看護師が辞めたいと5年目で思った時の対処法を教えて!

看護師が辞めたいと5年目で思った時にはどうすれば良いのでしょうか?

看護師が辞めたいと5年目で思った時にはどうすれば良いのでしょうか?

中堅看護師のカテゴリーに差し掛かる5年目の看護師はどんなことで辞めたいと思うのか、辞めたいと思ったときはどうすれば良いのかを一緒に考えてみましょう。

看護師が辞めたいと5年目で思うのはリーダー業務のせい?

看護師が辞めたいと5年目で思うのは、どんな理由があるからなのでしょうか?

5年目になると、ほとんどの看護師さんがリーダー業務をすることになります。

このリーダー業務のせいで、辞めたいと思うようになることが多いんです。

リーダーは5年目の看護師の壁と言って良いかもしれません。

リーダー業務って、割に合わないんですよね。仕事の責任と苦労、ストレスが増えるだけ。

リーダー手当がつく病院もありますが、手当がついたとしても数百円程度のことが多いんです。

たった数百円だったら、リーダーなんてやりたくない!と思ってしまいます。

そのくらいリーダー業務って割に合わないものなんです。

ドクターからの指示受けをしなくちゃいけない。

しかも、ドクターの機嫌が悪い時なんて八つ当たりされるから面倒だし、ストレスが増える。

病棟がうまく回っているかどうか確認しつつ、新人や後輩のフォローも必要。さらに、先輩にも指示しなくちゃいけないから、めちゃくちゃ気を使う。

そして、日勤リーダーなら責任者の師長や主任がいてくれるのでまだマシ。夜勤リーダーはさらに大変です。

夜勤リーダーは夜間の管理者代行、つまり責任者になりますので、何かトラブルがあった場合、あなたが対処しなくてはいけないんです。

こんなに大変で割に合わないリーダー業務をするなら、5年目の看護師がもう辞めたいと思うようになるのも仕方がないですよね。

看護師が5年目で辞めたいと思ったらどうする?

看護師が5年目で辞めたいと思ったらどうする?

看護師が5年目で辞めたいと思ったら、どうすれば良いのでしょう?

リーダー業務は大変だし嫌だからといって、リーダー業務を免除してもらうというわけにはいきません。周囲から白い目で見られてしまいます。

リーダー業務の負担が少しでも軽くなる方法をご紹介します。

リーダーのコツを教えてもらう

あなたの病棟に「この人がリーダーだと、病棟がうまく回るんだよね」という先輩看護師はいませんか?

急変が起こっても、その人がリーダーだとうまく割り振ってくれるので、残業しなくて済んだり、仕事中にさりげなくフォローしてくれたりする人です。

そういう先輩看護師がいたら、リーダー業務が苦痛で辞めたいと思っていることやリーダー業務を上手に行うコツがあったら教えてほしいことを相談してみましょう。

あなたには考え付かなかったようなコツを伝授してくれるかもしれませんよ!

トラブル対処マニュアルを作ってもらう

夜勤中はリーダー業務だけでも大変なのに、さらに管理者代行にもなりますので、責任が重くなります。

「何か問題が起こったらどうしよう。」と不安になりますよね。

そういう不安をなくすためには、師長に夜勤中のトラブル対処マニュアルを作ってもらうようにお願いしましょう。

夜勤中に責任が重くなることを不安に感じているのはあなただけではないはずです。

これからのリーダーをやる後輩のためにもなることを強調すれば、マニュアルを作ってくれるでしょう。

看護師が辞めたいと5年目で思った時の求人選びのポイント

看護師が辞めたいと5年目で思った時の求人選びのポイント

看護師が辞めたいと5年目で思って、リーダー業務の負担が減るように先輩にも相談したけど、何のアドバイスももらえなかった。

師長に夜勤中のトラブル対処マニュアルを作ってもらうようにお願いしたけどダメだったという場合は、転職を考えてみましょう。

リーダー業務ができる5年目の看護師なら、転職先はいくらでもあります。

今働いている病院よりも、年収アップを狙うことだってできますし、年間休日が大幅アップする求人だってたくさんあるでしょう。

でも、年収や年間休日などの待遇面だけに惹かれて転職してしまうと、転職先でまた同じような悩みを抱えて「辞めたい」と思うようになりますので、求人選びは慎重にする必要があります。

当直師長がいるか

リーダー業務の中でも、特に夜勤中の責任が重くなるのが嫌という人は、当直師長がいる病院を選びましょう。

たくさんの病棟がある大病院だと、各病棟の師長が持ち回りで当直師長として夜勤中に病院内にいてくれるので、何かトラブルがあった時でも頼ることができます。

リーダー業務がない

リーダー業務そのものがもう嫌!という場合は、リーダー業務がない職場を選ぶようにしましょう。介護施設やクリニックだとリーダー業務がないことが多いです。

また、病棟でも小さな個人病院だとリーダーを置かずに仕事をするところもありますので、病棟勤務を希望する場合は、小さめの病院を中心に探してみましょう。

ただ、当直師長がいるかどうか、リーダー業務がないかどうかを自分で調べるのは難しいですよね。

でも、ちゃんと調べないと、転職してもまたリーダー業務で辞めたいと悩むことになります。

当直師長がいるか、リーダー業務がないかを調べるには、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトを使えば、あなたに代わって担当者が調べてくれるんです。

また、「リーダー業務がない病棟で、年収もアップさせたい!」とか「当直師長がいる病院で年間休日が多いところ」などの要望にもそれに合った求人を探してくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる