看護師の転職で退職理由を聞かれることはあるのでしょうか?また、前職の退職理由は採用に関係するものなのでしょうか?

看護師の転職で退職理由を聞かれることはあるのでしょうか?また、前職の退職理由は採用に関係するものなのでしょうか?

看護師が転職の面接で、退職理由の印象をマイナスではなくプラスに変えるためのコツを教えます!

看護師の転職で退職理由は必ず聞かれる質問

看護師の転職で退職理由は必ず聞かれる質問

看護師の転職で退職理由は聞かれるものなのでしょうか?「退職したのは過去のことだから、退職理由は関係ないでしょ!大切なのはこれからよね!」と思うかもしれません。

でも、看護師が転職する上で、退職理由は重要なポイントになるものなんです。転職の面接では退職理由は必ず聞かれる質問であると考えて良いでしょう。

なぜ、退職理由を聞かれるのかというと、退職理由は志望動機につながるものだからです。あなたはなぜ転職をするのでしょうか?前の職場に何らかの不満があったからだと思います。

そして、その不満を解決するために、転職するんですよね。

つまり、退職理由を聞けば、ある程度志望動機が見えてくるというわけなんです。

そのため、「退職理由は採用には関係ないでしょ。適当に答えておけばOK!」と思って、深く考えずに退職理由を述べてしまうと、転職先から「不採用」の通知が来てしまうのです。

看護師の転職、退職理由を正直に言って良いものはこちら!

看護師の転職、退職理由を正直に言って良いものはこちら!

看護師の転職で退職理由は採用の合否に深く関係するものですので、慎重に答えなくてはいけません。ただ馬鹿正直に、退職理由を答えれば良いというものではないのです。

でも、退職理由によっては正直に答えて良いものもあります。正直に答えて良い退職理由の例をご紹介しますね。

正直に答えて良い退職理由

・もっとスキルアップしたいから
・最先端の医療の中で働きたいから
・慢性期看護(訪問看護等転職先で行う看護)を専門にしたいため
・妊娠したのを機に
・夫の転勤を機に

これらの退職理由は、今よりもステップアップしたいなどの前向きな理由であったり、家庭の事情などのやむを得ない理由ですので、面接で正直に言って構いません。

看護師の転職、退職理由を正直に言うのはNGのものはこちら!

看護師の転職、退職理由を正直に言うのはNGのものはこちら!

看護師の転職で退職理由を正直に言うのはNG、正直に言ってしまうと面接官にマイナスの印象を与えてしまいかねない退職理由の例をご紹介します。

正直に答えるのはNGの退職理由

・給料が安くて割に合わなかったから
・残業ばかりで嫌だった
・休みが少なくて疲れた
・人間関係のトラブルに巻き込まれた
・医師からのパワハラに遭った
・やりがいを感じなかった

これらの退職理由は、面接で聞かれても正直に答えるのは止めましょう。これらの退職理由を正直に話してしまうと、面接官に悪い印象を持たれてしまうのです。

例えば、「給料が安くて割に合わなかった」なら、金にうるさくて、給料に不満があったらすぐに辞めてしまうかもしれない。残業代も1分単位で請求されるかもと思われるかもしれません。

「残業ばかりで嫌だった」という退職理由だと、「この人、絶対に残業してくれなさそう」と思われますし、「休みが少なくて疲れた」なら、空気を読まずに有給申請してきそうと思われるでしょう。

「人間関係のトラブルに巻き込まれた」や「医師からのパワハラに遭った」、「やりがいを感じなかった」ならマイナスの印象は持たれないんじゃないの?と思うかしれませんが、そんなことはないのです。

人間関係のトラブルに巻き込まれたという理由の場合は、「あなた自身がトラブルメーカーなのでは?」と思われるかもしれません。

医師のパワハラも同様です。パワハラを受けたのが本当で、あなたが純粋な被害者だとしても、採用担当者としては、職場のチームワークを乱すような看護師なのかもしれないと思われかねません。

さらに、「やりがいを感じない」では「仕事内容が気に入らないと文句を言いそう、やりがいは自分で見つけるものでしょ」と思われるかもしれませんよね。

これらの正直に答えるのはNGの退職理由に共通していることは、後ろ向きの理由、ネガティブの理由であることです。

ネガティブな退職理由は、どうしても面接官にネガティブな印象を与えてしまうのです。

看護師の転職で退職理由を正直に言えない場合はどうする?

看護師の転職で退職理由を正直に言えない場合はどうする?

看護師の転職で退職理由を正直に言えない場合はどうすれば良いのでしょうか?そういう場合は、上手に「建前」を利用しましょう。

面接官に良い印象を与えるような退職理由を考えるんです。「嘘なんてつきたくない!」と思うかもしれませんが、嘘ではなく建前と考えましょう。「嘘も方便」と言いますしね。

ネガティブな退職理由の人は、ポジティブな退職理由を考えれば良いんです。では、どんな建前の退職理由が良いのでしょうか?

汎用性が高くて、好印象の退職理由は「もっとスキルアップしたかったから」、「自分の興味のある看護を専門にしたかったから」です。

これらの退職理由だと、前の職場の悪口を言っているわけではありませんし、退職理由から看護への情熱ややる気を感じさせますので、面接官は「この人を採用したい」と思うはずです。

まとめ

まとめ

転職活動においての退職理由は、採用の合否に大きく関係する重要なものです。ポジティブな理由や家庭の事情などは正直に答えて良いのですが、ネガティブな理由は正直に答えずに、建前を使った退職理由を答えるようにしましょう。

退職理由は正直に答えて良いものかどうか自信がない、良い建前の退職理由が思い浮かばないという人は、転職サイトを使って転職すると良いですよ。

転職サイトは求人を紹介してもらえるだけでなく、担当者が面接対策もしてくれますので、良い建前の退職理由を一緒に考えてくれるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。