でも転職しましょう。看護師2年目でも、楽に確実に転職を成功させる方法があるんです。

転職に成功すれば、今感じている悩みやストレスから100%解放されて、看護師の仕事の楽しさややりがいなどを再発見しながら150%の満足度で働くことができるはずです。

2年目の看護師は転職すれば、今の悩みをすぐにキッチリ解決できる!
看護師が転職を2年目でする場合、採用してくれるところはあるの?

看護師2年目でも今すぐ転職すべきです。その理由は、転職すれば、あなたが今抱えている悩みをキッチリ解決することができるからです。

今あなたが抱えている悩みは、おそらく現在の職場で解決するのは難しいと思います。解決が難しいから、「転職したい」と悩んでいるんですよね。

2年目の看護師が転職したいと考える悩みには、主に次の7つがあると思います。

  1. 人間関係に疲れたという悩みが転職ですぐに解決
  2. 2年目のプレッシャーに疲れたという悩みが転職ですぐに解決
  3. ほかの職場との差に気づいたという悩みが転職ですぐに解決
  4. 結婚後の悩みが転職ですぐに解決
  5. もっと成長したいという悩みが転職ですぐに解決
  6. 2年目なのに新人扱いされるという悩みが転職ですぐに解決
  7. ミスが増えて自己嫌悪になるという悩みが転職ですぐに解決

この7つの悩みは、転職することで解決することができるのです。

人間関係に疲れたという悩みが転職ですぐに解決

2年目の看護師の悩みの1つ目は、人間関係に疲れたというものです。新人看護師の頃は毎日必死だったし、指導してもらう立場だったから、先輩看護師のパワハラにも何とか我慢できた。

でも、2年目になっても先輩たちの嫌味な態度は変わらないし、先輩たちの派閥争いに巻き込まれるようになると、「こんな職場、辞めたい!」と思ってしまいます

人間関係が良い職場は必ずある!

職場の人間関係に疲れたら、人間関係が良い職場に転職しましょう。「人間関係が良い職場なんて本当にあるの?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。人間関係が良い職場は必ずあります。

人間関係が良い職場に転職すれば、今抱えているストレスはすべて解決し、和気あいあいと穏やかに働くことができるんです。

2年目のプレッシャーに疲れたという悩みが転職ですぐに解決

看護師2年目になると、新人看護師が入職してくるので、先輩看護師の厳しい目は離れるようになります。でも、2年目になったからといって、突然仕事ができるようになるわけではありませんよね。

それなのに、ちょっと仕事が遅かったり、ケアレスミスをしただけで、「もう2年目なんだから」とか「しっかりしてよ。あなた、2年目なのに何やってるの?」なんて怒られてしまって、2年目のプレッシャーに疲れてしまうことも多いのです。

2年目になっていきなりプレッシャーをかけられるのは、看護師2年目で辛いことの代表格と言えるかもしれません。

教育制度が整っていて先輩が優しい職場に転職すれば解決

2年目のプレッシャーに疲れたあなたは、教育制度が整っていて、先輩看護師が優しい職場に転職すれば、すべて解決します。

継続教育に力を入れていて、2年目の看護師には2年目のレベルに適した仕事を割り振ってくれて、さらにレベルアップできるような研修・指導をしてくれる体制を整えているところなら、2年目だからと言って、無理なプレッシャーをかけてくることはありません。

また、先輩看護師が優しい職場なら、「もう2年目なんだから~」のように注意されることはありません。

ほかの職場との差に気づいたという悩みが転職ですぐに解決

1年目の頃は、給料や残業時間、休日数なんてあまり気にならなかったと思います。気にならないというよりも、気にしている余裕がないと言ったほうが良いかもしれません。

でも、2年目になり、少し精神的な余裕が出てくると、看護学校時代の友達とお互いの職場のことについて話した時に、「あれ?うちの職場って、もしかしてものすごくブラック?」と気づくようになります。

給料が安かったり、残業時間が多かったり、年間休日数が少なかったり、人間関係が悪かったりなどですね。

ホワイトな職場に転職すれば解決!

あなたの今の職場がブラックだと気づいたら、ホワイトな職場に転職しましょう。

給料は平均以上で、年間休日は120日以上、有給消化率は80%以上、残業は少なめで、人間関係も良好。このような職場は探してみると、結構たくさんあります。

私が以前働いていた一般病院は、この条件がすべて当てはまっていました。新卒で入職した大学病院は有給は全く使えなかったので、「え?有給って、こんなに使っていいの!?」と驚いた記憶があります。

だから、ブラックな職場から逃げ出したい2年目の看護師さんは、ホワイトな職場に転職しましょう。

結婚後の悩みが転職ですぐに解決

2年目の看護師は結婚後のことで悩んでいる人もいますよね。1年目の時は仕事を覚えるのに精いっぱいで、結婚なんて考えられなかったけれど、2年目になると精神的に余裕が出てくるので、結婚を考えるようになる人が多いのです。

学生時代から交際していた人との結婚を考え始めると、「この職場だと、結婚後は働けないな。妊娠したら、絶対に無理!」と思って、結婚後も働けるような職場への転職を考えるようになります。

また、新卒看護師の時に、職場の医師と付き合うようになった人は、結婚は未定なものの、同じ職場だと仕事に支障が出るため、転職を考えることもありますね。

医師と恋愛していることで、転職を考えている場合は、念のため「新人看護師が医師と恋愛する時の3つの注意点!」も読んでおくことをおすすめします。

結婚を考えているなら、家事・育児と両立できる職場へ

結婚後のことで悩んでいる2年目の看護師さんは、家事・育児と両立できる職場へ転職しましょう。

結婚したら、家事を分担するにしても、1人暮らしのように適当に家事をやるわけにはいかなくなります。また、今は出産願望がなくても、いつ子どもが欲しくなるかわかりません。

出産後に育児と両立できる職場へ転職するなら、今のうちから両立しやすい職場へ転職しましょう。

  • 日勤のみでOK(もしくは希望すれば外来へ異動可能)
  • 院内託児所がある
  • 既婚看護師やママ看護師が多い
  • 残業が少なめ

このような職場は家事や育児と両立しやすいのでおすすめです。

看護師2年目は、病棟以外でも働くことができます。

でも、できればまだ病棟勤務で夜勤をしてスキルアップしたほう良いので、結婚後や出産後に希望すれば日勤のみの外来へ異動できるようなところへ転職すると良いかもしれません。

もっと成長したいという悩みが転職ですぐに解決

2年目の看護師は、「もっと成長したい」と悩んでいる人もいます。1年目の頃、あまりきちんとした指導をしてもらえなかったと不満を抱えているケースもあります。

また、大学病院のようにもっと高度な医療を経験したい、働きたい診療科が今の職場には無い、今の職場では、自分が思う看護師2年目の目標を達成できないと悩んでいる人も多いのです。

自分が成長できる職場を転職によって選べる!

もっと成長したいと悩んでいる看護師は、あなたが成長できる職場へ転職しましょう。

教育制度が整っていて、あなたがやりたい看護、経験したい看護ができる職場に転職すれば、あなたが理想とする看護師に成長することができます。

看護師2年目になれば、転職先の選択肢の幅が広がり、自分が成長できる職場を選ぶことができるのです。

例えば、あなたがどんな看護師に成長したいかによって

  • 高度で最先端の医療に携わりたいなら、大学病院
  • 特定の診療科を極めたいなら、配属希望が叶う病院や専門病院
  • 患者に寄り添った看護をしたいなら、療養型病院や訪問看護ステーション

といった具合に選ぶことができます。

2年目なのに新人扱いされるという悩みが転職ですぐに解決

看護師2年目で辞めたいと思う理由には、2年目になっても新人扱いされるというものもあります。

2年目になっても、まだまだフォローの先輩が付いている、夜勤に入らせてもらえない、部屋持ちをさせてもらえず、助手と同じような仕事しかさせてもらえない。看護師2年目でも、毎日毎日同じような振り返りをさせられる。

新しく1年目の看護師が入職してきているのに、2年目になっても、職場でこのような扱いをされると、悔しいし恥ずかしくて、転職したほうが良いのかもと思ってしまいますよね。

手厚く指導してくれて、ゆとりがあるところへ転職すれば大丈夫!

