看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するのってどうなの?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用して求人を探すのってどうなのでしょう?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用して求人を探すのってどうなのでしょう?

看護協会のeナースセンターを使った転職がベストなのか、もしベストでないならどういう方法がベストなのかを一緒に考えていきましょう!

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するメリットは何だろう?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するメリットは何だろう?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するメリットって何でしょうか?まずは、看護協会のeナースセンターについてきちんと知っておきましょう。

看護協会のeナースセンターは、社団法人日本看護協会が運営する無料の求職・求人サイトになります。

看護協会のeナースセンターに登録することで、さまざまな求人を閲覧し、その求人に応募することができるのです。

では、この看護協会のeナースセンターを使って転職の求人を探すメリットは何でしょうか?

無料で利用できる

看護協会のeナースセンターは、無料で利用することができます。つまり、無料でたくさんの求人を閲覧することができ、さらに求人に応募することができるんです。

24時間いつでも利用できる

看護協会のeナースセンターは、インターネットを使ったサービスですから、24時間いつでも求人を探すことができます。

在職中に転職活動をすると、転職活動できる時間が限られてしまいますので、働きながら転職活動をしたい忙しい看護師さんには嬉しいサービスですよね。

看護協会が運営している安心感

看護協会のeナースセンターを使うメリットの3つ目は、「看護協会が運営している」という安心感があることです。

最近は民間企業が運営している看護師専門の転職サイトがたくさんありますが、いくら厚生労働省の認可を受けているとはいっても、民間企業よりも看護協会のほうが安心感がありますよね。

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するデメリットは何だろう?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するデメリットは何だろう?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用する3つのメリットをご紹介しましたが、デメリットも知っておきましょう。

看護協会のeナースセンターを利用するデメリットは2つあります。

非公開求人を扱っていない

看護協会のeナースセンターで扱っている求人は、公開求人です。非公開求人はありません。

ということは、看護協会のeナースセンターだけを利用すると、非公開求人を見ることができませんから、求人の選択肢が少なくなります。

非公開求人とは好条件の求人のため、誰でも閲覧できるように公開してしまうと、応募が殺到してしまうので、非公開にしている求人のことです。

公開求人の中にも、もちろん良い条件の求人はたくさんあります。でも、より満足度が高い求人を探すためには、好条件の求人が多い非公開求人もチェックする必要があるのです。

転職活動は基本的に自分で行う

看護協会のeナースセンターは、無料で求人を探すことができますが、基本的に転職活動を自力で行う必要があります。

たとえば、「この求人とこの求人って、どっちが私に合っているのかな?悩んじゃうな」と思っても、相談できて、さらにアドバイスをしてくれる専門家はいません。

各都道府県の看護協会には「ナースセンター」があり、そこで相談することもできますが、わざわざそこに出向かなくてはいけません。

さらに、面接日程の調整や履歴書・面接対策もすべて自分で行わなくてはいけないのです。

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するデメリットを軽減する方法は?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するデメリットを軽減する方法は?

看護師が転職で看護協会のeナースセンターを利用するデメリットを2つご紹介しましたが、eナースセンターのメリットがこれだけあるなら、デメリットがあるからといって、eナースセンターを使わないのはもったいないと思いますよね。

でも、やっぱりデメリットが気になる人もいると思います。そういう人は、デメリットを軽減する方法を知りましょう!

デメリットを軽減する方法は、eナースセンターだけでなく民間企業の転職サイトも使って、転職活動をすることです。

民間企業の転職サイトは、看護協会のeナースセンターでは扱っていない非公開求人をたくさん扱っていますので、eナースセンターのデメリットを補うことができます。

さらに、民間企業の転職サイトは看護師さんを転職させることで利益を得ていますので、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

転職サイトに登録すれば、看護師の転職のプロが担当についてくれて、相談に乗ってくれるし、アドバイスもしてくれます。

また、面接日の調整や履歴書・面接対策のアドバイスもしてくれますので、至れり尽くせりで転職活動を進めていくことができるのです。

しかも、民間企業の転職サイトは無料で使えますし、24時間いつでも使えるというメリットもありますよ!

ですから、看護協会のeナースセンターを使ったベストの転職方法は、看護協会のeナースセンターを使いつつも、民間企業の転職サイトも補完的に利用することです。

そうすれば、看護協会のeナースセンターのデメリットがあまり気にならなくなりますので、ベストの転職ができるのです。

まとめ

まとめ

看護師が看護協会のeナースセンターを使って転職するなら、看護協会のeナースセンターだけでなく、補完的に民間企業の転職サイトを使うと良いでしょう。

そうすることで、より満足度が高く、「転職して良かった」と心から思えるような転職をすることができるのです。

看護協会のeナースセンターは、eナースセンターのホームページから登録することができます。

民間企業の転職サイトはそれぞれ特徴がありますので、2~3個登録しておいて、その中からあなたに合ったところを利用すると良いですよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる