看護師の転職は経験年数が関係する?経験年数が短い人、長い人それぞれのポイントを解説します!

看護師の転職は経験年数が関係してくるものです。

看護師の転職は経験年数が関係してくるものです。

経験年数が長い人が転職する時にどんなことに注意すれば良いのか、逆に経験年数が短い人はどうなのかをそれぞれのケースに応じて教えます!

看護師の転職は経験年数が関係するの?

看護師の転職は経験年数が関係するの?

看護師の転職は経験年数によって、有利・不利が関係してくるものなのでしょうか?看護師の経験年数は転職にどのように関係してくるのかを知っておきましょう。

看護師の経験年数と転職の関係は、転職先がどのような看護師を必要としているのかを考えればわかります。

転職先としては、中途採用者には即戦力を求めているんです。看護師を育て上げるには、時間も手間もお金もかかります。

だから、中途採用の場合は、時間も手間もお金もかけずに即戦力になってくれる人を採用したいと思っているんです。

ですから、一人前の看護師と言えないような経験年数が短い看護師さんが転職するのはどうしても不利になりますし、経験年数が長く一人前の看護師だったら転職に有利になります。

では具体的にどのくらいの経験年数だったら転職に不利になって、どのくらいの経験年数があれば転職に有利になるのでしょう?

転職で有利・不利が分かれる経験年数は、ズバリ丸3年です。急性期病院での経験年数が丸3年以上あれば、即戦力になれる一人前の看護師になりますので、転職に有利になるんです。

実際に、中途採用者の応募条件に「臨床経験3年以上」としているところは少なくありません。

そのため、看護師の経験年数が丸3年以上あれば、転職に有利になりますが、逆に経験年数が丸3年未満の場合は転職が不利になります。

看護師の転職で経験年数が短い場合はどうすれば良いの?

看護師の転職で経験年数が短い場合はどうすれば良いの?

看護師の転職で経験年数が短い場合は、転職に不利になるとお話ししました。これは、仕方がないことです。

経験年数が短く、丸3年未満の場合は、「臨床経験3年以上」という条件があるところには応募することができません。

また、好条件で人気がある求人は、経験年数が丸3年以上ある一人前の看護師さんを優先に採用するはずですから、好条件のところに転職するのは難しいことが多いんです。

でも、経験年数が短いと不利になるのはわかっているけれど、どうしても今すぐに転職したいという場合もありますよね。

そういう看護師さんは、今すぐに転職してOKですが、今回の転職を「将来のためのステップ」と考えると良いでしょう。

あなたはまだ経験年数が短い未熟な看護師ですよね。だから、今回の転職では100%満足できるような転職にはならないかもしれません。

でも 転職先で経験を積むことで、将来また転職する時に有利になるはずです。将来の転職で有利になるためのステップと考えるんです。

そして、将来の転職を有利にするためには、転職先には教育制度が充実していることを求めましょう。

今のあなたが転職に不利になってしまうのは、経験年数が短いからですよね。経験年数が短いということは、一人前の看護師ではないという証拠なんです。

つまり、一人前の看護師になれば、転職に有利になるというわけです。経験年数が短い看護師さんが、一人前の看護師になるためには教育制度を利用することが手っ取り早いんです。

自力で勉強して努力することでも一人前になることもできますが、それは遠回りになります。

一人前の看護師になるためには、教育制度を利用することが近道なのです。

ですから、経験年数が3年未満と短い看護師さんは、今回の転職は将来また転職するためのステップと考えて、教育制度にこだわって転職したほうが良いでしょう。

看護師の転職で経験年数が長い場合にはどんなことに注意すれば良いの?

看護師の転職で経験年数が長い場合にはどんなことに注意すれば良いの?

看護師の転職で経験年数が長い場合には、どんなことに注意すると、転職を失敗せずに済むのでしょうか?

経験年数が長いと転職が有利になりますので、転職先の選択肢は広がります。でも、転職先の選択肢が広いからこそ、転職先を選ぶときには慎重にならなければいけません。

経験年数が長い場合は、経験年数を給料に加算してくれるかどうかをチェックしてください。経験年数を給料に加算してくれないと、新卒看護師と同じ給料で働かなくてはいけません。そんなの納得いかないですし、大きな損をすることになりますよね。

看護協会の「2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査」によると、「看護師の経験年数をすべて評価する」とする病院や46.0%、「看護師の経験年数を一部評価する」病院は48.6%、「全く評価しない」病院は1.9%でした。

つまり、経験年数をすべて評価する46.0%の病院に転職しないと、損をすることになるんです。

ですから、経験年数が長い看護師さんが転職するなら、経験年数をきちんと評価して、給料に反映させてくれるかどうかをチェックしてくださいね。

まとめ

まとめ

看護師の転職は経験年数が大きく関係してきますが、経験年数が短い人は教育制度にこだわって、経験年数が長い人は経験年数を給料に反映してくれるかどうかにこだわって転職先を選びましょう。

でも、教育制度が充実しているか、経験年数を給料に反映してくれるかなんて、自分ではなかなか調べることができませんよね。では、どうすれば調べられるのでしょうか?

その答えは、「転職サイトを使う」です!転職サイトを使えば、担当者があなたに代わって教育制度や給料加算について調べてくれますので、転職を失敗せずに済むんですよ。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。