看護師のブランク後の就職先はどこが良いの?

看護師のブランク後の就職先はどこが良いの?

看護師は「ブランク後の就職先はどこが良いの?」という疑問を持っている人が多いと思います。

ブランクがあるとどうしても不安になりますよね。

その不安を少しでも小さくするために、復職しやすい就職先、復職しにくい就職先を教えます!

看護師のブランク後の就職先で復職するのが大変な職場は?

看護師のブランク後の就職先で復職するのが大変な職場はどこでしょうか?

ブランクがある看護師さんができれば避けたほうが良いような復職するのが難しい就職先を挙げてみました。

訪問看護ステーション

ブランクがある看護師さんは、訪問看護ステーションを就職先に選ぶと復職が大変です。

なぜなら、訪問看護師は基本的に1人で患者さんの自宅を訪問するからです。

患者さんの自宅で採血を失敗しても、誰も助けてくれる人はいません。

また、判断で困った時もその場ですぐにアドバイスをもらえないんです。

一般企業

一般企業もブランクがある看護師さんの就職先にはあまり向いていません。

その理由は求人数がとても少なく、人気が高いからです。

「求人数が少なくて人気が高い=倍率が高い」ということですので、ブランクという不利な要素があると、採用される確率はとても低くなります。

また、治験コーディネーターや臨床開発モニターは、30代以上だと採用してもらえないことが多く、ブランクがある人は年齢制限に引っかかることもあります。

看護師のブランク後の就職先で条件次第で復職しやすい職場は?

看護師のブランク後の就職先で条件次第で復職しやすい職場は?

看護師のブランク後の就職先で、復職は簡単ではないけれど条件次第では復職可能という就職先をご紹介します。

急性期病棟

急性期病棟は医療行為が多いし、急変などのイレギュラーなことも多く、常にバタバタと忙しいので、「急性期病棟に復職するのは無理じゃない?」と思うかもしれません。

確かに、ブランク前に急性期病棟での経験がないとブランク後に直接急性期病棟に復帰するのは大変です。

でも、ブランク前に急性期病棟での経験があれば不可能ではないんです。

急性期病棟がある病院は大規模な病院が多いので、教育制度が整っていることが多いんです。

その中でも、ブランクがある人はプリセプターをつけてくれたり、ブランクがある人向けの研修があるところを選びましょう。

教育制度が整っていて、さらにブランクがある人向けの教育が充実していれば、ブランクがあっても急性期病棟を就職先に選ぶのはありですよ!

クリニック

ブランクがある看護師さんの中には、クリニックを就職先に選ぼうかと考えている人も多いと思います。

クリニックは、なんとなくブランクがあっても復職しやすそうなイメージがありますよね。

でも、ブランク前にクリニックでの勤務をしたことがない看護師さんがクリニックを就職先に選ぶなら、クリニックの規模にこだわらなくてはいけません。

小規模のクリニックを選ぶと医師1人、看護師1人、医療事務1人で働くことになります。

そうすると、あなたをフォローしてくれる先輩看護師は誰もいないんです。

ですから、クリニックを就職先に選ぶなら、ある程度規模が大きく、常に先輩看護師と一緒に働けるようなクリニックを選びましょう。

ブランク前にクリニックでの勤務経験がある看護師さんは、クリニックの規模にこだわるのではなく、診療科にこだわりましょう。

ブランク前と同じ診療科のクリニックなら、すぐに仕事に慣れることができるはずです。

看護師のブランク後の就職先で復職しやすい職場は?

看護師のブランク後の就職先で復職しやすい職場は?

看護師のブランク後の就職先で復職しやすいところをご紹介します。

介護施設

介護施設は看護師のブランク後の就職先で人気が高い職場です。

介護施設は力仕事がないし、医療行為もほとんどなし。さらに残業が少なめですので、ブランクがあっても復職しやすい条件が揃っているんです。

療養型病棟

ブランクがあるけど病棟で働きたいというあなたは療養型病棟を就職先に選ぶと良いでしょう。

療養型病棟は急性期病棟に比べて医療行為が少なく、急変も少なめです。

また、緊急入院はありませんので、比較的ゆとりを持って働くことができ、スムーズに仕事に慣れることができるでしょう。

ただ、ブランク前に病棟での勤務経験がない人は、療養型病棟がある病院の中でも教育制度がしっかり整っているところを選んだり、まずはブランク前に働いていた職場に復帰して、看護師の仕事に慣れてから療養型病棟に転職したほうが無難です。

外来

外来もブランクがある人にオススメの就職先です。外来は残業が少なめですし、病棟に比べると力仕事も多くありません。

ブランクがある人向けの教育制度が充実している病院の外来を就職先に選べば、さらに安心して復職できるでしょう。

保育園

保育園は、ブランクがあるママさん看護師にオススメの就職先です。

保育園は医療行為がありませんので、ブランクの不安を軽減することができます。

また、あなた自身の子育て経験を看護師の仕事で活かすことができるんです。

保育園は子どもが好きなママさん看護師には、ピッタリの就職先ですね!

訪問入浴

訪問入浴も医療行為がありませんので、ブランクがある看護師さんにオススメの就職先です。

しかも、訪問入浴はほかの日勤のみの仕事に比べて給料が高めというメリットもあるんです。

ただ、体力勝負という一面はありますので、体力に自信がない人は避けたほうが無難かもしれません。

ブランクがある看護師さんの就職先を復職しやすさ別に紹介してきましたが、訪問看護ステーションや一般企業は、ブランクがあると絶対に復職できないというわけではありません。

あなたが復職に向けて努力をして、さらに復職しやすい求人をじっくり探せば、復職することは不可能ではないでしょう。

また、復職しやすい就職先で挙げた職場なら、どこでもOKというわけではなく、きちんと復職できる職場環境なのかを確認する必要があります。

ブランクがある看護師さんが就職先を探すなら、転職サイトを使うと良いですよ!

担当者にブランクがあることを話して、希望の就職先を伝えましょう。そうすれば、ブランクがあっても復職できるところをピックアップしてくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる