看護師が転職して上京するデメリットとメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

看護師が転職して上京するデメリットとメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

もし、デメリットよりもメリットのほうが大きかったり、デメリットを軽減できる方法があれば、転職して上京したいと考えているあなたのために、看護師が転職して上京するデメリットとメリット、そしてデメリットを軽減する方法を教えます!

看護師が転職して上京するデメリットは何?

看護師が転職して上京するデメリットは何?

看護師が転職して上京するデメリットは何でしょうか?転職して上京するデメリットを3つご紹介します。

引越しが大変

上京して転職先で働くためには、引越しをしなくてはいけません。引越しをするためには、物件を探して、契約をし、敷金や礼金を払って、家具や家電、生活用品を購入する必要がありますよね。

引越しにはお金も手間も時間もかかるんです。

それを考えると、「上京するのはちょっと面倒だなぁ」と上京して転職することを躊躇することもあるでしょう。

土地勘がない

上京しようと思っても、東京は広いですよね。土地勘がまったくないと、東京のどこに住んで良いのかわかりません。どのあたりなら治安が良くて、便利で、家賃が安いのかなんて、なかなかわからないものです。

また、引っ越した後も、土地勘がないと買い物するだけで一苦労、方向感覚がない人は駅から自宅まで迷ってしまうなんてこともあります。

土地勘がないところで生活するのは、それだけで苦労するものなんです。

物価が高い

東京は物価が高いですよね。家賃が高いのはもちろんですが、カフェやレストランなど、ちょっとしたものでも高いんです。

また、東京は地方に比べて娯楽がたくさんありますので、どうしても出費がかさんでしまいがちになります。

経済的な面を考えると、上京して転職することを迷ってしまうこともありますよね。

看護師が転職して上京するメリットは何?

看護師が転職して上京するメリットは何?

看護師が転職して上京するメリットを考えてみましょう。

求人がたくさんあって選択肢が広い

東京は人口が多い分、病院やクリニック等看護師が働く職場の数も多いですから、求人がたくさんあるんです。

今あなたが住んでいる地域では、看護師求人はあるものの、そこまで数は多くないかもしれません。

でも、上京して転職すると、たくさんの看護師求人の中から選ぶことができますので、より好条件で、あなたの希望に合った求人を見つけることができるのです。

仕事の種類が多い

東京は求人数が多いだけではありません。看護師の仕事の種類もたくさんあるんです。

大学病院、急性期病院、がん専門病院、療養型病院、訪問看護ステーション、各種介護施設、クリニック、美容外科などの自由診療のクリニック、保育園、企業の医務室、学校の保健室などたくさんあります。

さらに、地方では滅多に見かけないような臨床開発モニターや治験コーディネーター、フィールドナースなどもあるんです。

どんどんスキルアップしたい、また地方ではできない仕事をしたいという人は、上京して転職すると良いでしょう。

給料が高い

上京して転職すると、給料がアップする可能性が高くなります。なぜなら、東京の看護師の平均給料は、全国平均に比べて高いからです。

厚生労働省の平成26年賃金構造基本統計調査によると、看護師の全国平均の年収は472万9800円ですが、東京に限定すると平均年収は545万円なんです。

全国平均と東京都では、72万円も年収に差があることになります。東京の平均年収がこれだけ高ければ、上京して転職すれば、給料アップを十分に狙うことができますよね。

看護師が転職して上京するデメリットを軽減するための対策は?

看護師が転職して上京するデメリットを軽減するための対策は?

看護師が転職して上京するメリットには、とても魅力を感じるけど、やっぱりデメリットが気になるなぁ。上京するのをちょっと躊躇してしまうなぁという人もいますよね。

そういう人のために、デメリットを軽減できる対策を教えます。転職して上京するデメリットは、引越しが大変であること、土地勘がないこと、物価が高いことでしたよね。

この3つのデメリットを一気に軽減するためには、寮がある病院を選びましょう。

病院の寮なら、物件を探す手間もいりませんし、敷金礼金の必要もありません。

また、病院の寮はたいてい病院のすぐそばですから、土地勘がなくても住むところを迷う必要もありません。

また職場の人に寮周辺のお店などを聞いておけば、土地勘がなくても少しずつ生活を始められますよね。さらに、寮は家賃が安いですから、物価の高さをカバーすることができるんです!

もし、あなたが寮がないようなクリニックや保育園、一般企業に勤めたいから上京したいんだけどという場合はどうしたら良いでしょうか?

あなたが上京することへの不安が大きいのであれば、一度寮がある病院に就職して、そこで2~3年頑張り、東京に慣れてから、希望の職場に転職して、一人暮らしを始めるのも良いと思います。

まとめ

まとめ

看護師が転職して上京するデメリットとメリットをそれぞれご紹介しましたが、いかがでしたか?

デメリットが気になる人は、寮がある職場に転職すれば、デメリットを軽減することができますよ!

東京の看護師求人を探すなら、転職サイトを使いましょう。転職サイトは、たくさんの看護師求人を扱っていますし、「寮があるところ」という希望を伝えれば、それにあった求人を紹介してくれるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。