看護師が高収入を脳神経外科で得るために知っておきたいこと3つ

脳神経外科は忙しいから高収入だって、本当?

看護師が高収入を脳神経外科で得ようと思うなら、あらかじめ知っておかなくてはいけないことが3つあります。これを知っておかないと、脳神経外科で働いても高収入を得られずに損をしてしまうかもしれません。

看護師の高収入は脳神経外科で得やすいというイメージは本当?

看護師の高収入は脳神経外科で得やすいというイメージを持っていませんか?脳神経外科は、看護師の職場の中でも「花形」と言われる職場ですよね。

毎日のようにオペがあり、急変も日常茶飯事で、病棟内は常にバタバタと忙しいのが脳神経外科のイメージだと思います。

「忙しければ、その分お給料も高いだろうから、脳神経外科で働けば高収入を得られるでしょ?」、こう考えるのが普通ですよね。

でも、それは間違いなんです。脳神経外科は確かに忙しいところが多いのですが、残念ながら忙しさと給料は無関係です。忙しいからといって、お給料が高いというわけではありません。

忙しければ残業時間が多くなりますので、残業手当の分はほかの診療科よりも高収入になるかもしれません。でも、脳神経外科だからといって特別な手当が付くわけでもありませんし、基本給が高くなるわけでもないんです。

看護師が高収入を脳神経外科で得るために有利な資格は?

看護師が高収入を脳神経外科で得るには、資格が重要です。

看護師が高収入を脳神経外科で得ることはできないのでしょうか?そんなことはありません!脳神経外科で役立つ資格を取得すると、高収入に一歩大きく近づきます。

脳神経外科で役立つ看護師の資格には、脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師があります。

脳卒中リハビリテーション看護は認定看護師の中でも比較的新しい認定分野で、資格を取得している人はほかの認定分野と比べるとそれほど多くありません。そして、高齢化が進む中で今後はドンドン需要が増していく認定分野であると言えます。

そのため、脳神経外科で高収入を得たい、認定看護師に興味があるという人にはオススメの資格なんです。

看護師が高収入を脳神経外科で得るためにはどんな職場がオススメ?

看護師は高収入を脳神経外科で得ることよりも、条件にこだわったほうがいいかもしれませんね。

看護師が高収入を脳神経外科で得るなら、割のいい職場を探しましょう。脳神経外科で高収入を得たいと思っている看護師さん全員が、脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師の資格を取れるわけではありませんよね。

「この条件でこの給料なら満足!」、「やりがいがあるから満足!」と思える脳神経外科で働けば、「割のいい仕事=高収入」と思えるはずです。

やりがいを感じられる

まずはやりがいを感じられる職場を選びましょう。脳神経外科と言っても、急性期・回復期・維持期では仕事内容が全然違います。

急性期の脳神経外科で働きたかったのに、入職した脳神経外科の病院は回復期専門だったら、ガッカリしてやる気も出ませんし、給料が高くても「割に合わないなぁ」と思ってしまいますよね。

脳神経外科で働くなら、急性期・回復期・維持期のどれで働きたいのかをしっかりと決めてから、それに合った職場を選ぶようにしましょう。

また急性期ならオペ件数やどんな疾患が多いかも重要ですし、回復期や維持期ならどんなリハビリをしているのか、チーム医療は実践しているのかなども重要です。

経験や資格を考慮してくれる

また、脳神経外科で働くなら経験や資格を考慮してくれるところを探しましょう。先ほどご紹介した脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師の資格を取っても、それを評価してくれるところで働かなくては意味がありません。

認定看護師の資格を取れば、高収入を得られるチャンスは多くなりますが、「認定看護師=高収入」というわけではないんです。

看護協会の調べによると、認定看護師になっても63.9%は認定看護師の手当がないんです。つまり、認定看護師の資格を取っても、お給料は上がるわけではなくそのままという可能性もあるということです。

ですから、認定看護師の資格を取ったら、それをきちんと評価してくれる病院を探しましょう。また、資格だけでなく、それまでの看護師経験を考慮して給料に反映させてくれるところを探せば高収入を得られます。

そのほかの条件が良い

そして、脳神経外科で働いて「割がいい!」、「この条件でこの給料なら満足!」と思うためには、給料以外の条件にもこだわらなくてはいけません。

残業時間や年間休日数、有給消化率、職場の人間関係、独身者だったら寮の有無、小さいお子さんがいるんだったら託児所の有無などですね。

これらの条件が自分の希望を全部満たしていれば、ほどほどの給料でも「これだけ条件が良いなら、この給料でも高収入だなぁ」、「これなら割のいい仕事!」と思えるのではないでしょうか?

でも、自力で脳神経外科への転職活動をすると、高収入を得られるどころか「転職して失敗した!」ということになりかねません。

経験や資格を評価してくれるかどうかや残業時間や有給消化率なんて、自分では調べられませんよね。

また、急性期の脳神経外科で働きたいと思って、脳神経外科が有名な総合病院に転職したのに、配属が脳神経外科ではなくほかの診療科になってしまったということもあり得ます。

それを避けるためには、転職サイトを使うと良いですよ!担当者に聞けば、残業時間や有給消化率はもちろんのこと、看護師経験や資格を評価してくれるかどうかもわかります。

また、配属先についてもあなたに代わって病院側と交渉してくれますので、「採用になれば脳神経外科への配属確約」という条件で採用試験を受けることも可能です。

脳神経外科で高収入を得るためには、転職サイトを使うことが一番の近道と言えるでしょう。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる