看護師が適応障害後に再就職するなら、どんなことに注意すれば良いの?

看護師が適応障害後に再就職するなら、職場を厳選しましょう!

看護師が適応障害後に再就職するなら、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

「適応障害になって、看護師の仕事を辞めたけど、また看護師として働きたい!」というあなたのために、適応障害後に再就職するためのステップを教えます。

看護師が適応障害後に再就職するなら、職場を厳選しましょう!

看護師が適応障害後に再就職するなら、まずは職場を厳選しましょう。あなたは、なぜ前の職場で適応障害になってしまったのでしょうか?

「看護師の仕事があまりにも忙しすぎてついていけなかったから」、「患者さんの死を目の当たりにするのが辛かったから」という理由の人もいるでしょう。

でも、適応障害になってしまった看護師さんは、「職場の人間関係が辛かった」という理由の人がほとんどだと思います。

先輩看護師が怖くて、患者さんの前でも罵倒されたり、「何でそんなこともわからないの?」と冷たく言い放たれたり、最悪の場合はイジメにあったりして、それがストレスになり、適応障害になってしまったんですよね。

ですから、今度は適応障害にならなくて済むような良い人間関係の職場、温かい雰囲気でストレスなく働ける職場を厳選しましょう。

「え?そんな職場あるの?」と不安に思うかもしれませんが、大丈夫です。看護師の職場全部が、ギスギスしていて先輩が異常に怖い職場というわけではありません。

もちろん、あなたがミスしたときは注意されますが、普段は和気あいあいとしながら働いている職場もたくさんあるんです。

そういう職場に再就職すれば、今度は適応障害にならず、看護師として楽しく働くことができるはずです。職場の人間関係は、妥協せずにしっかりこだわって再就職先を探すようにしましょう。

人間関係が良い職場ってどうやって探すの?という疑問が湧いてきますよね。この疑問は、転職サイトを使うことで解消できます。

転職サイトなら、人間関係が良い職場を紹介してもらえるんです。「本当に人間関係が良いかどうかなんてわからないじゃない!」と思うかもしれませんが、大丈夫なんですよ!

転職サイトの担当者は自分が担当している職場を直接訪問して、看護師の働く様子や職場の雰囲気をチェックしています。

また、実際にそこに転職した人に感想を聞くこともありますし、あなたのように人間関係に悩んで転職を希望する看護師さんから、人間関係が悪い職場の情報を聞いていますので、職場ごとの人間関係の良し悪しをしっかり把握しているんです。

ですから、適応障害後に人間関係が良い職場を探したいなら、転職サイトを使うと安心して再就職先を探すことができるでしょう。

看護師が適応障害後に再就職するなら、まずはバイトから始めよう

看護師が適応障害後に再就職するなら、まずはバイトから始めよう

看護師が適応障害後に再就職するための、次のステップは働き方を考えましょう。最初から常勤として働くのではなく、バイトから始めると良いでしょう。

適応障害が治ったとしても、あなたはまだまだストレスに弱い状態です。

そのため、ストレスができるだけ少なくて済む働き方を選んで、徐々に看護師の仕事に慣れていく必要があるんです。

バイトなら、自分で働く時間を調整できますから、最初は週3回で半日だけ、慣れてきたら週3回を8時間、それから週5回フルタイムで働くようにすると良いですよね。

そして、その職場で常勤としてやっていけるという自信がついたら、常勤採用にしてもらえるように師長に交渉してみましょう。

どこも看護師不足が深刻ですから、常勤として働いてもらうのは大歓迎のはずです。

それに加えて、万が一ストレスを感じて、「辞めたい。この職場は合わない。」と思ったときでも、バイトなら常勤よりも簡単に辞められますので、気楽に再就職できますよね。

看護師が適応障害後に再就職するなら、割り切って考える

看護師が適応障害後に再就職するなら、割り切って考える

看護師が適応障害後に再就職するための最後のステップは、割り切って考られる思考法を身につけるようにすることです。

人間関係が原因で適応障害になった場合、この割り切って考えられるかがとても重要になるんです。

あなたは適応障害になった前の職場で「先輩に認められたい、気に入られたい」と思って、頑張っていませんでしたか?

その考えを辞めるんです。「職場の人間関係は職場だけのこと」と割り切って考えましょう。

もちろん、社会人として職場での人間関係を良好に保つことは重要ですが、最初からあまり深入りしないようにしましょう。

どんなに和気あいあいとした職場でも、あなたの中での人間関係がその職場中心になってしまうと、精神的なストレスを感じるときも出てきます。

特に、再就職した後は、新しい人間関係を構築しつつ、新しい仕事を覚えなくてはいけないので、想像以上のストレスを感じるはずです。

ですから、「職場は職場」と割り切って考えるようにすると、嫌なことがあっても「職場だけのことだし、仕方ないか。」と思えるようになります。

そして、プライベートでは家族や恋人、職場以外の友人と思いっきりストレスを発散するようにしましょう。

まとめ

ただのナンパだったの?

看護師が適応障害後に再就職するためには、ご紹介した3つのステップを守りましょう。

最初に、転職サイトを使って人間関係が良い職場(適応障害の原因がない職場)を厳選し、次にバイトから始めるという働き方を選び、最後に人間関係は割り切って考えるという3つのステップを守れば、今度は適応障害にならずに看護師として楽しく働けるはずです。

転職サイトを使うと人間関係が良い職場を探せるメリットがあるとお話しましたが、それ以外にも「最初はバイト、慣れてきたら常勤」という条件で採用してもらえるように担当者が交渉してくれるというメリットもあるんです。

また、「職場は職場」と割り切って働く人が多く、人間関係があっさりしていてストレスが少ない職場を紹介してもらうこともできますよ!

これなら、今度は適応障害にならずに再就職できますよね!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる