50代で新人看護師になっても大丈夫!

50代で新人看護師になる人は、「50代でも就職先はあるのかしら?」と不安になっているかもしれません。そんなあなたのために、50代の新人看護師にオススメの3つの就職先をご紹介します。

また、今新人看護師として働いていて、いろいろな悩みを抱えている50代の新人看護師さんのためのオススメの転職パターンも提案しています。

50代の新人看護師でも就職先は必ずあります!

50代で新人看護師になる人は、就職先があるのかどうかが心配ですよね。

一念発起して看護学校に受験し、娘のような年齢の若い子たちに混ざって厳しい実習をこなし、ようやく看護師になったとしても、果たして50代未経験の私を雇ってくれるところはあるのか。

このような不安でいっぱいになるのも仕方がないと思います。

一般社会では50代で未経験の人なんて、絶対に雇用してもらえませんから。パートならともかく、正社員として雇ってくれるところなんてないですよね。

でも、大丈夫です。だって、看護師免許は最強の資格なんですから!50代でも常勤として就職することができます。

もちろん、20代の若い子たちのように就職先は選び放題!」というわけにはいきません。でも、50代の新人看護師でも、必ず就職先はあります。就職先がどこもないなんてことは絶対にありません。

だって、看護師免許は最強の資格で、世の中は深刻な看護師不足なんですから。

やる気さえあれば、50代の新人看護師でも働いてほしいという職場はたくさんあるんです。

50代の新人看護師は夜勤をやったほうが就職先探しが楽

50代の新人看護師は20代の若い子たちと同じような就職先選びをすると、必ず失敗します。なぜなら、年齢的に覚えが悪くなっていますし、体力的にも衰えているからです。

だから、50代という年齢に合った就職先を選ばないといけません。

50代の新人看護師さんは、体力的に楽だからという理由で、夜勤がないところを選ぼうとするかもしれません。

そうすると、就職先が見つからない可能性があります。看護師は、やっぱり夜勤をしてなんぼという仕事なのです。

夜勤ができる看護師は重宝されます。それに、日勤のみの職場は、人気が高いので、50代の新人看護師はなかなか採用されません。

だから、50代の新人看護師は「夜勤はあるけれど、ある程度体力的には楽」という職場を探すと良いでしょう。

50代の新人看護師にオススメの3つの就職先

50代の新人看護師にオススメの就職先を3つご紹介します。夜勤はあるけれど、体力的に楽な職場は、次の3つなんです。

療養型病棟

50代の新人看護師にオススメの就職先の1つ目は、療養型病棟です。療養型病棟は、急性期病棟よりも落ち着いていて、バタバタした雰囲気は少ないので、比較的体力に余裕を持って働けると思います。

また、介護士が多く配置されているので、体力的にも楽なんです。

精神科病棟

精神科病棟も50代の新人看護師にオススメの就職先です。精神科病棟は、医療行為は少ないので、落ち着いた雰囲気の中で働くことができます。

また、病棟にもよりますが、ADLは自立している患者さんが少なくないので、力仕事はそれほど多くありません。

ただ、急性期の精神科病棟は暴れたり、暴言暴力などの症状がある患者さんが多いので、慢性期の精神科病棟をおすすめします。

介護施設

50代の新人看護師は、介護施設を選ぶのもありだと思います。介護施設は入居者さんの健康管理が主な仕事ですので、看護師は体力的にも精神的にもゆとりを持って働くことができます。

ただ、介護施設によっては看護師が看護業務に専念できるか、介護業務を手伝わなければいけないのかが変わりますので、看護業務に専念できるところを選びましょう。

看護業務に専念できる介護施設の夜勤は本当に楽ですよ!私の経験では、仕事がなくて眠くなっちゃうくらいだったので、50代の人でも体力的に問題なく夜勤ができると思います。

50代の新人看護師におすすめの3つの就職先をご紹介しましたが、あなたは新人看護師ですので、きちんと指導・教育してくれるところでないといけません。

そのため、この3つの就職先の中から、きちんと新人看護師として指導してくれるところを選ぶようにすると良いでしょう。

50代の新人看護師は今の職場が辛いなら転職を考慮するのもあり

ここまでは、今から就職する50代の新人看護師さんのためのお話をしてきましたが、ここからは今看護師として働いている50代の新人看護師さんのためのお話をします。

50代で新人看護師。辛いですよね。看護学校に勧められて、急性期を選んでしまったけれどついていけない。

職場は若い子ばかりでなじめない。見た目だけでベテラン扱いをされて、指導してもらえない。それどころか、仕事ができないことに嫌味を言われる。

このような悩みを抱えている50代の新人看護師さんは多いと思います。

今の職場で辛さを感じている人は、転職を考えてみてはいかがですか?50代でようやく看護師になったのに、転職?と思うかもしれません。

でも、今の職場で辛い思いをしながら、定年退職まで働くのですか?

50代でも看護師なら転職することは可能です。せっかく看護師になったんだから、楽しく働きたいと思いませんか?

50代の新人看護師さんにオススメの転職パターンは2つあります。

先ほど紹介した3つの職場の中から、看護師の年齢層が高くて、指導をきちんとしてくれるところを選ぶ

先ほど、夜勤があっても体力的に楽な職場を3つご紹介しました。

療養型病棟、精神科病棟、介護施設は基本的に看護師の年齢層は高いのですが、その中でも特に50代の人が多い職場を探し、さらに50代でもきちんと指導してもらえるところを選びましょう。

そうすれば、今の悩みのほとんどは解決して、看護師になって良かったと思えるはずです。

1年間だけ我慢して日勤のみのところに転職する

50代の新人看護師さんにオススメの転職パターンの2つ目は、まずは1年間だけ我慢して、基礎的な看護技術を身につけましょう。

それから、日勤のみのところに転職するんです。新人看護師は日勤のみのところに転職しにくいですが、1年間だけ我慢して、基礎的な看護技術を身につけたら、転職先の選択肢は広がります。

体力的にきつい人は、常勤という働き方にこだわらず、非常勤の働き方を選ぶのも良いと思います。

基礎的な看護技術を身につけておけば、非常勤でも採用されやすくなりますし、体力的にもグッと楽になりますよ!

「1年間だけ」という期限を作っておけば、辛いことも何とか乗り越えられますよね。

このパターンで転職する人は、早めに転職活動を開始しましょう。すぐに良い求人が見つかるとは限りませんし、転職先を早めに確保しておけば、辛い日々も頑張れると思います。

50代の新人看護師が就職先や転職先を選ぶなら、定年後の再雇用もチェックして

50代の新人看護師が就職先や転職先を選ぶ時には、1つ注意しておきたい点があります。それは、定年後の再雇用はあるかということです。

60歳で定年としている職場が多いですが、定年後の再雇用制度があるところは、定年退職後も非常勤として働くことができます。

50代の新人看護師は定年退職までもう10年もありません。せっかく看護師になったのに、10年未満しか働けなかったらもったいないですよね。

定年後に再雇用をしてもらえば、看護師として働ける期間を長くすることができます。

定年後に自分で求人を探しても良いのですが、60代になると、求人探しが難しくなりますので、あらかじめ定年退職後の雇用がある程度保証されている方が楽なんです。

だから、50代の新人看護師は定年後の再雇用制度があるどうかをチェックして、就職先を探すようにしましょう。

まとめ

50代で新人看護師になる人にオススメの3つの職場と50代の新人看護師にオススメの2つの転職パターンをまとめました。

「本当に50代で就職先があるのかしら?」と疑問に思っている人や看護学校が急性期病院への就職を勧めてきてどうしようか迷っている人、転職を考えている人は、転職サイトを使ってみましょう。

転職サイトなら担当コンサルタントがあなたの就職の相談に乗ってくれて、50代の新人看護師でも働きやすい職場の求人を紹介してくれます。

もちろん、職場の年齢層や教育体制、定年後の再雇用制度についても調べてくれますよ!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。