2年目でも新人扱いされることが悔しいと悩んでいるなら、手厚く指導してくれて、ゆとりを持って働ける職場へ転職しましょう。

手厚く指導してくれるところなら、マニュアル通りの指導ではなく、あなたに合わせてあなたに足りない部分を重点的に指導してくれるため、成長スピードが速くなります。

また、あなたはほかの人よりも、ちょっとだけ要領が悪いのかもしれません。

それなら、急かされながら仕事をするよりも、少しゆとりを持って仕事ができる職場へ転職すれば、1つ1つ確認しながら仕事を覚えていけるので、働きやすさを感じることができると思います。

手厚く指導してくれてゆとりがある職場は、小~中規模の病院が多いです。

新人扱いされたことが悔しいなら、小~中規模の病院を中心に指導体制と忙しさをチェックしながら求人を探してみましょう。

ミスが増えて自己嫌悪になるという悩みが転職ですぐに解決

看護師2年目になると、先輩の目が離れるようになったり、重症の患者さんを任されるようになるので、どうしてもミスが増えます。

先ほど言ったように、2年目になったからといって、突然仕事ができるようになるわけではないので、どうしてもミスやインシデントが増えてしまうのです。

そうすると、自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

ミスが増えて自己嫌悪に陥っている2年目の看護師さんは、「看護師が2年目でミスが多くて辞めたいと思った時の解決法を教えて!」も読んでみると良いと思います。

信頼できる師長がいて、人間関係が良い職場へ転職すれば解決!

ミスが増えて自己嫌悪になっているなら、信頼できる師長がいて、人間関係が良い職場へ転職しましょう。

ミスと師長の人格や人間関係は、一見何の関係もないように思えますよね。でも、とても重要です。

師長が信頼できる人なら、あなたのスキルに合った仕事量を割り振るようにしてくれるので、能力に合った仕事をしていれば、そこまでミスはしなくなります。

また、ミスやインシデントを起こしてしまったら、一緒に再発防止策を考えてくれるでしょう。

そして、人間関係が良い職場なら、お互いにフォローしながら働くので、あなたが重症患者の受け持ちにいっぱいいっぱいになっている時でも、先輩看護師が「何か手伝えることある?」と逐一フォローしてくれます。

また、あなたから先輩看護師に手伝いをお願いしたり、わからないことを聞きやすいというメリットもありますね。

看護師2年目の転職はメリットがある!デメリットの軽減も可能!

看護師が転職を2年目でするなら、教育制度にこだわろう!

2年目の看護師が転職を本気で考えているなら、今すぐ転職すべき理由の2つ目は、2年目で転職するとメリットがあることです。

もちろん、デメリットもありますが、そのデメリットはちょっとした工夫で軽減することができるので大丈夫です。

  1. 2年目の看護師が転職するメリットは転職先の幅が広がること
  2. 経験不足のデメリットはやる気アピールでカバーできる

2年目の看護師が転職するメリットは転職先の幅が広がること

看護師が2年目で転職するメリットは、1年目で転職するよりも、転職先の幅が広がることです。

だから、あなたの希望した職場で働けるので、転職するメリットは大きいのです。

丸1年以上、看護師として働いてきたあなたは、まだまだ未熟な部分は多いものの、基本的なことはある程度できるようになっているはずです。

そうすると、急性期病棟以外でも何とか働けるようになりますので、回復期リハビリテーション病棟や療養型病棟、外来、訪問看護、クリニック、介護施設等の職場を転職の選択肢に加えることができます。

経験不足のデメリットはやる気アピールでカバーできる

2年目の看護師が転職する場合、転職先の選択肢は広がるものの、まだ未熟な点が多く、経験不足が否めません。

また、2年目で転職すると、「この看護師はまたすぐに転職するのかもしれない」と思われる可能性もあるのです。

そのため、倍率が高い人気の求人には、採用されにくくなるかもしれません。

ただ、経験不足であること、さらに「すぐに転職するかも」と思われるデメリットは、面接時にやる気をアピールすればカバーすることは可能です。

志望動機を前向きでやる気のあるものにして、自分からどんどん積極的に学び成長していくつもりであること、今度は長く勤めることをアピールすれば、デメリットを軽減することができるのです。

2年目の看護師が転職に絶対に成功する2つのステップ

2年目の看護師が転職に成功するためには、次の2つのステップで転職をしましょう。

  1. ステップ1=4つの注意点を守って求人を選ぶ
  2. ステップ2=3つの秘訣を実行してスムーズに転職活動をする

この2つのステップで転職を進めていけば、2年目の看護師の転職は絶対に成功するはずです。

看護師2年目の転職は4つの注意点さえ守れば後悔しない!

看護師が2年目で転職するなら、やっぱり総合病院がおすすめ

看護師2年目で転職しようと思っている人の中には、「転職して後悔しないかな?大丈夫かな?」と考えて、転職に踏み切るのを躊躇している人も多いと思います。

でも、次の4つの注意点さえ守って求人を選べば、「転職しなければ良かった」と後悔することはありません。

  1. 教育制度は整っているか?
  2. 長く働けるのか
  3. 本当にやりたい看護ができるか
  4. 今抱えている悩みは解決できるのか

この4つの注意点をきちんと調べてから、転職先を選べば、転職に後悔せずに、「転職して良かった」と心から思えるはずです。

教育制度は整っているか?

2年目の看護師は、一通り1人で仕事ができるとは言っても、まだ未熟な点が多いですから、教育制度が整っているところを選びましょう。

そのため、できれば病棟への転職をおすすめしたいのですが、「私はクリニックで働きたい!」という人もいますよね。

看護師2年目でのクリニックへの転職は、あまりおすすめできません。教育制度が整っていないし、スタッフ数が少ないために、困ったときに頼りになる先輩がいないケースがあるからです。

それでも、クリニックで働きたい人は、必ず看護師が常時2人以上いるところで、面接時に「きちんと指導します」と言ってくれるようなところを選んでください。

訪問看護や介護施設へ転職する時も同じですね。病院以外の職場は、まだまだ教育体制が整っていないことも多いので、2年目の看護師はきちんと指導してもらえる職場へ転職しましょう。

長く働けるのか

2年目の看護師が求人を選ぶ時には、長く働けるかもチェックしてください。先ほども言いましたが、看護師2年目で転職する場合、転職を繰り返すことはできません。

だから、長く働く必要があるのです。また、女性の場合、結婚・妊娠・出産・子育てを頭の片隅に入れておかなくてはいけません。

もう結婚の予定がある人もいるでしょうし、将来は絶対に結婚して子供を産みたいという人もいるでしょう。

今は結婚なんてしたくないという人も、念のため頭には入れておかなくてはいけません。いつどんな時に、その考えが変わるかわからないのですから。

2年目の看護師が転職する時には、これから長く働いていけるのか、結婚・出産を経ても働き続けていけるのかをチェックしてください。

具体的には福利厚生ですね。育児支援制度はあるか、年間休日数は多いか、有給消化率は高いのか、キャリアアップを目指すなら資格取得支援制度はあるのかなど福利厚生が充実しているところを選びましょう。

本当にやりたい看護ができるか

看護師2年目になると、少し余裕が出てきますので、「こんな看護がしたい」とか「この診療科で働きたい」と考えるようになると思います。

2年目の時点で、やりたい看護や方向性が見えてきているなら、3年目4年目5年目と看護師経験を重ねると、その考えはさらに強くなります。

だから、2年目で転職するなら、やりたい看護ができるのか、働きたい診療科に配属になるのかにこだわって転職をしましょう。

今抱えている悩みは解決できるのか

2年目で転職する看護師さんは、何かしらの悩みを抱えているために転職するのだと思います。それなら、その悩みを確実に解決できる職場を選ばなければいけません。

人間関係に疲れたなら、人間関係が良いところ。2年目のプレッシャーが辛いなら、2年目でも指導をしてくれるところ。職場環境や待遇が嫌なら、満足できる待遇のところ。結婚などで転職するなら、家事や育児と両立しやすいところ。

成長のために転職するなら、成長できてスキルアップ・キャリアアップできるところ。新人扱いが嫌なら、指導をしつつも責任のある仕事をさせてくれるところを選びましょう。

今の悩みを解決できるところを選ばないと、また同じ悩みで転職をしたくなります。

それでは転職する意味がなくなりますので、今の悩み・転職理由をきちんと解決できる転職先を選んでください。

看護師2年目の転職は3つの秘訣で楽にスムーズに成功できる!

看護師2年目の転職は失敗することはできません。失敗したら、また短期間のうちに転職を繰り返すことになるので、次の転職はちょっと厳しくなるからです。

でも、次の3つの秘訣で2年目の看護師の転職を成功させることができます。

  1. 円満退職をする
  2. デメリットを軽減する志望動機を考えておく
  3. 前向きな気持ちで面接に臨む

この3つの秘訣を踏まえて転職活動をすれば、希望に合った求人に採用されやすくなりますし、看護師人生の新しい一歩を気持ちよく踏み出すことができるのです。

円満退職をする

2年目の看護師が転職する時には、円満退職をしましょう。

1年以上お世話になって、あなたを成長させてくれた職場とトラブルを起こして辞めると後味が悪いですし、どこからか新しい職場にあなたの悪いうわさが伝わるかわかりません。

転職をして気持ちよく新しい一歩を踏み出すためにも、職場と揉めずに円満退職を目指しましょう。

円満退職をするための秘訣は、次の2つです。

  • 早めに退職を伝えること
  • 毅然とした態度で退職を伝えつつ、上司に対して失礼のないように接すること

円満退職をするためには、最低でも1ヶ月半前、できれば2~3ヶ月前には退職することを伝えましょう。

師長が来月分のシフトを作ってから、あなたが退職を伝えると、師長はあなたがいない状態でまたシフトを作り直さなくてはいけません。

場合によってはシフトを組めなくなりますし、あなたの代わりの看護師を探す時間もないので、円満退職のためにはできるだけ早く退職を伝えるべきです。

また、あなたが退職を師長に伝えたら、師長はきっと引き止めてくるでしょう。引き止められても、悩むそぶりは見せずに、毅然とした態度で退職する意思を伝えてください。

そうしないと、いつまで経っても退職できません。ただ、しつこく引き止められたからといって、ムッとしたり逆ギレするのはNGです。

そんな態度を取ると、師長もイラっとして、退職時のトラブルにつながりますので、毅然としつつも丁寧で失礼のない態度で淡々と退職手続きを進めましょう。

デメリットを軽減する志望動機を考えておく

2年目の看護師が転職活動をするなら、志望動機はしっかり考えておきましょう。なぜ2年目で転職するのか、なぜその職場で働きたいのかを、きちんと明確にしておきましょう。

志望動機は履歴書に必ず書かなくてはいけませんし、面接の時にも必ず聞かれます。

そして、志望動機はあなたの熱意ややる気をアピールできますので、前向きな志望動機を考えておけば、看護師2年目で転職するデメリットを軽減することができるのです。

「もっとスキルアップしたいから」、「やりたい看護を貴院で学びたいから」のようなポジティブな理由を考えておくと、好印象を持ってもらえます。

前向きな気持ちで面接に臨む

看護師2年目で転職をする人の多くは、「2年目なのに転職して良いのかな?」とか、「面接官に退職理由を突っ込まれるかも。」、「3年間我慢できなかった私は、看護師に向いてないかもしれない。」のようなネガティブな思い、後ろめたいなどを感じていると思います。

でも、そのような気持ちを持ったまま面接に行くと、自信のなさや後ろ向きな気持ちが面接官に伝わってしまうので、マイナスの印象を持たれてしまうのです。

マイナスの印象を持たれたら、採用の可能性は下がってしまいますから、「この転職を成功させて、新しい看護師人生をスタートさせてやる!」という前向きな気持ちで、面接に臨んでください。

2年目で転職することは、全然悪いことではありません。後ろめたい気持ちを持つ必要なんて全くないのです。だから、ネガティブな気持ちは全部捨ててしまいましょう。ネガティブな気持ちを捨てれば、前向きな気持ちになれるはずです。

そして、前向きな気持ちで面接に行くためには、先ほど説明した志望動機をしっかり考えておくことやそのほかの想定質問に対する答えを用意しておくことも大切です。準備をしっかりしておけば、自信を持って面接に行けますよね。

2年目看護師の転職を絶対に成功させるなら、今すぐ転職サイトを使おう!

2年目看護師の転職での注意点と秘訣は分かったけども…

4つの注意点や転職成功の秘訣はわかっても、心配事が出てくるのではないでしょうか?そうです。求人選びの4つの注意点をどうやって調べれば良いのかがわからないことです。

教育制度が整っているか、結婚・出産しても長く働けるか、配属希望が叶うかなどは自分では調べるのが難しいですね。

また、あなたが今抱えている悩みを解決するためには必要な人間関係や師長の人柄などを調べることもできません。

これらを調べないと、看護師2年目での転職成功はあり得ません。自分では調べられない。でも、調べないと転職成功は難しい。

さらに、3つの秘訣についても、いまいち自信がないから、誰かに相談に乗ってほしいと思うこともあると思います。特に、志望動機や面接について、誰かにアドバイスしてもらいたいなと不安に思う人もいるのではないでしょうか。

注意点を調べたいけど、自分で調べられないというジレンマ。また、誰かに相談に乗ってほしいという不安。これらを一気に解決して、楽に確実に転職を成功させる方法が1つだけあるんです。

看護師2年目の転職を成功させる切り札は転職サイトを使うこと

看護師2年目の転職を成功させるためには、転職サイトを使いましょう。それが、転職成功の唯一の切り札です。

転職サイトを使うと、あなたの代わりに担当コンサルタントが教育制度の詳細や結婚・出産しても長く働ける職場かどうか、人間関係や師長の人柄などを詳しく調べてくれます。

コンサルタントは、求人を出している職場に直接問い合わせるだけでなく、職場訪問をして、師長と話したり、職場の雰囲気を見たり、そこで働いている看護師にインタビューをしているので、具体的な情報をたくさん持っています。

また、今まで転職の手伝いをしてきた看護師から、転職前・転職後の職場の人間関係などの情報も詳しく聞いているので、そこで働いた人でなければ分からない生の情報を入手しているんです。

だから、転職したい2年目の看護師は、転職サイトを使って転職しましょう。そうすれば、転職成功の可能性が一気に上がります。

あなたは、ただコンサルタントにお願いするだけですから、自分で調べるよりもずっと楽ですし、時間もかかりません。

しかも、担当コンサルタントは情報提供をしてくれるだけではありません。

円満退職のためのアドバイスをしてくれたり、面接官に好印象を持ってもらえて、2年目のデメリットを軽減できるような志望動機を一緒に考えてくれるので、希望の職場に採用してもらえる可能性も高くなるんですよ。

まとめ

2年目の看護師が転職すべき理由や転職成功のための唯一の切り札をまとめましたが、いかがでしたか?

看護師2年目での転職は、世間一般的には「やや早い」と思われるのは否めません。でも、あなたが本気で転職したいと思っているなら、転職してもOKです。

むしろ、転職したほうがあなたにとってのメリットは大きいでしょう。そして、転職成功のためには、転職サイトを使いましょう。

転職サイトを使えば、楽に確実に転職を成功させることができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる