看護師を辞める理由を多い順に10個紹介!辞めたいなら辞めても大丈夫

「看護師を辞める理由ってどんなものがあるの?私の辞める理由は甘い?」

「看護師を辞めても良いのかな?みんなどんな理由で辞めているの?」

 

あなたは看護師を辞めたいんですね。

そして、自分の「看護師を辞める理由」に自信が持てないし、看護師を辞めることに罪悪感を抱いているのかもしれません。

 

看護師を辞める理由は人それぞれ!

そして、辞める理由はなんにせよ、あなたが看護師を辞めることは悪いことではありません。

 

私も看護師を辞めたことがあります。

だから、あなたの気持ちはよくわかるんです。

 

ここでは看護師を辞める理由を多い順にランキング形式で紹介していきます。

また、辞める理由ごとに看護師を辞めてしまう前にできることもご紹介しています。

 

これを読めば、あなたは新しい世界に一歩踏み出すことができますよ。

 

看護師を辞める理由を多い順にランキングで10個紹介!

 

看護師を辞める理由にはどんなものがあるでしょうか?

 

「私の辞める理由は甘いのかな?こんな理由で看護師を辞めて良いのかな?」

と不安に思っているあなたは、このランキングを読めば、

「私の看護師を辞める理由は変じゃなかった!みんな一緒じゃん!」

と思えるはずです。

 

ちなみに、これは私が独自に調査したものを多い順にランキング形式にしてまとめましたので、正式なデータではありませんが、その点はご了承ください。

 

もし、看護師を辞めたいけれど、辞める理由の良い解決方法があれば看護師を続けても良いかもと思っているあなたのために、この記事の後半で看護師を辞める前にできることを紹介していますので、参考にしてください。

 

 

第1位 人間関係

 

看護師を辞める理由、第1位は人間関係です。

 

人間関係!わかる〜!

と思っている看護師さんはあなただけではないはず。

 

看護師の人間関係ってなんであんなに悪いんでしょうか?

先輩やプリセプターにいじめられる。

派閥争い・足の引っ張り合いに巻き込まれる。

休憩室では延々と悪口を聴かされる。

 

もう看護師なんて嫌!

と思うのも当然ですよね。

 

私の看護学校時代の友人や職場の後輩は、この人間関係を理由に看護師を辞めた人が何人かいます。

 

 

第2位 不規則な生活がつらい

 

看護師を辞める理由の第2位は、不規則な生活がつらいことです。

看護師は交替制のシフトで働かなくてはいけません。

夜勤が苦手な看護師さんは少なくないですよね。

夜勤嫌いな看護師さんにとっては、夜勤に1回入るだけで、体調が悪くなってしまうという人もいるんです。

 

 

第3位 結婚や妊娠、出産

 

看護師を辞める理由の第3位は、結婚や妊娠、出産です。

私が看護師を辞めた理由はこれですね。

妊娠したのを機に、看護師を辞めました。

 

女性はやっぱり結婚や妊娠、出産などのライフスタイルの変化で看護師を辞めることは多いですよね。

 

 

第4位 ミスばかりで自信がない

 

看護師を辞める理由の第4位は、ミスが多くて自信がないことです。

 

「ミスばかりで、私は看護師に向いてない」

「インシデント(アクシデント)を起こしてしまった。私、このままでは患者さんを殺してしまうかも」

と思って看護師を辞める人はいます。

 

私が働いていた救命救急センターでも、これを理由に新人看護師が毎年数名辞めていくので、今は救命救急センターに新人看護師を配属しなくなりました。

 

 

第5位 体力的にハード

 

看護師を辞める理由の第5位は、体力的にハードであることです。

看護師の仕事って、本当にきついですよね。

立ち仕事だし、座る暇もないし、下手をすれば休憩時間もほとんどなくなるし。

さらに、力仕事も多いです。

 

「160cmの私がなんで180cm以上の大男の移動介助をするのよ?」

と思ったことが何度あったか。

腰痛のためにコルセットを巻いて働いている看護師さんも多かったですね。

 

 

第6位 給料が安くて割に合わない

 

看護師を辞める理由ランキング、第6位は給料が安くて割に合わないことです。

看護師は責任は重いし、体力的にも精神的にもハード。

でも、そんなに給料は高くないんです。

 

安月給で割に合わない!

と思ったことが何度あったか…。

私は数え切れません。

 

こんなに割に合わないなら、看護師以外の仕事をした方が良いなぁと思うのも仕方がないですよね。

 

 

第7位 人の死が怖い

 

看護師を辞める理由の中で、意外と多いものが、

「人の死が怖い」

「死を受け入れられない」

というものです。

 

看護師をしていると、看取りをすることは多いですよね。

良い意味で看取りに慣れて、割り切りながら淡々と仕事ができる看護師がいる一方で、患者さんの死を全部背負ってしまって、自分の中で消化できずに心の中に持ち続ける看護師さんもいます。

 

人の死に慣れることができない。

向き合うことができない。

割り切れない。

 

そんな思いを持っていると、人の死が怖くなってしまって、看護師を続けるのが怖くなってしまうのです。

 

 

第8位 仕事中心の生活が嫌

 

看護師を辞める理由の第8位は、仕事中心の生活が嫌というものです。

看護師をしていると、プライベートな時間が無くなって、仕事中心の生活になりますよね。

 

  • 残業が多い
  • 勉強会も多い
  • 土日祝日関係なし

 

そのため、プライベートが充実しないんです。

 

独身の看護師さんは彼氏ができないし、婚活もできない。

彼氏ができても、予定が合わなくてすぐに別れてしまう。

友達も年々少なくなってしまう。

 

既婚の看護師さんは、家族と予定が合わなくて、子供と過ごす時間がない。

旦那の浮気が心配。

 

だから、看護師を辞めて、プライベートを大切にしたと思うのは当然のことだと思います。

 

私もこのタイプでした。

仕事ばかりで出会いはないし、友達と予定も合わないし。

休日はいつも一人で過ごしていたんです。

仕方ないかと思いつつも、なんか寂しいんですよね。

 

 

第9位 看護師の仕事が嫌い

 

看護師を辞める理由の第9位は、看護師の仕事が嫌いというものです。

 

「患者さんのオムツ交換、もううんざり!汚くて嫌!」

「患者さんに優しくできない!私、看護師に向いてない」

と思うこともありますよね。

 

看護師の仕事が嫌いで、看護師に向いてないから看護師を辞める。

私の先輩はこの理由で辞めました。

患者さんにどうしても優しくできないし、患者さんの対応をしているとストレスが溜まって性格が悪くなる自分が嫌だから、看護師を辞めたそうです。

 

 

第10位 ほかに興味のある仕事がある

 

看護師を辞める理由の第10位は、ほかの仕事に興味があることです。

 

看護師になろうと思って看護学校に入学し、国家試験にも合格して、看護師として働いた。

でも、「やっぱり違う仕事がしたい!」と思うこともありますよね。

 

別に悪いことではありません。

興味のあることは変わるのが普通なんですから。

 

 

看護師を辞める理由によっては、看護師を続けながらもその理由をキレイに解決できることもあります。

看護師に未練が少しでも残っているなら、この記事の後半で説明している看護師を辞める前にできることを参考にしてみてください。

 

 

看護師ならではの辞める理由
  • 夜勤が苦手な看護師さんは少なくない
  • 結婚や妊娠、出産などのライフスタイルの変化
  • 立ち仕事だし、座る暇もないし、下手をすれば休憩時間もほとんどなくなる
  • 給料が安くて割に合わない
  • 患者さんの死を全部背負ってしまって

看護師を辞めるのは悪いことではない!

 

看護師を辞める理由はなんにせよ、

「看護師を辞めてもいいの?」

と不安に思って、看護師を辞めることに罪悪感を持っている人もいると思います。

 

でも、そんな罪悪感は必要ありません。

だって、看護師を辞めることは悪いことではないからです。

辞める理由も関係ありません。

あなたが辞めたいと思ったら、辞めて良いんです。

 

 

理由1 看護師がすべてではない

 

看護師をしていると、

「仕事=看護師」

と思いがちですが、よく考えてみると、看護師以外の仕事はたくさんあります

看護師免許を持っているからといって、看護師の仕事以外をしてはいけないというわけではありません。

 

どんな仕事をしても良いんです。

世の中にはたくさんの仕事があり、看護師がすべてではないんですから。

 

 

理由2 視野を広げることができる

 

看護師を辞めると、視野を広げることができます。

私は看護師を辞めた後に、他の仕事をしていたわけではないですが、子育てをして、医療職とは全く関係ないママ友と話すだけでも、

「そうなんだ〜」

「そういう見方もあるんだ〜」

と考えさせえられることが多かったです。

 

視野を広げておいて損することはありません。

視野を広げて、自分を成長させるためにも、看護師を辞めるという選択は良いと思います。

 

 

理由3 看護師にはいつでも戻れる

 

看護師を辞めても、看護師免許を持っている限り、あなたはまたいつでも看護師として働くことができます。

今、看護師を辞めても、いつでも看護師に戻れるんです。

看護師の資格は一生もので永久保存!

だから、今看護師を辞めたいなら辞めてもOK。

また、看護師をやりたいと思ったら、戻れば良いのですから。

 

 

看護師を辞める前に理由別にできること9個

 

看護師を辞める理由によっては、看護師を辞める前にできることがあります。

「もう絶対に看護師を辞める!」

と思っている看護師さんはともかく、

「辞める理由が解決するなら、看護師を続けても良いかなぁ?」

と思っているなら、今からご紹介する看護師を辞める前にできることを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

人間関係が嫌なら看護師を辞める前に違う職場に転職してみては?

 

看護師を辞める理由が人間関係というならば、看護師として違う職場に転職してみるのも良いと思います。

確かに、看護師は人間関係が悪い職場が多いです。

でも、人間関係が良い職場もあります。

私が働いていた療養型病院は人間関係が良くて働きやすかったですし。

 

それに、人間関係は看護師以外の職場でもついて回るものです。

看護師を辞めたら、確実に解決するというものではありません。

 

だから、もしあなたが看護師の仕事が嫌というのでなければ、看護師として違う職場に転職を考えてみるのもありだと思います。

 

 

不規則な生活がつらい看護師を辞める前に日勤のみの職場に転職するのもあり

 

不規則な生活を理由に看護師を辞めるつもりの人は、日勤のみの職場に転職するのもありですよ。

外来やクリニック、訪問看護、健診センターなど日勤のみの職場に転職すれば、看護師を辞める理由はなくなります。

日勤のみの看護師の求人は、意外とたくさんあるんです。

 

 

結婚や妊娠、出産なら看護師を辞める前に家庭や子育てと両立できる職場に転職するのもあり

 

結婚や妊娠、出産が看護師を辞める理由の人は、家庭を持ちながらも、子育てをしながらも仕事をしやすい職場に転職するのも良いと思います。

 

妊娠中や出産後は、さすがにすぐには転職できないので、出産後に落ち着いて体調が回復してからになりますが、最近は子育てと仕事を両立しやすい看護師の職場が増えてきているので、探してみても良いかもしれません。

 

 

ミスばかりで自信がないなら、看護師を辞める前に医療行為が少ない職場に転職するのもあり!

 

ミスばかりで自信がないことが看護師を辞める理由なら、医療行為が少ない職場で看護師をするというのはどうでしょうか?

私は介護施設や健診センターで働いたことがあります。

介護施設ではほぼ医療行為はありません。

健診センターは採血だけです。

だから、気楽に働けますよ。

 

 

体力的にハードなら看護師を辞める前に体力的にな楽な職場に転職してみては?

 

体力的にハードだからという理由で、看護師を辞める人は、体力的に楽な職場に転職するのも1つの解決法です。

 

私の経験では、介護施設は楽でした。

私がバイトをしていた介護施設は、看護師は介護業務をしなかったので、

「こんなに楽で良いの?」

と思うほど、体力的に楽でしたね。

 

健診センターも楽でした。

健診センターはバイトとして働いていたのですが、勤務終了後に

「あれ?私、疲れてないんだけど。本当に勤務終了で良いの?」

と思ったものです。

 

 

給料が安くて割に合わないなら看護師を辞める前に楽で割に合う仕事か給料が高くて割に合う仕事に転職しては?

 

割に合わないことが辞める理由なら、看護師を辞めるのは全然ありです。

 

でも、看護師の仕事の中でも楽で割に合う仕事、給料が高くて割に合う仕事はあります。

 

私の経験では、健診センターや介護施設は、

「こんなに楽なのに、このくらいの給料を貰っちゃっていいの?」

と思ったので、病院勤務よりも割がいいと思いました。

 

また、今よりも給料が高い職場に転職すれば、

「仕事はきついけれど、これだけ給料を貰えるなら、まぁいいか」

と思えるようになると思いますよ。

 

 

人の死が怖いなら看護師を辞める前に看取りがない職場に転職するのもあり

 

人の死が怖いという理由で看護師を辞めるなら、看取りがない職場への転職を考えるのもありです。

 

クリニックや外来、健診センター、一部の介護施設では看取りがないので、今よりも気楽に働けると思います。

 

 

仕事中心の生活が嫌なら看護師を辞める前にプライベート重視の職場に転職してみては?

 

看護師の職場の中には、残業がほとんどなくて、土日祝日が休みの職場もあります。

そのような職場に転職すれば、看護師を続けながら、看護師を辞める理由を解決することができます。

 

 

看護師の仕事が嫌いなら看護師を辞める前に健診センターや企業の医務室などに転職してみては?

 

健診センターや企業の医務室、治験コーディネーター、臨床開発モニターなどは、病気の人が対象ではありませんので、辞める理由を解決できるかもしれませんよ。

 

 

看護師を辞める理由がある人は一歩踏み出してみよう

 

看護師を辞める理由がある人は、看護師を辞めてもOK。

辞める理由なんて気にする必要はありません。

あなたが看護師を辞めたいと思ったら、それがあなたにとって正当な辞める理由なんです。

 

大げさに言えば、

「辞める理由はよくわかんない。でも、看護師を辞めたい!」

というものでもOKなんです。

 

看護師を辞めたい人は、一般転職のマイナビエージェントを利用して転職先を探すと良いですよ。

事務職や営業職、SEなどたくさんの業種・職種の求人を扱っています。

キャリアアドバイザーが転職の相談に乗ってくれるので、あなたにとって後悔しない転職をすることができます。

 

もし、看護師を辞める前に転職して別の職場で看護師を続けてみようと思えたなら、看護師転職サイトを利用しましょう。

あなたの辞める理由を解決できる職場の求人を紹介してもらえます。

 

一般転職のマイナビエージェントも、看護師転職サイトも無料で利用できますので、気軽に登録してみて下さいね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。