3年目の看護師は転職すべき!ベストな時期の理由と注意点の回避方法

看護師が転職を3年目でするのって、どうなのでしょう?

看護師は3年目になると転職する人が急増します。

「3年目って転職すべき時期か気になる」「転職しなかったら、私だけ取り残されそう」「転職したいけど、今がベストか確信が持てない」「3年目だと良い求人があるか不安」
と転職について考え始めたり、不安や疑問を持っている3年目の看護師も多いと思います。

3年目看護師は転職すべきなのでしょうか?

転職したいと思っている3年目の看護師は、今すぐ転職すべきです。なぜなら、看護師3年目の今が転職に一番適した時期だからです。

ただ、何も考えずに転職すると、転職に失敗することもありますので、転職を確実に成功させるための方法を確認しておきましょう。

転職に成功すれば、今よりも楽しくてキラキラ明るい看護師ライフを送ることができますよ!

看護師は3年目で転職するのがベストな時期である理由

看護師3年目は、転職して一番ストレスがない時期になります。3年目の看護師は、次のような理由で転職を考えることが多いです。

  • 心身ともに疲れすぎた
  • 人間関係のいざこざにウンザリした
  • 理想の看護がしたい
  • 結婚する
  • 給料をアップさせたい
  • サービス残業が多すぎる

このような理由で転職を考えている3年目の看護師は、今このタイミングで転職をすれば、転職後のストレスや不満が生じにくくなります。

1~2年目で転職したり、4年目以降に転職するよりも、3年目の今のタイミングで転職するほうが、あなたと採用側の考えのズレが一番小さくなるのです。

  1. 1~2年目や4年目以上だと中途採用者と採用側で考えのズレが大きくなりがち
  2. 3年目で転職すると中途採用者と採用側のズレが最小限になる

1~2年目や4年目以上だと中途採用者と採用側で考えのズレが大きくなりがち

1~2年目や4年目以上で転職をすると、転職する看護師側と採用側で、考えのズレが大きくなることが多いのです。

  1. 1~2年目だと採用側が過大評価をする
  2. 4年目以上だと採用側が過小評価をする
  3. 看護師側と採用側で考えのズレが大きいと、お互いのストレスが大きくなる

1~2年目だと採用側が過大評価をする

1~2年目の看護師が転職した場合、採用側が看護スキルの過大評価をしがちです。

採用側は看護師1~2年目でも転職するくらいだから、一人前の看護師と同じくらいの看護スキルを持っているだろう、即戦力になれるだろうと思うんですね。

でも、1~2年目の看護師は転職先で即戦力になれるだけのスキルを持っていないことが多いので、採用側が過大評価をしていることになります。

4年目以上だと採用側が過小評価をする

4年目以降に転職をすると、採用側があなたを過小評価しがちです。

4年目以上の看護師は、一通りの看護スキルを身につけているので、転職後に即戦力として働くことができます。また、採用側もそれを望みます。

ただ、採用側は即戦力になるスキルを求める割には、そのスキルをきちんと評価せずに、給料や仕事内容・割り振り、指導などでその人のスキルに見合ったものを与えないことがあります。

看護師側と採用側で考えのズレが大きいと、お互いのストレスが大きくなる

1~2年目の看護師が転職すると、採用側が過大評価することで、看護師側と採用側の考えのズレが大きくなります。

4年目以降だと採用側が過小評価することでズレが大きくなることがあります。

この看護師側と採用側の考えのズレが大きくなると、看護師側は「こんなはずじゃない」と思うようになりますし、採用側は過大評価していた場合は「求めていた看護師と違う」と思うようになりますし、過小評価をしていた場合は「そんな風には見えなかったけど、意外と自分勝手で自己主張が強いなぁ」と思うようになるのです。

つまり、ズレが大きくなればなるほど、両者はお互いに転職に関するストレスが大きくなっていくことになります。

3年目で転職すると中途採用者と採用側のズレが最小限になる

3年目で転職すると、先ほど説明したような看護師と採用側に生じる考えのズレが一番小さくなります。

だから、看護師3年目は転職するのに一番適した時期なのです。

  1. 本当は丸3年で転職するとズレが最小限
  2. 「3年」という数字は採用側が適正評価をしてくれる
  3. 看護師側と採用側で考えのズレが小さいと、お互いのストレスが小さくなる

本当は丸3年で転職するとズレが最小限

看護師3年目で転職すると、看護師側と採用側のズレが一番小さくなります。

本当は丸3年というタイミングが一番ズレが生じにくいのですが、丸3年の次に「3年目」のタイミングがズレが小さくなるのです。

「3年」という数字は採用側が適正評価をしてくれる

なぜ丸3年や3年目だと、看護師側と採用側のズレが生じにくくなるのか?その理由は、採用側が適正評価をしてくれるからです。

看護師を3年(丸3年・3年目)やっていると、ちょうど一人前の看護師になる時期になります。

「ちょうど一人前になった」という状態は、即戦力にもなれるし、中堅やベテラン看護師のように+αのスキルを持っているわけではありません。

だから、採用側は適正評価をしやすいのです。

看護師側も「ちょうど一人前になった。ある程度できるけれど、先輩のように何でもできるというわけではない」というのを自覚しています。

看護師側と採用側で考えのズレが小さいと、お互いのストレスが小さくなる

3年目の看護師が転職した場合、看護師側と採用側の考えのズレは小さくなります。看護師側と採用側の考えや評価が一致しやすいんですね。

両者の考えのズレが小さければ、お互いに転職後に「思った通りだった」と感じますので、ストレスは小さくなります。

看護師は転職して良かったと感じますし、採用側は「この看護師を採用して良かった」と思えるのです。

両者Win-Winの関係になれるのが、看護師3年目での転職というわけです。

転職で中途採用者と採用側に生じるズレとは具体的に何か?

3年目の看護師が転職すると、中途採用者と採用側に生じるズレが最小限になることを説明しましたが、具体的に中途採用者と採用側に生じるズレとは、主に次の3つがあります。

  • 仕事量や仕事の難易度
  • 指導
  • 給料

この3つのズレについて詳しく説明していきます。

  1. 1~2年目の看護師が転職した時に多い過大評価
  2. 4年目以降の看護師が転職した時に多い過小評価

1~2年目の看護師が転職した時に多い過大評価

  1. 想定以上の仕事量や難易度
  2. 想定以下の指導
  3. 想定以上の給料

想定以上の仕事量や難易度

1~2年目の看護師が中途採用で転職すると、採用側に過大評価されることで、想定以上の仕事を任されて、負担が大きく、ストレスが溜まることがあります。

  • 転職後1週間で夜勤デビューをすることになる恐怖や不安を感じる
  • いきなり複数の重症患者の受け持ちを任されたけれど、インシデントやミスばかりで無力感に悩むことになる
  • リーダーをやったことがないのに、リーダー業務に入ることになり困り果てる
  • 自分のスキル以上の仕事を任され、許容範囲を超えてしまい、仕事が追い付かず、いつも残業をする羽目になる

想定以下の指導

1~2年目の看護師が採用側に過大評価されると、必要な指導を受けられないことが多いです。

  • 入職初日から放置されて、仕事のやり方を聞いても「できますよね?」と言われてしまう
  • 指導をお願いしても、「新人さんじゃないんだから、必要ないでしょ」と言われて不安でいっぱいになる
  • 思ったような指導を受けることができず、仕事についていけないこと、スキルアップできないことに不安を感じる

想定以上の給料

中途採用者と採用側のズレは、給料にも現れることがあります。過大評価をされると、想定以上の給料を貰うことになるのです。

  • 即戦力になれるだけのスキルがないのに、想定以上の給料を貰っているため罪悪感を感じる
  • 思っていた以上の給料を貰っているため、自信がないことでも自分から「できません」と言い出しにくく、プレッシャーを感じる

4年目以降の看護師が転職した時に多い過小評価

  1. 想定以下の仕事量や難易度
  2. 想定以上の指導
  3. 想定以下の給料

想定以下の仕事量や難易度

4年目以降の看護師が過小評価されると、自分の看護スキルを十分に活かせないような仕事しか任せてもらえず、退屈感や物足りなさを感じることになります。

  • 重症患者の受け持ちや急変対応を任せてもらえず、物足りなさを感じる
  • フリー業務ばかりで部屋持ちをさせてもらえず、やりがいを感じない
  • 任される仕事量が少なすぎて、暇だと感じる時間が多い

とにかく楽に働きたいという看護師なら、過小評価されるのは嬉しいと思うかもしれませんが、一般的には自分のスキルに合った仕事をしたいと思うのは当たり前のことです。

想定以上の指導

4年目以上の看護師が過小評価されると、指導に関してもズレが生じます。

  • 自分よりも圧倒的に年下で経験年数が少ないプリセプターをつけられる
  • 新人・若手看護師向けの勉強会に強制的に出席しなくてはならず、退屈だし、時間の無駄だと感じる

自分よりもスキルがない看護師に指導され、すでに知っていることや何度も勉強していることに関する勉強会に出席しなければいけないのは、屈辱感や退屈感を感じるのは当たり前のことです。

想定以下の給料

4年目以上の看護師が転職すると、採用側が過小評価しますので、看護師側が思っている給料、看護スキルに見合った給料が貰えないことがあります。

  • 転職先に経験加算がなくて新人看護師と同じ給料で働くことになり後悔している。
  • 転職後に給料が大幅に下がり、モチベーションが上がらない。

3年目の看護師でも異なるズレに遭遇することはよくある!回避するには?

3年目の看護師が転職すると、看護師側と採用側のズレが最小限になりますので、転職に成功しやすいです。

また、看護師3年目での転職は、次の3つのメリットもあります・

  • 採用されやすい
  • 理想の看護を追い求めることができる
  • 働き方を選べる

ズレが小さく、さらにメリットもあるので、転職したいと思っている3年目の看護師は、この今のタイミングで転職すべきなのです。

ただ、3年目の看護師は転職時に生じるズレが小さいというだけで、まったくズレが生じる心配がないというわけではありません。

3年目のタイミングでも、ズレが生じることはあります。

3年目だからといって安心して転職すると、想像以上のズレが生じて、転職に失敗し、後悔することになりかねません。

  1. 看護師3年目でも転職時のズレに遭遇することがある!
  2. 3年目の看護師に生じるズレを回避するための4つのステップ

看護師3年目でも転職時のズレに遭遇することがある!

3年目の看護師でも、転職時に生じるズレに遭遇することはあります。

しかも、先ほど説明した1~2年目の看護師の過大評価、4年目以降の看護師の過小評価以外のズレに遭遇するのです。適正評価をしてもらっても、ズレが起こることはあります。

  1. 能力評価のズレは小さいが給料が安い
  2. 能力評価のズレは小さいが指導が少ない
  3. 能力評価のズレは小さいがやりがいがない
  4. 中堅が少なくベテランが多いバランスの悪い職場

能力評価のズレは小さいが給料が安い

きちんと適正評価してもらっていても、給料は少ないというズレが生じることがあります。

実際に入職してみると、面接時に約束した給料を払ってくれないというブラックな病院があるのです。「面接時と話が違う!」というケースですね。

このケースの場合、看護師のスキルに関しては適正評価はしているものの、ブラックな嘘つき病院のために、能力評価のズレは小さくても給料が安くなってしまいます。

能力評価のズレは小さいが指導が少ない

能力評価のズレは小さく、3年目の看護師として適正な評価をしてもらっていても、3年目の看護師に必要な指導はしてもらえないことがあります。

これは、職場自体に教育制度がなく、看護師にスキルアップを求めていない場合に起こるズレです。

古い体質の職場は、看護師に専門性を求めておらず、最低限のスキルがあれば良いと考えているところがあります。

そのような職場に転職すると、適正評価をされつつも、思ったような指導をしてもらえないことがあるのです。

能力評価のズレは小さいがやりがいがない

3年目の看護師が転職した場合、スキル面での適正評価をしてもらえても、肝心の仕事面で物足りなさを感じることがあります。

3年目の看護師として適正評価をしてもらえているけれど、配属希望が叶わないとやりがいを感じることができません。

やりたい看護ができない場合も、退屈感や物足りなさを感じます。

中堅が少なくベテランが多いバランスの悪い職場

バランス悪い職場

3年目の看護師は、中堅が少なく、ベテランが多い職場に転職した場合もズレが生じやすくなります。

このようなバランスが悪い職場に転職すると、3年目なのに中堅看護師としての役割を求められます。

ようやく一人前になったばかりの3年目の看護師が中堅看護師の役割をするのは、荷が重いですよね。

3年目の看護師に生じるズレを回避するための4つのステップ

3年目の看護師が転職する時に生じるズレを回避する方法はあります。

  1. ステップ1=能力評価のズレが小さく約束通りの給料をくれる職場を選ぶ
  2. ステップ2=能力評価のズレが小さくスキルアップできる職場を選ぶ
  3. ステップ3=能力評価のズレが小さくやりがいのある仕事ができる職場を選ぶ
  4. ステップ4=中堅・ベテラン看護師のバランスが良い職場を選ぶ

この4つのステップで職場選びをすれば、3年目の看護師は転職で生じるズレを確実に回避することができるのです。

ステップ1=能力評価のズレが小さく約束通りの給料をくれる職場を選ぶ

3年目の看護師は、まずは能力評価のズレが小さく給料が高い職場を選びましょう。

看護師としてのスキルを適正に評価してくれて、さらに納得できるだけの給料を約束通りくれるところです。

約束通りの給料をくれる職場とはホワイトな職場ですね。

ブラックな病院は看護師を集めるために、最初は給料の提示額は高めにして、入職時にやっぱり下げると言うことを平気でやります。

そのため、離職率が高いようなブラック病院は避けて、ホワイトな職場を選ぶようにしましょう。

ステップ2=能力評価のズレが小さくスキルアップできる職場を選ぶ

次に、あなたの看護師スキルを適正評価してくれて、さらにスキルアップできる職場を選びましょう。

3年目の看護師はやっと一人前になったばかりですから、まだスキルアップしていく必要があります。

3年目の看護師に必要な指導をしてくれて、さらにあなたが理想とする看護師に近づけるような教育制度が整っている職場を選んでください。

ステップ3=能力評価のズレが小さくやりがいのある仕事ができる職場を選ぶ

次に、能力評価のズレが小さく、やりがいのある仕事ができる職場を選びましょう。具体的には、あなたがやりたいと思っている看護ができる職場です。

看護と言ってもいろいろありますよね。

  • 急性期看護
  • 慢性期看護
  • 老人看護
  • 訪問看護(在宅看護)
  • 母性看護
  • 小児看護

このような看護の中であなたがやりたいと思っている看護ができる職場を選ばなくてはいけません。

もし、急性期看護がやりたいなら、診療科にもこだわるべきですから、配属希望が叶うかどうかも調べる必要があります。

ステップ4=中堅・ベテラン看護師のバランスが良い職場を選ぶ

バランスが良い職場

最後は、中堅とベテラン看護師のバランスが良い職場を選びましょう。

中堅看護師がほどほどいてベテラン看護師が多すぎず、若手・中堅・ベテラン看護師のバランスが良い職場です。

このような職場なら、3年目の看護師は中堅ではなく、「3年目」としての役割を求められるので、過度な負担はありません

各年代のバランスが良い職場は、「お局看護師が怖い」など面倒なこともなく、人間関係が良くて長く勤められることが多いです。

3年目の看護師が転職のズレを確実になくすなら転職サイトの力を借りる

3年目の看護師が転職する時に生じやすいズレの回避方法を4つのステップで説明しました。

この4つのステップを確実に実行するためには、転職サイトの力を借りるのが確実です。

  1. 4つのステップを確実に行うのは実は難しいですが・・・
  2. 転職サイトがやってくれること

4つのステップを確実に行うのは実は難しいですが・・・

回避方法の4つのステップは、実は自分の力だけで確実に行うのは難しいですよね。

適正評価をしてくれて、約束通りの給料をくれて、スキルアップできて、やりがいを感じられて、中堅・ベテラン看護師のバランスが良い。

これを1人で調べるなんて、調べる前から「なんか無理そう・・・」と思って諦めモードに入る人もいると思います。

転職自体を諦めようと考えてしまう人もいるのではないでしょうか?

そんなあなたは、転職サイトを使いましょう。3年目が看護師の転職に適した時期であることは間違いありません。このタイミングを逃したら、もったいないです。

そして、転職サイトを使えば、4つのステップはビックリするほど簡単に、しかも確実に行うことができるのです。

転職サイトがやってくれること

転職サイトに登録すると、転職コンサルタントがあなたの転職を全面的にサポートしてくれます。

あなたがやるべきことは、転職コンサルタントにあなたの経歴と転職先への希望を伝えるだけです。

あとは転職コンサルタントが全部やってくれます。

4つのステップだった「適正評価をしてくれて、約束通りの給料をくれて、スキルアップできて、やりがいを感じられて、中堅・ベテラン看護師のバランスが良い。」、これを全てあなたの代わりに調べてくれるのです。

転職先を選ぶ場合、職場の人間関係についても気になりますよね。転職コンサルタントは求人を出している職場に実際に訪問して、職場の雰囲気を見ています。

また、今まで転職のお手伝いをしてきた看護師さんから、転職前・転職後の職場の人間関係の聞き取りをしているので、職場1つ1つの人間関係の生の情報を持っています。

「転職コンサルタントに人間関係が悪い職場は絶対に嫌です!」と伝えておけば、人間関係が良い職場だけを紹介してくれて、あなたの理想とズレがない人間関係の職場で働けますので安心です。

転職サイトを使えば、あなたは絶対に転職に成功することができます。

しかも、転職成功のための手間は、「登録して転職コンサルタントに相談するだけ」ですから、とても簡単に転職を成功させて、看護師としての新しい希望に満ち溢れた一歩を踏み出せるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる