看護師が高収入を救急外来(ER)で狙うなら気をつけたいことは何?

看護師が高収入を救急外来(ER)で感じるのは難しい?

看護師が高収入を救急外来(ER)で狙うなら気をつけたいことがあります。

救急外来(ER)は高収入のイメージがあるかもしれませんが、そのイメージだけで救急外来(ER)に転職すると、「割に合わない・・・」、「全然高収入じゃない」と後悔することになるんです。

看護師は高収入を救急外来(ER)で狙うことができるの?

看護師は高収入を救急外来(ER)で狙うことができるんでしょうか?

救急外来(ER)は、救急搬送されてきた患者さんを治療するところであり、いつも忙しく、救急外来(ER)で働く看護師は「できる看護師」というイメージがありますよね。

「そういう職場で働けば、一般病棟よりも高収入をもらえそう♪」と思うかもしれませんが、実は救急外来(ER)で働いても、それほど高収入を狙うことはできないんです。

なぜなら、救急外来(ER)で働いても基本給が上がるわけではないからです。そして、危険手当や特別手当、外来手当の上乗せで手当が付いても、数千円から1万円程度だけです。

そうすると、一般病棟で働いても救急外来(ER)で働いても、数千円から1万円程度しか月収は変わりませんので、救急外来(ER)で高収入を狙うのは難しくなります。

では、救急外来(ER)では高収入を狙えないのか?そんなことはありません。救急外来(ER)で高収入を狙うには、給与額だけでなくその他の条件にもこだわるようにすれば高収入と思うことができます。

「この条件でこれだけのお給料をもらえれば満足!」と思うことができたなら、その救急外来(ER)はあなたにとって割のいい仕事になります。割のいい仕事なら、高収入と思えますよね。

看護師が高収入を救急外来(ER)で狙うなら、救急外来の規模にこだわれ!

救急外来といっても色々あるので、自分にあった職場を選ぶようにしましょう。

看護師が高収入を救急外来(ER)で狙うなら、割がいいかどうかが重要になります。どういう条件だったら、救急外来(ER)で割がいいと思えるのでしょうか?

それは、やりがいを感じられることです。あなたはなぜ救急外来(ER)で働きたいと思ったのですか?

それは、「救急看護がしたい」、「急変にも慌てずに対応できるスキルを身につけたい」と思ったからではないでしょうか。

その気持ちを十分に満たしてくれてやりがいを感じられたら、超高収入ではなく、「まあまあ高収入かなぁ」と思えるお給料でも満足することができますよね。

では、やりがいを感じられる救急外来(ER)はどこでしょうか?

救急外来(ER)と言っても、その規模は千差万別です。かかりつけの患者さん以外は基本的に受け入れず、夜間は緊急オペどころかCT検査すらできないところもあります。

その一方で、2次救急でありながら3次救急レベルの超重症な患者さんも積極的に受け入れる「2.5次救急」と呼ばれる救急外来もあるんです。

また救急外来だけではなく3次救急の患者さんを専門に受け入れる救命救急センターもありますし、北米型ERと呼ばれる1~3次救急のすべての患者さんを救急専門医が診るシステムをとっている病院もあります。

救急外来でいろいろな症例を看たいなら2.5次救急が良いですし、3次救急を専門にしたいなら救命救急センター、トリアージを学びつつ3次救急も経験したいなら北米型ERシステムの病院がオススメです。

あなたはどんな救急外来(ER)で働きたいですか?

あなたがやりがいを感じられる救急外来(ER)で働くことができれば、救急外来(ER)での高収入に大きく一歩近づきます。

看護師が高収入を救急外来(ER)で狙うなら、残業の有無にこだわれ!

残業があるかどうかも、救急外来への転職を考えるに当たって大事です。

看護師が高収入を救急外来(ER)で狙うなら、どんな救急外来(ER)で働くかも大切ですが、残業があるかどうかも重要なポイントです。

救急外来(ER)は忙しいので残業があって当たり前と思うかもしれませんが、そんなことはありません。もちろん、残業が多い救急外来(ER)もたくさんあります。

残業があるから、夜勤の日は仕事が終わるのがいつもお昼過ぎになってしまうという救急外来(ER)も珍しくありません。

その一方で、残業がほとんどない救急外来(ER)もあるんです。

救命救急センターは24時間看護師の配置人数が変わりませんので、残業はほとんどありません。また、救急外来でも必要人数をきちんと配置している病院は、残業は少なめです。

実際に私が働いていた救命救急センターは残業時間が月1~2時間でしたし、隣の部署である救急外来も同じ程度でした。

残業が毎日長時間あるのが当たり前の救急外来(ER)と基本的に残業なしの救急外来(ER)、どちらで働きたいですか?

残業の有無は仕事のモチベーションやプライベートの充実に大きく影響します。

もし、基本的に残業がない救急外来(ER)で働くことができたら、「やりがいもあるし、残業もないなら大満足!」と思えますよね。そう思えれば、「割のいい仕事だから、この給料でも高収入♪」と思えるはずです。

ただ、問題なのは救急外来(ER)のある病院に転職しても、救急外来(ER)に配属されないかもしれないことです。

救急外来(ER)への配属を希望しても、一般病棟や一般外来に配属されたら、転職した意味がありませんよね。異動希望を出しても、いつ救急外来(ER)で働けるのかわかりません。

それを避けるためには、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら、救急外来(ER)への配属が確約している求人を取り扱っていますので、それに応募して採用されれば救急外来(ER)で働くことができます。

また、希望する病院にそういう求人がなくても、担当者に「どうしてもこの病院の救急外来(ER)で働きたい!」と伝えましょう。

そうすれば、担当者が病院側と配属先の交渉をしてくれますので、救急外来(ER)配属を約束してもらった状態で採用試験を受けることができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる