看護師の転職が決まらないパターンには、どんなものがあるのでしょうか?

看護師の転職が決まらないパターンには、どんなものがあるのでしょうか?

転職をしたいのになかなか決まらないと悩んでいる看護師さんのために、転職が決まらないパターン2つとそれぞれの対策法を教えます!

看護師の転職が決まらない2つのパターンって何?

看護師の転職が決まらない2つのパターンって何?

看護師の転職が決まらないのは、大きく2つのパターンに分けられます。どんなパターンがあるのかを1つずつ見ていきましょう。

面接を受ける前に悩んでしまう

看護師が転職をするには、採用試験である面接は避けては通れないものですが、看護師の転職が決まらない1つ目のパターンは、その面接を受ける前に悩んでしまって、面接を受けるに至らないというものです。

面接を受けなければ、転職が決まらないのは当たり前のことですよね。では、なぜ面接を受けるに至らないのでしょう?

転職先を絞り込めない

面接を受けるに至らない理由は、転職先に求める条件が多すぎて、面接を受ける転職先を絞りきれないからです。

たとえば、「残業なしで、夜勤もなし。ゆとりを持って働けて、年間休日は120日以上、有給消化率は80%以上で、やりがいもあってスキルアップもできる。もちろん、高収入のところ」という条件で探していたら、なかなかそんな好条件の求人を見つけることができませんので、転職先が決まりませんよね。

また、「病棟はスキルアップができて、給料が高い。でも、クリニックは日勤のみで日曜祝日が固定休。だから、どっちも捨てがたい…」と考えて、なかなか絞り込めないこともあるでしょう。

面接が怖くなる

これは次で詳しくお話しますが、何らかの原因があるために、何度面接を受けても落ち続けてしまうことがあります。

面接に落ち続けてしまうと、面接を受けるのが怖くなって、求人に応募することを躊躇し、「面接を受けたいけど怖い」という面接恐怖症になってしまいます。

面接を受けても落ちてしまう

看護師の転職が決まらない2つ目のパターンは、面接を受けても落ちてしまうというものです。なぜ、面接を受けても落ちてしまうのでしょう?

転職回数が多いことがマイナス

転職を希望する看護師さんの中には、今までに何度も転職を繰り返してきたという人がいると思います。転職回数が多ければ多いほど、次の転職は難しくなるんです。

なぜなら、面接官は「またどうせ、この看護師さんはすぐに辞めて転職するんでしょ?」と思われるからです。

転職回数が多いというだけで、面接官はマイナスの印象を持ちますので、採用されない可能性が高くなります。

面接対策が不十分

あなたは面接を受けるにあたって、面接対策をきちんとしているでしょうか?社会人として面接に適した服装や身だしなみ、言葉遣いができていますか?

また、面接で聞かれることが多い「志望理由は?」や「前職の退職理由は?」などの質問への答えをあらかじめ用意しているでしょうか?

面接は短時間の中で、面接官にあなたがいかにその職場で働くのに向いている人材か、どんな魅力を持った人間かをアピールしなくてはいけません。

面接対策が不十分だと、面接官はあなたがその職場に適した人間かどうか判断できませんので、不採用になる確率が高くなります。

また、あなたが社会人として常識がない服装や振る舞いをしていたら、その時点で不採用になりますよね。

看護師の転職が決まらない時の対策=転職先を絞り込めない

看護師の転職が決まらない時の対策=転職先を絞り込めない

看護師の転職が決まらない時の対策、まずは転職先を絞り込めずに、面接に至らない場合の対策をご紹介します。

転職先に求める条件が多すぎて転職先が見つからない、どの転職先を選べば良いか迷ってしまうというあなたは、まずは紙とペンを用意しましょう。

そして、あなたが転職先に求める条件を箇条書きで書き出すんです。書き出した後は、その中で「絶対に譲れない!」と思うものから順に、優先順位をつけていきましょう。

この作業を終えたら、あなたが転職先に一番何を求めているのか、何を重要視して転職をするのかが見えてくるはずです。

そうしたら、優先順位1位の条件を満たす求人を絞り込んで、その中から優先順位2位、3位の条件を満たすものを選べば、自ずと転職先は絞り込めるはずです。

また、「病棟はスキルアップができて、給料が高い。でも、クリニックは日勤のみで日曜祝日が固定休。だから、どっちも捨てがたい…」のように悩んでいる人も、自分にとって何が一番大切かがわかれば、迷うことはなくなりますよね。

看護師の転職が決まらない時の対策=転職回数が多いことがマイナス

看護師の転職が決まらない時の対策=転職回数が多いことがマイナス

看護師の転職が決まらない時の対策、次は転職回数が多いことがマイナスになり、面接に落ちてしまう場合の対策法です。

転職回数が多いことは、もう取り消すことができない事実です。

でも、「今度の転職が最後の転職です!」という思いを面接官にわかってもらえれば、採用は近づきますよね。

まずは、転職先を慎重に選ぶようにしましょう。「いつも面接で落ちてしまうから、とにかくどこでも良いから面接を受けまくろう!」のように「数撃ちゃ当たる」作戦はNGです。

その作戦だと、またすぐに転職をする羽目になりますし、面接でその雰囲気が自ずと出てしまい、「もう二度と転職はしない。これで最後!」という雰囲気を作り出せません。ですから、「もう二度と転職はしない。これで最後!」と思えるような、長く働ける転職先を慎重に選んでください。

そうすると、「絶対にここで働きたい!」と思えますよね。そう思えれば、志望動機や自己PRなどにも自然に力が入りますので、面接官にもあなたの熱意ややる気が伝わるのです。

さらに、面接では「今まで転職を繰り返してきましたが、貴院では長く勤めます」のように、今度は長く勤めること、転職を繰り返すつもりはないことしっかり伝えるようにしましょう。

面接官に熱意や転職を繰り返すつもりがないことが伝われば、採用に大きく一歩前進できるはずです。

看護師の転職が決まらない時の対策=面接対策が不十分

看護師の転職が決まらない時の対策=面接対策が不十分

看護師の転職が決まらない時の対策、最後は面接対策が不十分で面接に落ちてしまう場合の対策です。

面接を受ける時は、きちんとしたスーツを着用し、社会人としての身だしなみに気をつけましょう。

また、面接会場へは余裕を持って到着し、面接時は表情豊かにハキハキと受け答えをするように心がかけてください。

また、面接でよく聞かれる質問は以下のものになります。
<面接で聞かれる質問>
・なぜ当院を志望したのですか?
・前職を退職した理由を教えてください。
・あなたの看護観を教えてください。
・当院でどんなことをしたいですか?
・あなたの長所と短所を教えてください。
・自己PRをしてください。

これらの質問に対する答えを自分の言葉でしっかり答えられるように準備しておきましょう。

面接対策をしっかり行っておけば、面接官はあなたに好印象を持ちますし、採用されたいという熱意も伝わりますので、採用される確率が高くなるのです。

また、面接対策を十分に行えば、面接に受かる可能性が非常に高くなりますので、面接恐怖症を克服することができます。

面接が怖いという人は、面接対策をしっかり行ってから、勇気を出してもう1回だけ面接を受けてみてください。面接対策をしっかり行えば、今度は採用されるはずです。

まとめ

まとめ

看護師の転職が決まらない理由とその対策をご紹介しましたが、いかがでしたか?

面接対策って具体的にどうすれば良いのかわからない、もっと詳しく教えてほしい、転職を繰り返さないってアピールするにはどうすべき?などの心配がある人は、転職サイトを利用すると良いですよ!

転職サイトなら、看護師の転職のプロである担当者が面接対策やアピール方法のアドバイスをしてくれますので、さらに採用される確率が上がるんです。

また、あなたの優先順位第1位の条件を伝えれば、それに合った求人を絞り込んでくれるんですよ!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。