看護師3年目の転職|メリット・デメリット、理由別おすすめの転職先

看護師が転職を3年目でするのって、どうなのでしょう?

看護師3年目で転職を考えているあなたは、どんな職場に転職しようか、また3年目で転職をして良いものかどうかを悩んでいるのではないでしょうか?

3年目の看護師が転職したい理由やメリット・デメリット、おすすめの転職先をまとめました。これを読めば、転職を成功させることができるはずです!

看護師3年目で転職する理由にはどんなものがあるの?

看護師が転職を3年目でするなら、3年目がどういう時期なのかを知りましょう

看護師3年目で転職する理由には、どんなものがあるのでしょうか?3年目の看護師は、どんな理由で転職するのか、代表的な転職理由をご紹介します。

転職理由を見てみると、3年目の看護師の悩みが見えてくると思います。

  1. 心身ともに疲れすぎた
  2. 人間関係のいざこざ
  3. 理想の看護がしたい
  4. 結婚する
  5. 給料をアップさせたい
  6. サービス残業が多すぎる

心身ともに疲れすぎた

3年目の看護師の転職理由の1つ目は、心身ともに疲れすぎたことです。3年目の看護師は、病棟内では便利屋的な立ち位置になります。

独身の看護師が多いし、一通りの仕事を任せることができるだけのスキルがあるので、夜勤回数は多めにされることが多いです。しかも、係や委員会などの雑用を押し付けられることも珍しくありません。

さらに、看護研究をやるように言われたり、プリセプターをやったり、リーダー業務をやらなくてはいけなかったりと、仕事量は増える一方です。

3年目になれば、少しは楽になるかなと思っていたのに、仕事を押し付けられることが多くなって、心身ともに疲れすぎて、転職を考えるようになるのです。

3年目の男性看護師です。もう毎日の仕事に疲れました。男だからって夜勤回数は月6回になり、力仕事はどんどん押し付けられ、係の雑用もやらなければならず、プリセプター業務でストレスが溜まる毎日です。『もう少し楽に働きたい』と思って、転職を考えています。

人間関係のいざこざ

3年目の看護師の転職理由の2つ目は、人間関係のいざこざです。これは、3年目の看護師に限らず、看護師全員の転職理由になるかもしれませんね。

人間関係のいざこざは女性が多い看護師の職場では、どうしても起こりやすいものです。

特に、3年目の看護師は、今までは我慢してきたけれど、我慢の限界になってしまったこともあると思います。

「あなたは3年目なのに、仕事ができないからしっかりしてもらわないと困る!」なんて嫌味を言われることもありますよね。

また、プリセプター業務に関連して、新人看護師との接し方に悩んだり、先輩看護師から「きちんと指導できてない!」と怒られたりして、人間関係に疲れて、転職を考えることもあります。

お局看護師のご機嫌をうかがいながら仕事をするのに疲れました。その先輩は機嫌が良い時は優しいのですが、機嫌が悪い時にはちょっとしたことで激怒して、こっちに八つ当たりしてきます。新人の頃は仕事を教えてもらう立場だったので、我慢できましたが、3年目になり、ある程度仕事が自分でできるようになったため、先輩の顔色を見ながら仕事をするのがバカらしくなりました。もっと先輩看護師が優しくて、イライラしたり、他人の顔色をうかがわずに働ける職場で働きたいです。

理想の看護がしたい

3年目の看護師は、一通りのことができるようになるので、目の前の仕事だけではなく、看護師としての将来を考えるようになります。

そうすると、学生時代はこういう看護がしたかったとか、もっと患者さんと向き合った看護がしたいとか、もっとスキルを身につけられるような高度な医療をしている病院で働いてみたいと思うようになります。

今働いている職場では、自分の中での3年目の看護師の目標が達成できない、理想が実現できないと感じると、転職を考えるのです。

学生時代から、将来的には訪問看護の仕事がしたいと思っていました。3年目では転職するのはちょっと早いかとも思っていますが、一応病棟の仕事は一通りできるようになったし、リーダー業務もできるようになったので、そろそろ訪問看護ステーションへの転職を考えています。病棟での仕事も楽しいですが、やっぱり以前からやりたかった訪問看護の仕事を早くしたいという気持ちが強いです。

結婚する

3年目の看護師は、仕事もある程度落ち着いてきますし、年齢も20代半ば~後半に差し掛かりますので、結婚を意識するようになります。

夜勤があって、残業が多く、休みが少なかったら、結婚生活と仕事を両立させることができませんよね。

結婚生活を優先するために、日勤だけだったり、残業がなかったり、休みが多いなど働きやすい職場へ転職することを考えるようになるのです。

2週間前に、学生時代から付き合っている彼にプロポーズされて、結婚することになりました。大好きな彼と結婚できることになって、とても幸せなのですが、今の職場で結婚生活を送っていけるのか不安です。今の職場は残業は多いし、夜勤もあるし、平日休みが多いからです。彼は普通の会社員なので、土日祝日が休みですし、彼も激務で忙しいので、すれ違いになりそうなのが怖いんです。今のうちから、私が看護師の仕事を続けつつ、彼をサポートできる職場に転職したほうが良いかなぁと考えています。

給料をアップさせたい

3年目の看護師は、給料をアップさせるために転職を考えることもあります。

夜勤をやっているのに看護師3年目で年収が400万円以下、看護師3年目なのに貯金がない、看護学生時代の友達よりも、圧倒的に給料が低いという場合は、転職を考えてしまいますよね。

この前、看護学校の時の親友とたまたま年収の話になったんです。私の年収は390万円。親友の年収は500万円でした。もう大ショックです。もちろん、私も親友も夜勤をやってます。同じような仕事をしているのに、100万円以上年収が違うなんて、本当にショックでした。その場で転職を決意しました。親友の病院に転職しようかとも考えていますが、もっと給料が高い病院はないか探そうと思っています。

サービス残業が多すぎる

3年目の看護師は残業が多すぎることで転職を考えることもあります。

3年目の看護師の多くが働いている急性期病棟は、毎日のように残業があるのが普通で、しかも残業時間は2〜3時間に及ぶことも多いです。

しかも、残業代が付かないサービス残業になることも珍しくありません。

残業することで拘束時間が長くなり、プライベートな時間は少なくなる。でも、サービス残業だから、収入が増えるわけでもない。

それなら、転職したいと思うのも無理はありません。

私は、サービス残業ばかりの毎日にウンザリして、転職しようと思いました。日勤の日は病院を出るのはいつも20時過ぎ。遅くなる日は、消灯後になってしまいます。それなのに、サービス残業だから、「残業した分、稼げる!」というわけでもありません。看護師の仕事は嫌いではないし、病棟での仕事は楽しいし、もっと看護スキルをアップしたいと思っていますが、「サービス残業も厭わない!」と思えるほどの奉仕精神もないので、もっと残業が少なくて、楽な気持ちで働けるような職場に転職したいです。

看護師3年目で転職するメリットとデメリット

看護師が転職を3年目でするなら、転職先はいろいろ広がる

看護師3年目で転職すると、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

看護師3年目で転職する場合は、そのメリットとデメリットを天秤にかけて、今転職すべきなのか、それとももう少し待つべきなのかを考えるようにしましょう。

看護師3年目で転職するメリット

看護師3年目で転職するメリットは3つあります。

  1. 採用されやすい
  2. 理想の看護を追い求めることができる
  3. 働き方を選べる

採用されやすい

看護師3年目で転職するメリットは、たいていの職場で重宝されることです。3年目の看護師は一通りの技術が身についていますので、そのスキルは今の職場だけでなく、ほかの職場でも応用できます。

そのため、どの職場でも即戦力になることができますので、1年目2年目の看護師に比べると、採用されやすいのです。

理想の看護を追い求めることができる

看護師3年目の転職のメリットの2つ目は、理想の看護を追い求められることです。

1年目2年目での転職は、理想の看護うんぬんよりも、まずは看護師としての基礎を築くことを優先しなければいけません。

でも、3年目になると、「もっと向き合った看護がしたい」、「こういう看護がしたい」などの理想の看護を実現することを優先して、転職先を決めることができます。

働き方を選べる

看護師3年目になると、急性期病棟以外の職場も転職先の選択肢に入ってきます。

そのため、「日勤だけ」とか「残業なし」などの希望に合った働き方を選択することができるのです。

急性期病棟で働いていましたが、もっと規則正しい生活がしたいと思って、日勤のみの職場に転職をしました。外来とクリニック、特別養護老人ホームの3ヶ所の採用試験を受けましたが、3ヶ所とも内定をいただくことができました。今は外来で働いていますが、日勤のみで残業も病棟に比べるとずっと少ないので、病棟時代と比べると給料は下がりましたが、転職して良かったです。

看護師3年目で転職するデメリット

看護師3年目で転職するデメリットは、「3年目」は「丸3年」に比べると、アピールが弱いことです。

看護師3年目というのは、一通りの仕事ができて、リーダー業務をしている人も多いですし、プルセプター業務を任されている人もいますね。

でも、胸を張って「私は一人前の看護師です!」と自信を持って言えませんよね。世間一般では、やはり看護師経験丸3年以上あると、一人前の看護師とみなされます。

また、看護師求人を見てみると、応募条件に「臨床経験丸3年以上」としているところも少なくありません。

そのため、3年目で転職すると、ややアピールが弱くなってしまうことがあります。

3年目の看護師ですが、あまりの激務に疲れ果ててしまって、急性期病棟を退職しました。以前から働いてみたかった療養型病棟があったのですが、臨床経験3年以上と書いてありました。丸3年はないけれど、3年目なら何とかなるかなと思って、求人に応募しましたが、書類審査でお断わりされてしまいました。前職を退職したことを後悔はしていませんが、もう少し頑張って丸3年頑張れば良かったかなぁとも思っています。今は、第二希望の療養型病院で働いています。今の病院でも満足していますが、少しモヤっとした気持ちが残っているのは事実ですね。

3年目で看護師が転職する時のおすすめの転職先

看護師が3年目で転職をするなら、今までの経験をしっかりアピールして

3年目で看護師が転職する時には、どのような職場に転職すると良いのでしょうか?

3年目の看護師の転職先の選択肢は、非常に幅広いです。

  • 急性期病棟
  • 療養型病棟
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • 外来
  • クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 介護施設
  • デイサービス
  • 保育園
  • 治験コーディネーターや臨床開発モニター
  • 企業の医務室
  • 健診センター

このような職場に3年目の看護師は転職できます。看護師が働いている職場すべてで働けると考えて良いでしょう。

では、このような転職先の中から具体的にどのような職場を選べば良いのか、転職理由別のおすすめの転職先をご紹介していきます。

人間関係のいざこざで転職したい場合は、同じ急性期病棟でも人間関係が良いところもあれば、悪いところもありますので、あなたが働きたい転職先の中から、人間関係が良いところを選ぶようにしてください。

理想の看護をしたいから転職する場合も、「理想の看護」は人によって違ってきます。

どんな看護をしたいか、どんな看護師になりたいかをしっかり考えてから、その看護はどこに転職すれば実践でき、深めていけるのかを調べて、転職するようにしましょう。

  1. 給料アップをしたい場合
  2. そこそこ稼ぎつつ、楽に働きたい場合
  3. 結婚するから転職したい場合
  4. 心身ともに疲れた場合

給料アップをしたい場合

  1. 私立の大学病院
  2. 美容外科クリニック

私立の大学病院

給料をアップしたいから転職する3年目の看護師は、思い切って私立の大学病院に転職しませんか?

私立の大学病院は、基本給が高めですし、ボーナスは5~6ヶ月分出るところが多いので、3年目で夜勤をしていれば、年収は500万円を超えることが多いです。

「新卒じゃなくても、大学病院で働けるの?」と不安な人もいるかもしれませんが、看護師3年目で私立大学病院に転職してくる看護師はたくさんいます。

私が私立大学病院で働いていた時も、看護師経験3年目で転職してきた人が何人もいました。

私立大学病院へ転職すれば、年収が大幅にアップすることも夢ではないのです!私も3年目で年収500万円くらいはありました。

では、実際に私立大学病院の3年目の看護師の給料はどのくらいもらえるのか?本当にほかの病院に比べると高いのかを見ていきましょう。

一例として、東京都港区の主要な病院の20代前半の看護師の給料をご紹介します。

<港区の20代前半の看護師の給料の目安>

  • 東京慈恵会医大病院(1075床) 年収約430万円~530万円
  • 虎の門病院(868床) 年収約400万円~530万円
  • 東京都済生会中央病院(535床) 年収400万円~600万円
  • 国際医療福祉大学三田病院(291床) 年収約300万円~400万円
  • 山王病院(79床) 年収約350万円~420万円
  • 北里研究所病院(329床) 年収350万円~480万円
  • 愛育病院(160床) 年収約450万円

※参照元:http://tokyo-byouin.com/minato.html

この中で大学病院は東京慈恵会医大病院です。やはり、年収がほかの病院と比べて高めであるのがわかると思います。

国際医療福祉大学三田病院も大学病院の1つではあるものの、2017年にようやく医学部が開設された大学なので、ここでは例外と考えたほうが良さそうです。

また、このデータから、私立大学病院は3年目の看護師の年収水準が高いこと以外に、病院の規模が年収を左右することが見えてくると思います。

私立大学病院は基本的に大規模で本院は1000床前後を有しているところが多いのですが、私立大学病院以外でも大規模病院ならある程度の給料アップを狙える可能性が高いのです。

だから、給料アップをしたい3年目の看護師さんは、私立大学病院もしくは、私立大学病院と同程度の病院に転職することをおすすめします。

美容外科クリニック

看護師3年目の場合、美容外科クリニックに転職するのも良いと思います。美容外科クリニックは、臨床経験2年以上を求める求人が多いので、3年目の看護師でも求人に応募できます。

美容外科クリニックは自由診療なので、日勤のみなのに、給料が高いです。

具体的な給料はインセンティブによって変わってきますが、日勤のみで年収500~600万円を稼ぐことも十分に可能です。

3年目の看護師さんは湘南美容外科のような大手美容外科クリニックに転職することをおすすめします。

大手美容外科クリニックは中小規模の美容外科クリニックに比べて、基本給が高めですし、教育体制がしっかり整っているので、3年目で少し看護技術に自信がない人でも安心して働けるのです。

そこそこ稼ぎつつ、楽に働きたい場合

「残業時間は長い、しかもサービス残業が多いのは嫌。だけど、そこそこ稼ぎたい」という3年目の看護師さんは、中規模病院への転職をおすすめします。

中規模病院は大規模病院よりも重症度が低い患者さんが多いので、急性期病棟でもそこまで残業は多くありません。病院によっては、定時で帰れる日も珍しくないのです。

残業時間が少ないと、たとえ残業代をつけてくれないことがあったとしても、サービス残業をしなければいけない時間は短くなるので、「ただ働きしなければいけない」という不満は少なくなり、ストレスは溜まりません。

そして、中規模病院は大規模病院よりも基本給やボーナスは少なめのところが多いですが、夜勤手当は大規模病院よりも高いところが多いので、夜勤をすれば、そこそこ稼ぐことができます。

しかも、中規模病院なら院内研修がある程度整っているところもあるので、看護師としてのスキルアップをしていくこともあるのです。

中規模病院は残業が少なめなので、精神的にも体力的にも大規模病院よりも楽に働けますが、そこそこ稼げて、スキルアップも可能です。

ただ、中規模病院ならすべて残業少なめで夜勤手当が高いというわけではありませんし、サービス残業の有無は病院によるので、その点はしっかり調べておかないといけません。

結婚するから転職したい場合

結婚するから転職したい人は、日勤のみの職場を中心に探して下さい。

旦那さんが看護師の仕事に理解があって、家事も積極的に分担してくれるような人であれば、結婚後夜勤を続けていくこともできますが、現実問題として、なかなかそううまくはいかないことも多いですよね。

結婚予定がある人におすすめの転職先は、大病院の外来です。外来なら日勤のみで働くことができます。

しかも、福利厚生が整っていて、託児所がある職場なら、今後妊娠・出産があっても、そのままずっと長く働いていくことができるのです。

また、結婚後、旦那さんの家事能力が思ったよりも高いことがわかったら、病棟へ異動して、夜勤に入ってバリバリ働いていくことも可能です。

心身ともに疲れた場合

心身ともに疲れたから転職したい人は、ゆとりを持って働けるところに転職しましょう。

ゆとりを持って働くなら、やはり介護施設やデイサービスがおすすめです。重症患者がおらず、時間に追われてバタバタ働くことないので、体力的にも精神的にもゆとりを持って働けます。

まだ3年目だから、介護施設ではなくて医療施設で頑張りたいという人は、療養型病棟も良いでしょう。療養型病棟は急性期病棟よりも落ち着いてゆとりを持って働くことができます。

個人病院などの小さめ病院なら、面倒な係や委員会の仕事は最低限しかありませんし、新卒は基本的に取らないので、プリセプターもしなくてOKです。

看護研究をやれなんて言われることもほとんどないので、ゆとりを持って働くことができると思いますよ。

看護師3年目で転職する時の6つの注意点

まとめ

看護師3年目で転職する時には、今から説明する6つの注意点を考えて転職するようにしましょう。そうすれば、転職に失敗することなく、転職して良かったと心から思えるはずです。

  1. できれば丸3年の経験が欲しい
  2. 長く勤められるところを選ぶ
  3. 目標を持って働けるところ
  4. 経験年数の分布
  5. 面接対策はしっかりと
  6. 転職サイトを使う

できれば丸3年の経験が欲しい

看護師3年目で転職しようと思っている人は、今の状態が切羽詰まっているのでなければ、丸3年の経験、つまり3年目の3月末まで今の職場で働いて、4月から転職先で働くように、転職活動を進めましょう。

やはり、「3年目」と「丸3年」では、印象が違うのです。「丸3年」の経験があれば、より良い条件のところに転職できます。

また、お礼奉公中が丸3年で終わる人も多いですよね。切羽詰まっていて、今すぐ転職したいというのであれば、3年目の今の時点ですぐに転職して良いですが、どうしようか迷っている人は、次の4月から新しい転職先で働くように考えてみましょう。

もちろん、転職活動は時間をかけたほうが、良い求人を見つけられるので、今すぐ始めてOKです。

長く勤められるところを選ぶ

看護師3年目で転職する時には、できれば長く勤められるところを選びましょう。3年目で転職して、またすぐに転職してしまうと、短期間で2回転職をすることになります。

そうすると、「この人は長く勤めずに、またすぐに転職するだろう」と思われてしまうのです。そうしたら、良い条件の職場には採用してもらえず、ブラックな職場で働かなければいけません。

そうならないように、長く勤められるところを選びましょう。特に、結婚・妊娠・出産というイベントがあっても働いていけるかは、とても重要です。

「結婚なんて、まだまだ先」と思っている人も、この先どんな素敵な出会いがあるかは、誰にも分らないのですから、長く働けるところを選ぶようにしてくださいね。

目標を持って働けるところ

3年目の看護師が転職するなら、目標を持って働けるところを選びましょう。看護師3年目は、まだまだたくさんのことを学び、勉強し、吸収していく時期です。

そんな時期に、「ただ楽だから」、「なんとなく」という理由で転職するのは非常にもったいないです。

別に、大病院のように教育制度が整っていて、レベル別の研修が用意されているところでなくても構いません。自分でこういう看護がしたいという目標を持って、自分で課題を見つけ、勉強していける職場を選びましょう。

自分1人だけ、目標を持って働いていて、ほかの先輩看護師はだらだら働いているという職場だと居心地が悪くなると思いますので、職場の雰囲気や勉強会の頻度などを調べておくと良いでしょう。

経験年数の分布

看護師3年目で転職するなら、経験年数の分布も調べておきましょう。若手、中堅、ベテラン看護師がバランスよく分布している職場は、働きやすいですし、あなた1人が仕事を押し付けられることもないでしょう。

逆にベテラン看護師ばかりで、若手・中堅が少ないと、ベテラン看護師から仕事を押し付けられるリスクがあります。

また、ベテラン看護師が楽をして、若手・中堅看護師に仕事を押し付けるのが日常化しているために、若手・中堅が少なく、若手・中堅の看護師はすぐに辞めてしまうのかもしれません。

そのような職場では長く働けませんので、転職前には看護師の経験年数の分布を確認しておくようにしましょう。

面接対策はしっかりと

3年目の看護師が転職する時には、面接対策はしっかり行いましょう。3年目での転職は、どうしても一人前とは言えず、転職するにはやや早すぎる印象を持たれることがあります。

このマイナスの印象は志望動機をしっかり考えて、面接でなぜ今転職したいのかを説明することができれば、マイナスではなくプラスに変えることができます。

そのため、3年目の看護師が転職する時には、面接対策をしっかりとして、志望動機などを自信を持って答えられるようにしましょう。

転職サイトを使う

3年目の看護師が転職するなら、転職サイトを使って求人を探しましょう。

転職サイトを使うと、担当コンサルタントが経験年数の分布やそのほかの細かい条件などを詳しく調べてくれます。また、志望動機を一緒に考えてくれたり、面接のマナーを教えてくれるなど、面接対策のアドバイスをしてくれるのです。

また、あなたが転職したい理由を解決できる職場を提案したり、あなたの希望条件を満たす職場の求人を探してくれるので、3年目の転職が成功する可能性が大きくアップします。

ちなみに、人間関係が良いところに転職するなら、絶対に転職サイトを使うべきです。

転職サイトのコンサルタントは、各職場の人間関係が良いかどうかの詳しい情報を知っていますので、コンサルタントに相談すれば、確実に人間関係が良い職場を紹介してもらえます。

また、そこそこ稼いで楽に働きたい場合も、転職サイトの利用をおすすめします。

先ほども少し触れましたが、中規模病院のすべてが残業が少なく、夜勤手当が高いわけではありません。また、サービス残業が多いか、残業手当をきっちりつけてくれるかは、病院によって違います。

だから、コンサルタントに平均残業時間や夜勤手当の額、サービス残業の有無をきちんと調べてもらってから中規模病院の求人を選ばないと、稼げないしきつい職場を選んでしまう可能性があるんです。

3年目の看護師が転職に失敗しないためには、転職サイトを使ってコンサルタントに頼るのが一番確実な方法と言えるでしょう。

まとめ

看護師3年目の転職のメリット・デメリット、おすすめの転職先、注意点をまとめました。

看護師3年目での転職は、急いでいなければ、今のうちに準備を始めて、4年目になるタイミングで新しい職場で働くようにすると、より好条件の職場への転職が可能になります。

ただ、丸3年働いてから転職する時も、今から転職の準備を始めるようにしましょう。

転職を考えている人は、転職サイトを使うと、転職に成功しやすくなりますよ。先ほども言いましたが、転職サイトなら、福利厚生が整っているか、理想の看護ができるか、看護師の経験年数の分布はどうか、人間関係は良好か、残業時間や夜勤手当の額、サービス残業はあるかなどを担当コンサルタントが調べてくれます。

また、勤務開始は4月からなどの交渉もしてくれますし、面接対策もしてくれますので、スムーズに転職活動を進めていくことができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる