看護師が早期離職後に再就職するためにはどうしたら良いの?

看護師が早期離職後に再就職するためにはどうしたら良いのでしょうか?

看護師が早期離職後に再就職するためにはどうしたら良いのでしょうか?

「前の職場はすぐに退職しちゃったんだけど・・・」と再就職に不安を持っている看護師さんのために、早期離職後に再就職するためのコツを教えます。

看護師が早期離職後に再就職するのは難しい?

看護師が早期離職後に再就職するのは難しい?

看護師が早期離職後に再就職することはできるのでしょうか?

さまざまな理由で、前職は入職後に早期離職してしまったけど、また看護師として働きたいと思っている看護師さんは、再就職することができるのかどうか不安になっていると思います。

結論から言うと、早期離職をした後でも、再就職することは可能です。ただ、転職活動は多少厳しくなることは覚悟しておいて下さい。

なぜなら、やはり早期離職は採用担当者に良い印象を与えないからです。あなたが早期離職をしたのは、ただのわがままではなく、どうしてもやむを得ない事情があったからかもしれません。

でも、その「やむを得ない事情」って採用担当者にはなかなか伝わらないものなんです。やむを得ない事情よりも、「早期離職」のインパクトが強いですから。

そのため、「またこの看護師さん、すぐに辞めちゃうんじゃないの?」と思われて、不採用になる確率が高くなります。

ただ、早期離職をしてもじっくり腰を据えて転職活動をすれば、再就職することは十分に可能ですから、諦めずに再就職先を探すようにしましょう。

看護師が早期離職後に再就職するなら、離職した原因を解決できる職場を探して

看護師が早期離職後に再就職するなら、離職した原因を解決できる職場を探して

看護師が早期離職後に再就職するなら、後でお話する「できるだけ採用される確率を高める」ためにも、離職した原因を解決できる職場を探したいですよね。

そのためのコツは、前職を早期離職した原因を明確にして、それを解決できる職場を探すことです。あなたはなぜ、前職を早期離職したのですか?

夜勤に入ることで体調を崩したから?残業ばかりでプライベートが疎かになったから?職場の人間関係が最悪だったから?実際に働いてみたら、イメージとはぜんぜん違う職場だったから?

早期離職した原因は、人それぞれ違います。

でも、次の職場はその早期離職した原因を解決できる職場を探さなければいけないのです。

そうしないと、また早期離職を繰り返す羽目になります。1度目は誰だって間違いがありますから、早期離職をしても再就職することができます。

でも、2度も早期離職をして、しかもその理由が2回とも同じであれば、今度は再就職できないかもしれませんよね。

ですから、早期離職後の再就職先は、あなたが早期離職した原因を解決できるところを選ばなくてはいけません。

夜勤に入ることで体調を崩したことが原因なら、日勤のみの職場を選びましょう。残業が多いことが原因なら、残業なしの職場が良いですよね。

職場の人間関係が最悪だったことが原因なら、今度は人間関係が良好で温かい雰囲気の職場を探しましょう。

イメージと違う職場だったことが原因の場合は、今度は事前にしっかりとどんな職場なのかを調べて、イメージと違うことがないようにすればOKです。

今度こそ、早期離職をしないためにも、あなたが早期離職した原因を明確にして、それを解決できる職場を選んでくださいね!

そして、早期離職をした原因を明確にし、それを解決できる職場を選ぶことが、早期離職後でも再就職しやすくなるための重要なコツとなるのです。

看護師が早期離職後に再就職するなら、面接でしっかりアピール!

看護師が早期離職後に再就職するなら、面接でしっかりアピール!

看護師が早期離職後に再就職するなら、「前職は早期離職したけど、今回は長く勤めます!」ということを面接でしっかりアピールすることにしましょう。

たとえば、夜勤で体調を崩したなら「前職では夜勤に慣れることができず体調を崩しがちになってしまいましたが、貴院は日勤のみの仕事ですので、長く勤めていく所存です。」などです。

また、残業が多かったなら、「前職は残業が多めで、育児との両立が困難でしたが、貴施設では残業がほとんどないとのことですので、仕事と育児をしっかり両立させ、長く勤めたいと思っております。」とアピールすると良いですね。

このように、「前職では失敗したけれど、今回志望する職場ではその原因を解決できているので、長く勤めます!早期離職は繰り返しません!」とアピールしましょう。

そうすれば、採用担当者も「この看護師さんは、きちんと反省しているから、今度は長く勤めてくれそうだな」と思ってくれるはずですから、早期離職後に再就職することへの偏見が解消され、再就職に大きく一歩近づくことができるでしょう。

ただ、「人間関係が悪いから早期離職したけど、貴院は人間関係が良いから」と伝えると「この人がトラブルメーカーなのかも」と思われる可能性があります。

また、「イメージとは全然違うから辞めたけど、今度はきちんと調べたので大丈夫」という場合も、「ただのわがまま」と思われかねません。

そのため、この2つの理由の場合は、早期離職した理由にはあえて触れず、ただ「貴院の温かく働きやすい雰囲気に魅力を感じた」や「理想の看護ができると思った」など原因を解消できる理由だけをアピールすると良いでしょう。

もし、採用担当者から早期離職の理由を聞かれた場合にだけ、「少し働きにくい職場だったので」などとぼかして伝えるようにして下さい。

まとめ

まとめ

看護師は早期離職をしても、やや不利にはなりますが、再就職することはできます。

再就職先を選ぶときは、前職を早期離職した理由を解決できる職場を選び、面接では長く勤めることをアピールしてくださいね。

早期離職をしても再就職しやすい職場、さらに前職を早期離職した原因を解消のすことができませんよね。

また、人間関係が良いところや残業がないところを探すのも、自分ではなかなかできません。

でも、転職サイトなら担当者に前職を早期離職したことと早期離職した原因を伝えれば、その原因を解決できて、早期離職への偏見がない再就職先を紹介してもらえるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。