看護師が転職を20代でするなら、どんなことに注意すれば良いの?

看護師が転職を20代でするなら、どんなことに注意すれば転職を失敗せずに済むのでしょうか?

看護師が転職を20代でするなら、どんなことに注意すれば転職を失敗せずに済むのでしょうか?

これを読めば、20代の看護師さんが転職をする時の疑問や注意点が丸わかりですから、転職成功間違いなしですよ!

看護師は転職を20代でするのが一番良いの?

看護師は転職を20代でするのが一番良いの?

看護師が転職を20代でしたいと思ったら、まず最初に気になることは「20代って転職に向いている年代なの?」ということだと思います。

転職をすることは、今後の看護師人生を大きく左右するものですよね。

ですから、いくら看護師は売り手市場だから、看護師不足で求人はたくさんあるからといって、むやみに転職をするのではなく、転職は慎重に行わなくてはいけません。

そこで疑問になるのが、20代は転職に向いている年代なのかどうかということです。

30代のほうが明らかに転職に有利というなら、30代まで待ったほうが良いかもしれませんよね。

でも、そんな心配は不要です!

20代は看護師の転職に適した時期、一番良い時期なんです。なぜなら、20代は「若い」からです!

良い職場に転職できるかどうかは、看護師経験やスキルも大切ですが、年齢もとても大切なことなんです。採用側としては、やはり若い看護師さんを採用したいと思っているんですよ。

若いとそれだけ長く働いてくれる可能性が高いですし、若い人は柔軟性があって、仕事を覚えるのが早い傾向にあります。また、体力もありますから。

だから、20代は看護師の転職にもっとも適した時期であると言えるでしょう。ただ、これは一人前の看護師の場合です。

20代の看護師さんの中には、経験が浅く、まだ一人前の看護師とは言えない人もいるでしょう。そういう看護師さんは、20代で若くても転職に適した時期とは言えません。

一人前でなくても、どうしても今転職したいなら、採用してくれる求人はたくさんありますが、一人前になってからの方が転職先の選択肢はグンと広がりますし、好条件の求人を狙えますよ。

看護師が転職を20代でするなら、将来的なことを考えよう

看護師が転職を20代でするなら、将来的なことを考えよう

看護師が転職を20代でするなら、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

20代の看護師さんの多くは、その職場の主戦力として、バリバリ働いていると思います。

そして、「ちょっと疲れたから、もっとゆとりを持って働きたいなぁ」と思って転職しようと思った人も多いのではないでしょうか?

ゆとりを持って働ける職場と言えば、介護施設やデイサービス、健診センターなどがありますが、20代の看護師さんは安易にこれらの職場を選ぶのはNGです。

もちろん、老年看護に興味があるから介護施設やデイサービス、予防医学に興味があるから健診センターに転職するならぜんぜんOKですよ。

でも、ただ単に「疲れたし、ゆとりを持って働きたい」という理由だけで、20代の看護師さんがこれらの職場を選ぶのは、あまりおすすめできないんです。

なぜなら、介護施設やデイサービス、健診センターは医療行為が少ないので、将来的に「ゆとりを持って働いたら、疲れも取れたし、また急性期でバリバリ働くか!」と思った場合でも、急性期に戻るのが難しくなるからです。

介護施設やデイサービス、健診センターは医療行為が少なめです。でも、急性期はとても多いですよね。

医療行為が少ないところから多いところへの転職は、はっきり言ってかなり厳しくなります。

つまり、介護施設やデイサービス、健診センターの仕事に慣れてしまうと、急性期に戻るのは無理とは言いませんが、かなり厳しくなってしまうんです。

もし、ゆとりを持って働きたいけど、将来的に急性期への復帰を考えている人は、急性期の中でも残業が少なめのところや療養型病院を選ぶと良いでしょう。

20代の看護師が転職をするなら、将来どんな看護をしたいのか、どんな道に進むのかを考えた上で、転職をするようにしないと、将来の看護師としての幅を狭めてしまうことになるのです。

看護師が転職を20代でするなら、教育制度を重視して

看護師が転職を20代でするなら、教育制度を重視して

看護師が転職を20代でするなら、こだわるべきポイントはあるのでしょうか?20代の看護師さんが転職をする場合にこだわりたいポイントは、教育制度です。

もし、あなたが20代でも看護師経験が豊富で1人前の看護師であれば、教育制度はそこまでこだわる必要はないかもしれません。

でも、20代の看護師さんの中には、まだ看護師経験が1~2年と浅く1人前の看護師ではない人もいますよね。1~2年どころか1年未満の人もいるでしょう。

そういう人は、教育制度が整ったところへ転職しなければいけません。先ほど、20代の看護師が転職をするなら、将来のことを考えないと、看護師としての選択肢を狭めてしまうとお話しました。

教育制度が整ったところへ転職すべき理由も、これと同じです。

1人前ではない看護師が教育制度が整っていないところへ転職すると、看護師として伸び悩み、「できる看護師」ではなく「微妙に使えない看護師」になってしまうのです。

微妙に使えない看護師は、将来また転職をしようと思った場合、好条件の職場に転職することは難しく、あまり条件の良くないところにしか転職できない可能性が高くなります。

ですから、20代の看護師が転職をするなら、教育制度が整ったところに転職すべきなのです。

まとめ

まとめ

看護師の転職は20代でするのがおすすめですが、将来的なことを考えて、どんな職場に転職するのかを考えるようにしましょう。

また、まだ1人前の看護師とは言えない場合は、教育制度が整っているところへ転職するようにしましょう。

20代の看護師が転職をするなら、転職サイトを使うと良いですよ!転職サイトは、たくさんの求人を扱っていますので、あなたに合ったより好条件の求人を見つけることができます。

また、教育制度が整っているところなどの条件を担当者に伝えれば、それに合った求人を紹介してくれるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。