看護師だって休みの多い職場が良い!年間休日数をチェック!

看護師の休みが多い職場はどこ?休みが多いと感じる2つのポイント!

看護師の休みが多い職場、つまり年間休日数が多い職場はどこだと思いますか?

看護師は激務なので、休みが少ないことが普通ですよね。年間休日が110日以下という人も多いのではないでしょうか?

でも、年間休日が120日以上ある職場もありますし、130日以上ある職場もあるんです!

できるだけ休みが多い職場で働かないと、損をすることになります。

だって、年間休日が105日の職場と130日の職場。1年間で25日間も休日日数が違うことになるんですから!

看護師の休みが多い職場や休みが多いと感じるポイントなどを解説していきます。

看護師の休みは多い?看護師の年間休日数を決める3つの要素

看護師の休みは多いのでしょうか?

看護師の年間休日数は、職場によって大きく異なりますが、大体110~115日が平均だと思います。

看護師の休日日数を決める要素は、次の3つがあります。

  • 4週〇休
  • 祝日はカウントされるのか
  • 年末年始休暇と夏季休暇の有無

看護師の仕事はシフト制なので、「4週8休」のような休日の決め方をされていることが多いです。

ちなみに4週8休だと年間休日数は108日、4週7休だと91日、4週6休だと78日となります。

次に祝日です。祝日は休みか、もしくは代休があるのかは、職場によって違います。

1年間の祝日数は約15日(土曜日に重なる回数で前後する)となります。

祝日が休みかどうかで、年間休日は15日間も変わってきます。

最後に年末年始休暇と夏季休暇です。

年末年始休暇は3~5日間はあるところが多いですが、夏季休暇は5~6日あるところもあるのに、全くないところもあります。

看護師の休みが多い職場は年間休日125日以上!

看護師の休みが多い職場はどこでしょうか?

休みが多い職場の年間休日数の目安は、年間休日125日以上です。

4週8休で祝日がお休み、さらに年末年始休暇がキッチリあると、年間休日は125日以上、夏季休暇の日数が多いところでは年間休日は130日以上あることなります。

では、年間休日数が125日以上あるところはどこでしょうか?

大学病院や国立病院機構、公立病院など、いわゆる大病院は年間休日数が125日以上あるところが多いです。

私立大学病院の中には、年間休日数が130日以上あるところも珍しくありません。

私が働いていた大学病院は4週8休+祝日分(代休)+年末年始休暇5日間+夏季休暇6日間+創立記念日1日だったので、年間休日は132日間もありました。

132日間ということは、1年の3分の1以上になりますよね。

これだけ休める職場は、看護師にとって魅力的ではないでしょうか?

看護師が休みが多いと感じるのは土日祝日休みか有給消化率が高い職場

看護師の休みが多い職場は、大学病院や国立病院機構などの大病院です。

大病院は年間休日数が125日以上あるところが多いので、しっかり休めます。

ただ、私の経験上、年間休日数も大切だけど、「休みが多い」と感じるのは年間休日数だけではなく、ほかの要素もあるんです。

土日祝日が休みの職場

休みが多いと看護師が感じる要素の1つ目は、土日祝日が休みの職場です。

いくら年間休日数が130日あっても、土日祝日が休みではないと、プライベートが充実しません。

家族や友人と予定が合わないので、いつも休日は1人で過ごすことになります。

土日祝日が休日だと、それだけで年間休日は120日になります。

これに、年末年始休暇を合わせると123~125日前後になります。

たとえ、日曜休みの4週7休で土曜日は時々は出勤しなくてはいけない職場でも、祝日休みで年末年始休暇と夏季休暇がしっかりあれば、年間休日数は118~120日になります。

年間休日数が130日あるけれど、土日祝日の休みが少なく、年末年始休暇も代休になって、大みそかもお正月も働かなくてはいけないと考えると、土日祝日がお休みで年間休日数が120日程度ある職場の方が良いと思いませんか?

