看護師の志望動機、デイサービスに採用されるための例文とコツを知りたい人大集合!

看護師の志望動機、デイサービスに採用されるためには、どんなものが良いのでしょうか?

看護師の志望動機、デイサービスに採用されるためには、どんな志望動機を用意すれば良いのでしょうか?

仕事への熱意を主張できて、「うちのデイサービスで働いてもらおう!」と思ってもらえるような志望動機を例文を参考にしながら考えてみましょう。

看護師の志望動機、デイサービスで働きたいあなたの本音は何?

看護師の志望動機、デイサービスで働こうと思ったあなたの本音は何でしょうか?なぜ、あなたはデイサービスを志望したのですか?

デイサービスに採用されるための理想的な志望動機を考える前に、あなたがなぜデイサービスで働こうと思ったのか、あなたの本音を探っていきましょう。

日勤のみ&残業なし、体力的にも精神的にも楽、割がいい仕事

デイサービスは日勤のみの仕事です。同じ介護系の仕事でも、老健(介護老人保健施設)や有料老人ホームは夜勤がありますし、特養(特別養護老人ホーム)はオンコール体制があります。

でも、デイサービスは夜勤もオンコールもありませんので、完全に日勤のみの仕事になります。

しかも、在宅で過ごせるような健康レベルの利用者さんがデイサービスを利用しますので、医療行為はなく精神的なプレッシャーがありませんし、急変などのイレギュラーな仕事もありませんので、ほぼ残業もないんです。

そして、介護士さんがいますので、トイレ介助や入浴介助は基本的に介護士さんの仕事になり、体力的にも楽になります。

さらに、お給料も悪くないので、仕事内容を考えると、デイサービスはとても割がいいと思える仕事なんです。

高齢者の看護ができる&個性に合わせた看護

デイサービスは高齢の利用者さんが対象になりますので、老年看護を専門にすることができます。

また、在宅で過ごす利用者さんの看護をすることになりますので、在宅で過ごすためのお手伝いや日常生活に近い環境での看護をすることができます。

そして、1人1人の利用者さんとゆっくり長期間向き合い、その人に合わせた看護をすることができるというメリットもあります。

デイサービスの看護師の志望動機は、待遇面の「全体的に楽で割がいい」と仕事内容の「高齢者の個性に合わせた看護」の2つの種類を持っている人が多いですよね。

では、この2つの志望動機はあなたの中でどのような割合になっているでしょうか?あなたがデイサービスで働こうと決めた時の、思考回路を思い出してみましょう。

「夜勤は嫌だし、残業も嫌。しかもできるだけ楽で割がいいと思える仕事が良いなぁ」と最初に思ったんですよね。そして、この条件に当てはまる求人を探していたら、デイサービスの求人を見つけた。

「デイサービスかぁ。高齢者と接するのは好きだし、ゆっくり時間をかけた看護ができるかな」と思って、「よし!デイサービスで働いてみるか!」と思ったのではないでしょうか。

この思考回路を数字の割合に直してみると、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=8:2」くらいになると思います。

この「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=8:2」があなたのデイサービスの志望動機の本音です。

では、この本音をそのまま正直に表現したら、デイサービスの人事担当者はどう思うのでしょうか?

看護師の志望動機、デイサービス編 NG例その1

看護師の志望動機、デイサービス編・・・ありのままに言い過ぎるのも問題?

看護師の志望動機でデイサービスに採用されるには、あなたの本音を正直に表現したら良いのでしょうか?

あなたの本音である「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=8:2」の割合で、割合が多く優先度が高い「全体的に楽で割がいい」の理由を最初に書いて、オブラートに包まずに正直に表現した例文をご紹介します。

本音を正直に表現した例文

出産を機にそれまで働いていた消化器外科病棟を退職し、子育てに専念してきましたが、子どもが小学校に上がるのを機にまた看護師として働こうと思い、ブランクOKで、日勤のみ、しかも残業が少なめの求人を探していましたところ、貴園の求人を見つけたので応募いたしました。デイサービスなら医療行為がないので、ブランクがある私でも大丈夫だと思いましたし、トイレ介助などは介護士さんの仕事で看護師は看護業務に専念できると伺っていますので、体力的にも楽で、ゆとりを持って働けることにも魅力を感じました。以前働いていた時に高齢者の患者様の看護をもっと深めたいと思ったことも貴園を志望した理由の1つです。

この例文がNGだと感じる3つの要素って何だろう?

この例文を読んで、「これならデイサービスに採用してもらえるよね!」と感じた人はいないですよね。

むしろ、「いやいや、これはすぐに不採用になるでしょ?」とこの例文はNGだと感じた人が多いはずです。

この例文をNGだと感じるのは、この例文に3つのNG要素が含まれているからなんです。3つのNG要素とは何かを確認していきましょう。

「全体的に楽で割がいい」ばかり強調されて、仕事への熱意が伝わってこない

この志望動機の例文を読んだとき、「なんだか、ただ楽であればどんな仕事でも良いのかな、デイサービスの仕事を甘く見てるな。」と感じませんでしたか?

「全体的に楽で割がいい」という待遇面に関する理由は、「高齢者の個性に合わせた看護」などの仕事内容に関する理由よりも、志望動機を読んだ人の印象に残りやすいという特徴があるんです。

そのため、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=8:2」の割合で書いても、読んだ人が受ける印象は「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=9:1」と「全体的に楽で割がいい」の印象が1割アップするんです。

しかも、この例文は「全体的に楽で割がいい」を最初に書いているので、印象はさらに1割アップし、オブラートに包まず正直に表現していることでもう1割印象がアップしています。

つまり、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=8:2」の割合で書いているのに、読んだ人が受ける印象は「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=11:-1」となるのです。

この割合だと「全体的に楽で割がいい」が10割を超えていますので、「とにかく楽で割がいいことを重視しているんだな。少しでも忙しくなったら、文句を言いそうだな。」とデイサービスの人事担当者に思われてしまいます。

また、仕事への熱意を主張できる「高齢者の個性に合わせた看護」の理由はマイナスになっていますので、熱意を主張するどころか、「この人、デイサービスの仕事を甘く見てるよね。」とマイナスの印象を与えるのです。

人事担当者に「忙しいと文句を言いそう」とか「デイサービスを甘く見ている」と思われたら、すぐに不採用になってしまいますから、あなたの本音を正直に表現するのはNGなんです。

デイサービスの欠点に触れていない

この例文では、デイサービスの欠点に触れていません。「何で志望動機でデイサービスの欠点に触れる必要があるの?」と疑問に感じるかもしれません。

でも、デイサービスの欠点に触れることは、採用されるためにはとても大切なポイントになるんです。

デイサービスの欠点は、介護士と同じような仕事をすることがあることです。介護士と同じような仕事をするということは、医療行為がないことの裏返しです。

医療行為がないという利点は、裏を返せば、介護士と同じような仕事、人によっては看護師としてのやりがいを感じないとも言えるのです。

この欠点を知らない看護師さんがデイサービスで働いた場合、「私、介護士じゃなくて看護師なんだけど!なんで、介護士と同じ仕事をしなくちゃいけないの?こんな仕事、もう辞めたい!」と思うかもしれません。

人事担当者はすぐに退職する人を採用しません。これは、あなたが人事担当者になったつもりで考えてみればすぐにわかることですよね。

求人を出して、書類審査をして、面接をして、採用する。採用になったら、社会保険などの手続きをして・・・。また、現場では仕事を一から教えなくてはいけない。

看護師1人を採用するのに、これだけの手間がかかるんです。ですから、少しでも「あ、この看護師さんすぐに辞めるかも」と感じる人は不採用になるんです。

ですから、志望動機の中でデイサービスの欠点に触れて、「デイサービスの欠点は知っていますが、それでも私はデイサービスを志望します!」と伝える必要があるのです。

ブランクがあることをフォローしていない

この例文では、ブランクがある看護師さんを想定しています。ブランクがある看護師とブランクなしの看護師ではどちらが採用されやすいかは考えるまでもありませんよね。

人事担当者は即戦力が欲しいですから、ブランクなしの看護師を優先的に採用します。

つまり、ブランクがある人は不利なんです。それなのに、例文ではブランクがあるのに、「ブランクがある私でも大丈夫」とまったくフォローしていません。

ブランクがあるなら、「ブランクがありますが、そのブランクを埋める努力をして頑張ります!」とアピールしましょう。

デイサービスの志望動機は、本音を正直に表現すると、「全体的に楽で割がいい」が強調されすぎて、熱意をアピールできません。

また、デイサービスの欠点に触れていないことや、ブランクがある場合にブランクのフォローをしていないのもNGでしたよね。

次は、これらの3つの要素にどうやって解決すれば良いのかを考えていきましょう。

看護師の志望動機、デイサービス編 NG例その2

看護師の志望動機、デイサービス編・・・採用されやすい努力をしましょう。

看護師の志望動機、デイサービスに採用になるためには、本音を正直に話すのはNGですし、デイサービスの欠点に触れないことやブランクがある場合はそれをフォローしないこともNGでした。

では、どうやったらこの3つのNG要素を解決できるのでしょうか?本音を正直に話すと「全体的に楽で割がいい」ばかり強調されて、仕事への熱意が伝わりませんでしたよね。

それなら、「全体的に楽で割がいい」の理由は志望動機に入れず、「高齢者の個性に合わせた看護」だけの志望動機にすれば、デイサービスへの熱意をしっかりアピールできるはずです。

そして、デイサービスの欠点に触れて、ブランクがあるならそれをフォローすればデイサービスの志望動機の理想系が出来上がるはずです。

では、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=0:10」でデイサービスの欠点に触れ、ブランクがあるならそれをフォローした例文をご紹介します。

「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=0:10」&デイサービスの欠点に触れる&ブランクをフォローした例文

結婚を機に一度看護師を辞める前までは、急性期病棟で10年働いてまいりました。急性期病棟で働いていたころは、毎日目の前の仕事を終わらせるのに精一杯で、患者様とじっくり向き合った看護ができないことに疑問を持ち、もっとゆっくり患者様とかかわりたいと思っておりました。デイサービスではゆっくりと向き合い、日常生活に寄り添った看護ができますし、貴施設(貴園)では利用者様の個別性を尊重したサービスを提供していると伺いましたので、利用者様とじっくり向き合い、1人1人に合わせた看護ができると考え志望させていただきました。ブランクはありますが、積極的に老年看護を学んで、デイサービスの仕事や看護師の役割を早く覚え、介護士の方と連携を取りながら、利用者様の健康維持と日常生活のお手伝いをし、看護師としての視野を広げ成長していきたいと思っております。

3つのNG要素は解決できているかをチェックしよう!

この例文では、NG例その1の3つのNG要素を解決できているのかをチェックしていきましょう!

「全体的に楽で割がいい」が強調されすぎて、仕事の熱意が伝わらないことはどうなった?

この例文は、「高齢者の個性に合わせた看護」10割で書いていますので、「全体的に楽で割がいい」は強調されるどころか、志望動機に入っていませんので、問題になりません。

また、なぜデイサービスを志望しているのか、なぜそのデイサービスを選んだのかを伝えていることで、デイサービスへの熱意が伝わってきます。

デイサービスの欠点には触れていないことはどうなった?

デイサービスの欠点は、介護士と同じような仕事をすることがあるというものでしたよね。

この欠点は、「介護士の方と連携を取りながら」や「日常生活のお手伝い」という言葉で、看護業務だけではなく介護業務をすることがあるという欠点を知っていると伝えています。

そして、「デイサービスの看護師の役割を覚え」で、「介護士と同じような仕事をするのは、デイサービスの看護師の仕事の1つですので納得して働きます」と欠点への対応策を伝えていますね。

このようにデイサービスの欠点を知っていること、そしてその欠点にどう対応するかを伝えれば、人事担当者は「この看護師さんはデイサービスの仕事をよく理解できているから、長く勤めてくれるはず。安心して採用できるな。」と思ってくれるでしょう。

このデイサービスの欠点に触れる時に、1つ気をつけなければいけないことがあります。それは、露骨な言い回しは避けることです。

露骨な言い回しを使うと、人事担当者に悪い印象を持たれかねないのです。露骨な言い回しを使ってデイサービスの欠点に触れた例文をご紹介します。

「デイサービスでは、看護師が介護士と同じような仕事をしなければいけないことがあり、看護師としては疑問を持つ部分もありますが、それがデイサービスの看護師の仕事であることを理解し、割り切って働きます。」となります。

これでは、「割り切って働く」と言いつつも、不満たっぷりであることが伝わってきますよね。

それに、人事担当者は「こういうことをはっきり言う人は、介護士やスタッフ、利用者さんとトラブルを起こしかねないな。」と思うはずですから、採用は遠のきます。

ですから、デイサービスの短所に触れる時は、露骨な言い回しは避けてオブラートに包むようにしましょう。

ブランクのフォローはできた?

この例文でもブランクがある看護師さんを想定していますが、「ブランクはありますが」とブランクがあることを自覚していると伝えていて、さらに積極的に学ぶ姿勢や、仕事を早く覚える姿勢を見せています。

これなら、人事担当者は「この看護師さんはブランクがあっても、すぐに戦力として働いてくれるだろうな」と判断してくれるでしょう。

これで、3つのNG要素はすべて解決できました。でも、この例文にはNG例その1にはないもう1つのNG要素が隠れていることに気づいたでしょうか?

もう1つのNG要素って何?

もう1つのNG要素とは、「全体的に楽で割がいい」を志望動機に入れていないために、真実味が欠けていることです。

あなたのデイサービスの本音は「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=8:2」でしたよね。

人によって、この割合には差があることでしょう。でも、デイサービスを志望する看護師さんの中で、「高齢者の個性に合わせた看護」の理由だけで志望していて、「全体的に楽で割がいい」の理由はまったく気にしないという人はいないですよね。

みんな、「デイサービスって割がいいよね!」のように待遇面に魅力を感じて、デイサービスを志望したはずです。そして、このことはデイサービスの人事担当者も知っています。

それなのに、あなたの「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=0:10」の志望動機を読んだら、人事担当者は「胡散臭い」と思うはずです。

もし、あなたが人事担当者だったら、胡散臭くて真実味に欠けた志望動機を書いた看護師さんのことを信用できますか?信用できませんよね。

どんなに看護スキルが高い看護師さんだとしても、信用できない人を採用しません。

そのため、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=0:10」の割合の志望動機はNGなんです。

看護師の志望動機、デイサービス編 良い例文

確実に採用されるよう、志望動機はよく考えましょう。

看護師の志望動機、デイサービスに採用されるためには、どんな志望動機が良いのでしょう。

ここまで2つのNG例を見てきましたので、NG要素を整理してみましょう。

NG例その1では、本音を正直に話したことで、「全体的に楽で割がいい」が強調されて、仕事への熱意が伝わりませんでした。

また、デイサービスの欠点に触れないことやブランクがある場合はそのフォローをしていないこともNGでしたよね。

NG例その2では、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=0:10」の割合にしたことで、真実味に欠けて信用できないと思われてしまいました。

では、これを元にして、デイサービスの理想的な志望動機を考えてみましょう。まずは仕事への熱意を伝えつつ、真実味を失わない方法です。

本音の「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=8:2」では、「全体的に楽で割がいい」が強調されすぎました。

そうであれば、この割合を逆転させて、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=2:8」にすれば、「高齢者の個性に合わせた看護」が強調されて、熱意があることを主張できるはずです。

そして、「高齢者の個性に合わせた看護」を最初に書いて、「全体的に楽で割がいい」にはオブラートに包んだ表現を用いるようにしましょう。

もちろん、デイサービスの欠点に触れて、ブランクがあるならそれをフォローすることを忘れないでください。

本音の割合を逆転させる&「高齢者の個性に合わせた看護」を最初に&オブラートに包んだ表現&欠点に触れる&ブランクをフォローした例文

ブランク前まで回復期リハビリテーション病棟で働いてきましたが、その中でもっと老年看護を深めていきたい、在宅での生活に根付いた看護をしたいと思っていました。出産で一度看護師の仕事を離れましたが、この度看護師に復帰するにあたり、以前考えていた理想の看護にチャレンジしたいと思い、老年看護を専門にでき、日常生活に近い環境での看護ができるデイサービスで働きたいと思い志望いたしました。貴園では、利用者様1人1人の個別性を尊重したサービスを介護士さんやケアマネージャーなど多職種の連携を大切にしながら提供していると伺っておりますので、ぜひ貴園で働かせていただきたいと思っております。また、貴園では子育て中の看護師の方も多く活躍されているとのことですので、ブランクはありますが、先輩方の助けをお借りながら積極的に老年看護を学び、デイサービスの仕事を理解し、仕事と育児を両立していきたいと思っております。

今までのNG要素は全部解決済みになった?

今までのNG要素は、この例文ですべて解決できたでしょうか?

例文を読めば、「高齢者の個性に合わせた看護」を最初に書いていることは一目瞭然ですから、そのほかの要素を見ていきましょう。

「全体的に楽で割がいい」は強調されず、デイサービスへの熱意をアピールできた?

この例文は本音を逆転させた「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=2:8」で書いています。

この例文を読んだ感想は、「この看護師さんは、デイサービスの仕事に興味を持っているんだな。」というものだと思います。つまり、デイサービスへの熱意をアピールできていますよね。

以前もお話しましたが、待遇面の「全体的に楽で割がいい」の理由は、仕事内容の「高齢者の個性に合わせた看護」の理由よりも印象に残りやすく、1割アップの印象になります。

でも、この例文では「高齢者の個性に合わせた看護」を最初に書いていることで、「全体的に楽で割がいい」の印象は1割ダウン、さらに「全体的に楽で割がいい」はオブラートに包んで表現しているのでさらに1割ダウンの印象になっています。

つまり、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=2:8」で書いていても、「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=1:9」の印象が残るのです。

「高齢者の個性に合わせた看護」が9割あれば、デイサービスの仕事に興味がある、デイサービスの仕事に熱意を持っていることが伝わりますよね。

また、「全体的に楽で割がいい」ことも1割ありますので、志望動機に真実味に欠けることなく、信頼性が高い志望動機になっています。

そして、なぜデイサービスで働きたいのか、なぜそのデイサービスを選んだのかを伝えることでも、熱意が伝わってきますね。

「全体的に楽で割がいい」はオブラートに包めている?

この例文では、「全体的に楽で割がいい」理由を「子育て中の看護師が多く活躍されているから、仕事と育児を両立していきたい」とオブラートに包んでいます。

もしこれをオブラートに包まず、むき出しの状態で表現したら「デイサービスは日勤のみで残業がありませんし、体力的にも精神的にも楽で割がいい仕事なので、育児中の私でも無理なく働いていけると思います。」となります。

オブラートに包んだ表現とむき出しの状態の表現では、もちろんオブラートに包んだ表現のほうが好印象を持ちます。

「全体的に楽で割がいい」の理由には、熱意を伝える意味でも好印象を持たせる意味でも、必ずオブラートに包んだ表現を用いるようにしましょう。

デイサービスの欠点に触れ、ブランクをフォローできた?

これは以前に解決済みですが、ここでも説明しておきます。デイサービスの欠点は、介護士と同じような仕事をすることがあるというものでした。

この欠点は「日常生活に近い環境での看護」や「介護士さんと連携して」などの言葉で、看護師は看護業務だけでなく、介護業務を行うことがあると知っていると伝えています。

そして、「デイサービスの仕事を理解し」で、介護業務もデイサービスの看護の仕事の一環であると納得していると、デイサービスの欠点への対応を述べています。

ブランクに関しては、「ブランクがありますが」や積極的に学ぶ姿勢を見せて、「ブランクがありますが、頑張ります!」とフォローしています。

これで、デイサービスの理想的な志望動機の完成です!

<デイサービスの良い志望動機の5つのポイント>
・「全体的に楽で割がいい:高齢者の個性に合わせた看護=2:8」で書く
・「高齢者の個性に合わせた看護」を最初に書く
・「全体的に楽で割がいい」はオブラートに包んで!
・デイサービスの欠点とその対策に触れる。ただし、露骨な表現は避けること!
・ブランクがある場合はフォローする

以上5つのポイントに気をつければ、デイサービスの採用にグッと近づくはずです。

あなたがデイサービスの勤務経験がない場合は、ブランクをフォローしたのと同じように、未経験であることもフォローしてくださいね。

ただ、子育て中じゃないし、ブランクがあるわけでもないから例文とは全然違うという人もいると思います。

そういう人は、転職サイトを使ってみましょう。転職サイトなら看護師の転職のプロが、あなたの状況に合わせたデイサービス向けの志望動機を一緒に考えてくれるんですよ!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。