看護師で急変が怖いし辞めたい人は転職?トラウマになる前に行動を!

看護師で急変が怖いし辞めたい人は転職?トラウマになる前に行動を!

「急変が怖い。もう辞めたい。つらい」

「新人看護師だけど急変に当たるからお祓いに行こうかな。でも、お祓い行っても急変対応ができるようになるわけじゃないし。もう急変が怖いし、トラウマになる」

「先輩に急変に当たるのは自分のせいだって言われた。私がきちんと観察してないからって。急変に当たるのは自分のせいか…。患者さんに申し訳ないな。私、看護師に向いてない。」

 

看護師で急変が怖いと思っている人は多いと思います。

特に新人看護師は、急変が怖くて怖くて仕方がないと思っているのではないですか?

急変は本当に怖いですよね。

そして、トラウマになって看護師に向いてない、看護師を辞めたいと考えているかもしれません。

 

でも、いくら急変が怖いからといって、看護師を辞める必要はありません。

急変がない職場に転職すれば良いんです。

そうすれば、看護師を続けつつ、急変対応をせずに済みます。

 

ここでは私と私の友人の体験をもとにしながら、急変対応ができないことに悩む看護師へのアドバイスをしていきます。

これを読めば、

「急変マジ怖い。トラウマしかない。もう辞めたい」

という後悔の毎日から解放されますよ。

 

もし、あなたが急変対応ができるようになる方法を知りたいというのであれば、「看護師が急変対応できない時の対処法5つ!新人はこれで後悔しない!」を読んでくださいね。

 

看護師で急変で辞めたい人は危険信号!?このままだと病んでしまうかも…

 

看護師で急変が怖いし辞めたい人は多いと思います。

急変対応ができないから、苦手というレベルを超えて、急変が怖いんですよね。

 

「急変に当たるのが多いのは自分のせいだよね。観察が足りないってプリセプターに言われた。私は看護師に向いてないかも」

「急変が怖い。もう辞めたい」

 

そう思いつつも、今の職場で頑張って働いているのだと思います。

 

確かに、新人看護師の頃は、急変対応が怖いですよね。

私も本当に怖かったです。

ちなみに、3年目になっても5年目になっても急変は怖いままですよ。

急変対応はできるようにはなるものの、急変は怖いです。

救命救急センターで毎日のように急変対応をしていた私でも、ずっと急変は怖かったです。

 

もし、あなたが急変対応ができなくて、次のように考えているなら、今すぐ何かしらの行動を起こさないと、取り返しがつかないことになります。

 

  • 急変に当たるのがトラウマレベルで怖い
  • 急変に当たるのが怖いから辞めたい
  • 急変に当たること、急変対応ができないのは自分のせいだと先輩から責められてつらい

 

ここまで思い詰めているのに、今の職場で無理に頑張り続けると、精神的に追い詰められて病んでしまうのです。

そして、せっかく看護師免許を取ったのに、看護師の仕事を辞めなければいけなくなってしまいます。

 

私の看護学生時代の友達は、新卒で脳外科病棟に配属されて働いていました。

その病棟は急変が多く、友達もお祓いに行くレベルで急変に当たっていたそうです。

でも、新人看護師だから、、まだ急変対応が上手くできなくてプリセプターに怒られる毎日。

それどころか、

「あの患者さんが急変したのは自分のせいだってわかってる?観察できてないんだよ。あんた、看護師に向いてないから看護師を辞めな。患者さんがかわいそう」

とまで言われるようになって、彼女はどんどん病んでいきました。

会うたびに痩せていって、顔色も悪くて。

そして、ついには退職。

今は看護師を辞めて、実家に帰り、ファミレスでバイトしているそうです。

この前久しぶりに会ったら、

「もう絶対に看護師の仕事はしたくない。今でも急変で患者さんが死んだ夢を見るくらいだし。完全にトラウマだよね」

と話していました。

私も新人だったし、急変対応が全然できなかったので、良いアドバイスができなくて後悔しています。

 

今、あなたが急変対応ができないことに悩み、怖いから辞めたいと思っているなら、今すぐ行動を起こさないと、あなたも私の友達と同じ末路をたどることになります。

だから、そうなる前に今すぐ行動を起こしましょう!

 

 

看護師が急変で辞めたい時は急変がない職場に転職を!

 

看護師が急変で辞めたいと思うなら、急変がない職場に転職しましょう。

そうすることで、看護師の仕事自体を続けつつ、急変のトラウマから解放されます。

 

 

急変がないおすすめの職場は療養型病棟

 

看護師は急変がトラウマになる前に急変がない職場に転職しましょう。

 

急変がほぼない職場は、

  • 療養型病棟
  • 小規模病院の外来
  • クリニック
  • 介護施設
  • 健診センター

などがあります。

 

もし、あなたが看護技術が一通り身についていて、急変対応だけが苦手というなら、上の職場ならどこに転職しても大丈夫です。

 

でも、あなたが新人看護師なら、療養型病棟に転職しましょう。

療養型病棟なら急性期病棟よりもペースはゆっくりですが、看護師として必要なスキルを一通り身につけることができます。

そして、急変もほぼありません

もちろん、病棟ですからお看取りはあります。

でも、療養型病棟の場合は、ほぼDNRなんです。

だから、たとえ急変しても何もせずに、そのままお看取りすることになりますから、

「ヤバい!急変!どうしよう!?」

と焦ることはありません。

ご家族に連絡して、お看取りをするだけです。

 

私は救命救急センターから療養型病棟に転職した後、こんなに違うのかと驚きました。

 

私が働いていた療養型病棟ではバイタルが落ちてきた患者さんは、一応モニターをつけるのですが、別にモニターが変化してVTが出たとしても何もせず、ご家族に連絡するだけ。

もう入院期間が長い患者さんが多いので、ご家族も慌てて来ることもなく、そのままお看取り。

 

療養型病棟では「急変」という概念がないに等しいと思いました。(もちろん、療養型病棟でも病院によって違うと思いますが)

救命救急時代は毎日のように「急変」という言葉を使っていましたが、「看取り」という言葉はほぼ使いませんでした。

でも、療養病棟時代は「急変」という言葉は使わずに、「看取り」という言葉を多く使っていましたね。

自然なまま患者さんは息を引き取り、私たち看護師はそれを見守りお見送りする感じです。

 

療養型病棟は介護施設とは違って、24時間いつも医師がいてくれることも安心ですよね。

だから、急変が怖いしトラウマになっている新人看護師さんにおすすめなんです。

 

急変対応ができないことに悩んでいる看護師さんは、療養型病棟に転職すれば、トラウマを感じずに看護師を続けていくことができると思います。

 

 

個人差があるから無理をする必要はない

 

「でも、新人看護師は急性期病棟で働くべきって聞いたし」

「ほかの看護師はみんな急変対応ができるようになるために頑張ってるんだよね?私だけ逃げて良いのかな」

という戸惑いを持っている人は多いと思います。

 

でも、そんな戸惑いを持つ必要はありません。

新人看護師が急性期病棟で働くべきというのは、ただ単に看護技術を身につけやすいからです。

療養型病棟でも、ゆっくりですが必要な看護技術は身につけられるので大丈夫です。

 

そして、ほかの看護師が急変対応ができているからといって、そんなもの気にする必要はありません。

急変対応ができないと、看護師として働けないというならともかく、先ほど紹介したように急変対応がほぼない職場はたくさんあります。(日常生活内でも目の前の人が急に倒れるということはあるので、急変対応が絶対にないと断言できる職場はないですが)

 

だから、別に急変対応ができないから看護師失格ということはないんです。

 

それに、どんなことでも個人差があって、人間はそれぞれ得意なこと、不得意なことがありますよね。

あなたはたまたま急変対応が不得意なタイプだっただけです。

それなら、これから看護師としてあなたが得意なことを見つけて、それを伸ばしていけば良いですよね。

 

 

「急変は自分のせい?」そんなわけはない!

 

新人看護師さんの中には、私の友達のように

「急変対応は自分のせいだってわかってる?観察力がないんだよ!患者さんがかわいそう」

とプリセプターや先輩看護師に言われたことがある人もいると思います。

 

私はそのプリセプターや先輩看護師に声を大にして言いたい!

そんなわけあるか!!!

 

新人看護師が観察力がないのは当たり前のこと。

だって、まだ新人なんだから。

新人看護師が観察力がないことを踏まえた上でフォローするのがプリセプターや先輩看護師の仕事なんです。

 

私は新人看護師時代に急変対応ができなくて怖いと思うこともありました。

でも、幸運なことにプリセプターや先輩看護師がフォローしてくれましたし、

「急変はあんたのせい!」

なんて言われたことはなかったので、トラウマにならずに済んだんです。

 

だから、「急変は自分のせいだってわかってる?」のようなことを言うプリセプターや先輩がいる職場はまともじゃないです。

おかしいです。

そんな職場で長く働く意味はありません

 

今のうちにさっさと逃げ出しちゃいましょう。

 

 

看護師が急変で辞めたいなら転職サイトを使おう!

 

看護師が急変で辞めたいから転職する場合は、転職サイトを使うと良いですよ。

急変対応ができなくて怖いし、すでにトラウマになりかけているというなら、新人看護師は療養型病棟へ、看護技術が身についている看護師は急変がない職場への転職を急ぎましょう。

そうしないと、精神を病んで本格的なトラウマを抱えることになります。

 

ただ、療養型病棟へ転職する時に気をつけなければいけないのは、どの療養型病棟でもOKというわけではないことです。

次の2つの条件を満たす療養型病棟を選ぶ必要があります。

 

  • 急変はなく看取りだけ(できれば看取りも少ない方が良い)
  • 新人看護師を優しく指導してくれる環境が整っている

 

この2つの条件を満たす療養型病棟なら、あなたは今のストレスから解放されて、心穏やかに働くことができるはずです。

ただ、この2つの条件を満たす療養型病棟を自分で探すのは大変ですよね。

 

また、療養型病棟以外の職場へ転職する場合も、本当に急変がないかどうかを確認する必要があります。

最近の介護施設では人工呼吸器が付いているなど医療度が高い利用者が入居しているところがありますから、事前の確認は必須です。

 

その条件等の確認を助けてくれる存在が、転職サイトなんです。

転職サイトを使うと、担当の転職コンサルタントが病院の方針(急変時に積極的な治療をするか)や看取り件数、本当に急変がないかどうかなどを調べてくれます。

また、新人看護師への指導体制・受け入れ体制なども調べてくれますので、簡単にあなたに合う療養型病棟や急変がない職場を見つけることができるのです。

 

転職サイトはすべてのサービスを完全無料で利用することができますので、気軽に利用してくださいね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。