看護師が転職して後悔したらどうすれば良いのでしょうか?

看護師が転職して後悔したらどうすれば良いのでしょうか?

転職してから、「あぁ、転職しなければ良かった。」とか「前の職場のほうが良かった。」のように後悔した場合、転職直後だけど退職しようかどうか迷いますよね。

転職したことを後悔しているあなたのために、3つのパターン別に対処法を教えます!

看護師が転職して後悔する=価値観的には前職のほうが良かったケース

看護師が転職して後悔する=価値観的には前職のほうが良かったケース

看護師が転職して後悔するパターン、1つ目は価値観的には前職のほうが良かったケースです。

価値観的には前職のほうが良かったケースの具体例

前職は人間関係が良く、仲が良い同僚がたくさんいて、仕事に行くのが楽しいと思えるような職場だった。

しかも、そのほかの面でも特に大きな不満はないという職場で働いていたとします。

でも、結婚や妊娠などのライフスタイルの変化、もしくは体調の変化等で、その職場の勤務体制や勤務時間で働いていくのには無理が生じて、仕方がなく転職をしたということもあるでしょう。

ただ、転職先は今のライフスタイルで無理なく働けるものの、人間関係が悪くて、仕事に行くのが嫌で嫌で仕方がないとなったら、「無理してでも、前の職場で働き続けたほうが良かったかも」と転職を後悔しますよね。

転職を後悔した時の対処法=条件面を交渉してから出戻ろう

あなたの中で、「多少無理をしてでも、前職のほうが良かった。」と思えるなら、転職先を辞めて、前の職場に出戻ることを考えましょう。

ご紹介した具体例の場合、価値観的には人間関係がもっとも大切なのに、「無理なく働ける勤務体制・勤務時間」を重視して選んだために、後悔しているんですよね。

それなら、前の職場で無理なく働ける条件で働くことはできないのかを交渉してみましょう。

以前は常勤として働いていたなら、今度は非常勤として勤務時間を調整したり、夜勤に入るのが無理なら日勤常勤として働けないかを交渉するんです。

前の職場でもあなたが退職した穴は大きいはずです。そして、新しい看護師さんを採用するなら、人柄的にも信頼できて、即戦力になれるあなたを採用したいと思っているでしょう。

ですから、「こういう理由で、以前と同じ条件で働くことはできないけれど、こういう条件なら働けます。」と交渉してみるんです。

もし交渉がうまくいけば、価値観的にも満足できて、無理なく働ける条件で働くことができますよね。

ただ、人間関係が良かったから出戻りたいという場合、いくら人間関係が良くても、その職場の人全員が、一度退職した人が出戻ってくることを歓迎するとは限りませんので、そのあたりはしっかり見極めてから、出戻るかどうかを決めてくださいね。

看護師が転職して後悔する=第一目的は叶ったけど、そのほかがイマイチのケース

看護師が転職して後悔する=第一目的は叶ったけど、そのほかがイマイチのケース

看護師が転職して後悔するパターン、2つ目は転職の第一目的は叶ったけど、そのほかがイマイチで後悔するパターンです。

転職の第一目的は叶ったけど、そのほかがイマイチで後悔する具体例

たとえば、あなたは看護師としてどんどんスキルアップしていきたいけれど、前職はスキルアップできる職場ではなく、みんなはやる気がなく、なあなあで働いているような職場だったので、スキルアップができる職場への転職を決意しました。

そして、教育制度が整っていて、そこで働く看護師は仕事への熱意があり、新しいことをどんどん積極的に取り入れるなど、スキルアップするにはピッタリの職場に転職できたとします。

でも、その職場はみんなピリピリしていて、自己主張が強く、人間関係が悪くて働きにくい職場だったらどうでしょうか?

「スキルアップはできるけど、人間関係が嫌だなぁ。転職しなければ良かったかも。」と後悔しますよね。

転職を後悔した場合の対処法=もう少しその職場で頑張ってみよう

転職の第一目的は叶ったけど、そのほかの面で後悔した場合の対処法は、すぐに退職せずに、もう少しその職場で頑張ってみることです。

確かにあなたは転職を後悔しているかもしれません。でも、考えてみてください。あなたの転職の第一目的は叶っているんですよね。

具体例のように人間関係が嫌という場合、もう少しその職場で働いて、あなたが頑張っていること、実際にスキルアップしているところを先輩看護師が認めてくれたら、人間関係が変わり、働きやすくなるはずです。

また、仕事に慣れれば、その職場の人間関係の細かい部分が見えてきますし、職場の同僚と親しくなりますので、人間関係が変わってくるでしょう。

さらに、「スキルアップはできるんだから」と割り切って、職場の人間関係はあまり気にせずに働くようにすると、精神的なストレスは少なくて済むはずです。

看護師が転職して後悔する=転職の第一目的が叶わなかったパターン

看護師が転職して後悔する=転職の第一目的が叶わなかったパターン

看護師が転職して後悔するパターン、3つ目は転職の第一目的が叶わなかったパターンです。

転職したのに転職の第一目的が叶わないのは、どんなパターンがあるのでしょう?

転職の第一目的が叶わなかった具体例

あなたは急性期病院で働いていて、患者さんの在院日数が短く、すぐに退院してしまうため、もっと患者さんと向き合った看護がしたい、患者さんとじっくり関わりたいと思って転職を決意したとします。

そして、療養型病院なら在院日数が長いから、患者さん1人1人としっかり関わり合いを持って働くことができるだろうと思い、療養型病院を転職先に選びました。

さらに面接でも「うちは患者さん1人1人に合わせた看護をしています」と言っていたので、安心して転職しました。

でも、その療養型病院は意識のない患者さんが多く、実際に働いている看護師は患者さんの個性を考えずに、ただ流れ作業のように仕事をするだけで、患者さんと向き合おうとしていない。

しかも、看護計画も入院時に立案して以来、見直しや修正が行われていないところだったとしたらどうでしょうか?

「こんなの私がやりたかった看護じゃない!」と思って、転職したことを後悔することになりますよね。

転職したことを後悔した場合の対処法=再転職しましょう

ご紹介した具体例のように、転職の第一目的が何らかの理由で叶わなかった場合は、転職後すぐだとしても、その職場を辞めて転職したほうが良いでしょう。

転職の第一目的が叶わなかったら、転職をした意味がありません。

そして、日々後悔の念がどんどん強くなっていくはずです。それなら、再転職をして満足できる職場で働いたほうが良いと思いませんか?

再転職をする時に注意しなければ行けないのは、今度は本当に転職の第一目的が叶えられるのかを徹底的に調査することです。

そうしないと、また同じ失敗を繰り返すことになりますから、その点は必ず徹底してくださいね。

まとめ

まとめ

看護師が転職して後悔するパターンを大きく3つに分けて、その対処法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

もし、3つ目のパターンのように転職の第一目的が叶わずに後悔しているなら、転職サイトを使って再転職をしましょう。

なぜなら、転職サイトを使えば、担当者があなたの転職の第一目的が本当に叶うかどうかを徹底的に調べてくれるんです。

その職場の理念や面接官の話を鵜呑みにせずに、本当に大丈夫なのかを転職サイトの担当者という客観的な視点から調べれば、今度こそ安心して転職できますよね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。