看護師が辞めたいと4年目で思ったらどうすれば良いの?

看護師が辞めたいと4年目で思ったらどうすれば良いのでしょうか?

看護師が辞めたいと4年目で思ったらどうすれば良いのでしょうか?

4年目の看護師に多い辞めたい理由とその対処法を一緒に考えてみましょう。

看護師が辞めたいと4年目で思うのはプリセプターをやるから?

看護師が辞めたいと4年目で思うのはなぜでしょうか?

4年目になるともう1人前の看護師と言って良いと思います。

ほとんどの仕事はできますし、急変や緊急入院などのイレギュラーなことにも落ち着いて対処することができますよね。

新人看護師の頃のようなつらさはなくなったけど、辞めたいと思う理由、それはプリセプターです。

3年目でプリセプターをやる病院もありますが、4年目でプリセプターをやる病院が多いと思います。

プリセプターって大変なんですよね。4年目でようやく看護師の仕事に慣れて余裕が出てきたのに、プリセプターでまた苦労が増えることになるんです。

プリセプターになると指導の難しさを痛感しつつ、たった3年しか変わらないのに、こんなにも意識や考え方が違うのかとジェネレーションギャップに戸惑うことになります。

プリセプティがぜんぜん勉強してこない、何度言ってもメモを取らないなどあなたの指導を守らないことってありますよね。

「これを勉強してきて」と伝えた時は「はい、わかりました」と答えるのに、結局やってこない等です。こういう新人看護師だったら、当然仕事は覚えません。

そして、「あなたの指導が悪いからでしょ?ちゃんと教えてるの?」と先輩看護師から叱られる。もうこれだけでストレスフルな状態です。

さらに、勤務後の振り返りやプリセプターの研修などで雑用が増えますので、プリセプターは余計なストレス増えるだけ。

担当のプリセプティは言われたことを守らず病態生理などの勉強もしない、先輩看護師からはあなたが悪いと責められる。さらに雑用は増える。こんなに大変なら、もう辞めたいと思ってしまうのも仕方がないですよね。

看護師が辞めたいと4年目で思った時の対処法=1人で抱え込まない

看護師が辞めたいと4年目で思った時の対処法=1人で抱え込まない

看護師が辞めたいと4年目で思ったらどうすれば良いのでしょうか?

4年目の看護師がプリセプターの役割で悩んでいる場合は、1人で抱え込まないようにしましょう。

プリセプターはあくまでもプリセプティに最も近い存在の先輩看護師であり、良き相談相手、良き理解者という立ち位置です。

あなた1人がプリセプティの指導をしなくてはいけないわけではありません。

また、あなた1人がプリセプティの成長に責任を追うわけでもありません。

だから、プリセプティの指導で悩んでいる場合は、先輩看護師を巻き込んじゃいましょう!

いつも「あなたの指導が悪い」と文句を言ってくる先輩看護師に、「どうやって指導すれば良いですか?

悩んでいるので、アドバイスをください!」とかわいらしく健気な雰囲気を出して相談してみましょう。

また、ダイレクトに「メモを取ってと何度伝えてもダメなんです。

私から言っても聞いてもらえないので、先輩からメモを取るように言ってもらえませんか?」などとお願いしてみても良いでしょう。

1人で抱え込まずに先輩に相談することで、あなたがきちんとプリセプターとして頑張っていることをわかってもらえます。

また、先輩看護師にもプリセプティの指導に参加してもらうことで、あなたの負担が減りますので、先輩看護師を巻き込むメリットは大きいですよ!

看護師が辞めたいと4年目で思った時の対処法=自分が成長する機会だと割り切る

看護師が辞めたいと4年目で思った時の対処法=自分が成長する機会だと割り切る

看護師が辞めたいと4年目で思った時の対処法、2つ目はちょっと考え方を変えて、プリセプターは自分が成長するための良い機会だと割り切ってみることです。

新人看護師を指導していれば、もう一度看護技術・看護知識を学びなおすことができます。

ちょっとあやふやになっていたエビデンスなどを再確認する良い機会です。

また、プリセプターになってから、人を指導する難しさを実感していますよね。

そして、どうやったら相手に自分の言いたい事が伝わりやすいか、どうやって指導するのが良いのか試行錯誤していると思います。

後輩看護師を指導するのはプリセプターの時だけではありません。

これから看護師の仕事を続けていけば、後輩の指導は避けて通ることはできません。

今、プリセプターとして悩み、試行錯誤している経験は、将来必ずあなたの役に立ちます。無駄な苦労ではないんです。

ですから、プリセプターは大変ですが、自分が成長する機会だと割り切って考えるようにしましょう。

プリセプターは一生続くものではありません。半年から1年間だけですよね。

プリセプターの役割が終わった頃には、看護師としても人間としても一回り大きく成長しているはずですよ!

プリセプターの仕事で辞めたいと思っていたのが嘘みたいに思える日が来るでしょう。

それでも、どうしてもつらい。先輩や上司に相談しても「新人指導はあなたの仕事。私たちは関係ない!」という態度だった。こういう場合は、辞めても良いと思います。

辞めたいと思いながら働いていたら、仕事が苦痛になってしまいます。

それなら、思い切って辞めて、楽しく働けるところへ転職しましょう。

「辞めたい、辞めたい」と思いながら今の職場で働くのと、転職して楽しく働くのではどっちがメリットは大きいでしょうか?考えるまでもないですよね。

転職したいなら、転職サイトを使うと良いですよ!転職サイトは好条件の非公開求人をたくさん扱っていますので、4年目の看護師なら転職して年収が大幅アップすることも可能なんです!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる