認知症患者の看護をする時は、どんなことに気をつければ良いのか迷ってしまうことも多いと思います。

認知症患者の看護をする時は、どんなことに気をつければ良いのか迷ってしまうことも多いと思います。

認知症患者の看護で知っておくべきことや看護のポイント、キャリアアップの4つの資格をまとめました。

認知症患者の看護で迷っている人は、ぜひ参考にして下さい。

認知症患者の看護は認知症の種類を知ることから始まる

認知症患者の看護は認知症の種類を知ることから始まる

認知症患者の看護をする時には、認知症の種類を知ることが大切です。

認知症に種類があるのは、看護師なら知っていますよね。では、それぞれの認知症の特徴は把握していますか?

認知症の種類によって、特徴や症状は異なります。特徴や症状が異なれば、看護も変わってきますよね。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は脳内にβアミロイドと呼ばれるたんぱく質が蓄積して、脳の神経細胞が変化したり、脱落することで脳の機能が低下し、脳の委縮が起こって発症する認知症です。

アルツハイマー型認知症の特徴的な症状は、記憶障害や見当識障害、実行機能障害、失行などがあります。アルツハイマー型認知症は、いわゆる「一般的な認知症」ですね。

脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害が起こったことで、脳の神経細胞が壊死し、それによって発症する認知症です。

脳血管性認知症は、記憶障害や意欲低下、自発性の低下などが症状として現れますが、アルツハイマー型認知症とは違い、緩やかに症状が進むのではなく段階的に症状が進んでいきます。

また、症状にムラがある、できることとできないことがはっきりしていることも脳血管性認知症の特徴です。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は脳幹や大脳皮質に異常なたんぱく質が蓄積して、脳神経に障害が起こることで発症する認知症です。

ほかの認知症とは少し異なり、幻覚や幻視、パーキンソン症状、自律神経症状などが主な症状になります。

また、認知機能はむらがあって、ハッキリしている時とぼんやりしている時の差が激しいことが特徴になります。

認知症患者の看護で大切な4つのポイント

認知症患者の看護で大切な4つのポイント

認知症患者の看護をする上で、大切なことは4つあります。認知症患者の看護はとても難しいですよね。どう接して良いのかわからなくなるという看護師さんも多いと思います。

認知症患者の看護をする時は、今からお話する4つのポイントに注意して、看護をすると良いですよ!

環境づくり

認知症患者の看護のポイント、1つ目は環境づくりです。認知症患者は、新しい環境、不慣れな環境にとても不安を感じ、一気に認知症が進行することがあります。

そのため、入院してくる認知症患者の家族には、いつも患者が自宅で使っているもの等を持参してもらい、できるだけ環境を変えないように配慮しましょう。

また、部屋の移動や床頭台の移動などもできるだけ行わないようにしてください。

そして、入院してきた当日は、認知症患者は混乱していることが多いです。混乱し不安な状態だと、いきなり暴れたり、見当識障害が進んだりすることも珍しくありません。

そのため、看護師は入院してきた患者に、自己紹介をすること、ここはどういう場所であるか、今の日時、天候などを伝えて、患者が状況を把握できるように努めるようにしてください。

安全の確保

認知症患者の看護をする上で大切なことの2つ目は、安全の確保です。

認知症患者の場合、「トイレに行くときは付き添いますので、ナースコールを押してくださいね」と言っても、ナースコールを押さずに離床することが多いです。

足腰がしっかりしている患者ならまだ良いのですが、ふらつきがある患者、点滴をしている患者の場合、転倒したり、点滴の事故抜去などのリスクがあります。

また、ベッド上安静なのに、離床しようとする場合もありますね。点滴やドレーン類が気になって、無理やり抜いてしまうこともあるでしょう。

認知症患者の場合、ただ説明するだけ、ただナースコールを渡すだけでは患者の安全は守れません。

そのため、離床センサーを使う、訪室を頻回にする、ナースステーション近くの部屋にする、ルートやドレーンの固定はしっかり行う、ルートは衣類の中を通すなどできるだけ気にならないように、目につかないようにすると良いでしょう。

尊厳の保持

認知症患者の看護のポイント3つ目は、尊厳を保持することです。認知症患者に接する時は、この尊厳の保持を意識していないと、つい高圧的な態度を取りがちになります。

看護師はとても忙しいですよね。毎日、時間に追われながら働かなくてはいけません、認知症患者とじっくり接している時間がないのです。

例えば、朝の検温の際に「昨日はお通じありましたか?どこか痛いところとか、気になるところはありますか?」と聞いた場合、認知症ではない患者なら、すぐに的確に答えてくれますが、認知症患者は要領を得ない答えが返ってきたり、黙り込んでしまったりします。

そうすると、時間に追われている看護師は、ついついイライラした表情をしたり、強い口調になってしまったりするのです。

また、最近は減ってきてはいますが、安易に身体拘束をするのは止めましょう。命にかかわるような時は、家族に同意を取って、適切な手順を踏んだうえで身体拘束を最小限だけするのは仕方がないことです。

でも、「人手が足りないから」とか「1人の患者さんにかかりきりになれないから」、「面倒だから」、「説明してもわからないから」という理由で身体拘束をするのは絶対にNGです。

家族看護

認知症患者の看護をする時は、家族看護・家族支援をすることもとても大切になります。

認知症患者と同居している家族は、心身ともに疲労していることが多いんです。

そのため、家族支援を行い、退院前にはケアマネージャーやソーシャルワーカーにつないで、必要な社会資源を使えるように、家族の負担を軽減できるようにしましょう。

また、患者さんの癖やこだわり、日常生活の援助をする上でのポイントなどを尋ねておくと良いでしょう。

認知症患者の看護に興味を持ったら、資格を取ってキャリアアップ!

認知症患者の看護に興味を持ったら、資格を取ってキャリアアップ!

認知症患者の看護は、ハッキリ言ってとても難しいです。「認知症」と言っても、1人1人症状が全く違いますし、同じ患者でも昨日と今日では症状が異なったりするからです。

でも、認知症患者の看護は難しいですが、奥深い分野ですので、一度興味を持つと、どんどん学びたくなる、もっとスキルアップしたくなる人が多いんです。

あなたも、認知症患者の看護に興味を持ったら、資格を取ってキャリアアップしてみてはいかがでしょうか?

認知症看護認定看護師

認知症の看護の資格の1つ目は、認知症看護認定看護師です。

これは、日本看護協会が認定している資格ですね。認知症患者の看護のスペシャリストと言って良いでしょう。

認知症看護認定看護師は、看護師経験が5年以上あり、さらに次の条件を満たす必要ああります。

1.通算3年以上、認知症者の多い医療・福祉施設(在宅ケア領域を含む)等での看護実績を有すること
2.認知症者の看護を5例以上担当した実績を有すること
3.現在、認知症者の多い医療・福祉施設(在宅ケア領域を含む)等で認知症者の看護実践に携わっていることが望ましい

この3つの条件を満たして、認定看護師の教育機関で645時間(+15時間)の研修を修了し、認定試験に合格すると、認知症看護認定看護師になることができます。

認知症認定看護師

認知症看護のキャリアアップの資格の2つ目は、認知症認定看護師です。先ほどご紹介した認知症看護認定看護師と名前は似ていますが、違う資格です。

認知症認定看護師は、日本精神科医学会が認定している資格です。

2016年4月から認定が開始された新しい資格で、介護・福祉サービス等との連携を強化し、認知症に対する良質で安全な看護サービスの提供と高い技術と見識を有する専門看護師のことです。

認知症認定看護師になるには、日本精神科医学会の会員であり、さらに次の3つの要件のうちいずれかを満たす必要があります。

1.日本精神科医学会の「認定看護師」であるもの(認知症看護師とは違う資格)
2.日本精神科医学界の通信教育のシニアコースかリーダーシップコースを修了していて、精神科臨床経験が5年以上あるもの
3.精神科臨床経験が5年以上あり、認知症を専門とする看護業務に通算3年以上従事したもの

これらの中でいずれかの要件を満たし、試験に合格すると、認知症認定看護師になることができます。

認知症ケア指導管理士(初級)

認知症ケア指導管理士は、職業技能振興会が認定している資格で、比較的簡単に取得できる資格ですので、認知症看護を深めるための第一歩としておすすめの資格です。

認知症ケア指導管理士は、医療職者でなくてもだれでも取得できる資格で、マークシート方式の試験に合格すれば、資格を取得できます。

認知症ケア専門士

認知症ケア専門士は、日本認知症ケア学会が認定している資格で、認知症ケアに対する優れた学識と高度の技能、および倫理観を備えた専門技術士のことです。

認知症ケア専門士の資格を取得するためには、過去10年間で3年以上の認知症ケアの実務経験があり、マーク式の一次試験に合格する必要があります。さらに論述試験と面接試験に合格すると、晴れて資格を取得することができるのです。

まとめ

まとめ

認知症患者の看護についてまとめましたが、いかがでしたか?認知症患者の看護はとても難しいですが、それだけ奥深くやりがいがあるものです。

まずは説明した4つのポイントを意識して認知症患者の看護を実践していきましょう。また、ドンドンキャリアアップして、認知症看護を学ぶようにすると良いでしょう。

ただ、キャリアアップしても給料が上がらなかったり、責任ある仕事を任せてもらえなかったら、ガッカリですよね。そういう時は、転職を考えてみても良いと思います。

キャリアアップしたことを正当に評価してくれて、キャリアアップを給料に反映し、さらに責任があり、認知症看護の専門性が高い仕事を任せてくれる職場で働けば、仕事へのモチベーションが高まり、さらに認知症看護を深めたいと思うはずです。

認知症看護を学ぶことができ、さらにキャリアアップを正当に評価してくれる職場を探すなら、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトを使うと、キャリアアップを正当に評価してくれて、認知症看護を専門にできる職場を簡単に探すことができるのです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。