看護師は高収入を内視鏡室で得ることはできるの?

看護師は内視鏡で高収入を得られるの?

看護師は高収入を内視鏡室勤務で得ることはできるのでしょうか?

内視鏡室はちょっと特殊なイメージがあると思いますが、内視鏡室で働くとお給料はどのくらいもらえるのか気になりますよね。内視鏡室と高収入の関係について考えてみましょう。

看護師が高収入を内視鏡室で得られるの?

看護師は高収入を内視鏡室勤務で得ることはできるのでしょうか?一般病棟や外来、クリニックと違って、内視鏡室での仕事はちょっと特殊なイメージがありますよね。

内視鏡室での看護師の仕事は、内視鏡などの機器の準備や洗浄、介助、患者さんへの説明、精神的なケアなどがあります。内視鏡を専門としますので、やはり専門性の高い仕事ですよね。

「でも専門性が高いなら、高収入を稼げそう♪」と思うかもしれませんね。でも、残念ながら、「内視鏡室勤務=高収入」というわけではないんです。

内視鏡室だからといって、特別な手当がつくわけではありませんので、ほかの外来のお給料と同じ程度です。

看護師が高収入=内視鏡室と思うためには、視点を変えて考えよう!

内視鏡の看護師が高収入かどうかは、視点を変えて考えてみましょう。

看護師が高収入を内視鏡室で得られると思うためには、ちょっと視点を変えて考えてみる必要があります。視点を変えてみると、内視鏡室=高収入と思うことができるんです!

内視鏡室って意外に割りのいい職場なんです。「この条件でこの給料なら満足!」と思える割のいい職場だったら、額面以上に高収入だなと思えますよね。

内視鏡室は残業が少ない

内視鏡は基本的に事前に予約していたものを行いますので、1日に行う件数は決まっています。予約制であれば、よほどのことがない限り定時に仕事が終わりますので、内視鏡室は残業が少ないんです。

専門性を高められる

内視鏡室の看護師の仕事は、一般病棟や一般外来と比べると、専門性が高く必要とされる知識や技術も違います。

つまり、内視鏡室で働けば「私はこれができます!」というあなたのアピールポイントを作ることができるんです。アピールポイントがあれば、次に転職する時も有利になりますよね。

また、キャリアアップの道も開かれています。内視鏡室で役立つ資格には消化器内視鏡技師があります。

消化器内視鏡技師は第一種内視鏡技師と第二種内視鏡技師に別れますが、看護師は第一種内視鏡技師、准看護師は第二種内視鏡技師となります。

消化器内視鏡技師の資格を取得するためには、以下の条件を満たす必要があります。

・日本消化器内視鏡技師学会の会員の医師が働く内視鏡室で2年以上働くこと
・内視鏡に関する所定の講義を受講すること
・学会主催の消化器内視鏡技師研究会およびその各地方会に2回以上出席すること
・所定の内視鏡機器取り扱い講習会やセミナーに参加すること

この条件を満たし、学術試験と口頭試問に合格すれば、晴れて消化器内視鏡技師の資格を取得することができます。

キャリアアップをしてそれがお給料に反映されれば、さらに高収入になりますよね。割のいい職場でキャリアアップをすれば、ダブルで高収入ということになるんです。

看護師が高収入を内視鏡室で得るために注意したいこと

内視鏡で高収入を得たい看護師は、転職サイトにお願いしたほうが良いですよ。

看護師が高収入を内視鏡室で得るためには、注意しなければいけないことがあります。内視鏡室の中でもきちんと職場を選ばないと、「割がいいから高収入だな!」と思うことができないんです。

緊急の内視鏡がある場合は残業が多いことも

内視鏡は基本的に予約制ですので残業が少ないのですが、どこの職場でも「予約されたものだけ」というわけではありません。

病院内の内視鏡室であれば、病棟で吐血や下血をした患者さんがいたら、緊急の内視鏡を行うこともあります。また、救急病院なら救急搬送の患者さんの内視鏡が突然入ることもあるでしょう。

そういう内視鏡室は、予約されたもの+αの件数を行わなければいけませんので、どうしても残業が多くなるんです。

キャリアアップしても評価してもらえないことも

専門性を高め、消化器内視鏡技師の資格を取ったら、自動的にお給料がアップするというわけではありません。キャリアアップしても、それをお給料に反映してくれない職場もあるんです。

そういう職場でキャリアアップしても、宝の持ち腐れになりますので、キャリアアップしたらそれを評価し、お給料をアップしてくれる職場を選ばなくてはいけません。

ただ、自分ではキャリアアップを評価してくれる職場選びなんてできませんよね。また、残業がどのくらいあるのかもわかりません。

そして、いくら内視鏡室で働きたいと思っていても、内視鏡室に配属されるかどうかなんて採用後に配属が発表にならないとわかりません。

内視鏡室で働きたくて転職したのに、普通の外来に配属されてしまったら、転職した意味がありませんよね。

こういう事態を避けるためには、転職サイトを使いましょう。担当者に「どうしても内視鏡室で働きたい」と伝えれば、内視鏡室配属が確定している求人を紹介してくれます。

また、「キャリアアップしたらお給料を上げてくれるの?」、「残業は月何時間くらい?緊急の内視鏡は多いの?」などのちょっと自分では聞きにくいことも、担当者があなたに代わって調べてくれるんですよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる