看護師が転職を30代でするなら、どんなことに注意すれば良いの?

看護師が転職を30代でするなら、どんなことに注意して転職をすれば良いのでしょうか?

看護師が転職を30代でするなら、どんなことに注意して転職をすれば良いのでしょうか?

30代の看護師が直面する問題や30代の看護師が転職する際に注意すべきことを一緒に考えていきましょう!

看護師が転職を30代でするなら、30代の看護師が直面する問題を知ろう!

看護師が転職を30代でするなら、30代の看護師が直面する問題を知ろう!

看護師が転職を30代でするなら、30代の看護師が直面する問題を知りましょう。30代の看護師が直面する問題って何だと思いますか?それは、ライフスタイルの変化です。

30代の看護師は、どんどんライフスタイルが変化する時期なんです。そして、その変化は突然やってくることもあります。

ライフスタイルが変化すると、今までと同じように看護師の仕事を続けるのが難しくなることが多いんですよね。

30代の看護師はライフスタイルが変化する時期ですが、具体的にはどんな変化が起こるのでしょうか?それは、結婚、妊娠、出産、育児です。場合によっては、これに介護が加わることもあるでしょう。

看護師は世間一般の女性よりも結婚が遅めの人が多いですよね。女性1人でも食べていけるだけの収入がありますし、仕事が忙しくてなかなか恋愛できないという事情もありますから。

そのため、世間一般の女性は20代後半からライフスタイルが変わる人が多いかもしれませんが、看護師は30代から怒涛の変化を起こすことが多いんです。

看護師が転職を30代でするなら、ライフスタイルの変化に対応できるかをチェック!

看護師が転職を30代でするなら、ライフスタイルの変化に対応できるかをチェック!

看護師が転職を30代でするなら、ライフスタイルが変化しても、仕事が続けられるのか、ライフスタイルの変化に対応できる職場かどうかを考慮して、転職先を選ぶようにしましょう。

看護師の仕事は激務です。それに加えて、結婚したら分担しつつも家事をしなくてはいけませんし、妊娠したらお腹の赤ちゃんを守りつつも働かなくてはいけません。

出産後は育児と仕事を両立させなければいけませんよね。これらのことができるかどうかを考えて転職先を決めなければいけないのです。

「私は彼氏もいないし、結婚の予定なんて全然ないし、きっと一生独身のまま。だから、ライフスタイルなんて今のまま変わらないわ」と思う人もいるでしょう。

でも、将来のことなんて誰にもわかりません。私が以前働いていた病院の主任は、38歳で結婚し、39歳で妊娠・出産をしました。

その主任さんは「私はこのまま結婚をせずに独身で一生を終えるんだろうなと思っていたのに、人生って何が起こるかわからないわ。」と言っていましたよ!

だから、30代の看護師が転職をするなら、ライフスタイルが変わるかもしれないと思って、もし変化してもそれに対応できる転職先を探さなくてはいけないのです。

看護師が転職を30代でするならこだわりたいポイント

看護師が転職を30代でするならこだわりたいポイント

看護師が転職を30代でするなら、こだわりたいポイントは何でしょうか?ライフスタイルの変化が予想される30代の看護師さんがこだわりたいポイントを5つ挙げてみました。

託児所があるかどうか

これは基本中の基本ですね。院内託児所があれば、出産後に復職する場合に保育園探しをする必要がありませんので、待機児童が多い地域に住んでいても「保育園の抽選に落ちたらどうしよう」なんて心配がないんです。

また、24時間対応の託児所なら、子供が小さくても夜勤に入れますし、送り迎えの手間もなく、料金的にも格安で使えるというメリットがあるのです。

ママさん看護師が多いか

ママさん看護師が多いかどうかも、30代の看護師が転職するならこだわりたいポイントです。

今後、妊娠・出産・育児という変化の中で働いていく場合、独身の看護師が多い職場では、どうしても協力が十分に得られなかったり、育児をしながらでは働きにくい雰囲気であることが多いんです。

その点、ママさん看護師が多い職場は、お互いにフォローし合いながら働けますので、育児と仕事を両立させることができるんです。

産休・育休後の復帰率はどうか

産休・育休後の復帰率も調べておきたいですね。産休・育休を取得しても、職場に復帰せずに辞める人もいます。

これは、育児と仕事を両立させにくい職場だし、育児が想像以上に大変だったから、自分から復帰しないと決める場合もありますが、職場側から「産休・育休はあげますが、復帰せずに辞めて下さい」とほのめかされて復帰せずに辞めざるを得ないこともあるんです。

どちらの理由にせよ、産休・育休後の復帰率が低い職場は、ママさん看護師にとっては働きにくい職場になりますから、30代の看護師の転職先としては不向きなのです。

育児短時間勤務制度があるか

育児短時間勤務制度があるかどうかも、チェックしておきましょう。お子さんが小さいうちは、常勤のままでもパートのように短時間勤務でOKという制度が、育児短時間勤務制度です。

お子さんが小さいうちは一緒にいられる時間を作りたい、でも常勤のまま働きたいという場合は育児短時間勤務制度が便利ですよね。

ただ、育児短時間勤務制度があっても有名無実化していると職場も少なくありませんので、申請したらきちんと使えるのか、今までに制度を使った人はいるのかどうかを確認してください。

自分のやりたい看護ができるか

30代の看護師さんが転職をするなら、ライフスタイルが変化することを考慮すべきです。

でも、ライフスタイルの変化に対応できることばかりを考えて、自分のやりたい看護ができなければ、転職しても仕事へのモチベーションは上がりませんし、仕事が長続きしないですよね。

また、必ずしもライフスタイルが変わるというわけではありませんので、自分のやりたい看護ができるか、興味のある仕事かどうかもしっかりこだわっていきたいポイントなんです。

まとめ

まとめ

30代の看護師さんが転職するなら、ライフスタイルの変化に対応できる職場を選びましょう。また、あなた自身がやりたい看護ができるかどうかも忘れないでくださいね。

30代の看護師さんが転職するなら、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら、託児所があるかどうかだけでなく、ママさん看護師の割合や産休・育休後の復帰率、育児短時間勤務制度の利用実績などを調べてくれるんです。

また、あなたがやりたい看護、興味のある分野を伝えれば、その中から、ライフスタイルの変化に対応できる求人を紹介してくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる