看護師の「ブランクが6年あるんだけど・・・」という不安を解消する方法はあるのでしょうか?

看護師の「ブランクが6年あるんだけど・・・」という不安を解消する方法はあるのでしょうか?

ブランクが6年あって復職できるか不安を抱えているあなたのために、スムーズに復職する方法を教えます!

妊娠・出産を機に看護師を辞めてブランクが6年ある人もそれ以外の理由でブランクが6年ある人も必見の情報ですよ!

看護師のブランク 6年は下のお子さんが幼稚園に入ったタイミング?

看護師のブランクが6年ある人のブランク理由は、家庭の事情や健康上の理由など人それぞれですが、お子さんがまだ未就学児で、これから小学校に上がるという人が多いと思います。

特に、お子さんが2人以上いて、下のお子さんが保育園や幼稚園に入園する年齢になったから、また働いてみようかなと思った人が多いのではないでしょうか。

ただ、早い方ですと、小学校に上がったばかりの方もいると思いますので、その場合は「ブランク7年の記事」を参考にしてくださいね。

妊娠や出産を機に看護師を一度辞めて、その後は育児に奮闘し、毎日子どもに振り回されつつてんてこ舞い。

ブランク中は看護師の仕事のことなんて思い出す余裕もなかったので、ブランクが6年もあると、また看護師としてテキパキ働けるのか不安になるのも仕方がないことです。

特に、育児中はどうしても世界が狭くなって、社会とのつながりが希薄になりますから、また社会復帰して働けるのかどうかも心配になると思います。

でも大丈夫です。安心してください。

6年のブランクがあっても、育児中でも、また看護師として働くことはできます。

ただ、ブランクが6年あると求人を選ぶ時に、ちょっとしたコツが必要なんです。そのコツさえ押さえておけば、ブランクが6年あっても、問題なく復職することができますよ!

看護師はブランクが6年あるなら教育制度の充実は必須!

6年も前の日常の事なんか、覚えていますか?

看護師はブランクが6年ある時の求人選びのコツ、1つ目は教育制度が充実しているところを選ぶことです。

これは、育児でブランクが6年ある人もそれ以外の理由でブランクが6年ある人も絶対に譲れない条件になります。

そして、ブランク前の看護師経験がいくら長くても、どんなにバリバリ働いていたとしても、こだわるべき条件なんです。

あなたは6年前のことって覚えていますか?結婚や出産のような大イベントではなく、日常の些細なことです。

覚えていないですよね。覚えていても、記憶はかなりあやふやだと思います。

それは、看護知識や技術にも当てはまります。ブランク前は当たり前のように毎日使っていたことでも、6年経つと記憶が曖昧になってしまうんです。

その記憶を自分1人で取り戻すのは大変です。教育制度が充実していて、プリセプターをつけてくれたり、ブランクある人向けの研修があれば、スムーズにしかも早く、簡単に看護知識や技術の記憶を取り戻せます。

また、6年の間に新しく導入されたものも学ぶことができますので、6年という長いブランクを乗り越えるなら、教育制度の充実は必須条件なんです。

看護師はブランクが6年あるなら育児と両立できるかどうかをチェックしよう

今朝食べたご飯の事も覚えてないのに。

看護師はブランクが6年あるなら、仕事と育児をきちんと両立できる環境かどうかも必ずチェックしましょう。

院内託児所はあるか

仕事と育児を両立させるためには、院内託児所は必須です。

外来で土日祝日は必ずお休みという勤務条件であればともかく、土日祝日も働く可能性があるのなら、院内託児所は必要になります。

たとえ、普段は院内託児所を使わずに保育園にお子さんを預けていても、保育園は日曜祝日はお休みになるところが多いですので、院内託児所がないと日曜祝日にお子さんを預かってくれるところがなくなってしまいます。

さらに、病児保育OKだとベターです。

子どもってよく熱を出しますが、その度に休んでいたら大変です。病児保育OKだったら、お子さんを託児所に預けて働けるんです。

病院内の託児所で資格を持った保育士さんが看てくれるなら、熱を出したお子さんを預けても安心して働けますよね。

お子さんが小学生に上がっても大丈夫か

ブランクが6年ある看護師さんは、お子さんがまだ未就学児で、これから小学校に上がるという人が多いと思います。

求人を選ぶ時には、お子さんが小学校に上がっても仕事と育児を両立させることができるかを考えるようにしましょう。

お子さんが未就学児だと、院内託児所に預けることができます。24時間対応であれば夜勤にも入れます。

でも、お子さんが小学校に上がると院内託児所は使えないところがほとんどです。

今までは夜勤にも入ってバリバリ働いていても、小学生になった途端平日の日勤しか入れない可能性が高いんです。

それを避けるためには、あらかじめ平日日勤のみの仕事を選ぶか、小学生も預かってくれる託児所がある病院を選びましょう。

ただ、教育制度が充実しているところや病児保育OK、学童預かりOKの託児所がある病院を自分で探すのは難しいですし、面倒ですよね。

そういう時は転職サイトを使うと、簡単に希望に合った求人を探すことができます。

転職サイトを使えば、看護師の転職のプロである担当者がついてくれますので、すぐに教育制度が充実している求人をピックアップしてくれますし、どういう職場だったら育児と両立できるかを相談しながら選ぶことができるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★

運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。

利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。

きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。

全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆

運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。