看護師の転職で筆記試験がある場合、「筆記試験ってどんなことをするんだろう?」と悩んでしまいますよね。

看護師の転職で筆記試験がある場合、「筆記試験ってどんなことをするんだろう?」と悩んでしまいますよね。

看護師の採用試験は、履歴書と面接であることが多いのですが、公立病院や大学病院などの大病院では、転職の試験に筆記試験が課せられることがあるんです。

転職の筆記試験はどんなものなのか、またどんな対策をすれば良いのかを説明します!

看護師の転職の筆記試験=小論文

看護師の転職の筆記試験=小論文

看護師の転職の筆記試験の1つ目は、小論文です。転職の筆記試験での小論文は、どんなものなのでしょう?

筆記試験の小論文とは?

転職の筆記試験の小論文は、与えられたテーマ(課題)に対して、自分の意見を述べるものです。

作文は体験談や感想を述べるものですが、小論文では「私はこう考える。なぜなら、こういう理由があるからだ。」と論理的に自分の意見を伝えます。

看護師の転職の筆記試験では、小論文は「理想の看護師とは?」や「○○病院における看護師の役割とは?」などあなたの看護観と転職先の病院に関係したテーマで書くことが多く、文字数は800字前後であることがほとんどです。

筆記試験の小論文対策

筆記試験で小論文がある場合、どんな対策をすれば良いのでしょうか?

まずは、あなたの看護観を明確にしておきましょう。そして、転職の試験を受ける病院の方針や理念、地域における役割などをしっかり調べておくと良いですね。

そして、800字の文章を書く練習をしましょう。

あなたは800字の文章を書く習慣がありますか?日ごろから文章を書いていない人は、800字の文章を書けと言われると、それだけで「無理!」としり込みしてしまいます。

まずは、今日の出来事などの日記からで構いません。日記で800字の文章を苦なく書けるようにしましょう。

そして、それができるようになったら、次は看護観など筆記試験のテーマに出されそうなものや時事問題などを選んで書いてみてください。

小論文ですので、自分の意見をしっかり述べること、説得力があること、わかりやすいように具体例を出すことなどに気をつけながら練習するようにして下さいね。

800字の文章を書くのに慣れたら、筆記試験で予想外のテーマが出されても、何とか対応できるはずです。

看護師の転職の筆記試験=適性検査

看護師の転職の筆記試験=適性検査

看護師の転職の筆記試験、次は適性検査です。適性検査の試験内容が全く想像できないという人も多いと思いますので、適性検査の内容と対策についてご説明します。

筆記試験の適性検査とは?

看護師の転職の筆記試験の1つである適性検査とは、看護師としての適性を持っているかどうかを審査するための試験です。

「看護師としての適性があるかどうか」の試験というと、難しそうと思うかもしれませんね。

でも、適性検査は難しいものではありません。適性検査は国語や計数(数学)、一般常識、性格などのジャンルが出題されます。

看護師の場合は、特に性格検査が重視されるでしょう。

適性検査には色々な種類がありますが、SPIやクレペリン検査などが有名なものです。

筆記試験の適性検査対策

筆記試験での適性検査の対策は、とりあえず本屋さんに行って、就活本がある棚の中から、一番良さそうな適性検査の本を一冊購入して、適性検査の問題に慣れておきましょう。

どんな問題が出題されるのかを知っておけば、実際の筆記試験でも慌てずに答えることができるはずです。

性格検査は採用のために嘘をつく必要はありません。ただ、馬鹿正直に答えても問題がある可能性がありますので、「ポジティブでやる気のある看護師」を意識して答えると良いと思います。

また、日ごろから新聞やテレビ、インターネットでニュースをチェックしておくと良いでしょう。

看護師の転職の筆記試験=専門科目

看護師の転職の筆記試験=専門科目

看護師の転職の筆記試験、最後は専門科目の試験です。

筆記試験の専門科目の試験とは?

看護師の転職の筆記試験での専門科目とは、看護知識を問うものです。

転職の筆記試験で問われる看護知識は、そこまで深く専門的なものが必要というわけではありません。

看護師としてその病院で働けるだけの知識を持っているかどうかをチェックするための試験ですので、基礎的な看護知識を持っていればOKです。

筆記試験の専門科目の試験対策

専門科目の筆記試験の対策は、まずは国家試験の過去問を解いてみましょう。

そして、間違えてしまったもの、自信がないものを勉強しなおせばOKです。

国家試験を受けた時は、難しいという印象を持ったと思いますが、臨床経験がある看護師さんにとっては、そこまで難しいとは感じないはずです。

まとめ

まとめ

看護師の転職の筆記試験の内容や対策をまとめましたがいかがでしたか?

看護師の転職の試験は、筆記試験がないことも多いので、転職したい病院に筆記試験があると、ちょっと怖気づいてしまうかもしれません。

でも、しっかりと筆記試験の対策をして採用試験を受ければ、ライバルたちに差をつけることができますので、採用に大きく近づくことができます。

筆記試験に自信がないという人は、転職サイトを利用して転職すると良いですよ。

転職サイトを使って転職をすれば、筆記試験があっても、担当者が対策のアドバイスをしてくれますし、病院の過去問を入手してくれることがありますので、自信を持って筆記試験に臨むことができるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。