看護師が高収入を手術室勤務で得るための病院の選び方は?

看護師が高収入を手術室で得るのは簡単だけど・・・

看護師が高収入を手術室勤務で得るためには、どのような病院を選べば良いのでしょうか?

手術室で働いて高収入を得ようと思ったら、あなたの価値観や高収入への考え方によって、どんな病院の手術室で働くべきかが変わってきます。タイプ別にオススメの病院をご紹介します!

看護師が高収入を手術室勤務で得る方法:バリバリ&ガッチリ派

看護師が高収入を手術室勤務で得る方法、まずはバリバリ働いてガッチリ稼ぎたい人からです。

バリバリ働いて、ガッチリ稼ぎたい。そのためには、少し忙しくてもOKというあなたにオススメなのは大学病院や公立病院の手術室で働くことです。

大学病院や公立病院は、基本的に病床数が多く規模が大きいですよね。規模が大きい病院は基本給やボーナスが高めですので、高収入を得やすいんです。

そして、大学病院や公立病院のほとんどが救急病院になっています。救急病院だと緊急オペが入る可能性が高いですので、残業が多くなりますが、その分残業手当をもらうことができます。

そして、日中だけでなく夜間もオペをすることがありますので、当直や夜勤勤務もあり、当直手当や夜勤手当が付きますので、さらにお給料は高くなります。

手術室の場合、当直体制ではなく夜勤体制のところはあまり多くありませんが、当直手当よりは夜勤手当のほうが高いですので、少しでも多く稼ぎたい人は、夜勤体制の大学病院や公立病院を選ぶと良いでしょう。

看護師が高収入を手術室勤務で得る方法:スキルアップ重視派

あなたはスキルアップ派?それともマイペース派?

看護師が高収入を手術室勤務で得る方法、次はスキルアップを重視する人にオススメの病院をご紹介します。

スキルアップができて、仕事に満足できれば、そこそこの給料でも高収入だと感じることができますよね。

大学病院や公立病院

大学病院や公立病院は給料が高めであることが特徴ですが、診療科が多くたくさんの症例を経験できること、緊急手術が多いことも特徴になります。

診療科が多ければ、それだけ色々な種類の手術を経験することができます。また緊急手術があると、それに対応するだけのスキルを養うことができますので、着実にスキルアップしていけるでしょう。

色々な種類の手術に緊急時にでも対応できるスキルを持つ事ができれば、スキルアップを希望するあなたにとって割のいい職場と言えますので、高収入だと感じることができるでしょう。

それに加えて、大学病院や公立病院は実際のお給料も高めですので、高収入を狙うスキルアップ重視派の人にとってはピッタリの職場ですね。

単科病院

色々な種類の手術に対応できるスキルではなく、1つの診療科の手術看護を極めたいという人もいますよね。そういう人は、単科病院の手術室を選びましょう。

脳神経外科や心臓血管外科などの単科病院の手術室で働けば、その診療科関連の手術しか行いませんので、1つの診療科の手術看護を極めることができます。

総合病院の手術室だと、あまり興味のない診療科の手術にも入らなくてはいけませんが、興味のある診療科の単科病院の手術室であればそういうこともありません。

自分の興味のある単科病院の手術室で働けば、仕事へのやりがいを感じることができますし、さらにその診療科の手術看護を極められれば、割がいいから高収入と思えるはずです。

ただ、単科病院は病院によって手術実績が全然違います。ごく簡単な手術のみを行っているところもあれば、1つの分野に関しては大学病院並みかそれ以上の実績を誇るところもあるんです。

ですから、単科病院の手術室を希望する場合は、あらかじめどんな種類の手術を何件くらい行っているのかなど手術実績をきちんと確認しておきましょう。

看護師が高収入を手術室で得る方法=ゆったりマイペース派

手術室で看護師が高収入を得たい場合は、まず自分のタイプを見極めましょう。

看護師が高収入を手術室で得る方法、最後はゆったりマイペース派のあなたにオススメの病院の条件です。

あまり忙しいのは嫌だし、そこまでスキルアップしたいとも思わない。それならゆったりマイペースに仕事をして、そこそこの給料が欲しいという人もいますよね。

こういうタイプの人は、超高収入でも忙しいと割に合わないと感じますので、そこまで忙しくなくゆったりと働けてそこそこの給料をもらえる方が、割がいいから高収入と思うことができるでしょう。

では、忙しくなくゆったりと働ける手術室はどんな病院にあるのかを考えてみましょう。

忙しくない手術室の条件は、予定外の手術は行わないことです。救急病院は緊急手術が入りやすいですので避けましょう。

逆に言うと、救急病院ではない病院の手術室なら、基本的に予定された手術しか行わないということです。予定された手術のみなら、残業は少なめになります。

また、予定された手術のみだったら、夜間や週末には手術を行いません。つまり、夜勤や当直勤務はありません。また、夜間や週末のオンコールもありませんので、完全に日勤のみ、しかも土日祝日は休日になるんです。

日勤のみで土日祝日はお休み、残業は少なめの手術室だったら、ゆとりがあって割がいいと思えますので、お給料がそこまで高くなくても高収入だと思えますよね。

手術室で働いて高収入を得るための方法をタイプ別にご紹介してきましたが、問題は希望通り手術室に配属されるかどうかです。

自分の価値観に合った高収入の稼ぎ方ができる手術室がある病院に転職しても、手術室ではなく病棟や外来に配属されたら、転職した意味がありません。完全に転職失敗ということになります。

そういう失敗を避けるためには、転職サイトを使って、担当者に病院側と配属先の交渉をしてもらいましょう。そして、「手術室配属確約」がある病院に転職すれば、確実に手術室で働くことができます。

また、単科病院の手術実績や残業時間なども担当者があなたに代わって調べてくれますので、転職サイトを使えば簡単に転職を成功させることができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる