看護師が高収入を産婦人科で目指す3つの方法

産婦人科で看護師が高収入を目指したいなら、助産師の資格を取ったほうがいい?

看護師が高収入を産婦人科で目指すには、3つの方法があります。価値観によって、どの方法を選ぶべきかが変わってきますので、あなたの価値観に合った方法を選んで、産婦人科で高収入を目指しましょう!

看護師が高収入を産婦人科で目指すなら助産師の資格を取ろう

看護師が高収入を産婦人科で目指す1つ目の方法は、助産師の資格を取ることです。助産師の資格を取るためには、助産師養成学校に1年間通わなくてはいけません。

でも、その分お給料はアップしますし、産婦人科でのやりがいもアップしますので、産婦人科で働きたい看護師にとってはメリットの多い資格です。

助産師のお給料はどのくらい?

助産師になると、どのくらいお給料がアップするのか気になりますよね。助産師のお給料は、月収で「看護師の月収+5~10万円程度」が目安となります。

年収にすると60~120万円アップになりますので、看護師の平均年収が472万円であることを考慮すると、助産師の平均年収は550~600万円程度になるでしょう。

そして、大きな総合病院で働くよりも、小さめの産婦人科専門病院のほうが、助産師はお給料が高めになっていますので、高収入を目指すなら産婦人科専門病院のほうがオススメです!

助産師は産婦人科に興味のある人にとってはやりがいを感じられる仕事ですので、やりがいがあって550~600万円稼ぐことができたら、高収入だなと思えますよね。

また、助産師になれば、さらに高収入を稼ぐ道も開かれています。その道とは自分で助産院を開業することです。

開業した助産院が人気になり経営が軌道に乗れば、さらに高収入を得ることだってできるんです。

助産師を目指すなら資格取得支援制度がある産科で働こう

助産師の資格を取得するためには助産師養成学校に1年間通わなくてはいけません。学費や学校に通っている間の生活費などを考えると、経済的な負担が大きく、助産師になりたくても、なかなか一歩を踏み出せないこともあると思います。

経済的な負担が気になる人は、まずは助産師の資格取得支援制度がある産婦人科で働きましょう。そういう産婦人科で働けば、看護師として働いている時から助産師になるための経験を積むことができます。

そして、助産師養成学校に通うための奨学金を貸してくれたり、学校に通いながらでも無理なく働けるように勤務シフトを融通してくれるなど助産師資格を取得するための支援を受けることができます。

看護師が高収入を産婦人科で目指すなら、産科専門の高級クリニックで

看護師が高収入を産婦人科で目指すなら、産科専門の高級クリニックもいいですよ!

看護師が高収入を産婦人科で目指す方法の2つ目は、産科専門の高級クリニックで働くことです。

これは助産師の資格を取るつもりはないけど、産婦人科で働いて平均以上の高収入を得たいという人にオススメです。

ホテルのようなきれいな施設で全室個室。分娩はLDRだったり、できる限り産婦さんの希望を叶えるような分娩スタイル、入院中の食事は豪華。

妊娠中は母親学級だけでなく、マタニティヨガやアロマテラピーなどのクラスが充実、分娩後はゆっくり入院して産後の身体をゆっくり休められるようなプランもある。

最近は、このような産科専門の高級クリニックが増えてきています。こういう産科クリニックは自由診療の割合が高いので、そこで働く看護師の給料も高いんです。

地域や施設によって差はありますが、一般的な分娩を行っている産婦人科クリニックや病院に比べると、月収5万円前後高めになることが多いようです。

看護師が高収入を産婦人科で目指すなら、分娩なしの予約制

看護師が高収入を産婦人科で目指すなら、分娩なしの予約制のところも良いですね!

看護師が高収入を産婦人科で目指すための3つ目の方法は、分娩なしの産婦人科クリニックで働くことです。

高級な産科クリニックは接遇が厳しそうだし、助産師を目指すほど仕事へのやる気もない。むしろ、楽で残業がないような職場で働きたいという人もいますよね。

楽で残業がないなら、割がいい職場だと思えますので、そこそこのお給料でも高収入と思うことができます。

そういうあなたは、産婦人科の中でも分娩なしのクリニックを選びましょう。 分娩は昼夜問わずありますので、いつ忙しくなるかわかりませんし、分娩が重なれば残業することもよくあります。

そのため、割のいい職場で働くなら「分娩なし」は必須条件なんです。そして、できれば予約制のクリニックが良いでしょう。

産婦人科のクリニックは、予約制の診療をしているところも珍しくありません。予約制ならば、1日の患者さんの数は決まっていますので、「患者さんがたくさん来て忙しいから残業決定・・・」ということもないんです。

助産師の資格を取って高収入を目指すか、産科専門の高級クリニックで高収入を目指すか、割りの良さを重視して高収入を目指すかは、あなたの価値観次第です。

あなたの価値観に一番合っている働き方を選んで、産婦人科で高収入を目指しましょう!ここで問題なのは、助産師資格取得支援制度がある産科、高級クリニック、残業がなくて楽な割のいいクリニックの探し方です。

こういう条件に当てはまる産婦人科は、そこまで数が多くありませんし、自分で探すのは大変です。特に、助産師の資格取得支援制度があるかどうかなんて、自分では調べられませんよね。そういう時は転職サイトを使うと良いですよ。

担当者に「将来助産師の資格を取りたいから、支援制度があるところ」、「お給料が良い高級産科クリニック」、「楽で割りのいい産婦人科」などの条件を伝えれば、それに合った求人を紹介してくれるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、 利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの 」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。看護roo!との併 用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる