看護師の「求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイントは?」という疑問に答えます!

看護師の求人でブランク歓迎または可のものの探し方のポイントは?

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイントにはどんなものがあるでしょうか?

「ブランク可、ブランク歓迎」と書いてある求人ならどれでもOKというわけではないんです。

【ブランク歓迎または可】の求人の探し方のポイントをしっかり押さえておかないと、復職を後悔することになるかもしれません。

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント=教育制度

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント、まず1つ目は教育制度です。

これは、基本中の基本ですね。ブランクがあると、やっぱり看護知識や看護技術が不安になりますから。

【ブランク歓迎または可】の求人のすべてが教育制度が整っているというわけではないんです。

【ブランク歓迎または可】と書いてあっても、ブランクがある人向けの教育体制があるわけではなく、「自分で何とかしてね」というところも少なくありません。

そういうところに再就職してしまうと、仕事になかなか慣れることができず、苦労するだけですので、ブランクがあるなら教育制度にはこだわらなくてはいけないんです。

具体的には、ブランクがある人にプリセプターをつけてくれることです。

「プリセプターがつくなんて面倒臭い」と思うかもしれませんが、早く仕事に慣れるためにはプリセプターは必要不可欠な存在です。

また、病棟に復帰したい人は、入職前の復職支援研修や入職後のフォローアップ研修がある病院を選びましょう。

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント=ブランク経験ありの看護師さんの有無

ブランクを支援する体制が整っている職場が良いですね。

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント、2つ目はブランクから復帰した看護師さんがスタッフにいるかどうかです。

ブランク経験がある看護師さんがスタッフにいれば、復職後のあなたの悩みをわかってくれますので、良い相談相手になってくれるはずです。

また、ブランクから復帰した看護師さんがいれば、その職場は「ブランクがあってもきちんと復職できる」という証拠になりますし、ブランクがあっても職場全体であなたを支えてくれるでしょう。

ブランク経験がある人がゼロの職場とブランク経験がある人が数人いる職場、どっちが働きやすいか、比べるまでもないですよね。

【ブランク歓迎または可】の求人の中でも、ブランクから復帰した看護師さんが働いている職場を選べば、復職成功へ大きく一歩近づきます。

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント=残業時間と休日数

残業時間と休日数も、要チェック!

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント、3つ目は残業時間と休日数です。

ブランクから復帰するために求人を探している時は、不安がありつつも「頑張らなくちゃ!」とやる気がみなぎっていますよね。

そうすると、あまり残業時間や休日数を気にしないことがあります。

また、面接を受ける時も採用されたいがために、「残業は少し多くても大丈夫です!」なんて言ってしまうこともあるでしょう。

でも、ブランクがあるなら残業時間と休日数にはこだわらなくてはいけません。

なぜなら、ブランクがあると体力的な不安があるからです。

看護師の仕事は体力勝負ですので、ブランクがあると仕事についていくだけで精一杯になるんです。仕事が終わるともうヘトヘトです。

その上、毎日当たり前のように残業があったらどうでしょう?

職場によっては日勤後に残業が毎日あって、病棟を出るのは消灯前後なんてこともあります。

ブランクがあって体力的に不安なのに、そんな職場環境で働いていたら、体調を崩してしまいますよね。

だから、ブランクがあるなら残業なし、もしくは少ない求人を選ばなくてはいけません。

同じ理由で年間休日数、できれば有給消化率にもこだわりたいですね。

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント=介護士の有無

介護士の有無も、要チェック!

看護師の求人【ブランク歓迎または可】の探し方のポイント、4つ目は介護士の有無です。

これは、病棟勤務や介護施設勤務を希望している看護師さんにこだわってほしい求人探しのポイントです。

介護士さんがいるかどうかで、看護師の体力面の負担は大きく違います。

病棟勤務の場合、療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟には介護士さんがいますが、急性期病棟だといないことも多いんです。

急性期病棟の場合は「看護助手」が配置されていることが多いですね。

でも、看護助手は介護士ではありませんので、体位交換やトイレ介助などは行わず、物品補充や配膳などの雑用を行うのみのことが多いんです。

ですから、病棟勤務を希望していて体力面で不安が大きいなら、介護士さんがいる病棟を選びましょう。

また、介護施設の場合はほぼ100%介護士さんがいます。「じゃあ、介護施設ならどこでもOKだよね?」と思うかもしれません。

でも、介護施設によっては介護士の仕事を看護師が積極的に手伝うことがありますので、看護師はどのくらい介護士の仕事を手伝うのかをチェックしましょう。

また介護士が極端に不足していると、看護師がやむを得ず手伝わなければいけませんので、介護士の不足状況もチェックしたいポイントです。

【ブランク歓迎または可】の求人を探す時の4つのポイントをご紹介してきましたが、この4つのポイントを見て気づいたことがあると思います。

そうです!この4つのポイントは、求人情報を見ただけではわからないことばかりなんです。

「求人情報を見てもよくわからない、でもこれらのポイントは絶対に押さえておきたい。じゃあ、どうすれば良いの?」というあなたは、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら、担当者があなたに変わってこの4つのポイントをきちんと調べてくれますので、ブランクがあっても失敗しない求人探しをすることができるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。