看護師が転職を30代でするなら、どんなことに注意して転職をすれば良いのでしょうか?

「看護師が30代前半で転職するのってどうなの?」

「30代になっちゃったから転職するのは無理?」

「30代前半の看護師が転職するのに気を付けることってある?どんなところに転職すれば良いのかな?」

 

30代前半の看護師は転職を考えることが多いですよね。

30代前半は男性も女性もライフスタイルが大きく変わる頃ですから。

でも、一般的に転職は20代ですべきであって、30代になってからでは遅いと言われていますので、30代前半で転職したくても躊躇している看護師さんは多いと思います。

 

その気持ち、わかります。

20代なら勢いに任せて実行できることでも、30代になるとすべてにおいて慎重になりますから。

そして、何より転職して後悔したくないですよね。

 

でも、大丈夫です。

確かに、一般的には転職は20代が有利で、30代ではちょっと遅いと言われています。

ただ看護師は別!

看護師の場合、30代前半で転職するのは全然遅くありません

むしろチャンス!

30代前半は売り時であり、好条件の職場に転職できるチャンスなんです。

 

この記事では私の経験をお話しながら、30代前半が転職に成功するための転職先の選び方を悩み別に説明していきます。

この記事を読めば、「転職して良かった!」と思える未来への一歩を踏み出すことができますよ。

 

看護師の転職は30代前半の今がチャンス!

 

看護師の転職は30代前半の今がチャンスです!

 

30代前半がチャンス?

そうです!

看護師の場合、30代前半は好条件の職場に転職できるチャンスなんです。

 

「そんなの嘘だよ。転職と言えば20代でしょ?」

と思うかもしれません。

 

確かに、一般的には転職は20代ですべきと言われていますよね。

看護師も20代は転職先に困ることはないでしょう。

でも、それは30代前半も同じ!

むしろ、30代前半は20代前半よりも転職をおすすめしたいくらいなんです。

 

 

理由1 まだ若い

 

30代前半はまだまだ若いです。

大学病院など若い看護師が多い職場では、ベテラン扱いをされることもありますが、看護師全体で言えば、まだまだ若い!

定年後の再雇用まで考えれば、あと30年は働ける計算になります。

だから、年齢的なことは考えなくて良いんです。

 

 

理由2 即戦力になる看護スキルがある

 

30代前半の看護師の多くが、10年程度は臨床経験がありますよね。

10年の看護師経験があれば、どの職場でも即戦力になることができます

 

新卒看護師を手厚く指導できる職場なんて、ほんの一握り。

看護スキルが未熟な看護師よりも、即戦力になれる看護師を歓迎する職場は多いです。

 

 

結論 だから30代前半の看護師は転職のチャンス!

 

30代前半の看護師は、まだ若い。

しかも看護スキルはしっかりしている。

 

この2つの条件は、採用側からすると本当にありがたいものです。

まだ長く働いてもらえるし、即戦力になれるのですから。

 

だから、30代前半の看護師は今が売り時!

今よりも高給与・好待遇で採用してもらえる可能性が高いんです。

 

「30代だから…」という理由で転職を躊躇しているなんて、それは自ら損をしているようなものです。

だって、30代前半の看護師は転職のチャンスなんですから!

 

 

看護師が30代前半で転職を考える悩み

 

看護師は30代前半になると転職を考えることが多くなります。

20代の時はがむしゃらに働いてきたけれど、30代前半でふと一息ついた時に、

「あれ?このままで良いのかな?」

と思うこともあります。

 

また、30代前半は結婚・出産などでライフスタイルが変わる時期でもあります。

だから、30代前半で転職を考える看護師さんは多いんです。

 

  • 独身のバリキャリタイプ
  • 結婚を焦っているタイプ
  • 仕事に疲れたタイプ
  • 子育てや家庭と両立したいタイプ
  • 男性看護師

 

この5つのタイプに分けて、悩みを見ていきましょう。

 

 

独身のバリキャリタイプ

 

30代前半の独身バリキャリタイプの看護師さんは、自分の将来について悩みだす時期ですよね。

 

  • 認定看護師などの資格を取得した方が良い?
  • 管理職を目指すべきかな?
  • ここでもっとスキルアップできる?

 

今の職場ではスキルアップ・キャリアアップが難しいと感じると、転職した方が良いかもと考えるんです。

 

こんな悩みを持つ独身バリキャリタイプの30代前半の看護師のおすすめの転職先は、「独身のバリキャリタイプにおすすめの転職先」で詳しく説明しています。

 

 

結婚を焦っているタイプ

 

30代前半の女性看護師に多い悩みと言えば、

 

結婚できない…ヤバい!

というものだと思います。

 

20代はとにかく仕事ばかリしてきた。

プライベートを犠牲にして、仕事を頑張ってきた。

そして、ふと気づいたら30代。

ヤバくない?

私、このまま結婚できないかも。

看護師をしていれば、食べていくのに困ることはないけれど…。

でも、やっぱり結婚したいし、子どもも欲しい!

そうすると、30代前半の今、婚活しておかないとヤバくない?

でも、今の職場では忙しすぎるし、出会いもないし…。

今の職場で働いていたら、結婚できる気がしない。

あぁ!どうする?私!

 

あなたの気持ちを代弁してみました。

 

結婚したいけれど、出会いがないからできない。

20代の頃は彼氏がいたけれど、忙しくてすれ違いになって別れてしまった。

 

インターネットの記事などを見ていると、婚活市場では若ければ若いほど女の価値は高い。

30代後半になると、出産の問題などで結婚が難しくなることもあるらしい。

とすると、30代前半の今、婚活しておかないとヤバくない?

でも、今の職場では婚活できる時間もない。

出会いもないし、恋愛に時間を割くこともできない。

 

そう思うと、切実に転職を考えるようになりますよね。

 

結婚を焦っている30代前半の看護師におすすめの転職先は「結婚を焦っているタイプにおすすめの転職先」で説明しています。

 

 

仕事に疲れたタイプ

 

30代前半になると、

「あ〜!看護師の仕事に疲れた」

と考えるようになりますよね。

 

20代は昼夜関係なく、盆や正月関係なくクタクタになるまで働き、さらにスキルアップのための勉強もしてきた。

そして、30代。

「え?30代になっても同じことをやるの?」

と感じて、もっとゆっくり働きたいと思うようになるんです。

 

  • 体力的にきつい
  • 精神的にもきつい
  • 肌荒れも気になる
  • 夜勤後の体力回復が遅くなる

 

30代前半になると、20代に比べてこういうことが気になってきます。

 

このままの働き方で良いの?

30代になってもこの働き方?

という疑問が頭に浮かんでくるのです。

 

そして、もっと楽な職場で働きたい!

もう少しゆとりを持って働きたいと感じるようになって、転職を考えるようになるんですね。

 

私が大学病院から療養型病院に転職したのは、これが理由ですね。(30代になる前に仕事に疲れてしまったので、これを読んでいるあなたよりも根性はないタイプですが…)

 

このタイプの30代前半の看護師におすすめの転職先は、「仕事に疲れたタイプにおすすめの転職先」で紹介しています。

 

 

子育てや家庭と両立したいタイプ

 

30代前半の看護師は、結婚する人が多いと思います。

また、子育て中の人もいますよね。

30代前半だと、お子さんが未就学児の年齢の人が少なくないと思います。

 

結婚したら独身時代よりもきちんと家事をしなければいけない。

子どもができたら、子ども中心の生活をしなければいけない。

そんな中で看護師の仕事もしなければいけない。

 

今の職場では絶対無理!

と考えて、転職したい30代前半の看護師は多いんです。

さらに家庭と仕事の両立ができなくて、看護師の仕事を辞めたいと考える30代前半の人も少なくありません。

 

私も今子育て中ですが、以前働いていた大学病院で働きながら子育てをするのは無理だろうなぁと思います。

 

子育てや家庭と仕事を両立させたい30代前半の看護師さんへのおすすめの転職先は「子育てや家庭と両立したいタイプにおすすめの転職先」で説明しています。

 

 

男性看護師

 

男性看護師も30代前半で転職を考える人が多いです。

 

男性看護師も30歳前後で結婚をする人が多いですよね。

そうすると、一家の大黒柱として

「今のままの給料で家族を養っていける?」

と不安に感じるようになるんです。

 

看護師は高給与の職業と言われていますが、看護師1人の収入で家族全員を養っていけるほどの収入ではありません

 

「男性が一家の大黒柱という考えなんて古い!」

という意見もあると思います。

でも、女性は出産・子育てで仕事をセーブすることがあるという事実、そして今の日本の現状を考えると、共働きでも男性はある程度の収入は確保しておくべきという考えはごく当たり前のことです。

 

だから、30代前半の男性看護師は転職を考えるようになるんですね。

 

30代前半の男性看護師は「男性看護師におすすめの転職先」を読んでみると、今の悩みを解決できるはずです。

 

30代の男性が転職で看護師を目指す場合については以下の記事が参考になります。

 

 

30代前半の看護師が転職を考えた時の転職先

 

看護師が30代前半で転職を考えた時のおすすめの転職先をご紹介していきます。

 

先ほども説明したように、30代前半の看護師は転職のチャンス!

引っ張りだこで今よりも給料アップ&好待遇での転職も期待できます。

 

だから、「転職しようかなぁ〜。どうしようかなぁ〜」と悩んでいるくらいなら、思い切って転職してしまったほうが良いのです。

 

 

独身のバリキャリタイプにおすすめの転職先

 

独身バリキャリタイプの30代前半の看護師におすすめの転職先は、次の2つの条件に当てはまるところです。

 

  • 資格取得支援制度が使える
  • 給料が今よりも高くなる

 

認定看護師・専門看護師、認定看護管理者の資格は自分でも取得できます。

ただ、費用がかかりますよね。

病院が費用面を支援してくれるかどうかはとても大きなポイント!

だから、資格取得支援制度があって、さらにそれを使える職場に転職しましょう。

資格取得支援制度があっても、実際には使えないことも少なくないので、注意が必要です。

 

また、独身で将来が不安なら、今よりも給料が高くて、しっかり稼げることも重要なポイントです。

ただ、30代前半という年齢はまだまだ結婚を諦める年齢ではありません。

むしろ、看護師の場合、35歳〜40歳で結婚する人も多いですから。

 

だから、「私は一生独身!絶対に結婚しない!」と決めているならともかく、結婚したいと思っている人は、結婚後も働けるかどうかをチェックしてください。

 

具体的には、

  • ママ看護師の割合
  • 外来など日勤のみの働き方ができるか

などですね。

 

また、次の「結婚を焦っているタイプにおすすめの転職先」も参考にしてくださいね。

 

 

結婚を焦っているタイプにおすすめの転職先

 

結婚を焦っている30代前半の看護師は、時間的な余裕がある職場に転職しましょう。

 

婚活する時間がある職場。

デートする時間がある職場。

 

こういう職場が良いですね。

婚活パーティーは週末に行われることが多いので、できれば土日祝日は休みの職場、最低でも日曜祝日がお休みの職場に転職しましょう。

また、残業があると、退勤後にデートはできませんので、残業が少なめの職場が良いですね。

 

さらに、「職場で出会いが欲しい!」というあなたは、出会いが多い職場をおすすめしたいです。

「出会いが多い職場って、大学病院?男性看護師も多いし、研修医もいるし!」

と思っているあなたは、考えが甘いです!

 

確かに、大学病院は研修医もたくさんいるし、男性看護師も多いから、男性と一緒に働くことができる職場です。

ただ、研修医は競争率が高すぎる!

ステキな研修医は、20代前半の若い看護師にロックオンされています。

男性看護師も同じです。

きつい言い方ですが、30代前半のあなたが参戦しても厳しいと思います。

 

私のおすすめは介護施設ですね。

介護施設は男性の介護士やPTがいます。

さらに、既婚者の看護師が多いので、「旦那の知り合いを紹介してあげるよ」というチャンスも多いです。

私は、老健でバイトしていた時に、既婚者の常勤看護師に、

「旦那の後輩を紹介したいんだけどどう?」

と何度か言われたことがあります。

 

さらにさらに!

利用者さんのご家族から見染められるというチャンスもあるんです。

高級な有料老人ホームなら、玉の輿のチャンスがあるかもしれませんよ?

 

そして、介護施設は残業がほぼないところがほとんどです。

週末休みとはいきませんが、みんなで譲り合いながら希望休を取るところが多いので、婚活パーティーの日には休めることも多いです。

どうしても週末に休みたいなら、デイサービスがおすすめですね。

 

医療施設を離れたくないという人は、外来もおすすめですよ。

 

 

仕事に疲れたタイプにおすすめの転職先

 

仕事に疲れた30代前半の看護師におすすめの転職先は、

  • 残業は少なめ
  • 介護業務がない
  • できれば夜勤なし
  • 年間休日多め&有給消化率高め

このような職場ですね。

 

このような職場なら、ゆとりを持ってプライベートを大切にしながら働くことができます。

 

ただ、あなたはまだ30代前半。

今は「仕事に疲れた」と思っていても、いつかまた、

「よし、またバリバリ働くか!」

「キャリアアップしたい!もっと看護を深めたい」

と思うようになる可能性は十分あります。

 

だから、そう思った時にその職場ですんなり対応できるように、ゆとりを持てるだけでなく、スキルアップ・キャリアアップの道が残されている職場に転職しましょう。

 

具体的には、大きめのケアミックス病院ですね。

ケアミックス病院の療養型病棟なら、残業は少なめですし、介護士さんがいるので介護業務も少なめのところが多いです。

そして、大規模なケアミックス病院は教育制度が整っていますし、資格取得支援制度もあります。

また、急性期・リハ期・慢性期とあなたの理想に合わせた部署で働けます。

 

大きめのケアミックス病院で働けば、慢性期でゆったりとプライベートを優先しながら働くことができます。

でも、「またバリバリ働くか!」と思ったら、急性期病棟に異動すれば良いんです。

 

また、ケアミックス病院なら、

「子どもが小さい時は慢性期。子どもの手が離れたら急性期でバリバリ働く。」

といった働き方もできるので、長く働くことができるんです。

 

大きめのケアミックス病院の中で、年間休日が多く、さらに有給消化率が高いところを探して転職すると良いですね。

 

 

 

子育てや家庭と両立したいタイプにおすすめの転職先

 

子育てや家庭と仕事を両立したいタイプの30代前半の看護師におすすめの転職先は、まずはママ看護師の割合をチェックしましょう。

 

ママ看護師が多い職場なら、子どもの急病で早退・欠勤する時も「お互い様」とフォローしあうことができます。

また、ママ看護師が多い職場は、基本的に残業は少なめですし、子育てと仕事を両立しやすい環境であるという証明になります。

 

できれば、次の3つの条件もチェックしたいですね。

 

  • 託児所あり(できれば24時間対応で病児保育OK)
  • 日勤のみOK
  • 時短勤務OK

 

これら全部で4つの条件が揃っている職場だと、子育てや家庭と看護師の仕事を両立しやすいと思います。

 

30代前半の看護師の中には、「クリニックで働きたい」と思っている人もいると思います。

ただ、30代前半の看護師にはクリニックはおすすめできません。

 

クリニックはダメ!?

 

なぜなら、30代前半の看護師の場合、子どもはまだ未就学児、もしくは小学校低学年の年齢だと思います。

子どもが小さいと、すぐに熱を出したりしますよね。

旦那が熱を出したら、

「家で一人で寝てて。私は仕事に行くから」

と言えますが、小学校低学年以下の子どもには、そんなことは言えません。

看病のために欠勤しなければいけないんです。

 

病棟では日勤は最低でも5〜6人の看護師がいますので、1人が休んでもみんなでフォローできます。

でも、クリニックは看護師は1〜2人しかいないので、1人が休むと大変なことになるんです。

 

だから、30代前半で子育てや家庭と仕事を両立したい看護師さんには、クリニックはおすすめできません。

 

 

男性看護師におすすめの転職先

 

30代前半の男性看護師におすすめの転職先は、次の条件が揃っているところです。

 

  • 給料が高い(将来的にも年収アップが見込める)
  • スキルアップ・キャリアアップができる
  • 男性看護師が管理職についたことがある
  • 男性看護師の数はほどほど

 

男性看護師の数は増えてきたとは言っても、まだまだ少数派であり、大病院ならともかく、小規模な病院は男性看護師は管理職につけないこともあります。

「男性看護師が師長なんて前例がないから」

という理由だけで、能力があっても管理職になれないんです。

 

看護師が給料をアップさせるには、管理職になるのが一番の近道です。

だから、男性看護師が管理職に就いた前例がある職場を選ぶようにしましょう。

 

さらに、あまりに男性看護師が多いとライバルがたくさんいすぎて、管理職になること、もしくは認定看護師や専門看護師になるための競争率が高くなります。

女性看護師は結婚・出産・子育てなどの理由で、退職する人も少なくないですが、男性看護師は基本的にずっと働いていくことになりますし、向上心がある人が多いので、男性看護師が多すぎると、ライバルが増えてしまうんです。

 

だから、男性看護師の数は多過ぎずにほどほどが良いですよ。

 

30代の男性が転職で看護師を目指す場合については以下の記事が参考になります。

 

看護師が転職を30代前半で考えているなら、転職サイトを使おう!

 

看護師が転職を30代前半で考えているなら、転職サイトを使いましょう。

 

  • 独身のバリキャリタイプ
  • 仕事に疲れたタイプ
  • 子育てや家庭と両立したいタイプ
  • 子育てや家庭と両立したいタイプ
  • 男性看護師

 

この5つのタイプに分けて、おすすめの転職先をご紹介していきましたが、

「そんなの調べられないよ!」

と思った人も多いと思います。

 

  • 資格取得支援制度が確実に使えるか
  • ママ看護師の割合はどのくらいか
  • 介護業務はあるか
  • 残業時間はどのくらいか
  • 有給消化率はどのくらいか
  • 男性看護師の割合はどのくらいか
  • 男性看護師が管理職に就いた前例があるか

 

などなど、こういうことは自分では調べられませんよね。

 

そういう時に便利なのが、看護師転職サイトです。

看護師転職サイトを使えば、転職コンサルタントが全部調べてくれます。

さらに、給料交渉もしてくれるので、提示された給料よりも高い給料をもらえることもあります。

 

だから、転職を考えている30代前半の看護師は転職サイトを利用して、転職を成功させましょう!

転職サイトはすべて無料ですから、気軽に登録して下さいね。

 

もし、あなたが看護師以外の仕事への転職を考えているなら、マイナビエージェントの利用をおすすめします。

マイナビエージェントは一般的な仕事を探すための求人を紹介してくれるサービスです。

看護師の転職サイトの一般的な仕事バージョンですね。

 

マイナビエージェントなら、プロのキャリアアドバイザーに相談しながら、転職先を探すことができます。

マイナビエージェントも無料で利用できますよ!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。