40代の新人看護師に多い悩みとその解決方法

40代の新人看護師に多い悩みとその解決方法

40代の新人看護師は、無事に看護師になって就職できたのは良いものの、「やっと看護師になったのに、こんなに辛いなんて」とか「こんなはずじゃなかった」とか「これじゃ看護師にならないほうが良かった」などの悩みを抱えている人が多いと思います。

40代の新人看護師に多い悩みや今後の解決法をまとめました。

40代で新人看護師になったことが失敗なわけではありません。職場を変えれば、悩みが解決するかもしれませんよ!

40代の新人看護師に多い悩みは何?

40代の新人看護師は、理想と現実のギャップに悩んでいませんか?

辛い看護学生時代を乗り越えて、何とか就職先を見つけて内定をもらい、国家試験に合格して、ようやく看護師になったのに、新人看護師の毎日は辛いことだらけ。

看護師になれば、毎日やりがいを感じながら働けると思っていたのに、実際は辛いことが多すぎて、「看護師になったのは失敗だったかも」と感じているのではないでしょうか。40代の新人看護師に多い悩みを挙げてみます。

  • 20代の若い同期に比べて、明らかに仕事の覚えが悪い
  • プリセプターが娘のような年齢で、やりづらい
  • 新人看護師なのに、職場で一番年上で浮いた存在になっている
  • 体力的についていけない
  • 家事・育児との両立ができない
  • 年下の先輩看護師にため口を使われて、なんかイライラする
  • きちんと指導してもらえない
  • 夜勤後は必ず体調を崩す
  • 急性期のスピードについていけない

このような悩みを抱えている40代の新人看護師さんは多いと思います。そして、このような悩みを抱えている40代の新人看護師の多くは、急性期病棟で働いているのではないでしょうか?

看護学校に勧められるまま、急性期病棟に就職してしまうと、40代の新人看護師は理想と現実のギャップ、「40代」という年齢の壁に当たってしまって、たくさんの悩みを抱えるようになるんです。

新人看護師に40代でなった人は、看護師として働くのを諦めないで!

40代の新人看護師は、「看護師になったのは失敗だったかも」、「もう看護師なんて辞めてしまいたい」と思っているのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください。せっかく40代で新人看護師になったのに、看護師の仕事を辞めてしまうのは、本当にもったいないんですよ!

「ほかの仕事をするから良いわ」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は480万円です。国税庁の平成27年分民間給与実態統計調査結果によると、女性サラリーマンの年収は276万円です。

その年収差は204万円!

しかも、看護師なら40代でも常勤採用してくれるところはたくさんありますが、看護師以外の仕事で40代を正社員として採用してくれるところなんてありませんよね。

バリバリにキャリアを積んで、ヘッドハンティングされるような40代ならともかく、看護師以外に有効な資格も経験もない40代は正社員になるのは至難の業です。

あなたが看護師になるまでには、看護学校の学費がかかっています。その学費を取り返すためにも、今後の安定した生活を手に入れるためにも、看護師として働くのを諦めないでください。

看護学生の辛い実習を乗り越えられたんですから、新人看護師の辛い1年もきっと乗り越えられます。

40代の新人看護師は転職を考えるのもあり

40代の新人看護師は、いくら仕事が辛いからと言っても、看護師として働くのを辞めてしまうのはもったいないです。それでも、今が辛いことには変わりないですよね。

今の職場で働くのがどうしても辛いなら、転職してみませんか?今の職場は40代の新人看護師には合っていないのかもしれません。

急性期病棟は、はっきり言って20代向きの職場です。

20代のころからずっと急性期病棟で働いてきた人なら、40代になっても違和感なく急性期病棟で働き続けることができますが、40代の新人看護師が急性期病棟で働くのは大変です。

40代の新人看護師に合っている職場に転職すれば、今感じているほどのストレスはなくなるはずです。

40代の新卒看護師の就職先があるように、40代の新人看護師でも転職先はあるから大丈夫です!40代の新人看護師におすすめの転職先をご紹介します。

  • 療養型病棟
  • 外来
  • 介護施設
  • 訪問看護ステーション

これらの職場は、比較的看護師の年齢層が高く、40代の看護師が浮いた存在になることはないでしょう。また、急性期病棟に比べると、体力的に楽ですし、職場によっては日勤のみで働くことができます。

ただ、これらの職場は急性期病棟のように教育制度が整っていないところがありますので、求人に応募する前に教育制度を確認して、新人看護師向けの指導をしてくれるのかを確認しておくようにしましょう。

まとめ

新人看護師に40代でなった人の悩みやその解決方法をまとめました。40代で新人看護師になると、いろいろな悩みが出てくると思いますが、せっかく看護師になったのですから、看護師の仕事を続けないと損ですよ!

転職して職場を変えれば、今の悩みが小さくなる可能性が高いですので、看護師を辞めたいほど悩んでいる40代の新人看護師さんは、転職を考えてみましょう。

転職するなら、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら療養型病棟や外来、介護施設、訪問看護ステーションの中で教育制度が整っているところを紹介してくれるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる