看護師は3ヶ月で転職するのってどうなのでしょうか?

看護師は3ヶ月で転職するのってどうなのでしょうか?

新しい職場に転職後、3ヶ月でまた「転職しようかな」と思うこともあると思います。

3ヶ月で転職するのはまずいのか、どうしても3ヶ月で転職したいならどうすれば良いのか、再転職のコツを教えます。

看護師が3ヶ月で転職するのはやっぱりまずい?

看護師が3ヶ月で転職するのはやっぱりまずい?

看護師が3ヶ月で転職するのは、やっぱりまずいのでしょうか?

転職して新しい職場で働き始めたのは良いものの、思い描いていたような職場と違った、最初に説明された条件と違うなどの理由で、転職後3ヶ月でまた転職したいと思うこともありますよね。

でも、いくら転職したいと思っても、転職3ヶ月でまた転職というのは、どうしてもイメージが悪くて、次に採用してもらえるのか不安になりますし、看護師キャリア的にも大きなマイナスになってしまうのではないかと心配になってしまうと思います。

結論からいうと、看護師は転職3ヶ月で、また転職することは可能です。ただ、「3ヶ月でまた転職」というのは、どうしても面接官のイメージが悪くなりますので、人気の求人には採用してもらえない可能性があります。

転職後3ヶ月でまた転職したいという人は、「転職することは可能。ただイメージは良くない」ということを知っておきましょう。

今の職場で我慢して働き続けることと、人気の求人に採用されるのは無理かもしれないけれど転職することのどちらがメリットがあるかを天秤にかけて、転職するかを決めると良いと思います。

「我慢できないことはないけど、できれば転職したいなぁ」という場合なら、あえて転職せずにもう少し我慢すると良いでしょう。「もう無理!我慢できない。今すぐ転職したい!」というなら、転職したほうが良いのではないでしょうか。

看護師が3ヶ月で転職するなら求人探しは慎重に

看護師が3ヶ月で転職するなら求人探しは慎重に

看護師が3ヶ月で転職すると決めたなら、もう2度と転職に失敗することはできません。

今度の転職は早期退職後の転職になります。それなのに、また早期退職を繰り返したら、さすがに次の転職先は見つからなくなる可能性があります。

ですから、3ヶ月で転職する時は、もう2度と転職に失敗しないように、求人選びは慎重に行わなくてはいけません。

まず、3ヶ月で転職する場合は、今回はなぜ3ヶ月で転職を考えるようになってしまったのかを考えてください。

人間関係が悪かったから?思ったような仕事内容ではなかったから?条件が違ったから?忙しすぎてついていけなかったから?

3ヶ月で転職したいと思った理由が分かれば、次はそれを解決できる職場を選べば良いので、今度は長く勤められる求人を見つけやすくなります。

また、職場に求める条件には優先順位をつけましょう。

給料高い、残業がない、休みが多い、体力的に楽など職場に求める条件はたくさんありますが、3ヶ月で転職する場合、その条件全てを満たす職場に転職するのは難しいでしょう。

好条件の求人は応募が殺到しますので、3ヶ月で転職したい看護師さんは、どうしてもイメージが悪く採用されにくくなるからです。

ですから、職場に求める条件に優先順位をつけて、優先度が高いもののみにこだわるようにして、そのほかの条件は我慢するようにしてください。

優先順位が高い条件さえ希望が叶えば、そのほかの条件は多少不満があっても、我慢して働けるはずです。

今度転職する職場に多少の不満はあっても、そこで3年間働けば、今度は「すぐに退職するかも」というマイナスイメージがなくなりますので、人気の求人にも採用されやすくなります。

3ヶ月で転職することになった原因を解決できて、さらに優先順位の高い条件を満たす求人を探せば、今度は長く、3年以上は勤められる職場で働くことができるでしょう。

看護師が3ヶ月で転職するなら退職理由はきちんと説明できるように

看護師が3ヶ月で転職するなら退職理由はきちんと説明できるように

看護師が3ヶ月で転職するなら、退職理由はきちんと説明できるようにしましょう。

3ヶ月で転職した看護師さんは、面接で必ず3ヶ月で退職した理由を突っ込まれるでしょう。

その時にどのような答えをするかで、採用が決まるかどうかが左右されるといっても過言ではありません。

面接官はあなたの履歴書を見た時点で、「この人、3ヶ月で転職しているなぁ。またどうせすぐに退職するかもなぁ」というマイナスイメージを持って面接をしています。

このマイナスイメージを挽回するのが退職理由の答えなんです。

退職理由を答える時に、面接官が納得してくれるような前向きな答えを用意すれば、「今度はすぐに辞めないな」と思ってくれるはずです。

例えば、「寄り添う看護がしたかったが、流れ作業のような仕事しかできず、私が寄り添うような看護をしようとすると、余計なことをしないでと言われてしまった」とか「残業が月10時間程度とのことで入職したが、実際はサービス残業を含めると月30時間程度の残業をしなければならず、時間をやりくりして育児と仕事を両立できるように努力してみたが、どうしてもできなかった」などですね。

このように「あぁ、その理由なら仕方ないな。うちなら、その点は大丈夫だし。」と思ってもらえる理由なら、マイナスイメージを挽回できると思います。

寄り添う看護の理由のポイントは「自分1人だけでも寄り添う看護をした」という点です。そして、残業の理由のポイントは「育児と仕事を両立できるように努力してみた」ということですね。

このようなことを退職理由に入れることで、「ただ何も考えずに3ヶ月で転職したわけではない。自分なりに転職せずに済むように努力はした。」ということを伝えられます。

そうすれば、面接官は3ヶ月で転職したのも仕方がないなと思ってくれるはずです。

看護師が3ヶ月で転職するなら「長く勤めます」とアピール

3kagetu-tenshoku-05

看護師が3ヶ月で転職するなら、面接では面接官に納得してもらえるような退職理由を考える必要がありますが、それだけではまだ不十分です。

3ヶ月で転職するのですから、「長く勤めます!」アピールをするようにしましょう。

面接官はいくら退職理由で納得してくれたとしても、まだ「早期退職しないかな?大丈夫かな?」と疑っています。

ですから、志望動機や退職理由の最後に「今度は長く勤めます」などを付け加えて、面接官の疑いを晴らすようにしましょう。

そうすれば、面接官も安心して「今度は長く働いてくれそうだな。3ヶ月で転職しないだろな。」と思ってくれると思いますよ。

もちろん、面接では退職理由と長く勤めますアピール以外にも、志望動機や質問への答えをしっかり考えておくようにしましょうね。

まとめ

まとめ

看護師が3ヶ月で転職する時のコツをまとめましたが、いかがでしたか?ハッキリ言えば、入職後3ヶ月での安易な転職はおすすめできません。

でも、3ヶ月で転職するメリットと我慢して続けるメリットのどちらが大きいかを考えて、転職すべきかどうかを決めましょう。

もし、転職すると決めたなら、求人選びは慎重に行い、納得してもらえる退職理由を考え、さらに今度は長く勤めることをアピールしましょうね。

看護師が3ヶ月で転職をするなら、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、入職後3ヶ月で転職しても採用してくれるような職場を紹介してくれます。

また、面接官が納得するような転職理由を、担当者が一緒に考えてくれますので、今度こそ長く勤められる職場で働くことができるはずです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。