不規則・不定期な休みよりも、カレンダー通りの休みの方が良いですよね。

土日祝日が休みの職場は、企業の医務室や治験関係(CRC、CRA)などの一般企業、保育園などです。

4週8休とは限りませんが、外来も基本的に土日祝日が休みですね。一部のクリニックも土日祝日が休みになります。

有給消化率が高い職場

休みが多いと看護師が感じる職場の要素の2つ目は、有給消化率が高いかどうかです。

私の以前の職場は年間休日数が132日ありましたが、希望休はほとんど出せず、有給は申請したことがありませんでした。

有給を取得する必要がないのではなく、有給申請ができるような雰囲気ではなかったんです。

つまり、休みは自分で決めることができず、師長が決めたシフトに従うしかないということですね。

そうすると、家族・友人との予定が合わず、休みの日はいつも1人で過ごしていました。

それなら、年間休日が120日前後で有給消化率が高いほうが、充実したプライベートを送れると思いませんか?

たいていの職場では、有給休暇は最大20日間ですよね。有給消化率が50%の職場の場合、有給による休日は10日間になります。

公休の年間休日は120日、有給による休日が10日あれば、年間休日は130日になるんです。

132日で希望休ほぼなしよりも良いと思いませんか?

しかも、大学病院などの大病院は激務で残業も当たり前です。

それなら、年間休日数が120日前後で有給消化率が高く、大病院ではないので忙しさはそこそこの小規模・中規模の病院を探したほうが、休日に対する満足度は上がるはずです。

看護師が休みが多くても休んだ気がしないのはオンコールありか連休なしの職場

看護師の休みが多くても、休みが多いと感じない職場、休んだ気がしないと感じる職場もあります。

その職場は次の2つのどちらかに当てはまっていることが多いです。

オンコールがある職場

訪問看護ステーションや手術室など、休日のオンコールがある職場は、いくら年間休日が多くても、休みが多いとは感じにくいと思います。

訪問看護や手術室は、夜間だけでなく土日祝日もオンコール対応をしていることがあります。

休みの日にオンコール当番になると、休みではあるものの、仕事モードでいなければいけません。

休日だからって遠出することもできないし、お酒を飲むこともできません。

いつでも、携帯電話に出られる用意をして、いつでも出動できるようにしておく必要があるのです。

それでは、いくら名目上は「休日」でも、休んだ気にはなりません。

年間休日が120日以上あっても、そのうちオンコールが20%、つまり24日間あったとしたら、完全なる休みは96日間しかないことになるんです。

連休がない職場

連休がない職場も、いくら年間休日数が多くても、休んだ気にはなりません。

これは、デイサービスや一部のクリニック、訪問看護でよく起こる問題です。

デイサービスや訪問看護ステーションは日曜日は休み、それ以外はやっていることが多いです。

4週8休の場合、日曜日が休みだと、もう1日の休みは平日の1日になります。

クリニックも日曜だけが休み、もしくは日曜と水曜など平日の特定の曜日が1日休みというところがあります。

そうすると、看護師の休みは日曜+平日1日になるんです。

連休がとても少なくなるんですね。

連休がほとんどないと、休んだ気がしませんよね。

連休ではない休日の過ごし方は、仕事で疲れてゴロゴロしているだけだったり、溜まった家事を片付けたり。

そして、翌日からはまた仕事です。

思わず、ずる休みをしてしまおうかと思うこともたびたびあると思います。

連休がない職場は、休んだ気がしないので、いくら年間休日数が120日以上あったとしても、休みが多いと感じにくいのです。

まとめ

看護師の休みが多い職場と、休みが多いと感じる職場、休みが多くても休んだ気がしない職場をまとめました。

看護師は体力的にも精神的にもハードですから、年間休日は多いほうが良いですが、ただ公休の年間休日数を見るだけでなく、土日祝日はお休みかや有給消化率はどうかなどをきちんと調べるようにしましょう。

休みが多い職場・休みが多いと感じる職場で働きたい看護師さんは、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、年間休日数だけでなく、有給消化率や連休の割合などを担当コンサルタントがきちんと調べてくれますので、休みが多い職場、もしくは休みが多いと感じる職場に転職することができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる