保育園の看護師の志望動機はどんなものが良いのでしょう?

保育園の看護師の志望動機のコツって何でしょうか?

保育園で働いてみたいけど、どんなことを志望動機に書いたらよいのか全然わからないというあなたのために、保育園の採用に大きく近づく良い志望動機のコツを教えます!

保育園の看護師の志望動機、あなたの本音を教えて!

保育園の看護師の志望動機を考える時、「どんなことを書こう?」、「何を書いたらよいかわからない!」と悩んでしまいますよね。

そんな悩みを抱えているなら、まずはあなたがどうして保育園で働こうと思ったのかを思い出してみましょう。

志望動機は、嘘を書く必要はないんです。

あなたの保育園で働きたい本音が志望動機の下地となりますので、あなたが保育園で働きたい理由を思い出すのは、良い志望動機を考える上で、とても大事なことなんですよ!

日勤のみで残業少なめ、医療行為がない

保育園は日勤のみの仕事になります。また、閉園時間が決まっていますので、園児の事故や怪我等の緊急事態が起こらなければ、残業はほとんどありません。

また、保育園は病院やクリニックとは違い、治療を行う場ではありませんので、医療行為がなく、「自分の仕事が人の命を左右する」という精神的なプレッシャーがないんです。

さらに、日曜日と祝日は確実に休みという勤務条件であることも、保育園で働くメリットの1つですね。

子どもを相手に仕事ができる

子どもが好きで小児看護をやりたいと思っていても、小児科は人気がありますので、配属希望が叶わず悔しい思いをしている看護師さんは多いですよね。

そんな看護師さんにとって、保育園は小児科以外で子供たちを相手に仕事ができる貴重な職場なんです。

しかも保育園の子供たちは、基本的に健康状態は良好ですので、病気や怪我に苦しむ様子を見ずに、元気な子供と接することができるというメリットもあります。

保育園で働きたい看護師さんは、この「働きやすくてプレッシャーなし」と「子ども相手の仕事」の2種類の志望動機を持っていると思います。

あなたが保育園で働きたい理由には2種類あることがわかりました。では、次にこの2種類の割合を考えていきましょう。

「夜勤には入りたくないから、日勤のみの仕事が良いなぁ。残業もできるだけしたくない。医療行為があると、精神的にプレッシャーがあるから、医療行為がないところが良い。」最初に思って、この条件を満たす求人を探していたら、保育園の求人を見つけた。

「保育園かぁ。私は、子どもが好きだし、毎日子どもを相手に仕事をするのは楽しそうだな。」と思って、保育園を選んだのではないでしょうか。

つまり、あなたの中では「働きやすくてプレッシャーなし」>「子ども相手の仕事」となって、詳細な割合は、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=8:2」程度かと思います。

これが、あなたが保育園で働きたい本音です。この本音が保育園の志望動機の下地となるわけですが、まずはこの本音をそのまま直接的な表現を使って志望動機を書いたら、良い志望動機になるのかを考えていきましょう。

保育園の看護師の志望動機 不採用の例文

保育園の看護師の志望動機=悪い例文その1

保育園の看護師の志望動機は、本音をそのまま直接的な表現で書くと、良い志望動機になるのでしょうか?

あなたの本音は、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=8:2」でしたよね。そして、割合が多い「働きやすくてプレッシャーなし」のほうがあなたの中で大切な理由になります。

「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=8:2」の割合で、最初に「働きやすくてプレッシャーなし」から書いて、直接的な表現を使った例文をご紹介します。

本音をそのまま直接的な表現で書いた例文

私には小学生の娘がおりますので、仕事と子育てを両立できる職場を探しておりましたところ、貴園の求人を見つけ、応募させていただきました。貴園は朝8時から17時までの勤務ですし、残業も少なめで、日曜祝日は休日と伺っておりますので、私が希望する勤務条件にピッタリだと思い、志望いたしました。また、保育園は基本的に医療行為がありませんので、精神的にもゆとりを持って、気楽に働けるのではないかと思っております。私は子どもが好きですので、子供たちの健康を守るお手伝いをしたいと思います。

この例文で不採用になる理由って何?

この例文を読んで、「これで保育園の採用が決まるはず!」と思った看護師さんはいませんよね。

むしろ、「ちょっとこれじゃ、保育園で働けないでしょ。こんな人、採用されるはずがないよ!」と思ったのではないでしょうか?

そうなんです。この例文は不採用がすぐに決まるような悪い例文なんです。なぜなら、この例文には2つのNG要因があるからです。

「働きやすくてプレッシャーなし」の印象しか残らず、やる気ゼロだと思われる

この例文を読んで不採用になるなと思った人は、「だって、この例文からは仕事へのやる気が全然伝わってこないもん」と思ったはずです。

例文では、あなたの本音の「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=8:2」の割合で書いていますが、「働きやすくてプレッシャーなし」の印象しか残らなかったと思います。

やる気をアピールするための「子ども相手の仕事」が2割はあるはずなのに、まったく印象に残らないので、「やる気ゼロ」と判断されてしまうんです。

「働きやすくてプレッシャーなし」は保育園の待遇面に関する動機、「子ども相手の仕事」はやりがいに関する動機ですよね。

待遇面の動機はやりがいの動機に比べて、読んだ人の記憶に残りやすい(1割アップ)という特徴があります。

そのため「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=8:2」で書いても、印象は「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=9:1」となるんです。

しかも、例文は最初に「働きやすくてプレッシャーなし」を書いていますし(1割アップ)、直接的な表現を使っていますから(1割アップ)、さらに「働きやすくてプレッシャーなし」の印象が強まります。

このことから、この例文から受ける印象は「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=11:-1」となるんです。

この割合の印象になるから、「働きやすくてプレッシャーなし」の印象しか残らず、やる気を示すべき「子ども相手の仕事」は印象ゼロとなるため、「やる気ゼロ」と判断されてしまうのです。

保育園の欠点を説明できていない

この例文では、保育園の欠点を説明していません。保育園の欠点は、保護者の対応をしなければいけないことです。

昨今は「モンスターペアレント」などの言葉があるように、口うるさい保護者が増えていますが、保育園の看護師はその保護者の対応をしなければいけないんです。

もし、このデメリットを知らずに、「元気な子どもの相手をしていれば良い仕事」と思い込んだ看護師さんが保育園で働いたらどうなるでしょう?

保護者の対応にウンザリして、「こんなはずじゃなかった」とすぐに辞めてしまうかもしれませんよね。

せっかく採用した人にすぐに辞められると、保育園は大きな痛手となりますので、すぐに退職する危険がある人は採用しません。

もし、あなたが長く働くつもりであっても、保育園の欠点を説明していなければ、「この看護師さん、すぐに退職するかも?」と思われて、不採用になってしまうんです。

ですから、志望動機の中で保育園の欠点を説明して、「この看護師さんはすぐに退職する可能性はないな!」と思ってもらう必要があるんです。

本音を直接的に表現すると、「やる気ゼロ」と思われてしまうこと、保育園の欠点を説明できていないことで、すぐに退職する可能性があると思われたことの2つがこの例文の2つのNG要因でした。

次は、この2つのNG要因をどうやって解消し、良い例文に変えるのかを考えてみましょう。

保育園の看護師の志望動機 不採用の例文2

保育園の看護師の志望動機=悪い例文その2

保育園の看護師の志望動機は、本音をそのまま直接的な表現を使って書くと、「働きやすくてプレッシャーなし」しか印象に残らず、やる気ゼロと思われてしまいました。

また、保育園の欠点を説明できていないことで、すぐに退職する可能性があると思われることがNG要因でしたよね。

では、この2つのNG要因を解消して、良い例文に変えるにはどうすれば良いのでしょうか?

「働きやすくてプレッシャーなし」しか印象に残らないことがNG要因の根本的な原因なら、「働きやすくてプレッシャーなし」を志望動機から除外してしまえば、この要因は解消できると思いませんか?

そして、保育園の欠点をきちんと説明できれば、2つのNG要因は解消できるはずです。

では、「働きやすくてプレッシャーなし」を志望動機から除外し、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」の割合にして、保育園の欠点を説明した例文をご紹介します。

本当に2つのNG要因が解消できて、良い例文に変わっているのかをチェックしながら読んでくださいね。

「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」&欠点を説明した例文

私は以前、小児科病棟で働いておりましたが、結婚を機に一度看護師の仕事を離れました。今回、また看護師として働ける環境が整いましたので、以前の経験を活かせる職場である保育園で働こうと決意し、貴園を志望いたしました。貴園は子供たち1人1人に応じた保育、子供目線での保育を理念に掲げていらっしゃいますので、貴園で保育士さんと共に、子供たちの成長を見守りつつ、子供たち1人1人の個性を尊重した看護・保育をしていきたいと思っております。また、以前の小児科での経験を活かしながら、子どもたちだけでなく、保護者の方の対応、ケアを積極的に行い、子どもたちの健康増進につなげていければと考えております。

2つのNG要因は解消できたの?

2つのNG要因は、この例文で解消できたのかを確認していきましょう。

「働きやすくてプレッシャーなし」だけの印象で、「やる気ゼロ」と思われたことは解消できた?

この例文では「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」の割合で書いていますから、「働きやすくてプレッシャーなし」は印象に残ることはありません。

また、なぜ保育園で働きたいのか、なぜ保育園の中でもそこを選んだのかを伝えることで、やる気をアピールしています。

保育園の欠点を説明することができた?

保育園の欠点は、保護者の対応をしなければいけないことでしたよね。例文では「保護者の方の対応やケアを積極的に行う」と伝えて、保護者の対応も保育園看護師の仕事の1つであることを承知していると伝えています。

そして、「子どもたちの健康増進につなげる」という言葉で、保護者の対応も子どもたちのためであると、気持ちを切り替えて働くと欠点への心構えを述べています。

このように保育園の欠点を承知していて、その欠点への心構えを述べれば、保育園の面接官は「この人なら、うちの保育園で長く働いてくれるだろうから採用しよう!」と思うはずです。

この保育園の欠点を説明する時のポイントは、間接的にやんわりと表現することです。なぜ間接的にやんわりと表現する必要があるのか、それは直接的に表現した例文を読めばわかるはずです。

保育園看護師は、園児の保護者の対応もしなければいけず、最近はモンスターペアレントが問題になっているように、保護者の対応は大変で難しい部分もあり、精神的な負担になることもあると思います。でも、保護者への対応をきちんと行うことが、園児の健康増進につながると思いますので、そこは納得して割り切って働くつもりでいます。

この直接的な表現の例文は、あまりにも露骨ですよね。

これを読んだ面接官は、「こんなにズバズバ物事をいう人が、保護者の対応ができるとは思えない。ていうか、むしろ問題を起こして、クレームだらけになるでしょ!トラブルメーカーの可能性があるから、採用するのは止めておこう。」と思うはずです。

つまり、直接的な表現で説明すると、どんなに「私は保育園の欠点を知っていて、それへの心構えもできていますので、すぐに辞めません。」とアピールしても、それが無駄な努力になってしまうのです。

ですから、保育園の欠点を説明する時は、必ず間接的にやんわりとした表現を使ってくださいね。

これで、2つのNG要因はきちんと解消できましたよね。それでも、この例文はパーフェクトな志望動機とは言えないんです。

どうしてパーフェクトではないのかわかりますか?その理由は、この例文にはもう1つNG要因が隠されているからなんです。

この例文には、まだNG要因があった!

この例文を読んで、「うん、良い志望動機だよね。」と思った人は多いはずです。でも、もう1度だけ読み直して下さい。なんだか、どこかわざとらしい不自然な感じがしませんか?

この例文では、やる気をアピールするために「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」の割合にしています。

でも、実際には保育園を志望する看護師さんの中に、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」の志望動機を持っている人はいないんですよね。

みんな多少なりとも「働きやすくてプレッシャーなし」という保育園の待遇面に惹かれているはずなんです。もちろん、あなたもそうですよね。

そして、これは保育園の面接官も知っていることです。それなのに、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」の志望動機を書いたら、わざとらしくて不自然な印象を持つのは当たり前のことですよね。

保育園の面接官は、「この人、本当に子ども相手の仕事をしたいっていう理由だけでうちの保育園を志望しているの?そんなはずないよね。わかりやすい嘘をつくのはいただけないなぁ。」と思うはずです。

このように嘘をついていると判断されたら、志望動機の中でどんなにやる気をアピールしても意味がありません。だって、それを信じてもらえないんですから。

それに、あなた自身のことも「信用できない人」と判断されますので、採用が一気に遠のいてしまうのです。

ですから、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」の割合で志望動機を書いてはいけないんです。

保育園の看護師の志望動機 採用される例文

保育園の看護師の志望動機は、よく考えてバランスの良いものにしましょう。

保育園の看護師の志望動機、ここまで2つの例文を見てきましたが、どちらの例文もNG要因を含んでいるため、不採用になってしまうものでした。

では、今度こそ保育園に採用されるような志望動機を考えていきましょう。まずは、志望動機の下地となる割合です。

あなたの本音である「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=8:2」では、「働きやすくてプレッシャーなし」しか印象に残らない。

そして、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=0:10」では信用してもらえませんでしたよね。

それなら、「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=2:8」と本音の数字を入れ替えちゃいましょう!こうすれば、「子ども相手の仕事」が前面に押し出されて、やる気のアピールにつながるはずです。

そして、最初に「子ども相手の仕事」を書いて、間接的にやんわりと伝えるようにし、保育園の短所を説明できればOKですよね。

では、これらのポイントを満たした例文をご紹介します。今度こそ良い例文になっているのでしょうか?

本音の数字を入れ替え&最初に「子ども相手の仕事」&間接的に表現&保育園の短所を説明した例文

私は以前から子供が好きでしたので、小児看護にチャレンジしてみたいと思っておりましたが、前職では配属希望が叶いませんでした。それでも、子供たちを相手に仕事がしたい、小児看護をやってみたいという気持ちを持ち続け、転職を考えていたところ、貴園の求人を見つけ、今回応募させていただきました。小児科での経験はありませんが、貴園では病児・病後児保育を行っていらっしゃいますし、慢性疾患を持つお子さんを受け入れていらっしゃると伺っておりますので、今までの臨床経験を活かしながら働けるのではないかと思っております。また、子どもの健康維持・増進のためには、保育園での健康管理だけでなく、保護者の方の協力が必要不可欠だと思いますので、保護者の方への健康への啓蒙や対応もしっかり行って、子供たちの健全な成長、発育や健康維持のお手伝いをしたいと思います。私は未就学児の子供がおりますので、今までの子育て経験を活かしながら、しっかりと仕事と育児を両立させ、自分でも小児看護や小児救急看護を学び、保育園看護師としての実力をつけていく所存です。

今度は保育園に採用されるような良い例文になった?

今度こそ、すべてのNG要因を解消して、保育園に採用が決まるようなパーフェクトな志望動機になったのでしょうか?

最初に「子ども相手の仕事」の動機から書いていることは、読めばすぐにわかることだと思いますので、それ以外のNG要因をチェックしましょう。

「子ども相手の仕事」の印象が強く、やる気をアピールできた?

この例文は本音の数字を入れ替えた「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=2:8」の割合で書いています。

どうでしょうか?作戦通り、「子ども相手の仕事」の印象が強く残って、「働きやすくてプレッシャーなし」の印象はそんなに強くないですよね。

先ほどもお話しましたが、待遇面の動機はやりがい面の動機よりも印象に残りやすいので1割アップとなります。

でも、この例文は「働きやすくてプレッシャーなし」の印象を2割ダウンすることができています。

なぜなら、最初に「働きやすくてプレッシャーなし」から書いていて(1割ダウン)、間接的にやんわりと伝えている(1割ダウン)からです。

そのため、この例文の印象は「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=1:9」となるんです。

「子ども相手の仕事」が9割あれば、やる気をしっかりアピールできますよね。また、「働きやすくてプレッシャーなし」も1割ありますので、わざとらしい感じはせずに、志望動機もあなたも信用してもらうことができます。

これなら、やる気をアピールしつつ信用性も失いませんので、バッチリですよね。

また、なぜ保育園で働きたいか、なぜ保育園の中でもその保育園を選んだかを伝えていますので、このことでもやる気をアピールできています。

「働きやすくてプレッシャーなし」は間接的にやんわりと伝えている?

例文では、「未就学児の子どもがいますが、仕事と育児を両立させながら」と間接的にやんわりと伝えています。

これを直接的な表現で伝えると、「私は未就学児の子どもがいますが、保育園は日勤のみで残業が少なめですし、精神的なプレッシャーもなくゆとりを持って働けますので、育児中でも働けると思い志望しました。」になります。

例文の間接的にやんわりと伝えた表現と直接的な表現では、印象がまったく異なりますよね。また、「働きやすくてプレッシャーなし」の印象を弱くする意味でも、必ず間接的にやんわりと伝えるようにしましょう。

保育園の欠点を説明することはできた?

これは以前にも解説していますが、もう一度ここでもお話しておきます。保育園の欠点は、保護者の対応をしなければいけないことでした。

「保護者の方への健康への啓蒙や対応をしっかり行って」で保育園看護師は、保護者の対応も仕事であることを承知していて、それが「子どもの健康維持・増進のためには必要不可欠」と伝えています。

このように伝えれば、「子どもの健康のためには、保護者の協力が必要で、子どもたちのためなら保護者の対応もしっかりやります」という心構えをアピールできています。

これなら、面接官も「この人なら、保護者対応を上手にやってくれるだろうから、保育園の看護師の仕事の現実にショックを受けてすぐに辞めることないだろう」と思うでしょう。

これで、ようやく保育園のパーフェクトな志望動機が完成しました。これなら、保育園の採用が決まるはずです。そして、あなたも保育園看護師の仲間入りができますよ!

<保育園のパーフェクトな志望動機のコツ>
・「働きやすくてプレッシャーなし:子ども相手の仕事=2:8」で書く
・最初に「子ども相手の仕事」を書く
・「働きやすくてプレッシャーなし」は間接的にやんわりとした表現で
・保育園の短所を間接的に説明する

この4つのコツに気をつけて志望動機を書けば、保育園の良い志望動機がかけますが、「小児科の経験もないし、子育ての経験もないから、例文とはぜんぜん違うんだけど」と心配になっている人もいますよね。

そういう場合は、転職サイトを使って、担当者に相談してみましょう。転職サイトの担当者は今までたくさんの看護師さんの転職を成功させてきていますので、あなたに合った志望動機のアドバイスをしてくれますよ!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。