看護師が辞めるときは誰にいつ頃辞めることを言えば良いの?

看護師が辞めるときは誰にいつ頃、辞めることを言えば良いのでしょうか?

看護師が辞めるときは誰にいつ頃、辞めることを言えば良いのでしょうか?

看護師が辞めるときは、トラブルになることが珍しくありません。

辞めるときにスッキリ&トラブルなく辞めるためにも、辞めることを誰にいつ頃言えば良いのかを確認しておきましょう。

看護師が辞めるときは必ず最初に師長(上司)に言おう

看護師が辞めるときは必ず最初に師長(上司)に言おう

看護師が辞めるときは、誰に辞めることを言えば良いのでしょうか?

辞めたいけれど、誰に辞めることを言えば良いのか、退職願ってどんな風に書けば良いかわからないという人もいますよね。

看護師が辞めるときは、師長に辞めることを伝えましょう。

事務長でも主任でもありません。師長に「辞めます」、「退職します」と伝えなければいけません。

なぜなら、看護師に限らず、サラリーマンなどの労働者が退職する時は、所属する部署の直属の上司に伝えることがセオリーだからです。

たとえば、あなたが看護師として脳外科病棟に配属になっているなら、脳外科病棟の看護師長に伝えます。

介護施設で働いている場合も、看護師長がいると思いますので、看護師長に辞めることを伝えてください。

クリニックでは大きなクリニックだと看護師長がいるかもしれませんが、小さめのクリニックだと看護師は2~3人、下手すりゃ自分1人だけで、師長がいないことも多いと思いますので、そういう時は院長に伝えましょう。

そして、訪問看護ステーションはその事業所の管理者に辞めることを伝えてください。

看護師が辞めるとき、同僚に最初に言うのはやめたほうが無難!

看護師が辞めるとき、同僚に最初に言うのは辞めたほうが無難!

看護師が辞めるときは、師長に言う前に同僚の友人に「私、辞めることにしたんだ」と伝えたくなることもあると思います。

仲の良い同僚、今までお世話になった同僚に一番最初に伝えたいと思う人もいるでしょう。ただ、同僚に最初に伝えるのは控えたほうが良いでしょう。

なぜなら、同僚に「私、辞めるんだ」と伝えた場合、その同僚が絶対に秘密にしてくれるとは限らないからです。ふとした拍子に口を滑らせてしまう可能性があります。

また、忙しくて人手不足の職場だと、今まで仲良くしていた人でも、あなたが辞めると伝えたとたんに、「1人で辞めるなんてズルい!」と思って、嫌がらせのために、師長にあることないことを言いつける可能性もあります。

そして、巡り巡ってあなたが師長に辞めることを伝える前に、師長の耳にあなたが辞めることが伝わったら、師長はどう思うでしょうか?

「は?私、何も聞いてないんだけど。何なの?」と思うはずです。つまり、あなたが辞めることに対して、マイナスイメージを持つわけです。

その後に、あなたが師長に「辞めます」と伝えたら、間違いなく辞めるときのトラブルになるはずです。

ですから、看護師が辞めるときには本当に信頼できて、口が堅い仲の良い同僚になら、事前に報告するのもありですが、まずは師長に辞めることを報告して、辞めることが決まってから同僚に伝える方がトラブルなくスッキリ辞めることができるでしょう。

看護師が辞めるときは早めに師長に言うのがトラブル防止のカギ

看護師が辞めるときは早めに師長に言うのがトラブル防止のカギ

看護師が辞めるときには、まずは師長に報告するのがスムーズに辞めるためには重要なことになりますが、いつ頃師長に言うと良いのでしょうか?

辞めるときに、いくら師長に最初に報告しても、報告するタイミングを間違ったら、トラブルを招くことになります。ですから、辞めるときは正しいタイミングで師長に報告しなければいけないのです。

では、辞めるときにはいつごろ報告するのが良いのでしょうか?それは、辞めることを決めた時です。

つまり、辞めようと思ったら、できるだけ早く師長に報告するのが良いのです。

師長は早く辞めることを伝えてもらったら、それだけあなたの代わりの看護師を探す期間が長くなりますので、あなたの退職までに、新しい看護師を採用しておくことができます。

でも、退職する2週間前に突然「辞めます」と伝えても、師長は2週間以内にあなたの代わりを見つけることができないので、強く引き留められるなど、トラブルが起こりやすくなるのです。

ですから、看護師が辞めるときはできるだけ早く伝えるようにしましょう。もし、半年前に辞めることを決めたら、半年前に伝えてOKですよ。

私は1年前から師長に「来年の○月で辞めます」と伝えていました。そしたら、スムーズにトラブルなく辞めることができました。

まとめ

まとめ

看護師が辞めるときには、まずは必ず師長に伝えるようにしましょう。

そして、友達に伝えるのは師長に伝えてからにしてください。また、師長にはできるだけ早く、辞めることが決まった時点ですぐに伝えるようにしましょう。

そうすれば、辞めるときにはトラブルにならず、スムーズに気持ちよく辞めることができるはずです。

もし、どうしてもトラブルになって、なかなか辞められない場合は、転職サイトを使って転職先を探すと良いですよ。

転職サイトでは担当者が転職に関する相談・アドバイスをしてくれますので、退職時のトラブルの解決法をアドバイスしてくれるはずですよ!

また、転職サイトを使えば、辞めるための手続きと並行して、次の転職先を探すことができますので、効率よく転職先探しができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる