看護師が転職を失敗するパターンと失敗予防法、失敗後の対策法を知っておこう!

看護師が転職を失敗するパターンにはどんなものがあるのでしょうか?

看護師が転職を失敗するパターンにはどんなものがあるのでしょうか?

転職は人生のターニングポイントですから、絶対に失敗したくありませんよね。

転職を失敗しないためにも、看護師が転職を失敗するパターンと、失敗しないための予防法、万が一失敗してしまった場合の対策法を知っておきましょう。

看護師が転職を失敗するパターン=看護師ではなく一般的な仕事に転職した場合

看護師が転職を失敗するパターン=看護師ではなく一般的な仕事に転職した場合

看護師が転職を失敗するパターン、まずは看護師として転職するのではなく、看護師から医療とは関係ない一般的な仕事に転職した場合の失敗パターンを3つご紹介します。

看護師の仕事から離れればストレスとは無縁と思って失敗

看護師の仕事はストレスフルな仕事です。人の命を預かる責任の重い仕事ですし、わがままな患者さんやモンスターペイシェントは増えているし、看護師同士の人間関係も面倒ですよね。

ストレスフルな状況に嫌気が差して、「看護師の仕事を離れよう。看護師以外の仕事なら、こんなにストレスを感じることもないはず!」と思って、一般的な仕事に転職した場合、本当に転職すればストレスを感じることはないのでしょうか?

そんなことはありませんよね。看護師以外の仕事だって、人間関係のストレスは確実にあります。

また、命を預かる仕事ではなくても、金銭が絡んでくる仕事だったら、それはそれでストレスを抱えることになるんです。

ストレスから逃げたくて転職したのに、転職後も思いがけずストレスを抱えることになったら、転職失敗になりますよね。

転職したら給料が大幅に下がってしまって失敗

看護師の仕事から離れたい、逃げたいと思いつめて、一般的な仕事に転職した場合、ほとんどのケースで転職後は給料が下がります。

看護師の仕事は、仕事内容や責任の重さを考慮すれば、決して給料が高い仕事ではありませんが、女性の仕事としては給料がかなり高い部類に入るのです。

女性が看護師以上の収入を稼ごうと思ったら、特別な資格か技能が必要になります。

転職活動をしている時は、「とにかく看護師を辞めたい!」と思っていて辞めることが最優先になり、「給料が下がっても仕方がない」と考えている場合もあるでしょう。

でも、いざ転職後に落ち着いてから給料明細を見たら、給料があまりにも下がっていて、生活レベルを下げざるを得ないという現実に直面したら、「転職失敗だ…」と思ってしまいますよね。

知らない業界で右も左もわからなくて失敗

看護師を辞めて、今までとはまったく違う業界の仕事に飛び込んだ場合、看護師の仕事から解放されたという満足感を味わえるのは、ほんの短い期間だけです。

その後は、ぜんぜん経験がない、今までの看護師経験なんて少しも役に立たない仕事をしなければいけません。

右も左もわからない新しい仕事をゼロから覚えなくてはいけないのは、ストレスになりますよね。

仕事が覚えられない、仕事ができないという壁にぶち当たると「転職しなければ良かったかも…。転職失敗かなぁ」と思ってしまうんです。

看護師が転職で失敗するパターン=看護師に転職した場合

看護師が転職で失敗するパターン=看護師に転職した場合

看護師が転職で失敗するパターン、次は看護師として転職した場合、看護師の職場から看護師の違う職場へ転職した場合の失敗パターンをご紹介しますね。

給料に惹かれて転職したらブラックな職場で失敗

給料に惹かれて転職したらブラックな職場で失敗

給料アップを狙って転職した場合、看護師求人を選ぶ上で、最優先する条件はもちろん給料ですよね。そのほかの条件は後回しにしたり、まったく気にしない場合もあるでしょう。

給料がほかの職場よりもずば抜けて高い職場は、何か理由があるはずです。

自由診療、福利厚生が充実しているなどの理由もありますが、あまりにもブラックで看護師が集まらないから、看護師を集める・つなぎとめる「餌」として、給料を高くしている場合もあるのです。

「とにかく給料アップ!」と思ってほかの条件を気にせずに転職してしまうと、残業が多くて、休みは少ない、有給休暇なんて絶対に使わせてもらえない、人間関係は最悪、師長は無責任などのブラックな職場に転職してしまうかもしれません。

そうすると、「こんなブラックなら、転職しなければ良かった。転職失敗だ」と思うはずです。

人間関係が最悪で失敗

人間関係が最悪で失敗

前職の職場の人間関係がそれほど悪くなかった人が転職する場合、転職先の人間関係が良いかどうかなんて、あまり気にしませんよね。

今まで人間関係で悩まなかった人は、環境に恵まれていたため、「次の職場はもしかしたら人間関係が悪いかも」なんて思い浮かばないのです。

そして、転職先の人間関係をきちんと調べずに、実は人間関係が悪いところに転職してしまったら、「こんなに人間関係が悪い職場なんてあったの?すごく働きにくいんだけど…。転職失敗だな。」と思うでしょう。

理想の看護を求めて転職したら失敗

理想の看護を求めて転職したら失敗

「患者さん1人1人としっかり向き合った看護をしたい」、「患者さんの人生に寄り添った看護をしたい」、「病気ではなく患者さんという人を看護したい」など自分自身の理想の看護を求めて転職する人もいるでしょう。

理想の看護を求めて転職する場合、転職先の理念や看護方針などを参考にして選ぶと思いますが、理念や看護方針と実際に行われている看護がかけ離れている職場もあるんです。

たとえば、「患者さんの個性を尊重した看護」を理念に掲げている療養型病院で、実際に行われている看護はただのルーティンワークで、個性なんてまったく考えていないということもあります。

理想の看護を求めて転職したのに、そこで行われている看護の実態は理想とは程遠かったら、転職に失敗したと言えますよね。

配属希望が叶わなくて失敗

配属希望が叶わなくて失敗

病院に転職した場合、病棟配属になるか、外来配属になるかはとても大きなポイントですよね。外来希望だったのに、病棟に配属になってしまったら、転職失敗と言えるでしょう。

また、その病院の救命救急センターで働きたいと思って転職したのに、循環器内科病棟に配属になったら、転職した意味がないので転職失敗ですよね。

条件面をきちんと確認せずに失敗

条件面をきちんと確認せずに失敗

転職の採用試験を受けて、無事採用となった後は、労働条件を確認して入職決定となりますが、この時にきちんと条件を確認しないと、転職を失敗してしまいます。

たとえば、月給制ではなく年俸制でボーナスはなかったり、通勤手当には上限があったり、夏季休暇があると思い込んでいたら、完全に4週8休のみで休みが少なかったりなど、想像していた条件と実際の条件は違うという場合があります。

想像と実際が違うのであれば、転職を失敗したなぁと思いますよね。

仕事をきちんと教えてもらえなくて失敗

仕事をきちんと教えてもらえなくて失敗

未経験の分野や診療科に挑戦するために転職したり、ブランクから復帰する場合、職場の教育体制はとても重要になりますよね。

看護師求人を見ていると、「未経験可」とか「ブランク歓迎」などと書かれているものがあり、そう書かれていれば、「未経験でもきちんと教えてもらえるな」とか「ブランクがあっても指導してくれるだろうな」と思いますよね。

でも、「未経験可」や「ブランク歓迎」と書いてあっても、実は教育体制が整っておらず、「見よう見まねで仕事を覚えてもらう」というところもあるんです。

そういう職場に転職してしまったら、仕事になかなか慣れることができず、仕事を覚えるのに苦労しますので、転職失敗と言えるでしょう。

想像以上に仕事がきつくて失敗

想像以上に仕事がきつくて失敗

楽に仕事がしたいと思って転職したのに、想像以上に仕事がきつくて、転職失敗というパターンもあります。

たとえば、「介護施設なら介護士さんがいるから体力的に楽なはず!」と思って介護施設に転職したのに、介護士不足で看護師も力仕事をしなければいけないこともあるでしょう。

また、健診センターは採血だけしていれば良いんでしょ?と思っていたら、受診者にはお客様のように接しなければならず、採血を一度ミスしただけで、クレームが来るから、精神的にきついと感じるケースもあります。

そうすると、「こんなはずじゃなかった。こんなに仕事がきついなら、転職しなかったのに」と転職を失敗したと感じるでしょう。

看護師が転職を失敗する原因と予防法を知りましょう

看護師が転職を失敗する原因と予防法を知っておけば、これから転職をする看護師さんは、転職失敗を避けることができるはずです。

失敗の原因=よく調べない→納得するまできちんと調べよう

看護師が転職を失敗する原因と予防法を知りましょう

看護師が転職を失敗する原因の1つに、あまりよく調べずに転職してしまうというものがあります。

たとえば、先ほどご紹介した「給料に惹かれて転職したらブラックな職場で失敗」や「配属希望が叶わなくて失敗」などは、よく調べなかったことが原因で転職を失敗したパターンです。

「給料に惹かれて転職したらブラックな職場で失敗」は、給料面以外の条件である残業時間や有給消化率、人間関係、上司の人柄、離職率などを調べておけば、あらかじめブラックな職場かどうかがわかったはずです。

また、「配属希望が叶わなくて失敗」は、配属希望が叶うのかどうかを調べて、配属希望が叶う職場の求人に応募すれば失敗を防ぐことができますよね。

「条件面をきちんと確認せずに失敗」のパターンもきちんと調べれば、失敗を回避することができるでしょう。

失敗の原因=焦って転職→焦らず冷静になってから転職活動をする

失敗の原因=焦って転職→焦らず冷静になってから転職活動をする

看護師が転職を失敗する原因の2つ目は、焦って転職してしまうことです。

看護師の仕事を辞めたい、今の職場から逃げたいと思うあまり、あまり条件面を気にしなかったり、妥協に妥協を重ねてしまうことがありますよね。

これが、転職に失敗する原因なんです。「転職したら給料が大幅に下がってしまって失敗」や「知らない業界で右も左もわからなくて失敗」は、焦って転職せずに、冷静になってから転職すれば、失敗を防ぐことができます。

どちらも、転職後の仕事や生活を冷静になって想像してみれば、「このまま転職すれば、後悔することになるかもしれない」とわかるはずですよね。

ですから、「看護師の仕事をどうしても辞めたい!」と思って転職するなら、とにかくひとまず退職をしましょう。そして、すぐには転職をせずに、落ち着いて冷静になってから転職をすると良いでしょう。

失敗の原因=思い込んでしまう→本当にそうなのかを疑ってみる

失敗の原因=思い込んでしまう→本当にそうなのかを疑ってみる

看護師の転職失敗の原因3つ目は、思い込んでしまうことです。「こうであるはずだ」、「間違いない」と思い込んでしまうと、転職を失敗することになります。

「看護師の仕事から離れればストレスとは無縁と思って失敗」や「人間関係が最悪で失敗」、「理想の看護を求めて転職したら失敗」、「仕事をきちんと教えてもらえなくて失敗」、「想像以上に仕事がきつくて失敗」のパターンは思い込みを捨てて、本当にそうなのかを疑い、確認すれば、失敗を避けることができますね。

失敗の原因=友達に相談する→専門家に相談する

失敗の原因=友達に相談する→専門家に相談する

看護師の転職失敗の原因、最後は友達に相談することです。転職について、友達に相談することは悪いことではありません。

でも、友達に相談して、そのアドバイスを信じ込んで転職すると、失敗する可能性が高いんです。なぜなら、友達は看護師の転職の専門家ではないからですよね。

友達はあなたの転職に親身になって相談に乗ってくれるでしょう。また、その人自身の経験に基づいたアドバイスをしてくれるかもしれません。

でも、それはあくまで友達の経験談ですから、あなたに友達のケースが当てはまるとは限りませんよね。

友達にとっては良いことでも、あなたにとっては悪いこと、ベストではないこともたくさんあるはずです。

ですから、友達だけに相談するのではなく、看護師の転職の専門家にも相談するようにしましょう。

看護師が転職を失敗したらどうすれば良いの?

看護師が転職を失敗したらどうすれば良いの?

看護師が転職を失敗してしまったら、どうすれば良いのでしょうか?どんなに失敗しないように注意していても、100%確実に失敗を回避できるとは限りませんよね。

万が一、転職に失敗してしまった時のために、転職に失敗したらどうすれば良いのかを知っておきましょう。

転職に失敗したけど、第一希望が叶った場合

看護師転職サイトを知らない人もいるの?

全体的に見ると、転職は失敗だけど、転職理由の第一希望は叶ったという場合は、すぐに退職せずに様子を見ましょう。

第一希望を叶えつつ、ほかの条件までパーフェクトに満足できるという求人はあまり多くはないはずです。またすぐに転職したら、今度は第一希望が叶わない可能性だってあるのです。

たとえば、給料アップを狙って転職した。確かに給料はアップしたけれど、残業が多くて大変だという場合、せめて仕事に慣れるまでは、頑張ってそこで働くようにしましょう。

仕事に慣れて要領が掴めれば、仕事を早く終わらせられるようになり、残業が少なくて済むかもしれません。

また、理想の看護を求めて転職した。理想の看護はできるけど、人間関係が悪いという場合、仕事に慣れるまで働けば、そこでの人間関係が掴めてきますし、「この人、苦手だな」と思った人でも、「この人はこういう良いところがあったんだ」のように再発見をすることができます。

それに、仕事に慣れて精神的に余裕が出てくれば、人間関係がそれほど気にならなくなることもあるでしょう。

転職直後に、「あれ?この転職は失敗かも」と思っても、第一希望が叶っていれば、もう少し仕事に慣れるまで働いてみると、「それほど失敗ではなかったかも」と思える可能性があるんです。

第一希望が叶わなかった場合&どうしても耐えられない場合

看護師転職サイトなら、全てを解決してくれます!

転職したけれど、第一希望が叶わなかったり、第一希望は叶ったけど、どうしても耐えられないくらい苦痛という場合は、転職直後でも、また転職することを考えましょう。

楽に仕事をしたいと思ったのに、実は体力的にきつかったり、配属希望が叶わなかった場合、転職したのにあなたの希望が叶わなかったわけですから、転職した意味がありませんよね。

また、「もう嫌だ。耐えられない」と思いながら働いていても、仕事へのモチベーションは下がる一方で、何のメリットもありません。

誰にでも失敗することはあります。どんなに注意していても、失敗することはあるんです。失敗してしまったら、なぜ失敗したのかをきちんと分析して、その原因を突き止め、今度は失敗しないようにすれば良いんです。

1度転職に失敗したら、それで看護師人生終了というわけではありません。まだまだチャンスはあります。

ですから、転職したのに第一希望が叶わなかったり、どうしても耐えられないという場合は、今度は失敗しない転職をしましょうね。

まとめ

まとめ

看護師の転職失敗に多いパターンと、失敗の予防法、失敗した時の対策法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

転職失敗のパターンと失敗の予防法をきちんと知っておけば、転職失敗の確率はぐっと低くなります。

ただ、失敗の予防法の中で、細かいことを納得するまで調べたり、本当にそうなのかを疑ってから、それを確かめるためにはどうすれば良いの?と思った人も多いですよね。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる