看護師が転職して良かったと思える6つのパターン

看護師が転職して良かったと思えるパターンにはどんなものがあるのでしょうか?

看護師が転職して良かったと思えるパターンにはどんなものがあるのでしょうか?

せっかく転職するなら、失敗なんてしたくない、心から転職して良かったと思いたいですよね。

看護師が転職して良かったと思える6つのパターンとそれぞれの注意点を知っておきましょう。

看護師が転職して良かったと思うパターン=給料が上がった!

看護師が転職して良かったと思うパターン=給料が上がった!

看護師が転職して良かったと思うパターン1つ目は、給料が上がったパターンです。給料アップの目的で、転職する看護師さんは多いですよね。

前職での給料やどんな転職先で働くかによって変わりますが、給料アップを目的に転職した場合、年収50万円程度はアップすることは珍しくありません。

場合によっては、転職すると年収100万円以上もアップできるんです。前職よりも給料がアップしたら、転職して良かったと心から思えますよね。

給料アップを狙った転職の注意点

給料アップを狙った転職の注意点

給料をアップさせたいと思って転職する場合、注意しなければいけないことは、給料以外の条件もチェックしなければいけないことです。

「とにかく給料をアップさせたい!」と思った場合、求人情報の月収やボーナスの欄を気にして求人を探すと思いますが、ほかの求人よりも給料が高い職場は、何か罠が潜んでいる可能性もあるんです。

もちろん、自由診療だったり、大病院で福利厚生が手厚いなど正当性のある理由で給料が高いこともありますが、ブラックな職場で看護師の離職率が高く、給料を高くしないと看護師が集まらない場合もあるんです。

どんなに給料が上がったとしても、残業が多くて人間関係は最悪、休みは少ない、無責任な師長というブラックな職場だったら、「転職して良かった!」とは思えませんよね。

ですから、給料アップ目的で転職する場合は、必ず給料以外の条件もチェックしてブラックな職場ではないかどうかを確認するようにしましょう。

看護師が転職して良かったと思うパターン=プライベートが充実した

看護師が転職して良かったと思うパターン=プライベートが充実した

看護師が転職して良かったと思うパターンの2つ目は、転職後にプライベートが充実したパターンです。

看護師の仕事って激務ですよね。残業が多い職場は珍しくありませんし、病棟や介護施設は夜勤があります。

残業があれば拘束時間が長くなりますし、夜勤があれば生活リズムはグチャグチャになりますよね。

そうすると、家族や友人、恋人との予定が合わずに、仕事中心の生活になってしまうんです。

でも、残業が少なかったり、日勤のみの仕事をすることで、拘束時間が短くなって予定を立てやすくなり、規則正しい生活を送ることができますので、プライベートを充実させることができるんです。

プライベートが充実すれば、「転職して良かった」と思えますし、仕事のモチベーションも上がりますよね。

プライベートを充実させたい時の注意点

プライベートを充実させたい時の注意点

プライベートを充実させたくて転職する場合は、「残業が少なめ」や「日勤のみ」の求人を探すと思いますが、求人情報に「残業少なめ!」や「日勤のみ」と書いてあっても、それが本当かどうかを必ず確認しましょう。

「残業少なめ」って何時間の残業なの?

「残業少なめ!」と書いてある求人を見つけたら、具体的には月に何時間くらい残業するのか、1ヶ月の平均残業時間を調べましょう。

あなたの中で「残業少なめ」って月何時間くらいでしょうか?何時間の残業なら「少なめ」と言えるのでしょうか?

5時間?それとも10時間?これは人によって違いますよね。人によって「残業少なめ」の基準が違うということは、職場によっても違うということです。

月10時間の残業なら少ないと思っている職場もあるでしょうし、20時間なら少ないと思っているところもあるでしょう。

ですから、転職して良かったと思うためには、1ヶ月の平均残業時間をきちんと調べる必要があるのです。

日勤のみはオンコールもない?

日勤のみの求人は多いですが、「日勤のみ」と書いてありながらも、実はオンコール体制を取っていることは珍しくありません。

オンコールがあるところは、特別養護老人ホームや訪問看護ステーション、オペ室勤務が多いのですが、施設や患者さんの自宅で夜間や休日に何か緊急の問題が起こったら、電話がかかってきて、必要であれば職場や患者さんの自宅に出向いて対処しなくてはいけません。

もちろん、オンコール当番の日は必ず電話がかかってきて、出勤しなければいけないというわけではなく、電話がないことも多いんです。

それでも自宅待機をして、お酒を飲むことも出かけることもできず、いつでも電話に出ることができる状態でいる必要があり、場合によっては深夜に出勤しなくてはいけないのはストレスですよね。

オンコールの日はプライベートの予定を入れられませんから、「転職して良かった」とは思えないんです。

看護師が転職して良かったと思うパターン=育児と仕事を楽に両立できた

看護師が転職して良かったと思うパターン=育児と仕事を楽に両立できた

看護師が転職して良かったと思うパターン、3つ目は育児と仕事を楽に両立できた場合です。

小さなお子さんがいるママさん看護師は、育児と仕事を両立させるのがとても大変ですよね。

でも、24時間対応の託児所がある病院や平日のみで残業がない職場に転職すれば、育児と仕事を今まで以上に楽に両立させることができます。

育児も大切だし、看護師の仕事も続けたいという人は、そういうところに転職したら「転職して良かった」と思えますよね。

育児と仕事を楽に両立させたい場合の注意点

育児と仕事を楽に両立させたい場合の注意点

育児と仕事を楽に両立させたくて転職するなら、先ほど紹介したように24時間対応の託児所がある病院や平日のみで残業がない職場に転職すれば、あなたの希望は叶う確率が高くなります。

でも、さらに楽に両立させることを狙うなら、その職場のママさん看護師率を調べましょう。

ママさん看護師が多い職場は、育児への理解がありますので、子供が風邪を引いて熱を出して急に欠勤しなくてはいけなかったり、学校行事への参加で希望休を多めに取らなくてはいけない場合などでも、気まずい思いをせずに「お互い様だから」と協力し合って働けるのです。

でも、独身の看護師が多い職場だったら、そうはいきません。「子どもを言い訳にして楽をしている」、「子どもがいるからって、仕事は仕事なんだから!」と白い目で見られて、職場で肩身が狭い思いをしなければいけないんです。

ですから、育児と仕事を楽に両立させるためには、ママさん看護師率はとても重要なんですよ!

託児所があったり、残業がない職場は比較的ママさん看護師率は高いですが、念のためちゃんと確認してくださいね。

看護師が転職して良かったと思うパターン=やりがいを感じる

看護師が転職して良かったと思うパターン=やりがいを感じる

看護師が転職して良かったと思うパターン、4つ目は転職したら仕事のやりがいを感じるようになったパターンです。

転職前は自分が理想とする看護ができなかったり、同僚のやる気がなくて1人だけ浮いた存在だったり、スキルアップしたいのにスキルアップのための環境が整っていなかったりなどの悩みを抱えている人が、その悩みを解決できる職場に転職したら、「転職して良かった」と思えますよね。

やりがいを求めて転職する場合の注意点

やりがいを求めて転職する場合の注意点

やりがいを求めて転職するなら、本当にやりがいを感じることができるのか、あらかじめきちんと調べておきましょう。

理想の看護を求めて転職する場合、その職場の理念や方針等をチェックすると思いますが、立派な理念や方針を掲げていても、実際はそれとはかけ離れた看護をしている可能性もあります。

また、「教育制度が充実!」と書いてあっても、どんな制度があって、どういう研修があるのかをきちんとチェックするようにしましょう。

看護師が転職して良かったと思うパターン=人間関係が良い

看護師が転職して良かったと思うパターン=人間関係が良い

看護師が転職して良かったと思うパターンの5つ目は、人間関係が良いところへ転職した場合です。

看護師の職場は、人間関係がギスギスしていたり、イジメが行われているところが珍しくありません。

そういう職場で働いていると、仕事がスムーズに進みませんし、そこで働いているだけでストレスを感じますよね。

でも、人間関係が良いところへ転職すると、「人間関係が違うだけで、こんなに働きやすいんだ!」とか「仕事に行くのが楽しい!」と思えますので、「転職して良かった」と心から思えるのです。

人間関係が良いところへ転職する時の注意点

人間関係が良いところへ転職する時の注意点

人間関係が良いところへ転職する時の注意点は、病院などは人間関係が良い部署へ配属してもらえるかどうかを調べなくてはいけないことです。

病院の求人に「人間関係が良好!」と書いてあるものがありますが、病院ってたくさんの部署がありますよね。病棟だけでも複数ありますし、外来もあります。さらにはオペ室や内視鏡室、透析室などもあります。

それらの部署すべてが人間関係が良好とは限らないと思いませんか?人間関係が良好な部署が多い病院でも、中にはあまり良くないところ、ギスギスしたところもあるはずです。

そういうところに配属になってしまったら、「ほかの部署は人間関係が良いのに、うちの部署だけはなんで人間関係が悪いの?」と転職を後悔することになりかねません。

ですから、転職して良かったと思うためには、人間関係が良い部署へ配属してもらえるのかどうか、配属希望が叶うかどうかを確認してください。

看護師が転職して良かったと思うパターン=仕事が楽

看護師が転職して良かったと思うパターン=仕事が楽

看護師が転職して良かったと思うパターン、6つ目は仕事が楽になった場合です。看護師の仕事は立ち仕事ですし、力仕事もたくさんあって、体力的にきついですよね。

でも、力仕事がない、デスクワーク中心の職場へ転職すれば、仕事が楽に感じますので、「転職して良かった」と思えるはずです。

力仕事がない職場は、介護施設や健診センターなどが多く、デスクワーク中心の職場は企業の医務室や治験コーディネーターなど一般企業が多くなっています。

仕事が楽なことを求めて転職する時の注意点

仕事が楽なことを求めて転職する時の注意点

仕事が楽であることを求めて転職する場合は、本当に楽かどうかをチェックしてくださいね。

たとえば、力仕事がない職場へ転職する場合ですが、介護施設の中には看護師も介護業務を行わなくてはいけないところもあります。

また、健診センターは体力的には楽ですが、「健診の受診者=お客様」として接するところがありますし、採血を1回失敗するだけで受診者からクレームが入ることもありますので、精神的にきついこともあるんです。

デスクワーク中心のところは、必要とされるパソコンスキルにあなたが達しているかどうかをきちんとチェックしましょう。

そうしないと、転職後にパソコンスキルを習得しなければいけないので、仕事が進みませんし、ストレスを抱えることになるのです。

ですから、仕事が楽であることを求めて転職する場合は、本当に楽なのかを必ずチェックしてくださいね!

まとめ

まとめ

看護師が転職して良かったと思える6つのケースをご紹介しましたが、いかがでしたか?あなたも転職するなら、「転職して良かった♪」と心から思えるようになりたいですよね。

でも、転職して良かったと思うためには、ブラック求人ではないかや1ヶ月の平均残業時間、オンコールの有無、ママさん看護師率、やりがいは感じられるのか、人間関係と配属希望が叶うかどうか、仕事は本当に楽かどうかを調べなくてはいけません。

こういうことを調べるのは、自分では無理ですよね。それなら、転職サイトを使いましょう。

転職サイトなら、担当者に「給料をアップさせたいけどブラックな職場は嫌です」のようにあなたの希望を伝えれば、それに合った求人をピックアップしてくれますので、確実に「転職して良かった」と思えるところへ転職できるんですよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる