介護施設の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

介護施設の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

また、転職する場合はどんなことに気をつければ、転職を失敗せずに済むのでしょう?

介護施設の看護師が転職する理由と、その理由別の転職先探しのチェックポイントを教えます!

介護施設の看護師が転職する(辞める)理由5つ!

介護施設の看護師が転職する(辞める)理由5つ!

介護施設の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

介護施設で働く看護師さんが「転職しようかなぁ」と思う理由を5つご紹介します。

面倒な人間関係に疲れた

面倒な人間関係に疲れた

介護施設の看護師が転職する理由の1つ目は、面倒な人間関係に疲れたことです。看護師同士の人間関係って面倒なことが多いですよね。

介護施設の場合は、看護師同士の人間関係に加えて、看護師と介護士の人間関係が悪く、面倒なことが多いので、看護師に気を使い、介護士にも気を使い、精神的に疲れてしまうことがあるんです。

介護施設なのに力仕事がある

介護施設なのに力仕事がある

介護施設の看護師が転職する理由の2つ目は、介護施設なのに力仕事があることです。

介護施設では看護師は看護業務に専念することができ、介護業務は介護士さんが行うのが普通です。

そのため、介護施設の看護師は体力的に楽なことが多いんです。

でも、介護施設の中には看護師も介護業務を積極的に手伝う方針のところもありますので、そのような介護施設で働くと、「体力的に楽だから介護施設を選んだのに、これじゃ介護施設で働く意味がない!」と転職を考えるようになるのです。

緊急時の対応が怖い

緊急時の対応が怖い

介護施設の看護師が転職する理由の3つ目は、緊急時の対応に責任が持てずに怖いと感じる場合です。

病院では常に医師がいますが、介護施設では医師がいない時間帯もあります。常勤医師がいない介護施設もあるんです。

そのような介護施設で、利用者さんが急変したり、転倒してけがをした場合は、看護師が受診をさせるべきか、救急搬送すべきかを判断しなければいけません。

医師がいなくて、看護師の自分が判断するというのは、責任を重く感じて、介護施設で働くのが怖いと思ってしまい、転職したほうが良いかもと思うこともあるんです。

夜勤回数が多い

夜勤回数が多い

介護施設の看護師が転職する理由の4つ目は、夜勤回数が多い場合です。

介護施設は「夜勤の72時間ルール」がありませんので、夜勤回数の制限がありません。

また、介護施設ではママさん看護師や年配の看護師が多く、日勤のみで働く人がたくさんいますので、夜勤に入れる看護師さんにしわ寄せがいき、夜勤回数が月6~7回と多くなってしまうことがあるんです。

ほかの看護師さんは常勤で日勤のみで働いているのに、自分だけが夜勤回数が多いと、こんな介護施設は転職しようと思いますよね。

やりがいを感じない

やりがいを感じない

介護施設の看護師は、介護施設ではやりがいを感じないから転職しようと思うこともあります。

介護施設は医療行為が少なめで、看護師は利用者さんの健康管理が主な仕事になります。

また、介護施設では利用者さんがメキメキ回復していくわけではありません。

そのため、介護施設では「なんだかやりがいを感じないなぁ」と思って転職を考える看護師さんもいるんです。

介護施設の看護師が転職する(辞める)時のチェックポイントは何?

介護施設の看護師が転職する(辞める)時のチェックポイントは何?

介護施設の看護師が転職する(辞める)場合、どんなことに注意して転職先を選べば良いのでしょうか?

転職理由別に、また介護施設から介護施設へ転職するか、介護施設以外に転職するかという2つのパターンで転職先を選ぶ時のチェックポイントをご紹介します。

面倒な人間関係に疲れたから転職したい場合のチェックポイント

面倒な人間関係に疲れたから転職したい場合のチェックポイント

面倒な人間関係に疲れたから転職したい介護施設の看護師さんは、どんなことに注意して転職先を探せば良いのでしょう?

介護施設から介護施設に転職したい場合

介護施設から介護施設に転職したい場合は、職場の人間関係をチェックしましょう。特に、看護師と介護士の関係性は重要です。

看護師と介護士の人間関係は、介護施設によって大きく異なりますので、お互いに尊重し協力し合いながら働いている介護施設を探しましょう。

介護施設以外の職場に転職したい場合

介護施設以外の職場に転職したい場合も、人間関係は細かく確認しておきましょう。医療施設では看護師同士の人間関係が重要になります。

そのため、看護師同士の人間関係が良好で、足の引っ張り合いがないような職場を探すと良いでしょう。

クリニックだと看護師の人数もスタッフ自体の人数も少ないから、アットホームで人間関係も楽そうと思うかもしれません。

でも、クリニックは人数が少なくアットホームと言えば聞こえが良いのですが、お局看護師やお局医療事務がいたり、新しいスタッフを受け入れない雰囲気のところもありますので、必ず職場の人間関係は良いのかどうかを確認してください。

介護施設なのに力仕事があるから転職したい場合のチェックポイント

介護施設なのに力仕事があるから転職したい場合のチェックポイント

介護施設なのに力仕事が多いから転職したい看護師さんの転職先選びのポイントを教えます。

介護施設から介護施設に転職したい場合

介護施設から介護施設に転職したい場合は、看護師の業務範囲をきちんと調べるようにしましょう。

看護師は看護業務だけしていればOKなのか、手が空いた時だけ介護士の仕事を手伝うのか、看護業務は後回しにしてでも介護士の仕事を手伝うのかでは、看護師の負担は大きく異なります。

そのため、看護師はどこまで介護士の仕事を手伝うべきか、看護師の業務範囲はどこまでなのかをきちんと調べるようにしましょう。

介護施設以外の職場に転職したい場合

介護施設以外の職場に転職したい場合は、体力的に楽な職場を選びましょう。

介護施設以外の看護師の職場の中で、体力的に楽なのは健診センターや学校の保健室、保育園、一般企業です。

健診センターや学校の保健室、保育園、一般企業は健康な人を対象にした仕事ですよね。ですから、移動介助などの力仕事がないのです。

緊急時の対応が怖いから転職したい場合のチェックポイント

緊急時の対応が怖いから転職したい場合のチェックポイント

緊急時の対応が怖いから転職したい場合は、どんなことに気をつけて転職先を選べば良いのでしょうか?

介護施設から介護施設に転職したい場合

介護施設から介護施設へ転職したい場合は、緊急時のマニュアルがきちんとあるかをチェックしましょう。

「こういう時はこのように対処する」と細かい部分まで決められているマニュアルが用意されていれば、そのマニュアルにしたがって対処すれば良いのですから、責任の重さや怖さは半減しますよね。

また、提携している医療機関はあるか、その医療機関とはどのくらい密に連携を取っているのかを調べておくと良いでしょう。

密に連携を取っている医療機関があるなら、いざという時はそいこを頼れば良いので、安心なんです。

介護施設以外の職場に転職したい場合

介護施設以外の職場に転職したい場合は、医療施設なら必ず医師がいますので、特に緊急時の対応が怖いと思うことはないでしょう。

でも、学校の保健室や保育園は医師がいませんので、介護施設と同じように緊急時は看護師が判断・対応することになりますから、この2つの職場は避けて転職したほうが良いでしょう。

夜勤回数が多いから転職したい場合のチェックポイント

夜勤回数が多いから転職したい場合のチェックポイント

夜勤回数が多いから転職したい介護施設の看護師さんが転職先選びを失敗しないためのポイントは何でしょうか?

介護施設から介護施設に転職したい場合

介護施設から介護施設へ転職したい場合は、もし適正な夜勤回数であれば夜勤をしたいなら、あらかじめ夜勤の回数を決めて、それを守ってくれる介護施設を選びましょう。

また、夜勤専従の看護師を置いている介護施設は、常勤の看護師の夜勤回数は少なめでOKになりますので、夜勤専従がいる介護施設を選ぶのもありです。

夜勤をやりたくない場合は、日勤常勤の求人を探せば良いのですが、オンコールがある場合もありますので注意してくださいね。

介護施設以外の職場へ転職したい場合

介護施設以外の職場へ転職したい場合は、適正な夜勤回数が良いのであれば、病棟で働きましょう。

病棟なら72時間ルールがありますので、2交代制で月4回程度の夜勤回数になります。

でも、ICUなどの集中治療部門は72時間ルールが適用外になりますので、集中治療部門は避けましょう。

それに加えて、集中治療部門は重症患者さんばかりで医療行為が多いので、介護施設で働いていた看護師さんが転職して働くのは難しいこともあるんです。

急性期病棟も長年介護施設で働いていた人にとっては厳しいこともありますので、そういう場合は回復期リハビリテーション病棟や療養型病棟、精神科の病棟を選ぶと良いでしょう。

やりがいを感じないから転職したい場合のチェックポイント

やりがいを感じないから転職したい場合のチェックポイント

やりがいを感じないから転職したい介護施設の看護師さんの転職先の選び方を教えます。

介護施設から介護施設に転職したい場合

介護施設から介護施設に転職したい場合は、医療行為が多めの介護施設に転職してみましょう。

安定しているとはいえ人工呼吸器をつけている利用者さんやドレーンが入って利用者さんがいれば、医療行為が多くなりますので、やりがいを感じる機会も増えるはずです。

介護施設以外の職場へ転職したい場合

やりがいを感じないから介護施設以外の職場へ転職したい場合は、患者さんの回復が感じられる急性期病棟へ転職すると良いのですが、長年介護施設で働いていた看護師さんが急性期病棟へ転職してしまうと、重症度や仕事量、求められるスピードについていくことができず、転職したことを後悔することになりかねません。

介護施設の前は急性期病棟で働いていて、介護施設で働いて3年未満、今から急性期病棟へ戻っても大丈夫という自信がある看護師さんなら良いのですが、急性期病棟で働く自信がないという人は、回復期リハビリテーション病棟をおすすめします。

回復期リハビリテーション病棟ならリハビリで回復していく姿を実感できますし、急性期病棟に比べると、医療行為が少なめなのです。

まとめ

まとめ

介護施設の看護師が転職する理由と転職先を選ぶポイントをまとめましたが、いかがでしたか?

もし、あなたが介護施設未経験で、これから介護施設へ転職しようと思っている場合は介護施設へ転職する場合に知っておくべきことをまとめたこちらの記事を参考にしてくださいね。

介護施設の看護師さんが転職するなら、転職サイトを使うと良いですよ。

介護施設から介護施設へ転職したい場合は、人間関係や看護師の業務範囲、緊急時のマニュアルの有無、医療行為の量、夜勤専従の有無等を調べてくれますし、夜勤回数の交渉もしてくれます。

また、介護施設以外の職場へ転職したい場合も、あなたの希望に合った職場を探してくれます。

健診センターや学校の保健室、保育園、一般企業は求人数が少ないのですが、転職サイトではこれらの求人も扱っていますので、あなたにピッタリの求人を見つけられるはずです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。