40代の看護師が再就職する時に注意すべきことって何?

40代の看護師が再就職する時に注意すべきことって何でしょうか?

40代の看護師が再就職する時に注意すべきことって何でしょうか?

40代の看護師が再就職する時に注意すべきことを、40代前半の看護師さん、40代後半の看護師さんの状況を考慮しながら考えてみましょう!

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと=経験を評価してくれるか

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと=経験を評価してくれるか

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと、まずは40代前半後半問わず、40代の看護師さん全員に当てはまる再就職する時に注意すべきことを教えます。

それは、今までの看護師経験を評価してくれるかどうかです。40代になれば、看護師経験は長い人で25年以上になり、ほとんどの人が20年前後の経験を持っているはずです。

その看護師経験をきちんと評価し、基本給に反映させてくれるかどうかは、再就職する際には必ずチェックしましょう。

20年の看護師経験を持っているのに、それをまったく評価しない、もしくは一部しか評価してくれない職場だと大きな損になってしまいます。

たとえば、新人看護師の基本給が18万円、年に5000円ずつ昇給していく職場があったとします。

あなたが20年の看護師経験を持っていれば、基本給は18万円+5000円×20年=28万円になるのが妥当ですよね。

でも、経験を評価してくれない職場だと、最悪の場合、新人看護師と同じ基本給18万円で働かなくてはいけないんです。

基本給はボーナスにも関係してきますから、1ヶ月10万円違うと、ボーナスを3ヶ月分とすると、年収は150万円前後は変わってくることになります。

150万円。とても大きな額ですよね。ですから、40代の看護師が再就職するなら、今までの看護師経験年数をきちんと評価してもらえるところを選んでください。

もし、あなたにブランクがある場合も同じです。ブランク分は差し引かれますが、それでも、看護師としての経験はあるんですから、できるだけ評価してもらえる再就職先、妥当な評価をしてくれる再就職先を探して下さいね。

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと=40歳の場合は?

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと=40歳の場合は?

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと、次は40歳(40代前半)の看護師さんが再就職先を選ぶ時に注意すべきことを考えてみましょう。

40代といっても、40代前半と40代後半ではライフスタイルが変わってきますから、再就職先に求める条件や注意すべきことも変わってくるんです。

ここでは40歳の看護師さんが再就職する時に注意すべきことを考えてみましょう。再就職しようと思った40歳の看護師さんは、小さなお子さんがいらっしゃるケースが多いのではないでしょうか?

日本全体で晩婚化が進んでいますが、看護師はさらに晩婚化が進み、35歳で結婚、40歳前後で出産という人が少なくないですから。むしろ、最近はこういう人が増えてきていますよね。

出産前までバリバリ働いていて、出産を機に一度退職したけれど、子どもが保育園に入る年齢になったから、小学校に上がったからという理由でまた看護師として再就職しようと思っている40歳の看護師さんは多いと思います。

小さなお子さんがいる40歳の看護師さんが再就職先を決めるための第一条件は、保育園や学童保育のお迎えに間に合うかどうかです。

給料ややりがいよりも、とにかく保育園や学童保育のお迎えに間に合うかどうかを最優先にして再就職先を選ばなくてはいけないんです。

ですから、勤務終了時間や残業の有無が、もっとも重要なチェックポイントとなります。

あなたがお迎えに行けないときには、確実に旦那さんやあなたのご両親がお迎えに行ってくれるというなら良いのですが、なかなかそういうわけにはいきませんよね。

40歳の看護師さんが再就職先を選ぶなら、保育園や学童保育のお迎えに間に合うかどうかをちゃんと確認してください。

また、「院内託児所がある病院に再就職すれば問題解決!夜勤にも入ってバリバリ働けるし!」と思う人もいると思います。

未就学のお子さんがいる場合は、確かにそうなんですが、お子さんが小学生になった後のこともきちんと考えてから再就職先は決めてくださいね。

ほとんどの院内託児所では、未就学児までしか預かってくれません。小学生は預かり対象外なんです。ということは、お子さんが未就学児のときは夜勤に入れるけど、小学生になったら夜勤に入れない可能性が高くなります。

今のお子さんの年齢だけでなく、将来的なことを考えて再就職先は決めなくてはいけないんです。

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと=47歳の場合は?

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと=47歳の場合は?

40代の看護師が再就職する時に注意すべきこと、次は47歳(40代後半)の看護師さんが再就職する時に注意すべきことをご紹介します。

47歳の看護師さんが再就職する場合、子育てがある程度一段楽したから再就職しようと思ったという場合が多いと思います。

お子さんが小学校高学年になれば、自分のことはたいてい1人でできるようになりますから、旦那さんが「超イクメン」でなくても、旦那さんとお子さん2人を残して夜勤に入ることも可能ですよね。

そして、子育てが一段落したということは、今後教育費がドンドンかかってくる時期にさしかかります。私立の学校ならそれだけ学費がかかりますし、良い学校に入学するためには塾に通わせなければいけません。

そのためにも、あなたは47歳で再就職を決意したんだと思います。でも、ここで注意しなければいけないことがあります。

夜勤にも入れる環境だし、お金をガッチリ稼ぐためにも、夜勤に入ってバリバリ働こうと思っている看護師さんはちょっと待ってください。

確かに、あなたは若い頃、夜勤に入ってバリバリ働いていて、夜勤に入っても体調を崩すことはなかったかもしれません。

でも、あなたは今47歳です。現実を見つめましょう。若い頃よりも体力が衰えていませんか?疲れやすくなっていませんか?疲れがなかなか取れないことはありませんか?

そんなあなたがいきなり夜勤に入ってバリバリ働き出したら、体調を崩してしまい、結局は働けなくなってしまうんです。

それでは、再就職した意味がありませんよね。ですから、「夜勤に入ってバリバリ!」ではなく、47歳の体力に合った再就職先や働き方を選ぶようにしましょう。

まとめ

まとめ

40代の看護師が再就職するなら、まずは今までの看護師経験をしっかり評価してくれるところを選びましょう。

そして、40歳(40代前半)で再就職するなら育児との両立ができる職場を選び、47歳(40代後半)で再就職するなら今の体力を考慮して選ぶようにしましょう。

ブランクがあっても看護師経験を評価してくれる職場、育児と両立できる職場、体力的に楽な職場を探すなら、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら、「経験をきちんと評価してくれて、育児と両立しやすい職場」とか「経験を評価してくれて、体力的に楽な職場。夜勤にも入りたいから、夜勤が楽な職場が良いんだけど」などの条件を伝えれば、それに合った求人を紹介してくれるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる