看護師が辞めるには、師長の引き留め工作を振り切ることが重要です!

看護師が辞めるには、どうしたら良いのでしょうか?

看護師が辞めるには、どうしたら良いのでしょうか?

せっかく今の職場を辞めて、新しい一歩を踏み出すのですから、スッキリ気持ちよく辞めたいものです。

看護師が揉めずにスッキリ辞めるにはどうすれば良いのかを徹底解説します。

看護師が辞めるのは、師長の引き留め工作をどう振り切るかがカギ!

看護師が辞めるのは、師長の引き留め工作をどう振り切るかがカギ!

看護師が辞めるには、どうしたら良いのでしょうか?看護師が辞めるときって、なかなか辞められないことがありますね。

今の職場で以前辞めた人が師長と揉めたり、なかなか辞められなくて困っている姿を見ていると、実際に自分が辞めるときに、気持ちよく辞めるにはどうしたら良いのか不安になってしまうと思います。

確かに、看護師が辞めるときには揉めることが多いのですが、その原因は師長の引き留め工作です。

師長としては、あなたに辞められるととても困るので、あの手この手を使って、あなたが辞めないように引き留め工作をするわけです。

そうすると、なかなか辞められずに、トラブルになることがありますので、看護師がスッキリ辞めるには、師長の引き留め工作をどう振り切るかが大きなポイントとなるのです。

看護師が辞めるには、退職を告げる時期が大切

看護師が辞めるには、退職を告げる時期が大切

看護師が辞めるには、師長の引き留め工作をどう振り切るかがカギになりますので、師長の引き留め対策法を3つご紹介します。

まず、1つ目は退職を告げる時期です。辞めることを決めたら、師長に「○月末日付で辞めます」と伝える必要がありますが、これはできるだけ早く伝えるようにしましょう。

もうある程度辞めることが決まっていれば、6ヶ月前でも、1年前でも構いません。「来年の○月ごろに辞めるつもりです。」のように伝えておきましょう。

なぜ、看護師が辞めるには退職を早く伝えなければいけないのか、それはあなたの代わりの看護師を探す猶予を師長にあげるためです。

どの職場も人手不足で悩んでいますよね。あなたが1人辞めてしまうと、シフトが回らなくなってしまう可能性があります。

そうすると、師長は「困る」なんてものではありません。だから、あなたを必死で引き留めるのです。

それなら、できるだけ早く退職することを告げて、師長にあなたの代わりの看護師を採用する時間的猶予を作ってあげましょう。

早めに伝えれば、それだけ採用にかけられる時間が増えますし、あなたが辞めるまでに、即戦力になるための指導もできます。

ですから、看護師が辞めるには、退職することをできるだけ早く伝えると良いのです。

看護師が辞めるには、退職理由が大切

看護師が辞めるには、退職理由が大切

看護師が辞めるには、退職理由も大切です。

退職理由によっては、師長に「引き留めれば、思い直してくれるはず」と思わせてしまったり、マイナスの印象を持たれることがありますので、強い引き留めに遭ってしまうのです。

でも、「この理由なら仕方がないわね」と思われる退職理由なら、引き留め工作を振り切って、気持ちよく辞めることができるはずです。

おすすめの退職理由は家庭の事情やスキルアップ・キャリアアップです。

「旦那の転勤についていかなくてはいけないので」とか「親の介護があって」のような家庭の事情なら、師長は引き留めることができません。

また、「以前から興味があった訪問看護にチャレンジしたい」とか「大学院に行って学びたい」などの理由なら、師長も引き留めにくいですし、「そういう理由なら仕方がないわ。頑張ってね」と気持ちよく送り出してくれるでしょう。

「嘘も方便」と言いますから、最悪、ばれても支障がない範囲で上手に嘘の退職理由を考えるようにしましょう。

看護師が辞めるには、転職先を先に決めるのもあり

看護師が辞めるには、転職先を先に決めるのもあり

看護師が辞めるには、転職先を先に決めてしまうのも良いでしょう。

これは、退職が決まる前に転職先を決めるわけですから、ある意味ルール違反と言える方法なのですが、どうしても退職を許可してもらえないという場合は、こちらもルール違反をするしかありません。

まずは、就業規則をチェックしましょう。就業規則に「退職するには○週間前(○ヶ月前)に申し出ること」と書いてあると思います。

その期間の前に、あなたが退職を申し出ていて、その期間を過ぎても退職を許してもらえないなら、もう次の転職先を決めてしまうのもアリなんです。

そして、師長に「次の転職先が決まっていて、○月からそちらでお世話になるので」と言ってしまいましょう。

師長は「そんなの非常識よ!私は辞めて良いなんて一言も言っていないわ」と言うと思います。

その時は、「でも、私には辞める権利があります。民法で決められています。就業規則で定められている期間の前に、きちんと師長に退職することを伝えていますから。○月末日付で辞めるには、何の問題もないはずです。」と言ってしまいましょう。

そうすれば、師長は何も言えなくなるはずです。そして、そのまま強引に退職まで突き進んでください。看護師が辞めるには、多少の強引さが必要なこともあるのです。

まとめ

まとめ

看護師が辞めるには、師長の引き留め工作を振り切る必要がありますが、紹介した3つのコツを実践すれば、引き留め工作を振り切ることができるはずです。

看護師が辞めるための最後の手段は、転職先を先に決めることですが、転職先を決めるなら、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、担当者が入職日の調整をしてくれますので、希望した日に入職することができます。

また、担当者は看護師の転職のプロですから、引き留め工作を振り切って辞めるためのアドバイスもしてくれるんです。

看護師が辞めるにはどうしたら良いんだろう?と悩んでいる人は、転職サイトを使うと、意外とすんなり辞めることができるかもしれませんよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる