第二新卒の看護師は転職に失敗できない!成功のための4つの秘訣

看護師の転職で第二新卒の看護師が求人選びをする時には、どんなポイントに気をつけるべきなのでしょうか?

第二新卒の看護師が転職する時は、不安でいっぱいだと思います。「経験が浅くても、採用してくれるかな?どんな職場に転職すれば良いのかな?面接での志望動機、どうしよう…。」、こんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

転職を失敗したくない第二新卒のあなたのために、転職先の絶対条件や経験年数別おすすめの職場、成功の4つの秘訣を教えます。

第二新卒の看護師が転職、採用してくれるところはあるの?

看護師の転職、第二新卒の看護師が気をつけるべきポイント=教育体制

第二新卒の看護師が転職する場合、一番心配なことは、「看護師経験が浅い私なんかを採用してくれるところはあるのかなぁ?」ということだと思います。

そもそも第二新卒とは何かを確認しておきましょう。第二新卒とは新卒として就職後短期間で転職をする人のことです。この「短期間」とはどのくらいかは、明確な定義はありませんが、おおよそ3年未満とされています。

つまり、第二新卒の看護師は新卒後3年以内に転職をする看護師ということになります。新卒後3年以内ということは、まだまだ1人前の看護師ではないですよね。

中途採用は、一般的に即戦力になれる一人前の看護師を採用するので、「経験が少ない第二新卒を採用してくれるところはあるのかぁ?」と不安になってしまうのです。

でも、そんな心配は不要です。看護師免許を持っていれば、第二新卒で看護師経験が少なくても、即戦力になれなくても、採用してくれるところはたくさんあります。

もちろん、一人前の経験豊富な看護師のように、転職先はどこでも選び放題!というわけではありません。

でも、第二新卒の看護師を採用してくれるところは、意外とたくさんあるんです。だから、今の職場に我慢できないほど不満を持っている経験3年未満の看護師さんは、転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

第二新卒の看護師が転職先を探すなら、この2つは絶対条件!

看護師の転職、第二新卒の看護師が気をつけるべきポイント=人間関係

第二新卒の看護師が転職先を探す場合、「採用してくれるならどこでも良い!とにかくしらみ潰しに求人を探す!」というわけにはいきません。

第二新卒の看護師が転職先を探す時には、絶対に必須の2つの条件があるのです。

第二新卒の採用実績がある職場

第二新卒の転職先の絶対条件は、第二新卒の採用実績がある職場です。今まで、第二新卒の看護師を採用したことがない職場でも、「あなたなら採用します!」と言ってくれるところがあるかもしれません。

でも、その職場にとって初めて採用した第二新卒の看護師になるよりも、今までたくさんの第二新卒を採用してきた職場の方が、間違いなく働きやすいです。

職場に第二新卒の看護師を受け入れる風土が根付いていますし、職場の同僚や先輩看護師も第二新卒として転職してきた人が多いので、職場で浮いてしまう可能性が少ないというメリットがあります。

教育制度が整っている職場

第二新卒の看護師は、教育制度が整っている職場を選びましょう。第二新卒の看護師は、まだ一人前ではありません。これからどんどん学び、指導してもらって、一人前の看護師にならなければいけないのです。

新卒看護師向けの研修、2年目以降の看護師向けのレベル別の研修制度が整っているところがベストです。

クリニカルラダー制度がない職場でも、プリセプターをつけてくれるなど教育制度が整っている職場を選んでください。

もちろん、あなた自身も積極的に学んでいくことを忘れないでくださいね。

第二新卒の看護師の転職、おすすめの職場は経験年数で異なる!

看護師の転職、第二新卒の看護師が気をつけるべきポイント=前回の失敗を解決できるか

第二新卒の看護師が転職する場合、具体的にはどのような職場に転職すれば良いのでしょうか?第二新卒の看護師におすすめの転職先は、看護師経験が1年未満なのか、1年以上あるのかで変わってきます。

看護師経験が1年未満の場合

看護師経験が1年未満の第二新卒の看護師さんは、やはり病棟勤務をおすすめします。できれば、急性期病棟が良いでしょう。

急性期病院は、第二新卒を採用しているところがたくさんありますし、教育制度が整っていますので、経験が少なくても、一人前の看護師に成長していくことができるのです。

新卒看護師として急性期病院に入職した看護師さんは、「もう病院なんてコリゴリ!」と思っているかもしれません。

確かに、急性期病院での1年目はストレスが多いし、大変ですよね。でも、病棟経験を最低1年しておくと、看護技術の基礎が身につきますし、将来の転職の選択肢が広がります。

もし、どうしても急性期病棟が嫌という人は、回復期リハビリテーション病棟や療養型病棟はいかがでしょうか?

回復期リハビリテーション病棟や療養型病棟は急性期よりも状態が安定している患者さんが多いので、比較的ゆっくりとしたスピードで働くことができます。

また、精神看護に興味がある人は、精神科病棟もありですよ!

病棟は基礎看護が学べるし、教育制度が整っていることが多いので、経験1年未満の第二新卒の看護師さんにおすすめなのです。

もし、体調面などの問題で、どうしても夜勤に入れない場合は、面接時に夜勤に入れない理由を正直に話して、日勤のみの病棟勤務か外来勤務にしてもらうと良いでしょう。

看護師経験1年未満で転職する人は、「新人看護師の転職で辞める方法と成功のための5つのコツ」を読むと、転職に成功する可能性がグンとアップします。

臨床経験が1年以上ある場合

看護師経験が1年以上3年未満の第二新卒の看護師さんは、できれば経験1年未満の看護師さん同様に病棟に転職してもらいたいです。

病棟経験が1年あっても、第二新卒の看護師はまだまだ学ぶべきことがたくさんありますから。

病棟経験が1年以上あるなら、最低限のことはできるようになっていると思いますので、「絶対に病棟!」というわけではなく、希望によっては病棟以外の職場を選ぶのも良いと思います。

病棟経験が1年以上あれば、病院以外の職場、クリニックや介護施設、訪問看護へ転職しやすくなります。

「急性期病棟で働いてきたけれど、やっぱり訪問看護の仕事をしたい」という人もいるでしょう。また、体調面や家庭の事情などで日勤のみで働きたい人もいますよね。

病棟経験が1年以上あれば、第二新卒でも理想の働き方を考えて、転職することができます。

日勤のみが良い、もう少し楽に働きたい、スキルアップしたいなどなど、あなたの希望に合わせて転職先を選ぶと良いでしょう。

ただ、病棟経験が1年以上あるとはいえ、まだ第二新卒ですから、病院以外の職場を選ぶ時でも、教育制度は整っているかをチェックしてください。

病棟経験が1年以上ある第二新卒の看護師は、「看護師は2年目で転職すべき?4つの秘訣と4つの注意点」や「看護師3年目の転職|メリット・デメリット、理由別おすすめの転職先」を参考にしてください。

第二新卒の看護師が転職を成功させる4つの秘訣

まとめ

第二新卒の看護師は転職を失敗することはできません。

新卒で入職した病院を3年未満という短期間で退職しているのですから、今回の転職に失敗して、また短期間のうちに転職することになったら、「我慢が足りない人」、「1つの職場に長く勤められない人」という烙印を押されてしまいます。

そうしたら、好条件の良い職場に転職するのは難しくなります。みんなが避けるようなブラックな職場以外では採用されにくくなってしまうのです。

だから、第二新卒の看護師は転職を失敗できません。では、第二新卒の看護師が転職を成功させる秘訣を、4つご紹介します。

前の職場の悩みは解決できるのか

第二新卒の看護師が転職する時には、前の職場での悩みを解決できるかを必ず確認しておきましょう。

第二新卒の看護師さんは、なぜ転職しようと思ったのでしょうか?

  • きちんと指導してもらえない
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 激務で心身ともにダメージを受けた
  • 人間関係に疲れてしまった
  • 結婚の予定があり、今の職場では仕事との両立が難しいと思った

このような理由で転職を考える人が多いと思います。この中の理由の1つだけの人もいるでしょうし、複数の理由が重なっている人もいると思います。

第二新卒の看護師が転職する時には、この転職理由をきちんと解決できるかが、重要になります。

悩みをきちんと解決できる転職先を選ばないと、また同じ理由で悩み、転職を考えるようになるからです。

きちんと指導してもらえない人は、教育体制が整っていて、1人1人の理解力・習得度に合わせた指導を行ってくれる職場へ転職しましょう。

希望の部署に配属されなかったことを理由に転職したい第二新卒の看護師さんは、希望の部署に配属を確約してくれる職場を選ぶと良いでしょう。希望の部署への配属を確約してもらうコツは、あとで詳しく説明します。

激務で心身ともにダメージを受けた人は、残業時間や年間休日数、有給消化率などを調べて、無理なく働けるのかを調べましょう。

夜勤が原因で体調を崩した人は、日勤のみで働けるかどうかは、とても重要です。

また、急性期の緊張感がストレスという人もいると思うので、そういう人は急性期病棟以外の職場を選んでください。

人間関係に疲れた人は、人間関係が良く、穏やかな雰囲気の職場を選ぶと良いでしょう。

家事・育児との両立を考えている人は、旦那さんとまずは話し合って、どのくらい家事・育児の分担になるのかを決めてから、その上で無理なく働けるところを選ぶようにしましょう。

前の職場の悩みを解決できるかどうかの重要性は、「新人看護師が転職を成功させるための3つの秘訣!」でも説明しています。

面接対策はしっかり行っておく

第二新卒の看護師が転職に成功するためには、面接対策はしっかり行っておくことです。

第二新卒の看護師が転職する時には、「面接官に前の職場を短期間で辞めたことを咎められたらどうしよう」と心配になると思います。

また、どうせ転職してもまた同じような嫌な思いをするんだろうなぁと不安を持っている人もいますよね。

「私、看護師に向いてないかも」と短期間で退職した自分に後ろめたさを感じている人もいるのではないでしょうか。

まず、1つわかってもらいたいことは、ネガティブな気持ちで面接を受けたら、その気持ちは面接官に伝わりますので、良い印象を持ってもらえません。

だから、一番大事なことは前向きな気持ちで面接に臨むことです。きちんと調べて選んだ職場なら、前と同じような嫌な思いをすることはありません。大丈夫です。

もちろん、「毎日楽しくてハッピー♪」とはいきませんが、たまには嬉しいことがあったり、やりがいを感じたり、看護師になって良かったと思いながら働くことができます。

そして、面接官に前職の退職理由を聞かれた時の答えはきちんと用意しておきましょう。第二新卒の看護師さんは、ほとんどの面接で退職理由を聞かれると思います。

でも、それはあなたが短期間で退職したことを咎めているのではありません。退職理由を確認しているだけです。

そして、短期間で退職したことをあなたがどう捉えているのか、どうしていくつもりなのかを知りたいと思っています。

だから、退職理由を聞かれるのは、ある意味チャンスです。

短期間での退職は褒められるべきものではないとわかっているけれども、退職が最善の選択だったこと。そして、転職先ならその退職理由を解決できることを説明しましょう。

別に嘘をつく必要はありません。でも、前の職場の悪口にならないようにだけ、気を付けてください。

具体的な面接対策は、「新人看護師の転職の面接対策を教えて!」で詳しく解説しています。

大都市周辺での転職を考慮する

第二新卒の看護師が転職に成功するためには、大都市周辺での転職を考慮しましょう。田舎だともともと看護師の就職先が少ないので、第二新卒を採用していて、あなたの希望に合った転職先が見つからない可能性あります。

妥協して転職した場合、転職失敗になるリスクが高くなりますよね。それなら、第二新卒を採用している病院・職場がたくさんある大都市で転職したほうが、選択肢が多い分、転職に成功しやすいのです。

第二新卒の看護師は東京や大阪、横浜、大阪、福岡、札幌、名古屋などでの転職を視野に入れると良いと思います。

ちなみに、看護師は四国や九州よりも東京や埼玉、千葉など関東の方が不足しています。(参考URL:https://dot.asahi.com/dot/2017080900092.html

知らない土地での一人暮らしに不安を持っている人でも、職場の寮に入れば大丈夫です。

地元で妥協して働くなら、大都市周辺で第二新卒の看護師求人を探してみると、想像以上に好条件の求人を見つけることができると思います。

東京、大阪、札幌、福岡の各都市での第二新卒の求人事情は、「第二新卒の看護師が転職するなら、各都市の求人傾向を確認しよう!」でまとめています。

転職サイトを利用する

第二新卒の看護師が転職に成功するには、転職サイトを使うことも重要な秘訣です。

転職サイトを使うと、担当コンサルタントが求人に関するあなたの疑問を調べてくれます。

第二新卒の採用実績や教育制度、人間関係、職場の雰囲気、残業時間、年間休日、有給消化率などなどをあなたに代わって調べてくれるので、転職に失敗するリスクが低くなります。

また、担当コンサルタントは配属交渉もしてくれるので、希望の部署に確実に配属になるというメリットもあるんです。

さらに面接対策もしてくれるので、自信を持って面接に臨むことができますよ!

第二新卒の看護師が転職するなら、各都市の求人傾向を確認しよう!

第二新卒の看護師が転職をするなら、大都市周辺での転職を考慮すると良いと説明しました。

大都市周辺で転職すると、求人数が多いし、給料も高めになるので、転職に成功する可能性が高いんです。

東京、大阪、札幌、福岡の各都市の第二新卒の求人事情を確認しておきましょう。

  1. 東京の第二新卒の求人傾向
  2. 大阪の第二新卒の求人傾向
  3. 札幌の第二新卒の求人傾向
  4. 福岡の第二新卒の求人傾向

東京の第二新卒の求人傾向

東京の第二新卒の看護師求人は、ありとあらゆる職場をカバーしています。

大規模な総合病院はもちろんですが、中小規模の病院、訪問看護、介護施設、クリニックなどいろいろな職場で第二新卒の看護師を受け入れていて、さらに教育体制が整っているところが多いです。

そのため、転職を考えている第二新卒の看護師は、東京で求人を探すと、あなたに合った求人を見つけられる可能性が最も高いと思います。

大阪の第二新卒の求人傾向

大阪の第二新卒の看護師求人も、東京同様に幅広いものが揃っていますが、特に介護施設や訪問看護ステーションの求人が多めになっています。

そのため、大阪で臨床経験1年以上の第二新卒の看護師が転職するなら、介護施設や訪問看護ステーションの求人を中心に探してみると良いと思います。

もちろん、介護施設や訪問看護ステーションだけでなく、総合病院・急性期病院の求人もありますので、臨床経験1年未満の人はそちらの求人を探してみると良いでしょう。

札幌の第二新卒の求人傾向

札幌の第二新卒の看護師求人は、中規模の総合病院やケアミックス病院が多い傾向があります。

また、北海道という土地柄、ドクターヘリやヘリポートを持っている病院も多く、第二新卒の看護師が急性期医療を学ぶにはピッタリの病院が多いです。

福岡の第二新卒の求人傾向

福岡の第二新卒の看護師求人は、大都市ですので一通りの求人はそろっているものの、中小規模の急性期病院やケアミックス病院、精神病院が多いことが特徴です。

そのため、臨床経験1年未満の人でも1年以上ある人でも、安心して転職することができるところが多いですね。

大規模病院に疲れてしまった人や精神看護に興味がある人は、福岡周辺で求人を探してみると良いかもしれません。

まとめ

第二新卒の看護師が転職する時には、教育制度にこだわって転職先を選びましょう。また、ご紹介した成功のための4つの秘訣を守って、転職すれば、今度こそあなたに合った職場で働けるはずです。

転職サイトは無料で利用することができます。転職を考えている第二新卒の看護師さんは、まずは転職サイトに登録して求人選びを始めてみましょう。

このサイトでご紹介している転職サイトは、どちらも全国に拠点を持っていて、東京、大阪、札幌、福岡などの全国各地の大都市の求人をたくさん扱っています。

もちろん、大都市圏以外の求人も扱っています。そのため、全国各地の第二新卒の求人の中から、あなたに合ったものを選ぶことができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる