看護師が転職でOLになる?OLに転職するデメリットとメリットを徹底検証!

看護師が転職でOLになると、今の悩みすべてが解決すると思っている人はいませんか?

看護師が転職でOLになると、今の悩みすべてが解決すると思っている人はいませんか?

「看護師の仕事は辛すぎるから、転職してOLになったほうが楽だわ」と思っているかもしれませんが、それは本当なんでしょうか?

看護師が転職でOLになるデメリットとメリットを考えていきましょう。看護師が転職でOLになると本当に楽になるのでしょうか?

看護師が転職でOLになるデメリット

看護師が転職でOLになるデメリット

看護師が転職でOLになった場合、まずはそのデメリットを考えていきましょう。看護師がOLに転職するデメリットは2つあります。

給料が安くなる

看護師がOLに転職するデメリットは、給料が安くなることです。厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は478万円です。

一方で、国税庁の調査によると、女性サラリーマン(OL)の年収は272万円となっています。その年収差は200万円以上!

看護師がOLに転職すると、ほぼ間違いなく年収は大幅ダウンになります。

ちなみに、「OLが安いなら、販売員とかは?」と思うかもしれません、販売員の平均年収も272万円程度ですので、やっぱり看護師から転職すると、給料は安くなってしまうのです。

OLの正社員は今の時代難しい

看護師が転職してOLになるデメリットの2つ目は、今の時代は転職して正社員として働くのは難しいことです。

あなたが考えているOLはおそらく事務職ですよね。そして、あなたは看護師免許や保健師免許以外、これといった資格は持っていないと思います。

そういう場合、正社員のOLになるのは至難の業でしょう。今どきのOLは派遣社員が多いんです。

派遣社員は時給で働く社員のことで、福利厚生の恩恵は受けられませんので、ボーナスなどもありません。そうなると、先ほどご紹介した年収よりもさらに年収は低くなるでしょう。

また、派遣社員の場合、契約期間が満了になれば、更新してもらえないことも多いんです。

また、会社の業績が悪化すれば、首を切られる可能性もあります。「派遣切り」というやつですね。

そのため、看護師がOLに転職すると、派遣社員にしかなれないことが多く、派遣社員になると、給料が安くなり、身分も不安定になることは覚悟しておかなくてはいけません。

看護師が転職でOLになるメリット

看護師が転職でOLになるメリット

看護師が転職でOLになるメリットも考えていきましょう。OLに転職するメリットは何でしょうか?

夜勤がなくなる

看護師がOLに転職するメリットの1つ目は、夜勤がなくなることです。OLは日勤帯のみにしか働きませんので、夜勤はありません。

そのため、規則正しい生活を送ることができ、体調管理をしやすくなるのです。

命を預かるプレッシャーがない

看護師がOLに転職するメリットの2つ目は、命を預かるプレッシャーがないことです。

看護師は、「1つのミスが患者さんの命を奪うかも」というプレッシャーを感じながら働かなくてはいけません。

このプレッシャーが辛くて、OLに転職しようと考えた看護師さんも多いでしょう。

OLは責任ある仕事ではあるものの、人の命に関わる仕事をするわけではありませんので、プレッシャーを感じずに済むのです。

看護師が転職でOLになるメリットは看護師でも叶えられる???

看護師が転職でOLになるメリットは看護師でも叶えられる???

看護師が転職でOLになるメリットを2つご紹介しましたが、実はこの「夜勤がない」と「命を預かるプレッシャーがない」という2つのメリットは、看護師のままでも叶えられることを知っていますか?

看護師だって夜勤なしで働ける!

看護師だって夜勤なしで働けるんです!病棟で働いていれば、夜勤に入らなくてはいけませんが、外来やクリニック、訪問看護ステーション、特別養護老人ホーム、デイサービス、手術室、保育園、健診センター、企業の医務室、学校の保健室は、日勤のみで働くことができます。

どの職場も、日勤のみなのにOLよりは給料が高めなんですよ!

命を預かるプレッシャーがない職場もある!

命を預かるプレッシャーがない職場もあります。たとえば、介護施設。介護施設は治療の必要がない利用者さんの健康管理が主な仕事になりますので、精神的に楽に働けるんです。

また健診センターや保育園、企業の医務室などは、健康な人を対象に働くことができますので、「急変が起こったらどうしよう?」とか「この薬を少しでもミスったら、患者さんが死んじゃう!」というプレッシャーとは無縁で働けるのです。

看護師が転職でOLになりたいなら、産業看護師を目指そう!

看護師が転職でOLになりたいなら、産業看護師を目指そう!

看護師が転職でOLになりたいなら、あなたにピッタリの職場があります。その職場とは、企業の医務室です。企業の医務室で産業看護師を目指しましょう。

一般企業の医務室で働いて、社員の健康を守る仕事をしましょう。そうすれば、医療施設ではないですし、デスクワークが多いので、OLに近い仕事ができます。

また、看護師として働くので、OLよりは年収が高くなるでしょう。さらに夜勤はありませんし、命を預かるプレッシャーもないのです。

つまり、企業の医務室で産業看護師として働けば、OLと看護師のいいとこどりができるのです。

まとめ

まとめ

看護師が転職でOLに転職するデメリットとメリットをご紹介しました。

企業の医務室に転職すれば、夜勤なしで、命を預かるプレッシャーを感じずに働くことができます。

でも、看護師として働けるので、給料は高めで正社員として働けますので、OLと看護師のいいとこどりができるのでおすすめですよ。

ただ、企業の医務室の求人ってあまり多くないんですよね。自分で企業の医務室の求人を探すのは大変だと思います。

そういう時は転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、企業の医務室の求人を扱っていますので、あなたの希望に合った企業の医務室の求人を見つけることができるんです!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる