看護師の転職の手順と流れ、転職完了までに行う11個のステップ

看護師の転職の手順と流れをあなたは知っていますか?看護師の転職の手順と流れをあなたは知っていますか?

看護師が転職する場合は、どんな手順と流れになるのかをあらかじめ知っておくと、スムーズに転職することができますよ!

看護師の転職の手順と流れ ステップ1=いつごろ転職するかを決める

看護師の転職の手順と流れ ステップ1=いつごろ転職するかを決める

看護師の転職の手順と流れ、ステップ1はいつごろ転職するかを決めることです。

あなたは、「今の職場を辞めて転職したいな。」とか「また看護師として働こう」と考えて、転職することを思い立ちましたよね。そうしたら、まずはいつごろ転職をするかを決めましょう。

できるだけ早く転職するのか、2~3ヶ月後を目処に転職するのか、新年度が始まる4月に転職するのかなど、転職時期を決めておくと、その後のスケジュールを立てやすくなります。

「なんとなく転職活動をしてみるか」と曖昧な状態で転職活動を始めると、ダラダラしてしまい、なかなか転職を決めることができませんので、転職を思い立ったら、まずは転職時期を決めることが転職の手順と流れのステップ1となるのです。

看護師の転職の手順と流れ ステップ2=転職先に求める条件を決める

看護師の転職の手順と流れ ステップ2=転職先に求める条件を決める

看護師の転職の手順と流れ、ステップ2は転職先に求める条件を決めましょう。あなたはなぜ転職しようと思ったのですか?何を求めて転職をするのですか?

給料をアップさせたいから、スキルアップしたいから、育児と仕事を両立させたいから、楽な仕事をしたいからなどの理由があると思います。

また、転職先に求める条件は1つだけではないですよね。給料をアップさせたいけど、できるだけ体力的に楽な仕事が良いとか、スキルアップしたいけど残業はしたくないとか。

転職先に求める条件を1つ1つ箇条書きで書き出してみましょう。そして、その書き出した条件に優先順位をつけてください。

「絶対に妥協できないもの」、「多少妥協しても良いもの」、「無理ならあきらめられるもの」の3段階に分けてください。

あなたが転職先に求める条件をすべて満たす求人は、おそらくないと思います。

そういう理想的な職場は人気がありますので、求人が出たらすぐに応募が殺到して締め切られますし、離職率が低いので求人が出る可能性が低いからです。

条件をすべて満たす理想的な求人を追い求めていると、なかなか転職できなかったり、結局はどれも中途半端な条件のところに転職することになってしまいます。

ですから、条件に優先順位をつけておくと、「理想的」とは言えないものの、満足できる求人を探すことができるのです。

看護師の転職の手順と流れ ステップ3=転職求人を探す

看護師の転職の手順と流れ ステップ3=転職求人を探す

看護師の転職の手順と流れ、ステップ3は転職求人を探すことです。

転職時期を決めて、転職先に求める条件を書き出し、優先順位をつけたら、希望の時期に転職できて、さらに条件を満たす求人を探しましょう。

求人を探す方法は、ハローワークやeナースセンター、知人の紹介、新聞広告、転職サイトなどがありますが、妥協できない条件が多い場合は、転職サイトの利用をおすすめします。

転職サイトは、ハローワークやeナースセンター、知人の紹介、新聞広告に比べて、取り扱っている求人数がずば抜けて多いですし、担当者が職場と交渉してくれますので、あなたの妥協できない条件をすべて満たす求人を見つけることができる可能性が最も高いのです。

看護師の転職の手順と流れ ステップ4=退職の手続きを始める

看護師の転職の手順と流れ ステップ4=退職の手続きを始める

看護師の転職の手順と流れ、ステップ4は退職の手続きを始めることです。

これは、在職中に転職活動をする人にのみ当てはまる手順ですね。

転職求人をある程度絞り込めた段階で、早めに退職手続きを始めましょう。

転職先の採用が決まってからでも良いのですが、看護師が退職する場合って、たいてい師長に引き止められますので、退職するまでに時間がかかるんです。

そして、退職許可が出るまでに時間がかかることがあります。

また、早めに退職することを伝えておけば、仕事の引継ぎをしっかり行うことができますし、あなたの退職日までに職場は看護師を補充する時間がありますので、円満退職しやすくなるんです。

看護師の転職の手順と流れ ステップ5=転職求人に応募する

看護師の転職の手順と流れ ステップ5=転職求人に応募する

看護師の転職の手順と流れ、ステップ5は転職求人に応募することです。ステップ3で転職したい求人を見つけることができたら、その求人に応募しましょう。

そして、面接日の日程調整をしますが、面接を受ける前に、求人に応募する時点で、「職場見学をさせていただきたいのですが」と見学を申し出ると良いでしょう。

その職場を実際に訪れて見学すると、求人情報には載っていない職場の雰囲気などを知ることができます。

また、感覚的に「この職場で働いていけそう」、「ちょっとここは無理かも」と感じることもあります。

ですから、求人に応募する場合は、できるなら採用試験を受ける前に職場を見学させてもらうようにしてくださいね。

看護師の転職の手順と流れ ステップ6=面接対策を行う

看護師の転職の手順と流れ ステップ6=面接対策を行う

看護師の転職の手順と流れ、ステップ6は面接対策を行うことです。

看護師の転職の合否は、面接がうまくいくかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

面接を制する者が看護師の転職を制するのです!

ですから、求人に応募した次の手順と流れは、面接対策を行うことになります。

面接対策は、面接時に社会人として失礼のない振る舞いができるように、入室時から退室時までの流れと注意点を知っておきましょう。

また、面接で聞かれることが多い質問への答えをあらかじめ考えておくことも、とても重要です。さらに、面接日に着用するスーツやバッグ、靴などもきちんと準備しておきましょうね。

看護師の転職の手順と流れ ステップ7=面接を受ける

看護師の転職の手順と流れ ステップ7=面接を受ける

看護師の転職の手順と流れ、ステップ7は面接を受けることです。求人に応募して、面接対策を十分に行ったら、実際に採用試験である面接を受けることになります。

面接を受ける日は絶対に遅刻はNGです。

また、面接官に好印象を持ってもらうために、明るくハキハキとした受け答えを意識し、緊張しているからといって、無表情や早口にならないように気をつけましょう。

また、在職中に転職活動をする看護師さんは、夜勤明けに面接を受けると、睡眠不足で頭が回りませんし、疲労から不健康そうに見られますので、夜勤明けの面接は止めましょうね。

看護師の転職の手順と流れ ステップ8=内定をもらう

看護師の転職の手順と流れ ステップ8=内定をもらう

看護師の転職の手順と流れ、ステップ8は内定通知をもらうことです。面接がうまくいき、採用となったら、内定通知を電話や郵便で受け取ります。

内定通知をもらったら、ひとまず転職の第一関門は突破したことになります。でも、内定をもらったから「転職活動終了♪」というわけではありません。

ここからまだやらなければいけないことがありますし、ここで気を緩めたら、内定取り消しなんて事態も起こり得ますので、まだまだ油断せずに頑張りましょう!

看護師の転職の手順と流れ ステップ9=内定受諾と入職日の決定

看護師の転職の手順と流れ ステップ9=内定受諾と入職日の決定

看護師の転職の手順と流れ、ステップ9は内定の受諾と入職日の決定です。内定通知をもらったら、それに対して返信をしなければいけません。

ただ、条件面で疑問が残る場合はきちんと尋ねて納得してから、内定通知の返事をしましょう。労働条件は書面でもらっておくと安心です。

内定の受諾の返事をしないと、転職先から「内定辞退」と思われて、内定を取り消されることがありますので、内定通知を受け取ったら、受諾するかどうかは必ず返事をするようにしてください。

内定を受諾したら、いつから働くのか入職日を決めることになります。

もし、あなたが在職中でなければ、あなたの都合と転職先の都合をすり合わせれば良いのですが、在職中の場合は現在働いている職場を退職してからでないと、転職先で働けません。

ですから、在職中の人は自分の都合で入職日を決めるのではなく、いつ退職できるのかを考えてから、入職希望日を伝えるようにしましょう。

看護師の転職の手順と流れ ステップ10=退職する

看護師の転職の手順と流れ ステップ10=退職する

看護師の転職の手順と流れ、ステップ10は在職中の職場を退職することです。これは、在職中に転職活動をした人に当てはまるステップですね。

先ほどもお話しましたが、前の職場を退職しないと、新しい転職先で働くことはできません。

在職中の人はステップ3で退職する旨を伝え、退職手続きを始めていると思いますので、この時点で退職日が決まっている人が多いと思います。

できるだけ円満退職できるように、最後まで礼儀正しく社会人としてのマナーを忘れずに退職してくださいね。

内定をもらったのに、いまだに師長から引き止められて困っている場合は、あまりおすすめはしませんが、「次の職場が決まっているので」と強行突破して退職することもできます。

法律的には2週間前に退職する旨を伝えれば、いつでも退職できることになっていますので、どうしても退職させてもらえないという場合は、強行突破も視野に入れなくてはいけません。

看護師の転職の手順と流れ ステップ11=転職先に入職

看護師の転職の手順と流れ ステップ11=転職先に入職

看護師の転職の手順と流れ、ステップ11は転職先に入職することです。

内定をもらった転職先に無事入職できれば、転職活動は終了になります。お疲れ様でした!

ただ、転職先では新しい環境で新しい仕事を覚えなければいけませんので、大変なこともあるでしょう。ただ、看護師人生の新しいステージに立ったと思って頑張りましょうね!

まとめ

まとめ

看護師の転職の手順と流れの11ステップをご紹介しましたが、いかがでしたか?「11個もステップがあるの?」と転職活動をするのが大変に思えて、転職することを躊躇してしまう人もいるかもしれません。

そういう人は、転職サイトを使うと良いですよ!転職サイトを使えば、求人探しは楽に行えますし、求人の応募や面接日の調整は担当コンサルタントが行ってくれます。

さらに、面接対策のアドバイスもしてくれますので、転職活動の負担が大きく軽減されますし、採用確率もグッとアップするんです。

また、好条件の求人をたくさん扱っていますので、満足できる転職ができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる