看護師3年目の転職はベストなのか知りたい!点数化して一目瞭然!

看護師が転職を3年目でするのって、どうなのでしょう?

看護師3年目になると、転職する人が一気に増えます。

そうすると、「転職しなかったら、私だけ取り残されるかも」、「今って、転職すべき時期なのかな」、「転職を考えているけれど、今すべきなの?もう少し待ったほうが良い気もする」のように考え込んでしまうこともあると思います。

3年目の看護師は転職すべきなのでしょうか?

看護師3年目の転職は、今深刻な悩みを抱えている人にとってはベストの時期です。

ただ、看護師3年目の転職は、全員におすすめできるものではありません。

人によっては、看護師3年目で転職してしまうと、あとで「もう少し待てば良かった…」と後悔することもあるんです。

あなたは看護師3年目の今、転職すべきなのかどうかを一緒に考えていきましょう。

看護師3年目で転職するメリット=採用側の評価が高いから

看護師3年目で転職するメリットの1つ目は、看護師3年目になると、採用側の評価が高くなるからです。

転職するには、新しい職場に採用してもらわなければいけません。

そして、そのためには採用側に高く評価してもらう必要がありますよね。

看護師3年目になると、看護師1~2年目に比べて、採用側の評価がグンとアップします。

だから、いろいろな求人に採用されやすくなるのです。

  1. 即戦力になれるか=★★★~★★★★
  2. 入職時の扱いやすさ(柔軟性の有無)=★★★★
  3. 体力面=★★★★★
  4. 長く働けるか=★★★★★

この4つの視点で、看護師3年目の採用側からの評価を解説します。

即戦力になれるか=★★★~★★★★

看護師3年目になると、一通りの看護スキルを身につけています。

まだ「一人前の看護師」とは言い切れないものの、ほとんどのことは1人で自信を持ってできるようになっていますよね。

そのため、看護師1~2年目に比べると、即戦力としての評価は一気に上がります。

だから、3年目の看護師はほとんどの職場で即戦力として扱ってもらえるので、ベテラン看護師よりは評価は落ちるものの、採用側の評価は5段階評価の3~4になります。

入職時の扱いやすさ(柔軟性の有無)=★★★★

看護師3年目は、まだ自分の看護観や仕事のやり方を確立できていないことが多いと思います。

とりあえず、看護スキルを身につけて、それから看護観を確立していくことが多いですから。

だから、3年目の看護師は柔軟性が高く、新しい職場のやり方にもすぐになれることができますので、入職時に扱いやすいと判断されます。

体力面=★★★★★

3年目の看護師は、まだまだこれから20代半ばと若いですよね。

そして、看護師の不規則な生活にも慣れていますし、厳しい新人時代を乗り越えて、3年目まで続けてくることができたという実績もあります。

この「看護師の不規則な生活に慣れている」、「今まで乗り越えてきた」という実績があるため、1~2年目の看護師よりも高い評価をしてもらえるんです。

だから、体力面では3年目の看護師は最高の評価をしてもらうことができます。

長く働けるか=★★★★★

3年目の看護師は、新人時代から丸2年間、同じ職場で働いてきたという実績があります。

そして、結婚適齢期に入るものの、まだ結婚に焦る年齢でもないので、寿退社をするリスクはそこまで高くありません。

だから、採用側は3年目の看護師は長く働いてくれると判断して、高い評価をしてくれます。

看護師3年目で転職するメリット=求人の数・質ともに良いから

看護師3年目で転職するメリットの2つ目は、求人の数・質ともに良くなるからです。

看護師3年目になると、1~2年目の時と比べて、選べる求人の数が大幅に上がりますし、好条件の求人も多くなります。

  1. 看護師3年目になると、選べる求人の数は多くなる
  2. 看護師3年目になると、好条件の求人も増えてくる

看護師3年目になると、選べる求人の数は多くなる

看護師3年目になると、選べる求人の数は多くなります。

新人看護師でも「求人がない!」というわけではありませんが、選択肢はどうしても狭くなります。

2年目になると、少し増えますが、それでも多いとは言えません。

看護師3年目になると、ほぼ即戦力になれるだけの看護スキルがありますので、病院以外の求人も自由に選べますね。

また、美容外科クリニックでは「臨床経験2年以上」というものもありますので、看護師3年目になれば、そのような求人も選べるのです。

選択肢が多ければ多いほど、あなたの希望に合った求人を見つけられる可能性が高まりますので、看護師3年目の転職は成功しやすいのです。

看護師3年目になると、好条件の求人も増えてくる

転職を成功させるには、求人の質にもこだわらなければいけません。

つまり、好条件の求人があるかどうかです。

看護師1~2年目は、まだまだ指導・教育が必要であり、即戦力になれないので、質の高い好条件の求人はあまりありません。

でも、3年目になれば、即戦力になれますから、好条件の求人が増えてくるのです。

だから、看護師3年目での転職は、成功しやすいんですね。

看護師3年目での転職はベストであると思い込むのは危険

看護師3年目で転職すると、1~2年目に比べると、採用側からの評価が高く、さらに求人の数・質も良いので、転職に成功しやすいことは間違いありません。

でも、看護師3年目で転職するのはベストなのか?看護師3年目はベストの転職時期なのかというと、そうであると断言するのは危険です。

看護師3年目は転職におすすめの時期ですが、3年目の看護師全員にとって、ベストの時期であるとは言えないんです。

これから、3年目の看護師に多い「今すぐ転職するのもやむを得ないほどの耐えられない悩みや抑えきれない願望にまで発展するもの」を7つお話します。

ただ、その悩みや願望は人によっては「ギリギリ耐えられる」とか「何とか自分の中に抑えておける」という程度のものもあるでしょう。

また、7つの中で「私はこれが一番優先順位が高い!」とか「これはそれほど気にしない」のように感じることもあると思います。

悩みや願望のレベルや重要度などを考えながら読み進めてください。

看護師3年目で耐えられない悩みや抑えきれない願望にまで発展するものとは

3年目の看護師の転職は、採用側の評価が高く、求人の数・質ともに良いという2つのメリットがあるだけではありません。

転職すれば、あなたが今抱えている耐えられない悩みや抑えきれない願望をキレイに解決できるという効果もあります。

看護師3年目の悩みや願望の中で、耐えられない・抑えきれないレベルにまで発展するものは、次のようなものがあります。

  1. プリセプターやリーダー業務が嫌(耐えられない悩み)
  2. 心身ともに疲れた(耐えられない悩み)
  3. 人間関係のいざこざにウンザリした(耐えられない悩み)
  4. 理想の看護がしたい(抑えきれない願望)
  5. 結婚するから今の職場では働いていけない(抑えきれない願望)
  6. 給料をアップさせたい(抑えきれない願望)
  7. サービス残業が多すぎる(耐えられない悩み)

これらの7つの耐えられない悩みや抑えきれない願望は、本当に転職で解決できるのかを見ていきましょう。

プリセプターやリーダー業務が嫌(耐えられない悩み)

看護師3年目になると、プリセプターやリーダー業務を任されるようになります。

これをプレッシャーに感じたり、面倒くさくて嫌になったりしますよね。

これを解決するには、プリセプターやリーダー業務がない職場に転職すれば良いのです。

病院以外の職場なら、プリセプターやリーダー業務がないところが多いです。

また、小さめの療養型病院なら、病棟でもプリセプターもリーダー業務もないところがあります。

それゆえに、プリセプターやリーダー業務が本当に嫌でストレスに感じているなら、転職すべきでしょう。

心身ともに疲れた(耐えられない悩み)

3年目の看護師は新人看護師の頃から毎日必死に頑張ってきて、疲れが溜まってくる頃です。

しかも、3年目になると係や委員会の雑用が増えますし、体力があって業務も安心して任せられるという理由から、夜勤回数が多くなります。

そうすると、心身ともに疲れ切ってしまって、「もう頑張れない」と思うようになります。

心身ともに疲れ切ってしまった人は、日勤のみのところや夜勤回数が少ないところ、しかも年間休日数が多いところに転職すればOKです。

年間休日数が多めで、日勤のみ、もしくは夜勤回数が少なければ、ゆとりを持って働くことができますよね。

だから、心身ともに疲弊している3年目の看護師はゆとりを持って働ける職場に転職すべきなのです。

人間関係のいざこざにウンザリした(耐えられない悩み)

3年目の看護師は、職場の人間関係ウンザリして転職を考えることもあると思います。

人間関係に嫌気がさしているなら、人間関係が良い職場に転職すればOKです。

看護師の職場全部が人間関係が悪いわけではありません。人間関係が良い職場も必ずあります。

それゆえに、人間関係にストレスを感じて耐えられないと思っている3年目の看護師は、人間関係が良い職場に転職すると良いでしょう。

理想の看護がしたい(抑えきれない願望)

看護師3年目になると、「こういう看護がしたい」という理想の看護が出てくると思います。

でも、今の職場ではその看護を実現できないとなると、転職を考えるようになりますよね。

理想の看護をしたいなら、その看護ができる職場に転職すれば良いのです。

今の職場の看護に疑問を持っていて、今すぐ理想の看護をしたいと思っている3年目の看護師は、それを実現できる職場に転職すると良いでしょう。

結婚するから今の職場では働いていけない(抑えきれない願望)

3年目の看護師の中には、そろそろ結婚の話が具体的に進んでいるという人も少なくありません。

結婚すると、家事をしたり旦那さんのサポートをしなければいけないこともあります。

また、近い将来、妊娠・出産があるかもと考えますよね。

そうすると、夜勤がある激務の職場では、結婚生活と仕事を両立できないと思って、転職を考えるようになるんです。

このような悩みを抱えている3年目の看護師は、日勤だけなど結婚生活と両立しながら働ける職場に転職すれば良いんです。

結婚が迫っていて、幸せな結婚生活を送りたい3年目の看護師は、今すぐ結婚生活と仕事を両立できる職場に転職すべきです。

給料をアップさせたい(抑えきれない願望)

3年目になると、給料などの待遇面に不満を持つようになることもありますよね。

  • こんなに働いているのに、給料が安い。
  • ほかの病院で働いている友達は、もっと給料が高い。

このように今の給料に不満を持っているなら、給料が高いところに転職すれば良いのです。

じっくり求人を探せば、年収50万円は確実にアップさせられますし、今の職場の給料によっては年収100万円アップも夢ではありません。

給料に不満を持っていて、早く給料を上げたい、割に合う職場で働きたいと思っている3年目の看護師は、今すぐ給料が高い職場に転職すれば、悩みを解決させることができます。

サービス残業が多すぎる(耐えられない悩み)

3年目の看護師は雑用を押し付けられて、残業をすることが多いと思います。

看護師として働いている以上、残業はある程度仕方がないと割り切ることができていても、サービス残業は割り切れないし、納得できませんよね。

サービス残業が嫌なら、残業した分はキッチリと残業手当をつけてくれるところに転職しましょう。

もしくは、残業がないところに転職しても良いですね。残業がほぼないところに転職すれば、サービス残業で悩むこともありません。

3年目の看護師でサービス残業にウンザリしていて、もうただ働きは絶対にしたくないと思っている人は、残業代をきっちりつけてくれるところ、もしくは残業がほぼないところに転職すれば良いんです。

3年目の看護師がこだわっている悩み・願望が耐えられる悩みや抑えられる願望だったら?

3年目の看護師多い悩みや願望の中で、「耐えられない悩みや抑えきれない願望」にまで発展するものをご紹介しましたが、いかがでしたか?

もし、あなたにとってこだわりが強い悩みや願望が耐えられない・抑えきれないレベルだったら、今すぐ転職すべきです。

つまり、看護師3年目の今が転職のベストのタイミングと言えるんです。

でも、その悩みや願望が耐えられるレベル、抑えられるレベルだったら、看護師3年目の今が転職のベストのタイミングとは言えません

  1. 看護師4年目になったほうが採用側の評価・求人の数・質ともにアップする
  2. ギリギリ耐えられる・何とか抑えられるレベルならどうする?

看護師4年目になったほうが採用側の評価・求人の数・質ともにアップする

実は、誰にとっても転職するベストのタイミングは4年目以降になります。

看護師4年目になると、求人の数はさらに増えますので、看護師3年目で転職するよりも、転職に成功する確率は高くなります。

さらに、看護師6年目になると、求人の質はもっと高くなりますので、より好条件の求人を見つけやすくなります。

だから、今の悩みや願望が深刻ではなく、耐えられる・抑えられるレベルなら、看護師4年目以降、できれば丸5年の経験した看護師6年目で転職したほうが良いのです。

ギリギリ耐えられる・何とか抑えられるレベルならどうする?

耐えられないほどの悩みや抑えられないほどの願望がある3年目の看護師は、今すぐ転職すべきです。

耐えられる・抑えられるレベルなら、看護師4年目以降に転職したほうが良いでしょう。

でも、ギリギリ耐えられる・何とか抑えられるというレベルだったらどうすれば良いのでしょうか?

「これからも耐えられるか、抑えられるか自信がない。今すぐ転職すべきか迷ってしまう。」と悩んでいるあなたも大丈夫です。

転職すべきか微妙なラインで迷っているあなたのために、転職すべきかどうかを数値化して目で見てすぐにわかる方法を教えます。

3年目の看護師が今すぐ転職すべきかどうかを判断する方法

3年目の看護師が今すぐ転職すべきか、それとも4年目になるまで転職を待つべきかを判断する方法を説明します。

「今すぐに転職したいけれど、どうしても耐えられないかと言ったら耐えられる気もする。でも、今の職場は嫌だから転職したい…」と微妙な状態で悩むこともありますよね。

耐えられない悩み・抑えきれない願望を×としたら、ギリギリ耐えられる悩み・何とか抑えられる願望は△ですね。

この△の「ギリギリ耐えられる悩み・何とか抑えられる願望」があなたを今すぐ転職すべきかどうか悩ませるものなんです。

今すぐ転職すべきかどうかを、重要度と納得度という2つで数値化して、目に見える形で判断していきましょう。

看護師の悩みや願望の要因になるのは、この8項目だと思います。

1.給料→→→1.給料をアップさせたい

2.残業→→→2.心身ともに疲れた、7.サービス残業が嫌

3.年間休日数→→→2.心身ともに疲れた

4.人間関係→→→3.人間関係のいざこざにウンザリした

5.夜勤の有無・回数→→→2.心身ともに疲れた、5.結婚する

6.業務内容(診療科・看護観)→→→4.理想の看護がしたい

7.通勤時間→→→2.心身ともに疲れた、5.結婚する

8.福利厚生→→→5.結婚する

先ほどの3年目の看護師に多い悩みや願望も、この8つの要因から来ています。

この8つの要因で、あなたが今すぐ転職すべきかどうかを総合的に判断します。

  1. ステップ1 要因の重要度を合計100になるように振り分ける
  2. ステップ2 今の職場で8つの要因についてどう感じているか、納得度を評価する
  3. ステップ3 重要度×納得度の点数を計算する
  4. ステップ4 計算した点数を分析する

ステップ1 要因の重要度を合計100になるように振り分ける

この8つの要因をあなたの価値観に基づいて、合計が100になるように重要度を振り分けます。

(例:重要度を合計100になるように振り分ける)

  • 給料=18
  • 残業=8
  • 休日=10
  • 人間関係=20
  • 夜勤の有無や回数=4
  • 業務内容(診療科・看護観)=24
  • 通勤時間=10
  • 福利厚生=6

この例の看護師は、業務内容(診療科・看護観)を一番重要視していて、次に人間関係、その次に給料ということになります。

ステップ2 今の職場で8つの要因についてどう感じているか、納得度を評価する

次に今の職場で、この8つの要因についてどう感じているかを、〇・△・×の3段階で評価してみましょう。

〇は今の職場で十分納得していること、△はなんとか納得できること。×は納得できないことになります。

3段階で納得できるか納得できないかを評価していきます。

(例:〇=納得度100%、△=納得度50%、×=納得度0%)

  • 給料=△(そこまで不満はないけれど、もう少し高くても良いと思う)
  • 残業=×(残業ばかりでウンザリ)
  • 休日=〇(年間休日は多いし、有給を使えることもあるから満足)
  • 人間関係=×(先輩看護師がマジで怖い。精神的に疲れた…)
  • 夜勤の有無や回数=〇(夜勤は好きだから、全然OK)
  • 業務内容(診療科・看護観)=×(流れ作業のような看護が嫌だ。もっと寄り添いたい)
  • 通勤時間=〇(片道30分程度だから問題なし)
  • 福利厚生=△(託児所がないから将来的には不安だけど、今のところ問題なし)

この例では残業や人間関係、業務内容に不満を持っていることがわかります。

ステップ3 重要度×納得度の点数を計算する

次は、ステップ1での重要度とステップ2の納得度を掛け算します。

  • 給料=18×50%(△)=9点
  • 残業=8×0%(×)=0点
  • 休日=10×100%(〇)=10点
  • 人間関係=20×0%(×)=0点
  • 夜勤の有無や回数=4×100%(〇)=4点
  • 業務内容(診療科・看護観)=24×0%(×)=0点
  • 通勤時間=10×100%(〇)=10点
  • 福利厚生=6×50%(△)=3点

計算した点数を合計すると、36点になります。

8要因点数化表あなた用

ステップ4 計算した点数を分析する

最後に、計算した点数を分析します。

結論から言うと、合計点数が50点未満だった3年目の看護師さんは、今すぐ転職したほうが良いです。

最初に100で重要度を振り分けたのに、実際の納得度で計算すると半分以下になってしまうからです。

今の職場での納得度(満足)が半分以下だったら、きっとあなたは今の職場に不満をたくさんい抱いていて、無意識のうちにストレスを溜め込んでいるはずです。

だから、点数が50%未満だったら、今すぐ転職したほうが良いでしょう。

もし、合計点数が50点以上であり、「4年目まで耐えられるかも?」と思ったら、3年目の今でなく、4年目まで待ってから転職したほうが良いと思います。

看護師3年目で転職するなら転職サイトを利用する!

  1. 看護師3年目は転職に成功しやすい時期だけど…
  2. 3年目の看護師が転職を成功させるなら転職サイトを利用すべき!
  3. 4年目以降に転職を考えている人も、今登録しておいた方が良い

看護師3年目は転職に成功しやすい時期だけど…

深刻な悩みを抱えている3年目の看護師は、今すぐ転職すべきであることは、お分かりいただけたと思います。

ただ、3年目の看護師が転職するなら、あなたが今抱えている悩みを確実に解決することができて、しかも質の良い求人を探さなくてはいけません。

  • プリセプターやリーダー業務がない
  • ゆとりを持って働ける
  • 人間関係が良い
  • 理想の看護ができる
  • 結婚生活と両立できる
  • 給料が高い
  • 残業代をきっちりつけてくれる(残業がない)

こういうことを自分で調べるのは難しいですよね。しかも、できるだけ好条件の求人を見つけなければいけないのですから。

確実に悩みを解決できて、しかも質が良い求人を簡単に探せる方法が1つだけあります。

3年目の看護師が転職を成功させるなら転職サイトを利用すべき!

看護師3年目の悩みを確実に解決できて、しかもできるだけ質が良い求人を探せる簡単で唯一の方法は、転職サイトを使うことです。

転職サイトを使えば、転職コンサルタントがあなたの悩みをキレイにキッチリ解決できる求人をピックアップしてくれます。

そして、その中からあなたの希望に合っていて、できるだけ好条件の求人を紹介してくれるんです。

だから、3年目の看護師が確実に転職を成功させるためには、転職サイトを使う必要があるのです。

4年目以降に転職を考えている人も、今登録しておいた方が良い

そして、今すぐ転職は考えてはいない。より有利になる4年目に転職をしようと思っている人も、今のうちに転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

いつ、今の悩みが深刻になるかわかりません。

また、気づいたらもう転職活動をしようという気力すらない状態になるほど心身ともに消耗してしまうかもしれません。

その時の保険として、転職サイトに登録しておくと、簡単に転職できますので、絶望せずに済むのです。

また、4年目になる前に、思わぬ好条件の求人が出てくる可能性もあります。

そんな時も、あらかじめ転職サイトに登録して、コンサルタントに相談しておけば、その好条件の求人を紹介してもらうことができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、 利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの 」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。看護roo!との併 用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる