看護師が転職を6月にするのはあり?6月の転職はありかどうかを徹底検証します!

看護師は転職を6月にすると、後悔しない転職をすることができるのでしょうか?

看護師は転職を6月にすると、後悔しない転職をすることができるのでしょうか?

看護師の転職は一生を左右する重要なものです。

6月に転職を考えている看護師さんは、転職に失敗しないためにも、6月の看護師の転職事情を知っておきましょう!

看護師の転職を6月にするのが良いかを考えるなら、6月がどんな時期かを知ろう!

看護師の転職を6月にするのが良いかを考えるなら、6月がどんな時期かを知ろう!

看護師が転職を6月にしようと考えているなら、まずは6月がどんな時期かを知っておきましょう。

採用側である病院やクリニック、介護施設等にとって、6月はどんな事情を抱えている時期なのでしょうか?

6月と言えば、夏のボーナスが支給される時期ですよね。7月に支給されるところもありますが、6月に支給されるのが一般的です。

ボーナスが支給された直後って、看護師の退職が一気に増える時期なんです。それはなぜなのでしょう?

ボーナスは支給日にその職場に在籍していたら、全額もらうことができます。ボーナスをもらえるかどうかって、経済的にすごく大きいですよね。

ですから、前々から辞めようと思っていても、「我慢してボーナス支給日までは働こう。ボーナスもらったら、即座に辞めてやる!」と考えている看護師さんが多いんです。

ですから、6月は1年の中でも看護師さんの退職が多い時期なんです。職場側としては、退職者が一気に出るのは困りますよね。

7対1や10対1などの看護体制が維持できなくなりますし、シフトを組むことができなくなりますから。ですから、職場側は看護師不足に困り果てる時期と言えるんです。

では、これを踏まえて、看護師が6月に転職をするのは良いのかどうかを考えていきましょう。

看護師が転職を6月にするなら?6月に転職する求人の数 おすすめ度★★★

看護師が転職を6月にするなら?6月に転職する求人の数 おすすめ度★★★

看護師が転職を6月にする場合、6月入職の転職求人の数はどのくらいあるのかを知っておきましょう。

6月に入職する看護師求人は、どのくらいあるかという数の面から考えると、おすすめ度は★★★です。

6月入職の求人が出る理由は2つあります。6月は先ほども説明しましたが、夏のボーナスが支給される時期ですので、ボーナス支給日直後に退職者が続出することがあります。

ボーナス後の退職者の補充のために、6月に入職してもらうための求人を出すんです。

退職者が出た後に、転職組が入職してきたのでは、一時的にとはいえシフトが回らなくなりますし、仕事の引継ぎ等も必要ありますよね。

6月のボーナス支給後に退職する看護師さんは、4~5月に退職希望を出します。

ですから、職場側も退職希望が出た時点で、早めに補充することを目的にして、4~5月に6月入職の転職求人を出す職場が多くなるんです。

6月入職の求人が出るもう1つの理由は早期退職者が予想以上に多かった場合です。ほとんどの病院やクリニックは、新年度が始まる4月に中途採用の看護師を採用します。

この時、4~5月あたりに早期退職者がポツポツと現れることを予測して、多めに看護師を採用するところが多いんです。

それでも、予想以上に早期退職者が多く出てしまった場合は、看護師不足になりますので、6月入職の求人を出さなければいけない羽目になります。

ですから、6月入職の求人は、「豊富にある!」とは言えませんが、ある程度はあると言えるでしょう。

看護師が転職を6月にするなら?6月に転職する求人の質 おすすめ度★★

看護師が転職を6月にするなら?6月に転職する求人の質 おすすめ度★★

看護師が転職を6月にするのはどうなのか、次は6月入職の求人の質の面から考えてみましょう。

6月入職の求人の質のおすすめ度は★★です。つまり、あまりおすすめとは言えないんです。通常の時期よりも、ブラックな求人が混ざっている割合が多くなります。

それはなぜでしょう?先ほど、6月入職の求人は、夏のボーナス後の看護師不足のための求人と、予想以上に早期退職者が多いことへの対策のための求人が多いと説明しましたよね。

夏のボーナス後の看護師不足のための求人は、特に問題ありません。

もちろん、ブラック求人がゼロというわけではありませんが、異常に確率が高いというわけでもないでしょう。どの職場でも夏のボーナス後に辞める看護師さんは、一定数いますから。

問題なのは早期退職者が予想以上に多いことへの対策のための求人です。何で、早期退職者が続出したのでしょう?

これは、職場内に何らかの問題があった可能性が高いですよね。しかも、求人情報には載っていなかった問題です。

たとえば、ものすごく人間関係が悪かったとか、残業時間が月40時間超えていて、しかもサービス残業とか。誰だって、このような職場では働きたくないし、今すぐ逃げ出したいと思いますよね。

このようなことを考えると、6月に転職するための求人には、ブラック求人が混ざっている割合が通常よりも高い可能性があるんです。

まとめ

まとめ

看護師が6月に転職するのは、転職求人の数と質を考慮すると、総合的なおすすめ度は★★になります。求人数は悪くないのですが、ブラック求人の割合を考えると、どうしても★★ですよね。

でも、6月入職の求人の中から、簡単にブラック求人を見分ける方法、除外できる方法が1つだけあるんです。それは、転職サイトを使うことです!

転職サイトを使えば、担当者に「ブラックな職場は絶対に嫌です!6月に入職できる求人の中から、働きやすい求人を紹介してください!」と伝えるだけで、簡単にブラック求人を回避することができます。しかも確実に。

担当者は転職求人のありとあらゆる情報を持っていますので、ブラックな求人を見分けるのは朝飯前なんです。

ですから、転職サイトを使って、担当者と相談しながら転職すれば、6月に転職する総合的なおすすめ度は★★★~★★★★にアップしますよ!

ちなみに、6月に転職することを検討している場合、今が6月の何ヶ月前であろうと、転職を検討し始めた今のうちに転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

早めに転職サイトに登録しておくと、担当者にアドバイスをもらいながらゆっくり&じっくり転職活動を始められますし、ブラック求人かどうかをしっかり判別することができます。

担当者に6月に転職したいことを伝えておき、6月入職の好条件の求人が出たら、すぐに連絡をもらえるようにしておけば、あなたの希望に合った職場に転職できるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる