看護師は高収入を老人ホームで感じることができるの?

看護師は高収入を老人ホームで得ることができるの?

看護師は高収入を老人ホームで感じることはできるのでしょうか?

あなたは「老人ホームは給料が安い」と考えているかもしれません。

でも、一度その考えは捨てましょう!その考えがあなたを損させているんです。老人ホームでも高収入を得ることはできるんですよ!

看護師は高収入を老人ホームで得ることができるの?

看護師は高収入を老人ホームで得られるのでしょうか?一般的に「老人ホーム=高収入」というイメージはないですよね。

確かに、老人ホームの求人を見ると、大病院の病棟などと比べて給料はやや低めになっていることが多いんです。

日勤のみの仕事だと年収は380~400万円、夜勤ありの老人保健介護施設(老健)だと430~450万円、夜勤ありの有料老人ホームだと480~520万円が相場になっています。

この金額だけ見ると、日勤のみなら病棟とそんなに変わらないし、夜勤ありだと病棟のほうが高めかなぁと思いますよね。そして、「やっぱり老人ホームでは高収入は無理かな」と考えるはずです。

でも、ちょっと待ってください!「老人ホームで高収入は無理」と結論付けるのはまだ早いです。

老人ホームの勤務状況を考えてみましょう。

老人ホームは病棟に比べて残業が少ない。そして、介護士がいるので力仕事はなく看護業務に専念できる。さらに、医療行為は少ない。

老人ホームはこういうメリットがあるんです。これだけのメリットがあるなら、老人ホームは割りのいい職場と言えますよね。

そんな割のいい職場で、病棟勤務よりもやや低め、もしくは同程度の給料がもらえるなら、高収入だなと思えませんか?

たとえば、忙しくて残業もある、体力的にもきついし、医療行為が多くて精神的にもハードという職場で年収600万円。

ゆとりがあって残業少なめ、看護業務に専念、医療行為少なめという職場で年収500万円。

この2つの職場、どっちが高収入だと思えますか?

どちらを選ぶのが正解と決まっているわけではありません。少しくらいハードでもできるだけ給料が高いほうが良いという人は前者を選ぶのが正解です。

でも、割がいいことを重視したい、そこそこの給料でも楽なほうが良いという人にとっては後者の条件、つまり老人ホームの条件のほうが高収入だと思えますよね。

看護師が高収入を老人ホームで得るための条件:仕事の負担が少ない

看護師が高収入を老人ホームで得るための条件として、仕事の負担が少ないというものもあります。

看護師が高収入を老人ホームで得るための条件を考えてみましょう。

先ほど老人ホームのメリットは、「ゆとりがあって残業少なめ、看護業務に専念、医療行為少なめ」とお話ししました。

確かに、老人ホームは基本的に「ゆとりがあって残業少なめ、看護業務に専念、医療行為少なめ」なんですが、すべての老人ホームがそういうわけではないので、注意が必要です。

まず、1つ目の注意点。それは、老人ホームの中には医療行為が多いところがあることです。

老人ホームは治療を行うところではなく、介護を必要とする高齢者が利用するところですよね。

でも、老人ホームの中には状態が安定していれば、人工呼吸器をつけていたり、胃ろうやストマを造設している人も入所OKというところがあるんです。

状態は安定していますので、人工呼吸器がついていても病院のように急変があったり、呼吸器の設定を細かく変えたりということはありません。

それでも、人工呼吸器がついていれば、やっぱり呼吸器の管理は必要になりますし、痰の吸引も必要です。

そして、体位交換時に気管切開のチューブが抜けないようにしなければいけませんので、体位交換時は看護師の仕事になるでしょう。

つまり、人工呼吸器をつけていたり、ストマの人など医療行為をしなければいけない利用者さんがいる老人ホームで働くと、それだけ看護師の負担が大きくなり、老人ホームのメリットが少なくなってしまうんです。

メリットが少なければ、割がいいと感じられませんので高収入からは遠のいてしまいます。

看護師が高収入を老人ホームで得るための条件:介護士が協力的

看護師が高収入を老人ホームで得るための条件は、他にもいろいろあります。

看護師が高収入を老人ホームで得るための2つ目の条件は、介護士が協力的であることです。

老人ホームでは、利用者さんの一番近くで働いていて、利用者さんの状態を細かく把握しているのは介護士になります。

そのため、看護師が仕事をスムーズに進めるためには、利用者さんの情報を細かく教えてもらう、何か変化があったらすぐに報告してもらうなど介護士に協力してもらわなくてはいけません。

でも、老人ホームの中には、看護師と介護士の関係が悪く対立しているところがあるんです。むしろ、そういう老人ホームは珍しくなく、割合的に多いかもしれません。

そういうところで働くと、仕事がスムーズに進まず残業が多くなりますし、精神的なストレスも増えます。不必要な力仕事も増えるでしょう。

「私は介護士と仲良く協力しながらやっていくから、ほかの看護師と介護士の仲が悪くても別に関係ない」と思うかもしれません。

でも、ほかの看護師と介護士の仲が悪いと、知らない間にその争いに巻き込まれることもありますし、自分1人が介護士と仲良くしようとすると、看護師の中で孤立する可能性もあります。

ですから、そういうストレスやリスクを避けるためには、職場全体の人間関係が良く、看護師と介護士の仲が良好な老人ホームを選ばなければいけないんです。

また、介護士のレベルが高く、やる気がある職場だと、さらに看護師の仕事はスムーズに進みます。

老人ホームで看護師が「割がいいから高収入」と感じられるかどうかは、介護士が鍵を握っていると言っても過言ではないでしょう。

老人ホームでは絶対的な高収入を得るのは難しいですが、この2つの条件さえクリアすれば、老人ホームは割がいい職場になりますので、相対的な高収入を得ることはできます。

老人ホームは、相対的な高収入を得たい人、つまりそこそこの給料でも楽なほうが良いという人にはピッタリの職場なんです。

逆に言うと、これら2つの条件を満たしていない老人ホームは、「割が良いから高収入」どころか「割に合わないからやってられない!」ということになりかねません。

では、医療行為が少なく看護師の負担が少ない職場、看護師と介護士の関係が良好な職場はどうやって探せば良いのでしょう。こういう細かい条件は自分ではなかなか調べられません。

でも、この条件はしっかりクリアしておかないと、老人ホームで働いても高収入と感じることができないんです。

老人ホームで確実に高収入と感じるためには、転職サイトを使うと良いですよ!

担当者に「老人ホームで働きたいけど、人工呼吸器をつけている人がいるところは絶対NG!」と伝えるだけでOKです。

また、「看護師と介護士の仲が良いところ。できれば介護士のレベルが高いとさらにベター」などの条件も付け加えると、それにピッタリの求人を紹介してくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる