転職に踏み出せない不安10選!踏み切れないなら小さな一歩で勇気を!

「転職に一歩踏み出せないんだよなぁ」

「いろんな不安があって、転職に踏み切れない」

転職したいとは思っていても、転職に踏み出せない人はたくさんいます。

 

なかなか転職に踏み切れないというあなたの気持ちはわかりますが、不安で悩むだけで実際に行動に移さないのは、貴重な時間をドブに捨てているようなものです。

 

あなたは今のままででは、将来必ず後悔します。

「あの時、転職しておけば・・・」

と思わないためにも、転職に踏み出せない不安を解決して、転職活動を始めましょう。

 

そうすれば、

「あの時、転職しておいて良かった〜」

と思えるはずです。

 

転職に一歩踏み出せない不安:1位 どんな仕事をしたいかわからない

 

転職に一歩踏み出せない不安の1つ目は、

「どんな仕事を選べば良いのかわからないから、転職に踏み切れない」

というものです。

 

転職はしたい。

今の職場とは違うところで働きたい。

でも、どんな仕事が合っているのか、どんな仕事が向いているのかがわからない。

 

だから、転職に一歩踏み出せないということもありますね。

 

 

一歩踏み出す方法:自己分析とキャリアの棚卸しを行う

どんな仕事をしたいかわからないから転職に踏み切れない人は、自己分析とキャリアの棚卸しを行いましょう。

 

 

効果

 

自己分析をすると、次のようなことがわかります。

  • 自分が興味のある分野
  • やりがいを感じること
  • 向いていること

 

キャリアの棚卸しをすることで、

  • 今までのスキルを活かせること
  • アピールポイント

これらがわかります。

 

そうすると、どんな仕事がしたいのか、適職は何かが見えてくるのです。

 

 

やり方

 

自己分析は、今までの経験の中で「楽しかったこと」、「頑張ったこと」などの1つのテーマを決めて、自分に「なぜ?」と繰り返し問いかけて、その経験を深掘りしていきましょう。

 

キャリアの棚卸詩は、今まで行ったことがある業務内容を書き出し、それぞれの業務に対してどんな姿勢で取り組んだのか、どんな実績をあげたかを考えると良いですよ。

 

 

注意点

 

自己分析とキャリアの棚卸しは、客観的な姿勢が大切です。

少しでも自分をよく見せようとすると、無意識のうちに話やキャリアを盛ったりすることがあります。

客観的な視点を持って自己分析とキャリアの棚卸しをしないと、あなたは本当に自分がやりたい仕事を見つけることができません。

 

客観的な視点が欲しい時には、転職エージェントを使って、キャリアアドバイザーに自己分析やキャリアの棚卸しを手伝ってもらうようにすると良いですよ。

 

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:2位 面倒くさい

 

転職に一歩踏み出せない不安の2つ目は、面倒くさいことです。

 

転職活動をするのは面倒ですよね。

  • 求人を探す
  • 細かいことまで調べる
  • 求人を比較して応募する求人を決める
  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成する
  • 志望動機や自己PRを考える
  • 面接対策をする

これらをしなければいけません。

今からこのやるべきリストを見て、うんざりした人もいるのではないでしょうか。

転職はしたいけれど、そんな面倒くさいことはしたくない。

そう思って、転職に踏み出せない気持ちもわかります。

 

 

一歩踏み出す方法:転職エージェントを使う

 

転職活動が面倒くさいから、転職に一歩踏み出せない人は転職エージェントを使えば良いんです。

転職エージェントがあなたが面倒に思っていることのほとんどを請け負ってくれます。

 

 

効果

 

転職エージェントを使うと、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

 

  • 求人を探す
  • 細かいことまで調べる
  • 応募書類の作成サポートや添削
  • 志望動機や自己PRを一緒に考えてくれる
  • 模擬面接などをしてくれる

 

こういうことをしてくれるので、面倒くさいことはかなり少なくなり、あなたの負担を軽減することができます。

 

 

やり方

 

転職エージェントを使って、面倒くさいことを軽減するやり方は簡単です。

1.転職エージェントに登録する

2.担当のキャリアアドバイザーにお願いする

これだけでOKです。

 

 

注意点

 

転職エージェントを使えば、転職活動でのあなたの負担を軽減することができます。

ただ、キャリアアドバイザーに頼りすぎないようにして下さい。

キャリアアドバイザーを頼りすぎると、薦められるがままに転職先を決めかねません。

キャリアアドバイザーを頼りつつも、自分軸はしっかり持っているようにしましょう。

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:3位 後悔したくない

 

転職に一歩踏み出せないのは、後悔したくないという不安があるからかもしれません。

「転職に失敗したくない」

「転職に失敗したら、あとで『転職しなければ良かった』と思いたくない」

そう思うと転職に一歩踏み出せないのもわかります。

 

 

一歩踏み出す方法:前向きに考えてみよう

 

後悔したくないから転職に一歩踏み出せないなら、前向きな思考回路に変えましょう。

そうすることで、あなたの後悔したくないという不安を解消することができます。

 

 

効果

 

前向きな思考回路に変えると、

「やらないで後悔するくらいなら、転職に一歩踏み出してみよう!」

と思えるようになります。

 

そして、

「そもそも、転職に失敗しなければ良いじゃん!」

という考えに行きつくことができるんです。

 

 

やり方

 

まずは、

1.転職しないで後悔する

2.転職して後悔する

 

どちらが良いかを天秤にかけてみましょう。

やらない後悔、やったことでの後悔

どっちが良いですか?

やらない後悔の方が、悔しさが大きいですよね。

全力で取り組んだら、後悔が残っても、諦めはつきますから。

 

そして、さらに後悔する確率はどちらが高いかを考えてみてください。

1.転職しないで後悔する確率=100%

2.転職して後悔する確率=あなた次第

転職して後悔するというのは、あなたが転職に失敗することを前提にしていますよね。

つまり、転職に成功すれば、後悔することはないのです。

 

ということは、転職して後悔する確率は、転職しないで後悔する確率よりも低くなります

そして、転職成功の可能性を高くする方法はあります。

それは、転職エージェントを使うことです

転職エージェントを使ってキャリアアドバイザーにサポートしてもらえば、自力で転職活動をするよりも、転職成功の可能性は高くなります。

つまり、後悔する確率を限りなく低くすることができるんですね。

 

 

注意点

 

後悔したくないという不安を抱えている人は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに依存し過ぎないようにしましょう。

 

依存し過ぎると、言い方は悪いですが、キャリアアドバイザーの言いなり状態で転職活動を行うことになります。

 

そうすると、気づいた時にはあなたの希望とは違う職場に転職しているかもしれません。

そしたら、あなたは後悔しますよね。

だから、あなたは後悔しないために、自分軸を持って転職するようにしましょう。

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:4位 年齢的にもう遅い

 

転職に一歩踏み出せないのは、年齢的なものもあるかもしれません。

一般的に転職は20代まで。

30代になると、転職には不利になると言われています。

 

「もう30代だから、転職したいけれど無理だよなぁ・・・」

と思って、転職に踏み切れないこともあると思います。

 

 

一歩踏み出す方法:今すぐ転職活動を!

 

年齢的にもう遅いから、転職に踏み切れない人は、今すぐ転職活動を始めましょう。

今すぐ転職活動をすることで、転職成功の確率を高くすることができます。

 

 

効果

 

あなたは年齢的に不安があるんですよね。

 

転職は若ければ若い方が有利です。

あなたは今が一番若い。

これから歳をとっていくだけです。

 

それなら、一番若い今、転職活動を始めましょう

そうすることで、転職成功の確率を上げることができるんです。

 

 

やり方

 

転職活動のやり方は、簡単です。

求人を探し、応募して、採用試験を受ければ良いだけですから。

 

ただ、自力でやるよりも、転職エージェントを使ったほうが良いです。

転職エージェントを使うことで、30代でも採用してくれる企業、30代の採用実績がある企業を紹介してくれますから。

 

 

注意点

 

年齢的な不安があるから、転職に踏み切れない人は今の仕事を続けながら転職活動をして下さい。

あなたが不安に思っているように、確かに30代になると転職市場では不利になります。

だから、万が一転職先が決まらなかったときの保険をかけるために、退職せずに転職活動を行いましょう。

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:5位 お金がない

 

転職に一歩踏み出せない不安には、お金がないというものもあると思います。

退職後に転職活動をすると、お金の不安が付いて回ります。

定期収入がありませんし、失業保険が貰えるのは退職してから3ヶ月後です。

転職活動の怖いところは、内定を貰える時期が確約されていないことです。

転職活動を始めてから2週間ですんなり転職先が決まることもあります。

でも、半年経っても1年経っても内定をもらえない可能性もあるのです。

 

貯金が少ない人、貯金を減らしたくない人にとっては、転職することに不安を持つのは当たり前です。

 

 

一歩踏み出す方法:在職中に転職活動をすれば良い

 

経済的な面で転職に一歩踏み出せないなら、在職中に転職活動をすれば良いんです。

そうすれば、

「ヤバい、貯金が尽きる・・・」

という不安なく、じっくりと転職活動をすることができます。

 

 

効果

 

今の会社を退職せずに、仕事をしながら転職活動をすれば、給料という定期収入を確保した状態で転職活動をすることができます。

経済面での不安がなければ、

「お金がない!」

と焦って妥協して転職先を決めてしまうということもなく、納得できる転職ができるのです。

 

 

やり方

 

在職中に転職活動をするなら、転職エージェントを使うしかありません。

なぜなら、転職活動に費やせる時間は限られていますから。

だから、効率よく転職活動をしないと、仕事も転職もどちらもうまくいかないということになりかねないのです。

 

転職エージェントを使えば、キャリアアドバイザーにサポートしてもらえるので、在職中でも効率よく、そして無理なく転職活動ができます。

 

 

注意点

 

在職中に転職活動をする人は、内定を貰えるまで転職活動をしていることは会社には内緒にしてきましょう。

転職活動をしていることを会社に知られたら、あなたを転職させないように、もしくは

「どうせ転職するんだから」とあり得ない量の仕事を振ってきたり、嫌がらせをしてくることがあります。

 

だから、内定を貰えるまでは仕事はしっかりして、転職活動をしていることは会社には内緒にしておきましょう。

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:6位 無職になるのが怖い

 

転職に一歩踏み出せない不安には、無職になるかもというものもあると思います。

「転職活動を始めたのは良いけれど、どこからも内定をもらえなかったらどうしよう」

と不安になるのはよくわかります。

無職になれば、収入がない。

収入がなければ、ホームレス一直線です。

 

 

一歩踏み出す方法:在職中に転職活動をすれば良い

 

無職になる不安がある人の解決法は簡単です。

在職中に転職活動をすればよいんです。

転職活動は退職後にしなければいけないという決まりはありません。

仕事をしながら転職活動をしてもぜんぜんOKです。

 

 

効果

 

在職中に転職活動をすれば、無職になるリスクは一切ありません。

万が一、どこからも内定をもらえなければ、今の職場で働き続ければよいのですから。

変に焦ることもなく、良い精神状態を保って転職活動ができますので、転職に成功しやすくなるというメリットもあります。

 

 

やり方

 

先ほどの繰り返しになりますが、在職中に転職活動をするなら、転職エージェントを使うと良いです。

転職エージェントを使うと、効率よく転職活動を勧めることができますから、転職活動と仕事を両立させることができます。

 

 

注意点

 

在職中に転職活動をする時の注意点も、先ほどと同じですね。

転職活動をしていることを、職場にばれないようにしましょう。

 

転職活動をしていることがバレたら、その職場にいづらくなります。

だから、絶対に内緒にして、転職活動をしてください。

 

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:7位 時間がない

 

転職に一歩踏み出せないのは、時間がないからという理由もありますよね。

在職中に転職活動をしたいけれど、仕事が忙しくて、そんな時間を確保できないという人もいると思います。

 

毎日残業が当たり前で、休日出勤もある。

そんな職場だったら、転職活動に割く時間もないし、面接を受けたくても受けられないということもあるでしょう。

 

 

一歩踏み出す方法:転職エージェントを使う

 

転職活動をする時間がないから、転職に踏み切れないなら、転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントを使うと、時間がない中でも、転職活動ができるのです。

 

 

 

効果

 

転職エージェントを使うと、キャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

あなたが希望を伝えれば、条件に合った求人を集めてくれたり、細かい情報まで調べてくれます。

 

また、履歴書や職務経歴書の作成、志望動機や自己PRの作成などを手伝ってくれますし、面接対策もしてくれます。

 

面接の日程はあなたが確実に休みを取れる日や早朝・退勤後に調整してくれますから、大丈夫ですよ。

 

 

やり方

 

転職エージェントを使うのは簡単です。

この記事の下にある転職エージェントの登録画面から登録をすれば利用できるようになります。

登録はたった数分で終わりますので、簡単ですよ。

キャリアアドバイザーから連絡が来たら、

「忙しくて時間がないけれど、転職したい」

と伝えればOKです。

 

 

注意点

 

時間がない中で転職する時は、妥協しないように注意しましょう。

時間がなく、忙しい中で転職しようとすると、

「あ〜、時間がないから、とりあえずこの求人で良いか」

と妥協して決めてしまうことがあります。

 

妥協すると、転職後に後悔することになりますから、時間がない中でも妥協しない姿勢が大切になります。

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:8位 嫁ブロックされている

 

転職に踏み切れない人の中には、嫁ブロックされている人もいると思います。

転職したいことを配偶者に伝えたら、

「は?何言ってんの?あんたが転職に失敗したら、私の生活はどうなるのよ?子どもの生活はどうするの?転職したら離婚だから」

と一喝されて終わり。

仕方なく、今の職場で働き続けているという人もいるでしょう。

 

 

一歩踏み出す方法:とことん話し合い&プレゼン力を身につけよう

 

嫁ブロックを解決するためには、とことん話し合って、配偶者を納得させるだけのプレゼンをしなければいけません。

 

 

効果

 

嫁ブロックで転職に踏み切れないなら、配偶者としっかり話し合って、転職のメリットをプレゼンしましょう。

 

転職しないよりも転職した方がメリットは大きいということに納得してもらえれば、厳しい嫁ブロックは解除されて、転職に踏み切ることができます。

 

 

やり方

 

配偶者を納得させるだけのプレゼンをするためには、まずは今の職場で働き続けたメリットとデメリット、転職した時のメリットとデメリットを徹底的に分析しましょう。

そして、その分析結果をプレゼンするんです。

 

嫁ブロックに対しては、具体的な数値を出すことも大切ですが、奥さんの感情に訴えかけることも大切です。

多くの女性は理論的に考えるよりも、感情で考える傾向にありますから。

 

また、在職中に転職活動をすることも大切ですね。

とりあえずの収入源は絶対に確保しておく。

その上で転職活動をして、内定を貰ったら、内定をもらった企業の待遇を見せるという方法も有効です。

 

 

注意点

 

嫁ブロックで転職に踏み切れない人は、思い切って強行突破してみようかと思うかもしれません。

強行突破して退職してしまえば、こっちのものだと思いますよね。

 

でも、その先に待っているのは離婚です。

子どもがいる人は親権を取られて、離婚されて終わりでしょう。

 

離婚に至らない場合でも、あなたは信用を失っていますので、これからは死ぬまで奥さんからATM扱いされることになります。

子どもからもATMとしてしか見てもらえないでしょう。

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:9位 スキルや経験に自信がない

 

転職に一歩踏み出せない人は、自分のスキルや経験に自信がないのではないですか?

スキルや経験に自信がないと、転職で武器になるものがありません。

だから、転職したくても、

「どうせ、希望のところには転職できないでしょ」

と諦めてしまって、転職に踏み切れないのです。

 

 

一歩踏み出す方法:今すぐ転職活動と勉強を同時進行で始める

 

スキルや経験に自信がないなら、今すぐ転職活動と勉強を同時進行で始めましょう。

そうすることが、あなたの転職成功の可能性を一番高くできるのです。

 

 

効果

 

あなたはスキルや経験に自信がないんですよね。

でも、1つ大きな武器を持っています。

それは若さです。

 

若さは転職市場において大きな武器になるものです。

だから、今すぐに転職した方が良いんです。

 

また、今すぐスキルアップのための勉強を始めましょう。

「転職したいなぁ」と思って何もしなかったら、いつまでもスキルアップできませんよ。

 

たとえ、資格を取得しなくても、勉強を始めていることで、面接官の印象は良くなります。

だから、転職活動と勉強を同時進行で始めると、転職成功の確率を高めることができるんです。

 

 

やり方

 

転職活動とスキルアップのための勉強を同時進行で始めるためには、転職エージェントを利用すると良いですよ。

勉強をしながら転職活動をすると、十分に転職活動をする時間を確保できませんよね。

だから、効率よく転職活動をするために、転職エージェントを使うんです。

 

勉強に関しては、あなたが伸ばしたいスキルの分野を勉強しましょう。

また、転職活動を進めていく中で自分に足りないスキルが具体的に見えてくることがありますので、それをピンポイントに勉強するのも良いと思います。

 

 

注意点

 

スキルや経験に自信がないから、転職に一歩踏み出せない人は、

「しっかりスキルアップできてから、資格を取ってから転職しよう」

と思うかもしれません。

でも、そうするとおそらくいつまで経っても転職できません。

 

スキルアップはいつできますか?

資格はいつ取れるのですか?

 

この見通しがしっかり経っていて、ほぼ100%の確率で資格試験にも合格できるというなら良いのですが、きっとあなたはそうではないと思います。

「うん、きっとそのうち・・・」

というタイプだと思います。

 

「そのうち・・・」

と思っていたら、いつまで経っても転職できません。

だから、これをきっかけに転職活動を始めたほうが良いんです。

 

 

転職に一歩踏み出せない不安:10位 退職することができない・言い出せない

 

転職に踏み出せないのは、今働いている会社を退職するのが難しいという不安があるからではないですか?

 

「退職願を出しても受理してもらえなそう」

「退職できないだろうし、パワハラされるかも」

そう思うと、転職に踏み切れないあなたの気持ちもわかります。

 

 

一歩踏み出す方法:就業規則に則る&退職代行サービスを使う

 

ブラック企業になればなるほど、退職が難しいですよね。

でも、就業規則に則って、粛々と退職手続きすれば大丈夫です。

もしくは、退職代行サービスを使うのも1つの手ですね。

 

 

効果

 

就業規則に基づいて退職手続きをすれば、どんなに上司がパワハラをしてきても、あなたに非はありません。

どうしても退職できないなら、労基署に駆け込みましょう。

法律と行政があなたを守ってくれます。

 

また、お金はかかりますが、退職代行サービスを使うのもありですよ。

退職代行サービスを使うと会社に行かずに辞めることもできるんです。

 

 

やり方

まずは就業規則を熟読しましょう。

それから、就業規則に基づいて退職手続きを進めて下さい。

もし、上司のパワハラなどで退職願いを受け付けてもらえなかったら、それを記録に残しておいて、労基署に相談すると良いですよ。

 

民法627条:期間の定めのない雇用の解約の申入れ

憲法18条:奴隷的拘束の禁止

 

民法627条では「いつでも雇用を解約できる(=退職できる)」と定められています。

そして、憲法18条では奴隷的な拘束・苦役は禁止されています。

「意に反する苦役に服させられない」と定めているんです。

 

これらの内容も覚えておくと、パワハラ上司に反論できます。

 

退職代行サービスについては、インターネットで検索して、一番良いと思ったところに申し込むようにしましょう。

 

 

注意点

 

退職できないから転職に踏み出せない人は、退職を申し出る時に、恐怖のあまりにオドオドしてしまうかもしれません。

オドオドする気持ちもわかりますが、そのような態度を見せると、相手に付け入るスキを与えるだけです。

 

あなたは悪いことをしているわけではないですから、堂々と退職を申し出てください。

 

 

転職に踏み出すための勇気は転職エージェント!

 

転職に踏み切れない人は、転職する勇気が持てないですよね。

転職する勇気を持って、一歩踏み出すためには、転職エージェントを使うと良いですよ。

 

転職エージェントの効果はここまで説明してきた通りです。

転職エージェントはあなたの転職の背中を押してくれるもの、あなたに転職する勇気をくれるものなんです。

 

しかも、転職エージェントは簡単に利用できます。

登録すれば良いだけです。

登録は2〜3分でできますから、とても楽ですよ。

 

難しいことをしろと言われると、しり込みしてしまう人も多いですが、インターネットで2〜3分で登録できるなら気軽にできますね。

この気軽にできる簡単な一歩が、あなたに転職の大きな勇気を与えてくれて、背中をしっかり押してくれるための行動なんです。

 

ここでご紹介している転職エージェントは、すべて完全無料で利用できますから、まずは転職する勇気を持つための一歩を踏み出してみませんか?