短期間で退職しても大丈夫!面接の退職理由の例文・サンプル

「短期間で退職してしまった。面接で退職理由を聞かれたらどうしよう」

「短期間での退職は絶対印象悪いよね。面接で退職理由を正直に答えたら絶対に不採用になるだろうなぁ。でも、嘘をついて良いのかなぁ?」

短期間で退職した人は面接で退職理由を必ず聞かれます。

退職理由を聞かれたら、どんな風に答えるべきなのか、正直に言うべきか嘘をつくべきか迷っているのではないでしょうか。

短期間で退職したら面接では退職理由を全部正直に言う必要もありません。

かといって、全部嘘の退職理由を言うのもダメです。

本当の理由に嘘を混ぜてポジティブに変換すれば良いんです。

短期間で退職した人の面接での退職理由の3つのポイントとケース別の退職理由の例文・サンプルを説明していきます。

これを読めば、あなたは短期間で退職したというハンデを乗り越えて、希望の職場に転職することができますよ。

 

短期間での退職は面接での退職理由でどうにでもなる!

短期間での退職は、面接での退職理由でどうにでもなります。

短期間で退職した人は、

「短期間で退職しちゃった。マジでヤバい。次は良い職場に採用してもらえないかも。下手したら、どこも採用してくれないんじゃ・・・」

と心配していると思います。

でも、そんな心配は無用!

短期間で退職したことは、確かにあなたの転職のハンデとなるものです。

でも、そんなに大きなハンデではありません。

面接での退職理由を工夫すれば、どうにでもなる程度のハンデです。

だから、ネガティブにウジウジ悩んでいる暇はありません。

そんな暇があるなら、面接での退職理由を具体的に、そして真剣に考えたほうが良いです。

なぜ、一見大きなハンデに見える短期間での退職は、面接での退職理由でどうにでもなるのか?

その理由は3つあります。

 

理由1 短期間での退職は悪いことではないから

短期間での退職は、世間一般的には「あまり良くないこと」とされています。

でも、本当にそうなのでしょうか。

短期間での退職は悪いことなのでしょうか?

確かに、「石の上にも3年」ということわざがありますので、長く続けることのメリットはあります。

でも、それは環境によりますよね。

良い環境なら長く続けるメリットはありますが、我慢できないほどのストレスフルな環境・ブラックな環境で、自分を押し殺してまで長く続けるメリットはありません。

むしろ、デメリットばかりです。

あなたは短期間で退職した職場に、大きな不満・ストレスを抱えていたと思います。

だから、短期間で退職したんですよね。

そんな職場はさっさと逃げ出してしまったほうが良いです。

そして、新しい環境で再スタートを切ったほうが良いという考え方が広がってきています。

今の時代、「いじめからは逃げて良い」という考えが一般的になってきていますよね。

つまり、「どうしても我慢できないことからは逃げても良い」という考え方が一般的になってきているのです。

だから、短期間での退職は、きちんとした理由があれば、そんなに悪いことではなく、大きなハンデにはならないのです。

 

理由2 面接官を納得させれば問題ないから

面接では「なんで短期間で退職したのか?」という質問を必ずされると思います。

この時の回答で、

「その理由なら、短期間で退職したのは仕方ないな」

と面接官に思ってもらえれば、何の問題もありません。

面接での退職理由は、採用の合否を決めるためのキーポイントというわけではありません。

あくまで「参考程度。採用するかしないかを決めるたくさんある判断基準の1つ」というものです。

だから、面接官が

「その理由なら短期間で退職しても仕方ないよね」

と思えば、それでOK。

採用への道は開けることになります。

「そんな素晴らしい理由で退職したのか!君はなんてすごい人材なんだ!」

と思わせる必要はありません。(もちろん、そう思ってもらえる退職理由があれば最高ですが)

 

理由3 面接官の不安を払拭すれば良いから

短期間で退職した人には、面接では必ずと言ってよいほど

「前の仕事は短期間で退職していますね。なんで短期間で退職したのですか?退職理由を教えてください」

と聞かれます。

なぜ、面接官は必ず短期間で退職した理由を聞くのか?

それは、「また短期間で退職するのではないか?」という不安があるからです。

過去に短期間で退職した経験がある人は、またすぐに退職してしまうかもしれない。

嫌なことがあったら、文句ばっかり言って、努力せずに放り出してしまう無責任な人かもしれない。

こんな不安があるから、面接では必ず退職理由を聞くんです。

それなら、その不安を消せるような退職理由を考えればOKです。

今度はすぐに退職することはないだろうと思わせれば、面接での退職理由はそれほど心配する必要はないということですね。

 

短期間で退職した時の面接での退職理由の3つのポイント

短期間で退職した時の面接での退職理由のポイントは、次の3つです。

  • 100%嘘はダメ!本当の理由をポジティブに変換!
  • 悪口や言い訳にならないように気をつける
  • 「本当は短期間で退職したくはなかったんだけど・・・」をアピール

 

 

この3つのポイントを詳しく説明していきます。

 

100%嘘はダメ!本当の理由をポジティブに変換!

「短期間で退職した人は、面接での退職理由は嘘をつく必要があるかも。正直に言ったら、きっと不採用になるから」

このように考えている人は多いはず。

でも、100%嘘の退職理由はおすすめできません。

なぜなら、リアリティがなくて、嘘であることがバレバレだからです。

面接でバレバレの嘘をつく人を面接官は信用しません。

とはいっても、バカ正直に本当の退職理由を話すのも、印象は良くありませんよね。

「人間関係が」

「パワハラで」

「残業が多すぎてブラックだったから」

「給料が安すぎてやってられない」

こんな退職理由を正直に伝えたら、面接官は、

「人間関係がうまく構築できない人だし、すぐにハラスメントと騒ぐタイプ。不平不満ばかり言う奴」

と思うはずです。

かといって全部嘘もダメ。

「人間関係が」→「職場の雰囲気は非常に良く、チームワークも良かったのですが」

「パワハラで」→「尊敬できる上司に恵まれましたが」

「残業が多すぎてブラックだったから」→「職場環境が良く、ワークライフバランスを重視できる職場で」

「給料が安すぎてやってられない」→「給料面では100%満足できていましたが」

このような全部嘘の退職理由をあなたはどう思いますか?

白々しい!!!

と思いますよね。

そして、面接官の立場に立ってみると、

「じゃあ、なんで短期間で辞めたの?この退職理由は完全に嘘だよね」

と思ってしまいます。

だから、100%嘘の退職理由もダメなんです。

バカ正直もダメ。

全部嘘もダメ。

それならどうすれば良いのか?

本当の理由に嘘を混ぜれば良いんです。

本当の理由を核にして、その周りを嘘という名のオブラートでグルグルに包み込んで印象の良いものに変える

そうすれば、リアリティが出ますし、面接官の印象も良くなるというわけです。

 

悪口や言い訳にならないように気をつける

短期間で退職した人は、職場に大きな不満を持っていると思います。

だから、短期間で退職したんですよね。

短期間で退職した理由を聞かれた時には、つい前の職場の悪口を言ってしまう時があるので注意が必要です。

いくら退職したとはいえ、前の職場の悪口を面接の場で言うのは印象が良くありません

面接官はきっと

「次に転職する時も、うちの会社の悪口を言うんだろうなぁ」

と思うでしょう。

また、短期間で退職したことをネガティブに考えすぎていると、

「僕は悪くないんです。職場が(上司が)・・・」

のように言い訳がましい退職理由になりかねません。

採用試験の面接の場で言い訳タラタラの退職理由を述べる人なんて、採用したいとは思いませんよね。

だから、短期間で退職した人は悪口や言い訳ばかりの退職理由にならないように気をつけなければいけないのです。

 

「本当は短期間で退職したくはなかったんだけど・・・」をアピール

短期間で退職した人は、

「本当は短期間では退職したくはなかったんです」

と言うことをアピールしましょう。

このアピールをすることで、

「またすぐに退職するかも」

という面接官の不安を軽減させることができます。

不本意ではありますが、退職をした方が良いと判断しました

このような一文を退職理由に入れると、

「短期間での退職は良いことではないと知っているから、次はすぐには退職しませんよ」

とアピールすることができるんです。

また、あなたは短期間で退職したくてしたわけではありませんよね。

できれば長く働きたかった。

でも、職場環境がブラックなど、どうしようもない理由があったからやむを得ず退職した。

だから、この「不本意ではありますが」という一文を入れると、「全部嘘の退職理由」にならず、本音をほどよく混ぜることができるんです。

 

短期間で退職した時の面接での退職理由の例文・サンプル

短期間で退職した時の面接での退職理由の例文・サンプルをご紹介していきます。

 

「真実多め・嘘少なめ」の退職理由の例文・サンプル

短期間で退職した時の面接での退職理由は、真実の中に嘘を混ぜ込むのが基本です。

ただ、真実と嘘の比率は、「本当はどんな退職理由か」によって異なります。

真実多め・嘘少なめで退職理由を作ると良いのは、「配属先や仕事内容が違った時」です。

プログラマーとして採用されたのに、配属先はなぜか営業部で営業職の仕事をしなければいけなかったなど、最初の説明と実際が違う場合は、「真実多め・嘘少なめ」の退職理由を作りましょう。

「真実多め・嘘少なめ」の退職理由の例文・サンプル

「私は社内SEとして採用されましたが、営業部に配属となり、営業職として働くことになりました。営業職として顧客の新規開拓に取り組み、仕事で結果を出そうと努力しましたが、やはり今まで培ってきたプログラミングやITのスキルを活かして仕事がしたい。SEとしてのスキルアップしていきたいという思いが強くなりました。上司に異動願いを出しましたが、異動の可能性はほぼないとのことでしたので、不本意ではありますが退職を決断いたしました。」

社内SEとして採用されたのに、営業歳て配属になった。

だから、退職した。

これは事実です。

でも、その中に「営業職として与えられた仕事の中で努力をした」という嘘を混ぜておくと、「適応しようと頑張った。ただわがままで辞めるんではない。自分なりにできることはやった」という良いイメージを面接官に植え込むことができます。

だから、この退職理由は、

真実:嘘=8:2

位の割合ですね。

 

真実少なめ・嘘多めの退職理由の例文・サンプル

真実少なめで嘘多めの退職理由にしなければいけないこともあります。

真実少なめ・嘘多めの退職理由を作るべきなのは、

  • 残業や休日出勤が多すぎた
  • 人間関係でトラブルになった
  • パワハラから逃げた
  • 給料が安すぎて割に合わない

このような理由で短期間で退職した場合、これを真実多めで話してしまうと、印象が悪くなりますから、核となる部分だけは真実にして、嘘多めの退職理由を作りましょう。

目安は、

真実:嘘=2:8

くらいですね。

残業が多かったから短期間で退職した場合

残業が多かったから短期間で退職した場合

「私はSEとしてさらにスキルアップして自己研鑽に励み、それを仕事に活かしていきたいと思っておりましたが、深夜までの残業や休日出勤が多い職場であり、スキルアップの時間を確保するのが難しい職場でした。自分なりに、仕事の効率化を図りましたが、それでも残業時間を減らすことができず、不本意でしたが退職した方が良いと判断いたしました。」

これは残業や休日が多いことが嫌だったという真実を、「スキルアップしたいのにできないし、自分なりに減らそうと努力した」という嘘で固めた退職理由になります。

 

人間関係やパワハラが嫌だった時の退職理由

人間関係やパワハラが嫌だった時の退職理由

「前職では面接時に顧客のアフターケアを重視した営業を行っていると聞いておりましたが、実際に入社し営業職として働いてみると、顧客の新規開拓・契約締結ばかりを重視し、顧客満足度やアフターケアはあまり重視していないように思いました。可能な限り、顧客のアフターケアをしようとしましたが、売上額や契約件数重視の社風の中では力不足でうまくできず、不本意ではありましたが、退職することを決意いたしました。」

これは真実:嘘=2:8どころか、真実:嘘=1:9くらいの割合ですね。

「売上額や契約件数重視の社風の中ではうまくいかず」という部分に、「上司に営業成績を伸ばすようにうるさく言われた」のようなパワハラや人間関係でのトラブルを潜ませています。

人間関係やパワハラの退職理由は、できるだけ隠して、オブラートでグルグル巻きにしないと、「トラブルメーカー」と思われてしまいますので、真実はほんの少しだけ、あとは上手に隠すようにしましょう。

 

給料が安くて割に合わない時の退職理由

給料が安くて割に合わない時の退職理由

「前の会社は年功序列の社風が強く、営業成績を上げても、年齢や勤続年数の関係でそれをきちんと評価してもらえませんでした。私は結果を出したら、それを会社から正当に評価していただくことで、より仕事へのモチベーションが上がり、さらに仕事の結果を出すことができると思っております。御社のように実力主義で評価していただける職場で働き、自分の能力を高め、会社に貢献したいという思いが強くなり、短期間で退職することは不本意ではありましたが、退職した方が良いと判断しました」

これは真実:嘘=2:8くらいの退職理由の例文・サンプルです。

「給料が安い」という事実を、「正当に評価してもらえない」という言葉に変えています。

「給料が安い」ことをそのままダイレクトに退職理由に入れると、「給料だけのがめつい奴」と思われますので、「正当に評価してもらえなかった」と柔らかいふんわりとした嘘に包んで表現すると良いですよ。

 

短期間で退職した人が面接での退職理由で困ったら転職エージェントを使おう

短期間で退職した人のために面接での退職理由のポイントや例文・サンプルを説明してきました。

短期間で退職した人は、そんなに不安に思う必要はありません。

面接での退職理由を工夫することでどうにでもなる、つまり採用してもらえるんですから。

ポイントや例文・サンプルを見ても、

「やっぱり不安。私のケースではどんな嘘に包めば良いかわからない」

という人もいると思います。

そんな人は、転職エージェントを使って転職活動をすると良いですよ。

転職エージェントを使えば、キャリアアドバイザーが短期間で退職した場合の面接での退職理由を一緒に考えてくれます。

また、志望動機や自己PRもあなたに合わせたものを考えてくれますし、模擬面接もしてくれますので、面接に自信を持って臨むことができるんです。

転職エージェントは無料で使えますから、気軽に登録してみて下さいね。