看護師が辞める時に嘘をつくとスムーズに辞めることができます!

看護師が辞めるときに嘘をつくと、スムーズに辞められるって知っていますか?

看護師が辞めるときに嘘をつくと、スムーズに辞められるって知っていますか?看護師は退職する時に、揉めたりトラブルになることが少なくないですよね。

看護師が辞めるときに嘘をつくと、なぜスムーズに辞められるのかを一緒に考えていきましょう。

看護師が辞めるのに嘘をつくのはありですか?

看護師が辞めるのに嘘をつくのはありですか?

看護師が辞めるのに嘘をつくと、スムーズに辞められます。そもそも、看護師が辞めるのに嘘をつくのはありなのでしょうか?

看護師が辞めるのに嘘をつくとスムーズに辞められるといっても、嘘をついて良いのか心配になりますよね。

でも、看護師が辞めたいなら、嘘をついたほうが良いんです。

正直なことはとても良いことですが、すべてを正直に、嘘1つなく退職の手続きを進めたところで、トラブルになってしまったら、意味がありません。

昔からのことわざで、「嘘も方便」という言葉がありますよね。嘘も上手に使えば、悪いことではなく、むしろメリットがあるのです。ですから、看護師が辞める時に嘘をつくのはありなんです!

看護師が辞めるのに嘘をつくのは師長の引き留め工作を避けるため

看護師が辞めるのに嘘をつくのは師長の引き留め工作を避けるため

看護師が辞めるのに嘘をつくのは、スムーズに退職するためです。看護師は辞めるときに、師長に引き留められることが良くありますよね。

師長に強く引き留められたから、なかなか辞めることができずに、ストレスを抱えたままズルズルと仕事を続け、心身ともにボロボロになることがあります。

そこまでして、その職場で看護師を続けなくてはいけないのなら、上手な嘘をついてサッサとスッキリ辞めてしまったほうが良いと思いませんか?

師長の引き留め工作に対抗するために嘘をつく場合、一体どんな嘘をつくのでしょうか?

それは、退職理由です。

師長に、「退職します」と伝えた場合、ほぼ百発百中の確率で「なんで辞めるの?理由は何?」と聞かれるでしょう。この時に嘘をつくんです。

例えば、あなたは今、急性期病棟に勤めていて、人間関係にウンザリして辞めたいと思っていたとします。

それで、「なんで辞めるの?」と聞かれた時に、「人間関係が嫌だからです」と正直に答えた場合はどうなるでしょうか?

きっと師長は、「わかったわ。人間関係を悪くしている人と、しっかり話をしてみるから、辞めるのはもうちょっと待って。」と言われて、引き留められると思います。

でも、今まで職場の人間関係に手を付けずに、あなたが「辞めたい」と思うほどになるまで放っておいたのは師長の責任です。

恐らく、「しっかり話すから」と言いつつ、なかなか話さずに、職場の人間関係は改善しないでしょう。職場の人間関係を改善できる師長なら、もうとっくに改善できるように取り組んでいるはずですから。

では、もっと他にも退職理由で嘘をついたパターンを考えてみましょう。たとえば、「訪問看護にチャレンジしたいんです。」という嘘をついたとします。

この場合、今、あなたが働いている職場は急性期病棟ですから、今の職場で働いていても、訪問看護には永遠にチャレンジすることはできません。そのため、このような理由だと師長は引き留めにくいんです。

また、今の職場と自宅がある程度離れているなら、もっと大胆な嘘をついても良いかもしれません。

例えば、「夫が転勤になるので、それについていくことになりました」とか「父の介護をしなければいけないくて」とかですね。

このような家庭の事情も、師長は引き留めることはできません。

なぜなら、師長にはどうやっても、この家庭の事情を解決することはできないからです。

ただ、この家庭の事情で退職するという嘘をつく場合、自宅と職場が近いと、退職後に職場の人に嘘をついて辞めたことがばれるリスクが大きく、退職後にかなり気まずいことになる可能性があります。

そのため、この家庭の事情の嘘は、自宅と職場がある程度離れている場合のみに使いましょう。

看護師が辞めるのに嘘をつくなら、考え方を変えてみよう

看護師が辞めるのに嘘をつくなら、考え方を変えてみよう

看護師が辞めるのに嘘をつくと、師長に引き留められにくくなりますので、スムーズに辞められることを説明しました。

でも、正直な看護師さんや嘘をつくのが苦手な看護師さんは、「いくらスムーズに退職できるからって、嘘をつくのはちょっと…」と思ってしまうこともあると思います。

確かに、いくらスムーズに辞めることができるといっても、嘘は嘘です。嘘をつくことに抵抗がある人もいるでしょう。

そういう時は、考え方を変えてみませんか?「嘘」と考えるからダメなんです。

「嘘をつく」のではなく、「辞めるための手段」、「辞めるためのコツ」と考えると良いでしょう。

そうすれば、本当の退職理由を言わないことは、辞めるための手段であり、スムーズに辞めるためのコツなのですから、後ろめたく思う必要も、抵抗を感じることもないのです。

まとめ

まとめ

看護師が辞めるのに嘘をつくことは、スムーズに辞めるためには必要なことであり、スムーズに辞めるためのコツと言えます。

退職理由で嘘をつくなら、師長がどうやっても引き留められないもの、師長の力では退職理由を解決できないものを選びましょうね。

看護師が辞めるのに嘘をついても、どうしても辞められない。早く辞めて次の転職先で働きたいという場合は、転職サイトを使うと良いですよ

転職サイトを使うと、担当者がスムーズに辞めるためのアドバイスをしてくれますし、次の転職先を同時進行で探すことができます。

また、担当者が親身になって相談に乗ってくれますので、次は「嘘をついてでも辞めたい」と思わないようなあなたに合った職場に転職することができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる