看護師が転職で不採用になる原因と解決法5つ!不採用になったらどうする?

看護師が転職で不採用になる原因にはどんなものがあるのでしょうか?

看護師が転職で不採用になる原因にはどんなものがあるのでしょうか?

転職で不採用になる原因とその解決法を知っておけば、不採用になる可能性が低くなりますよね。

また、不採用になってしまったら、どうすれば良いのかを教えます。

看護師が転職で不採用になる原因は何?

看護師が転職で不採用になる原因は何?

看護師が転職で不採用になる原因には、どんなものがあるのでしょうか?

世の中は看護師不足なのに、何度も不採用になってしまうと「私ってダメなのかも」と自信をなくしてしまいますよね。

転職で不採用になる原因で多いものを5つご紹介します。5つの原因の中で、自分に当てはまるものはないかどうかを確認しておきましょう。

トラブルメーカーだと思われる

トラブルメーカーだと思われる

看護師が転職で不採用になる原因の1つ目は、あなたがトラブルメーカーだと思われることです。

職場に1人でもトラブルメーカーがいれば、看護師の人間関係が一気に崩れて、退職者が続出する事態になりかねません。

また、患者さんとトラブルを起こせば、その病院やクリニック等の評判を下げることになりますので、経営にも影響を及ぼすことになります。

ですから、どんなに看護師が不足していても、トラブルメーカーになる可能性がある人は不採用になるのです。

熱意を感じない

熱意を感じない

看護師が転職で不採用になる原因の2つ目は、熱意を感じないことです。

面接で淡々と話すだけで、仕事へのやる気を感じなかったり、「貴院は仕事が楽なので」と面接で答えてしまう、面接では給料や休日などの条件面ばかり話すと、面接官は「この人は仕事への熱意がない」と判断されます。

仕事への熱意がない看護師は、同僚にも悪影響を与えますし、採用してもすぐに退職しそうだと思われますので、不採用になってしまうのです。

社会人としての常識がない

社会人としての常識がない

不採用になる原因の3つ目は、社会人としての常識に欠けていると判断された場合です。

面接にスーツではなくTシャツとジーンズで行ったり、面接に遅刻したり、挨拶ができていないなど、社会人としての常識に欠けた振る舞いをすると、どんなに熱意をアピールしても、どんなに仕事ができても不採用になります。

常識がない人が看護師としてやっていけるはずがないので、不採用になるのは当たり前ですよね。

短期間で転職を何度も繰り返している

短期間で転職を何度も繰り返している

不採用になる原因の4つ目は、短期間のうちに転職を何度も何度も繰り返している場合です。

今までの在職期間がすべて1年以内だったり、1年間で3回以上も転職していたり、20代なのに5回も転職経験があると、「また、この人はすぐに退職するんだろうな」と思われますので、不採用になる可能性が高くなります。

職場に合わないと思われる

職場に合わないと思われる

看護師が不採用になる原因の5つ目は、「この人はうちの職場に合わないな」と思われた場合です。

たとえば、高度な医療を行っている大学病院の救命救急センターにブランク20年の看護師さんが転職しようと思ったら、採用担当者は「この人はちょっと無理だろう。うちの救命救急センターには合わないな。」と思いますよね。

ブランクが20年ある看護師さんが、いきなり大学病院の救命救急センターで働くのは、スキル的に無理がありますから。

また、面接でその職場の理念や方針とはかけ離れた看護観を話したら、「この人はうちの職場に合わないな」と思われてしまい、不採用になってしまうのです。

看護師が転職で不採用にならないためにはどうすれば良いの?

不採用にならないためにはどうすれば良い?

看護師が転職で不採用にならないためにはどうしたら良いのでしょう?ご紹介した不採用になる原因を元にして、不採用にならないための解決法を知っておきましょう。

トラブルメーカーだと思われないためには?

トラブルメーカーだと思われないためには?

トラブルメーカーだと思われないためには、面接で人間関係のことは言わないようにしましょう。

前職の退職理由が人間関係によるものだった人が、面接で退職理由を聞かれた時に、正直に「人間関係のいざこざに巻き込まれて」のように答えてしまうと、「この人が人間関係を乱していたのかも?」と思われかねません。

こう思われたら、トラブルメーカーの烙印を押されたことになりますので、前職でたとえ人間関係に苦労したとしても、それを正直に話すのは止めておきましょう。

また、面接で退職理由を聞かれた時に、前職の悪口のようなことを言ってしまうと、同じようにトラブルメーカーかもと思われかねませんので注意してくださいね。

熱意をアピールするためには?

熱意をアピールするためには?

仕事への熱意をしっかりアピールするためには、志望動機を見直してみましょう。

熱意をアピールするためには、しっかりとした志望動機を考える必要があります。

志望動機の中で、「なぜその仕事をしたいのか(診療科で働きたいのか)」、「なぜその職場を選んだのか」をしっかりアピールすると、熱意を伝えることができます。

また、いくら条件面に惹かれて求人に応募したからといって、面接で「給料が良いから」とか「休みが多いから」、「仕事が楽だから」などと言ってしまうと、マイナスになります。

ですから、自分からは話さず、聞かれたら答える程度、しかも聞かれたとしても遠慮気味にオブラートに包んで答えるようにしましょう。

社会人の常識がないと思われないためには?

社会人の常識がないと思われないためには?

社会人の常識がないと思われないためには、履歴書&面接対策をしっかり行いましょう。

この2つは、社会人としての常識が問われる部分であると同時に、事前にしっかり準備しておくことができるものですので、対策をしっかりしておけば、社会人としての常識があると思ってもらえるのです。

履歴書は丁寧に書いて、誤字脱字がないように確認しましょう。面接ではスーツを着用し、清潔感のある身だしなみに気をつけて、入室から退室までの振る舞いや質問への回答を予習しておくと良いでしょう。

短期間で転職を何度も繰り返している場合は?

短期間で転職を何度も繰り返している場合は?

短期間で転職を何度も繰り返している場合は、どうしたら良いのでしょう?転職歴は消すことができませんし、「転職したことがありません!」なんて嘘をつくこともできません。

履歴書に嘘を書いた場合、罪に問われることはありませんが、転職後にばれた時に、最悪の場合は懲戒解雇になることもあるのです。

すでに短期間で転職を何度も繰り返してきた人は、面接で今までなぜ転職を繰り返してきたのかを説明し、「今度は長く勤めます」とすぐには退職しないことをしっかりアピールするようにしてください。

職場に合わないと思われる

職場に合わないと思われる

職場に合わないと思われて不採用になることを避けるためには、あなた自身のスキルと転職先で求められるスキルが釣り合っているかをもう一度確認してみましょう。

特に、ブランクがある人は、無理なく働けるのかどうかはとても重要になります。

また、面接を受ける前には、転職先の理念や方針をきちんと確認して、それとシンクロするような看護観や志望動機を考えるようにしましょうね。

看護師が転職で不採用になってしまったらどうすれば良いの?

看護師が転職で不採用になってしまったらどうすれば良いの?

看護師が転職で不採用になってしまったら、どうすれば良いのでしょう?採用試験を受けたのに不採用になってしまったら、誰でも落ち込みますよね。

でも、落ち込んでいるだけでは、転職活動は進みません。ひとしきり落ち込んだら、切り替えて前を向いて転職活動をしましょう。

あなたを不採用にした職場は、あなたに合っていなかったんです。もっとあなたに合った良い職場、あなたを高く評価してくれる職場、あなたを必要としてくれる職場はあるはずです。

その職場を探して、今度こそ採用してもらえるように頑張りましょう。

今度は不採用にならないためには、不採用になった原因をしっかり分析し、反省して、次に活かすことが大切です。

先ほどご紹介した5つの原因に当てはまる人は、その解決法を実践しましょう。

でも、あなたのケースは5つの原因に当てはまらないかもしれません。そういう場合は、自分なりの解決法を探してくださいね。

まとめ

まとめ

看護師が転職で不採用になる5つの原因と解決法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

なぜ不採用になってしまったのかを分析して、原因別の解決法を実践すれば、次は採用を勝ち取ることができるはずです!

ただ、「人間関係が原因で退職した場合、面接で退職理由を聞かれたらどう答えれば良いの?」とか「熱意をアピールできる志望動機って?」、「履歴書や面接の対策法はどうする?」という疑問を持った人もいますよね。

「今の私のスキルで無理なく働ける職場ってどこなの?」と不安に思ったり、「5つのパターンに当てはまらないんだけど!」という人もいるでしょう。

「5つのパターンに当てはまらないんだけど!」そういう人は、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトを使うと、看護師の転職のプロが担当についてくれますので、あなたに合った退職理由や志望動機、履歴書&面接対策のアドバイスをしてくれるんです。また、スキルに合った職場も紹介してもらえますよ。

さらに、短期間で転職を繰り返している人は、担当者から転職先に「この人は、今まで転職を繰り返してきたけど、今度は長く勤めるつもりですから大丈夫です」と口ぞえしてもらうことも可能です。

そして、5つのパターンに当てはまらない人は、原因の分析と解決法を一緒に考えてもらえるんですよ!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。