看護師の高収入の理由ってどんなものがあるの?

看護師の高収入、その理由、あなたはちゃんとわかっていますか?

看護師の高収入の理由には、どんなものがあるのでしょうか?看護師の求人を見ていると、「おぉ!これは高収入!」とちょっと驚くような高収入の求人がありますよね。

高収入の求人に飛びつきたくなるのはわかりますが、ちょっと待ってください!高収入の理由を考えておかないと、後悔することになるかもしれないんです。

看護師の高収入の理由=正当性があるパターン

看護師の高収入の理由には、正当性があって安心できるパターンと飛びついてはいけない、気をつけなければいけないパターンの2通りがあります。まずは正当性があって安心できるパターンの高収入の理由をご紹介します。

大病院で福利厚生が手厚い

看護師の高収入の理由として多いのが、「大病院で福利厚生が手厚い」というものです。病院の規模が大きくなればなるほど、基本給は高くなる傾向があります。

また、大病院は職員数が多いので、労働組合があるなど職員側の意見が経営側に採用されやすいんです。つまり、福利厚生が手厚くなって、ボーナスの支給実績も良く、住宅手当や家族手当など各種手当も充実するというわけです。

基本給が高く、ボーナスも良い、さらに各種手当が充実していれば、高収入になるのは当然のことですよね。

自由診療である

自由診療も看護師の高収入の理由の1つです。自由診療はクリニックが独自に診療料金を設定できますので、治療や施術に自信があれば、料金を高めに設定できます。

そうすると、自由診療のクリニックの利益は保険診療のクリニックよりも多くなりますよね。利益が多くなれば、そこで働くスタッフの給料に還元されるんです。

自由診療のクリニックには、美容外科クリニック、美容皮膚科クリニック、不妊治療専門クリニック、がん治療専門クリニック、AGA治療専門クリニックなどがあります。

また、最近は分娩を行う産科クリニックの中でもホテルのような高級感を売りにしているところも増えてきています。通常分娩は保険適用外ですので、そういう産科クリニックの看護師も高収入になっています。

看護師の高収入の理由=気をつけなければいけないパターン

看護師の高収入、気をつけなければならないパターンって何?

看護師の高収入の理由の中で飛びついてはいけない、気をつけなければいけないパターンも知っておきましょう。

看護師不足が深刻でどうしても人が集まらない。仕方がないから給料を高くして求人を出しているというパターンです。高収入を売りにして、看護師を釣ろうとしているんです。

このパターンの求人には、いくら高収入だからと言っても、飛びついてはいけません!「え~!高収入なら良いじゃない!」と思うかもしれませんが、少しだけ落ち着いて考えてみましょう。それから決めても遅くはありませんよね。

さて、このパターンで考えなくてはいけないこと、それは「なんでそんなに看護師が不足しているの?」ということです。

世の中は看護師不足ですが、高収入で釣らなければいけないほどではありませんよね。それなら、ほかの病院やクリニックの看護師求人は全部高収入になるはずですから。

しかも、高収入の求人を出していれば、看護師が集まりやすいから、すぐに募集は締め切りになるはず。でも、看護師募集はまだ続いている。これには理由があるはずです。

その理由とは、その求人の職場環境が最悪かもしれないということです。たとえば、4週6休すら守られない、もちろん年末年始休暇や夏季休暇はなし、有給休暇は有名無実化、残業が月60時間を超える、しかもサービス残業。

こんな職場だったら、高収入でもすぐに辞めたくなりますよね。また、職場の人間関係が悪い、やりがいがないという理由で離職率が高いというケースも考えられます。

たとえば、お局様が居座っていて、新しい人が入ってくると問答無用でいじめの対象にする。注意するはずの師長は見てみぬふり、もしくはいじめに参加しているかもしれません。

また、毎日毎日同じ作業の繰り返し、「これって看護師の仕事?」と聞きたくなるような雑用が多く、看護業務が少ない。やりたい看護からは程遠いこともあるでしょう。

これはあくまで可能性であり、大病院や自由診療以外の職場の高収入の理由が全部このようなパターンというわけではありません。でも、可能性としては十分に考えられるものなんです。

看護師が高収入の理由を見極める方法は?

高収入の理由を確かめる際に気をつけるべきことは、何でしょう?

看護師が高収入の理由を見極める方法はあるのでしょうか?求人を見て、「これは正当性があるから安心できるもの」、「これは気をつけなくちゃいけないもの」と見極めるための方法を教えます。

給料以外の条件に注目

まずは、給料以外の条件に注目しましょう。年間休日や有給消化率、平均残業時間、各種手当の有無などです。これに注目しておけば、ある程度「ブラック企業」か否かがわかります。

職場の人間関係をチェック

職場の人間関係もあらかじめ確認しておきたいポイントです。人間関係が悪いことが原因で看護師が集まらない可能性は十分にあります。

「私は人間関係なんて気にしないし♪」と思っていても、あなたの常識を超えた人間関係の悪さかもしれません。きちんとチェックしておきましょう。

一番重要なのは離職率

そして、何より一番重要なポイントは離職率です。高収入は、看護師の仕事のモチベーションが上がる大きな理由の1つですよね。高収入だったら、少しくらいの不満は我慢できるものです。

それなのに離職率が高かったら、高収入というメリットよりもそのほかのデメリットがずっと多いということになります。高収入の求人を選ぶ上で、離職率は最重要ポイントなのです。

看護師の高収入の理由を見極めるポイントをご紹介しましたが、これを自分で調べるのは難しいですよね。職場の離職率なんて、公表されていませんから。

ということは、自分で高収入の求人を探して転職しようとすると、高収入の理由をきちんと見極められずにブラック企業のようなところに転職するリスクがあります。

それを避けるためには、転職サイトを使えば良いんです!転職サイトなら、年間休日や有給消化率、平均残業時間、各種手当の有無、職場の人間関係、離職率を全部担当者が調べてくれます。

それを知った上で高収入の求人を選べば、ブラック企業ではなく「きちんとした理由があって高収入」の職場に転職することができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる