看護師の高収入の資格にはどんなものがある?

看護師が高収入を目指せる資格って、なんでしょうか?

看護師の高収入の資格にはどんなものがあるか知っていますか?資格を取ってキャリアアップすることで、看護師は高収入をねらうことができるんです。看護師の資格の中で、特に高収入につながるものをご紹介します!

看護師の高収入の資格=助産師

看護師の高収入の資格には助産師があります。助産師の収入や助産師の資格の取り方について知っておきましょう。

助産師の収入は?

助産師は夜勤ありの場合、月収35万円以上という求人も珍しくありません。月収40万円以上のところもたくさんあります。

看護師の求人は、夜勤ありで20万円台後半が主流ですので、助産師は看護師よりも月収で5万円以上、場合によっては10万円以上も稼ぐことができるんです。

1ヶ月10万円違ったら、年収にすると120万円です。これだけ差が出るなら、助産師は高収入の資格と言えますよね。

また、助産師は助産院を開業できますので、助産院を開業して経営が軌道に乗れば、さらに高収入をねらうチャンスが増えます。

助産師の高収入の求人は総合病院の産科よりも、産科専門の病院やクリニックのほうが多い傾向にあります。

助産師になるには?

助産師になるためには、助産師養成学校に1年間通わなければいけません。そうすると、今までどおり常勤の仕事は続けられませんし、学費や生活費もかかってしまいます。

ただ、助産師の資格取得支援制度を設けている産科クリニックや病院もあるんです。助産師の資格取得を目指している看護師さんは、そういう産科で働いて、産科の経験を積みましょう。

それから、支援制度を利用して助産師を目指すと、金銭的な負担が少なくて済みますよ!

看護師の高収入の資格=認定看護管理者

助産師や認定看護管理者の資格があれば、高収入を目指しやすいですね。

看護師の高収入の資格の2つ目は、認定看護管理者です。認定看護管理者は日本看護協会認定の資格で、看護師長や看護部長など管理職の看護管理の質を向上させる目的で作られたものです。

認定看護管理者の資格を取れば、それだけ昇進するチャンスが多くなりますので、高収入につながるのです。

認定看護管理者の収入は?

認定看護管理者の収入に関するデータはありませんので、それに関係しているデータを基に認定看護管理者の収入を推測してみましょう。

認定看護管理者は、管理職になる人が目指す資格です。実際に認定看護管理者の研修をサードレベルまで終えている人は、看護部長が32.7%、副看護部長が51.9%、看護師長が12.5%となっています。

そして、看護協会の調べによると、認定看護管理者を多く輩出しているのは、公立病院や赤十字などの公的病院です。

この2つのデータから、認定看護管理者の給料は公立病院や公的病院の副看護部長の給料で推測できるのではないでしょうか。

看護協会のデータによると、公立病院の副看護部長の基本給の平均は42万393円、公的病院だと46万238円です。この基本給でボーナスやその他手当を含めると、年収800万円前後になります。

認定看護管理者の資格を取れば、年収800万円もしくはそれ以上をねらうことができるのです。年収800万円は、文句なく高収入ですよね。

認定看護管理者になるには?

認定看護管理者の資格を取るためには、日本看護協会の認定看護管理者教育課程を修了しなければいけません。この教育課程はファーストレベル(150時間)、セカンドレベル(180時間)、サードレベル(180時間)と三段階に分かれています。

ファーストレベルは「看護師経験が5年以上あって、管理的業務に関心があり、管理的業務に従事することを期待されている者」であれば受講することができます。

まずは、職場の師長に認定看護管理者を目指したいことを相談することや院内の看護管理の研修を受けることから始めてみましょう。

看護師の高収入の資格=簡単に取れるもの

まずは簡単に取れる資格からはじめてみるのもいいかもしれません。

看護師の高収入の資格として、助産師と認定看護管理者をご紹介してきましたが、助産師は1年間学校に通わなくてはいけません。

また、認定看護管理者はサードレベルまで修了するには合計500時間以上の研修を受けなくてはいけませんので、どちらも気軽に取れる資格ではないですよね。

そして、看護師の資格として有名な認定看護師や専門看護師も、認定看護師は6ヶ月の研修、専門看護師は大学院修士課程修了とハードルが高い資格です。

「ちょっとそこまでの情熱はないかな」という人は、まず気軽に取れる資格を取ってみてはいかがでしょうか?一定以上の実務経験や事例提出などがあれば、1週間以内の研修と試験で取得できる資格の一例をご紹介します。

・透析療法指導看護師
・透析技術認定士
・日本糖尿病療養指導認定士
・呼吸療法認定士
・インターベンションエキスパートナース
・トリアージナース
・循環器専門ナース

これらの資格は専門性は高いですが、資格取得のハードルはそれほど高くありませんので、資格を取ってキャリアアップをして高収入をねらいたいという人は、このような資格にチャレンジしてはいかがですか?

ただ、注意しなければいけないのは、これらの資格を取ったからと言って、必ずしも高収入に結びつくわけではないということです。

「え~?それなら、資格を取ったって意味がない。ただの無駄じゃないの?」と思いますよね。確かに高収入をねらっている人にとっては、高収入につながらなければ、資格なんてただの無駄になります。

でも、そんなの嫌ですよね。せっかく資格を取ったなら、それを活かして高収入をねらいましょう。資格を取得して高収入をねらうためには、転職サイトを使えば良いんです!

資格を高収入につなげるためには、職場にその資格を評価してもらい、基本給の上乗せや特別手当として給料をアップしてもらえば良いんです。

転職サイトなら、担当者に「○○の資格を持っていますので、それを給与面で評価してくれるところ」と伝えれば、そういう病院やクリニックを紹介してくれます。

何か資格を持っているのに、それが給料アップにつながっていないあなたは、その資格を無駄にしないためにも、一度転職サイトで相談してみてはいかがですか?

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる